RAPT | RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。
43171
post-template-default,single,single-post,postid-43171,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

 
このブログを長く読んできた方なら既にお分かりだと思いますが、これまで複雑に見えてきたこの世のカラクリは、ただ「悪魔崇拝」という一つのキーワードでシンプルに解き明かすことができます。
 
それと同時に、この日本(ひいては世界)の支配構造も、「麻生太郎」という一つのキーワードで極めてシンプルに解き明かすことができます。
 
このことが、つい最近になって分かってきました。
 
そして今回は、この二つのキーワードがどのように互いに関連しあって、この世に様々な悪をはびこらせているのかについてお話しています。
 
なお、「麻生太郎」がこの世の悪の中心であることを未だにご存じない方は、以下のリンクを一通り御覧下さい。
 
天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。
 
「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。
 
「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。
 
「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。
 
「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。
 
「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。
 
ついにマスコミが「麻生太郎」に斬り込みを入れた。「森友学園」問題はやはり秦氏と出雲の戦いか?
 
「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。
 
RAPT×読者対談〈第125弾〉どこからどう陰謀論を語っても全て「麻生太郎」につながるという現実。
 
ちなみに、今回の対談の際には、私は少々体調を崩しておりまして、声が少し枯れています。聞き苦しくて本当に申し訳ございません。
 
先ず、今回の対談の冒頭では、「麻生太郎」と「竹内文書」のつながりについてお話をしています。
 
「竹内文書」をご存じない方は、以下のリンクをまずはご参照下さい。
 
「竹内文書」は悪魔崇拝者によって書かれた天皇礼賛に導くための古代プロパガンダの書です。
 
竹内文書 – Wikipedia
 
このリンク記事にも書いていますが、「竹内文書」は「神代文字」という古代の言語で書かれた文書で、それこそ紀元前何千年、何万年という昔に書かれたものであると推察されます。
 
神代文字 – Wikipedia
 
そして現在、この「竹内文書」を継承していると自称しているのが、以下の「竹内睦泰」という人物です。
 
竹内睦泰 – Wikipedia
 


 
一見すると、この「竹内睦泰」、かなり胡散臭い男のように見えますが、実のところ、イルミナティ内部ではかなり重要視されているようです。
 
というのも、彼は「麻生太郎」や「安倍晋三」とツーショット写真を撮っていて、日本の首相や副首相から優遇されるほど、向こう側では重要な人物だということです。
 

 

 
そして、この「竹内睦泰」は上のYOUTUBE動画の中で、かつての首相「吉田茂」が「竹内文書」を代々受け継いできた「竹内家」の人間であると話をしています。
 
そして、「麻生太郎」はこの「吉田茂」の孫です。
 
ですから、「麻生太郎」はああ見えて、実は「竹内文書」の継承者だということです。
 
このことについては、一部の人たちの間でもやや噂になっているようです。ネット上には以下のようなブログ記事も見つかりました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
私が日本史を研究してきた中で一番嫌いな人を言いましょう。牧野伸顕です。
 
(註・この牧野伸顕も、麻生太郎の先祖です。)
 
もちろん書物から得られた知識からだから本当はどうだったのか・・・という気はするが、少なくとも この家系は大久保利道から吉田茂、そして麻生氏にもつながる日本で一番英国ワンワールドに近い閨閥なのである。
 
その中心に牧野がいるから嫌いなだけで、他に理由はありません。
 
ところで今朝、姫から吉田茂の実家が竹内文書の竹内家から養子に入ったという事を聞き、そちらを調べる事にした。
 
確かに吉田茂は竹内鉱業社長、竹内綱の息子で、旧福井藩士で貿易商の吉田健三へ養子に出している。この竹内家の話は結構面白い。
 
ここを読むと、茂の兄弟は遊泉寺銅山(石川県)、茨城無煙炭鉱(茨城県)、橋立金山(新潟県)、大夕張炭鉱(北海道)など各地の鉱山を経営し、唐津鉄工所と小松鉄工所(後の小松製作所、現在の(株)コマツ)を創業したのだという。
 
思ったよりはるかにすごい新興財閥ではないか。
 
・・・・茂の兄弟は五男、五女もいて、父、綱が高知の大獄事件に連座し、刑務所に入れられていたため資産家吉田家へ養子になったとなっているが、本当のところはよく分からない。
 
しかし、牧野の娘を貰ってから実家の竹内家は鉱山を中心に大いに繁栄して行く。
 
さて、竹内文書とは、「竹内文書には、神倭(カンヤマト)朝《神武天皇》以前に、上古25代、不合(フキアエズ)朝73代にわたって支配していた王朝の存在が記述されている。
 
このことは神武朝とそれ以前の皇統の系譜は、別種のものであったらしいことを暗示している」・・・とあり、一般的な評価はともかくとして、私はそれなりに大変重要な歴史書であるとの認識がある。
 
この竹内家と吉田茂の実家である竹内家との関連は残念ながら何もわからない。姫さま、どこに書いてありましたか?
 
シバちゃんにも書いたけど、養子を出すにしても何の理由もなく養子を取るはずはない。
 
竹内文書との関連を調べ、この閨閥をもう少し探る事にしよう。
 
---------------------(転載ここまで)
 
見ての通り、「吉田茂」の父親は「竹内綱(たけのうちつな)」という人物であり、この「竹内綱」が「竹内文書」の伝承者であったということです。
 
(対談の中で、私は「たけうちのつな」と言っていますが、正しくは「たけのうちつな」です。お詫びして訂正いたします。)
 
そして、このことについては、なぜか「ウィキペディア」では全く触れられていません。
 
竹内綱 – Wikipedia
 
以下、ウィキペディアの記事から、一部抜粋します。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
竹内 綱(たけうち(たけのうち) つな、天保10年12月26日(1840年1月30日) – 大正11年(1922年)1月9日)は、日本の武士(土佐藩士)、実業家、政治家。
 
内閣総理大臣を務めた吉田茂は五男、麻生太郎は外曾孫。
 
(中略)
 
五男・茂の誕生後、綱は盟友の実業家・吉田健三へ茂を養子に出している。
 
一説には、当時、反政府活動によって逮捕されることが分かっていた綱は、茂の誕生前に養子に出すことを約束していたとされる。
 
---------------------(転載ここまで)
 

 
いずれにせよ、この「竹内綱」が「武内文書」の継承者である以上、その曾孫である「麻生太郎」も同じく「竹内文書」の継承者の一人、ということになってしまうのです。
 
そして、「イルミナティ」の連中がこの「竹内文書」を重要視し、「悪魔崇拝」の聖典としていることは、このブログを長く読まれた方なら分かることでしょう。これが分からない方は、ひとまず以下の記事をご参照ください。
 
イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。
 
しかし「麻生太郎」は、この事実をひた隠しにして、カトリック教徒であると自称しています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■信仰
 
(麻生太郎は)クリスチャン(カトリック)である。洗礼名はフランシスコ。靖國神社への参拝も行っている(総理就任時には参拝していない)。
 
また靖国神社の非宗教法人化を提唱している。
 
終戦の日の8月15日ではなく、春秋の例大祭に合わせて参拝することが多い。
 
内閣総理大臣在任中の2009年(平成21年)1月4日、伊勢神宮に参拝した。また、神道政治連盟国会議員懇談会の名誉顧問でもある。
 
クールビズスタイルになってからノーネクタイのシャツの襟の下に見える金色の鎖は、10代から50年以上首にかけている十字架のネックレスの鎖部分である。
 
(誤解されがちだが、カトリックにおいて十字架を身につけることは風習や信仰の証ではなく、個人的な好みである。ロザリオは、ネックレスのように見えるものや、実際に首から下げる人もいるが、本来の用途は仏教徒の数珠と同様である)。

 
---------------------(転載ここまで)
 
ちなみに、太字にした部分は、現在のウィキペディアの記事からは削除されています。以下が、現在のウィキペディアの記事です。
 
麻生太郎 – Wikipedia
 
どうやら「ロザリオ」が仏教の「数珠」と同じものであることを知られたくなかったようですね。
 
しかも、この部分が削除されたのが今年の3月16日ですから、私が「麻生太郎」の記事を書き出して間もない頃のことです。
 
数珠 – Wikipedia
 
そして、この「数珠」がまさに「悪魔崇拝」の祭具に他ならないことは、以下のウィキペディアの記事からも明らかです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
仏・菩薩を礼拝する際に手にかけて用いる。真言・念仏の回数を数えるのに珠を爪繰(つまぐ)ったり、摺り鳴らして用いる場合がある。
 
浄土真宗の場合は、念仏の回数を問題にしないため爪繰らない。摺り鳴らすこともせず、仏前での崇敬の念の表れとして用いる。
 
起源は諸説あるが、古代インドのバラモン教で用いられていた道具を原型とするとされる。
 
それが、釈尊により用いられ、後に中国に伝わる。そして仏教伝来とともに飛鳥時代には日本に伝わったとされる。
 
鎌倉時代に入り、浄土教が流行し称名念仏が盛んになるとともに一般にも普及する。
 
最近では腕輪念珠(腕珠)と呼ばれる、数珠を小型化し中糸をゴムなどにして腕に着けられるようにしたブレスレット的な数珠がある。
 
ただし腕輪念珠は、数珠本来の用途に用いるには大きさに無理がある。
 
数を数えるという点では数取器でもあり、歩測に用いれば測量器具ともいえる。
 
他宗教でも、例えばキリスト教のカトリックなどではロザリオが数珠と同様の使途に用いられる。
 
外観も似ていることからキリスト教圏において、数珠は「仏教徒のロザリオ」と呼ばれることがある。
 
■梵名
 
梵名はアクシャ・マーラー(sa:अक्षमाला IAST:akṣamālā)といい、『陀羅尼集経』巻四に用例が見られる。
 
またヒンドゥー教文献ではアクシャ(akṣa)、アクシャ・スートラ(akṣasūtra)、ジャパ・マーラー(japamālā)、アクシャ・ヴァラヤ(akṣavalaya)などと呼ばれる。
 
あるいは単にマーラー(mālā)やスートラ(sūtra)とも略称される。
 
アクシャとは物をまっすぐ貫くものの意味で、梵語では車軸や心棒などもこう呼ぶ。
 
ジャパとは祈りの言葉を囁いたり呟いたりする事の意味で、これが神仏の名や真言陀羅尼を唱える時に使う道具である事を示す。
 
マーラーとは物を糸で繋いで連ねたものを指す言葉でネックレスなどもこう呼ばれる。
 
またアクシャとは梵語の字母表の最初の文字aと最後の文字kSaを合わせた単語でもあって、言葉のすべてを象徴し、ヒンドゥー教では50珠を連ねた数珠が通例である。
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように「数珠」とは仏教だけでなく、ヒンドゥー教とも関係があるようですが、このヒンドゥー教もまた「悪魔崇拝」そのものでしたよね。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。
 
そして、そのキリスト教の「数珠」とも言うべき「ロザリオ」を麻生太郎は普段から肌身につけている……。
 
要するに、彼が信じているのは純粋なキリスト教ではないということです。
 
そして、彼の曽祖父である「麻生太吉」は、「西本願寺」の勘定方(会計係)を任されたり、「正恩寺」を建てたりと、明らかな仏教徒でしたよね。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。
 
「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。
 
ところが、その息子がカトリック教徒で、しかも靖国神社にも熱心に参拝しているというのは、普通の庶民には全く理解のできない話です。
 
しかし、このカラクリも実に単純明快。
 
「麻生太郎」の先祖の一人に「大久保利通」がいて、この「大久保利通」は「鹿児島県」の出身でしたよね。
 
そして、この「鹿児島」にイエズス会(つまりカトリック)の宣教師「フランシスコ・ザビエル」がやってきて、キリスト教を布教していきました。
 
しかし、「ザビエル」が布教したのは、実際のところは「キリスト教」ではなく、「クロ宗」と呼ばれる悪魔教でした。これについては以下のリンク記事をご参照ください。
 
イエズス会と真言密教と浄土真宗と人肉食信仰「クロ宗」の奇妙な接点。フランシスコ・ザビエルを日本に招いた「ヤジロウ」から分かる悪魔教の現実。
 
そして、この「クロ宗」を信じる信者たちが、後に「浄土真宗」の仏教徒になっていきました。
 
そして、「麻生太郎」の曽祖父「麻生太吉」が出家した「西本願寺」も、やはり「浄土真宗」の本山でしたね。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院。
 
浄土真宗本願寺派の本山である。
 
山号は龍谷山(りゅうこくざん)。
 
---------------------(転載ここまで)
 
ですから、「麻生太吉」もまた「クロ宗」を信じていたというわけです。
 
したがって、その曾孫である「麻生太郎」も実は「クロ宗」を信じているということです。
 
しかし、表向きには「クロ宗」を信じているとは言えないので、キリスト教を信じている振りを装っているわけです。
 
かつて私が「クロ宗」のことを悪く書いたとたん、工作員が私に脅しメールを送ってきたことがありましたが、その工作員もやはり「麻生太郎」の差し金だったということでしょう。そのときの工作メールは以下のリンクに掲載しています。
 
皆さんはこの言論弾圧メールをどう思いますか。
 
やはり「麻生太郎」にとって都合の悪い記事は、工作員を使ってどこまでも徹底的に削除させる、ということです。(これについては、以下の対談でも詳しくお話しています。)
 
RAPT×読者対談〈第125弾〉どこからどう陰謀論を語っても全て「麻生太郎」につながるという現実。
 
このように、「イエズス会」というのは純粋に「キリスト教」を信じているわけではなく、「クロ宗」を信じている悪魔教団ということです。
 
そして、この「イエズス会」から現在のローマ法王「フランシスコ」が選出されたわけですが、上のウィキペディアの記事にもあるように、「麻生太郎」の洗礼名もまた同じ「フランシスコ」。
 
どちらも同じ「フランシスコ」。これも単なる偶然ではないでしょう。
 
〈現ローマ法王フランシスコ・なぜか麻生太郎の洗礼名と同じ名前〉

 
つまり、バチカンに「イエズス会」のローマ法王を立てたのも、すべては「麻生太郎」の采配である可能性が高いということです。
 
そして、バチカンは完全に「麻生太郎」の支配下にあるということです。
 
バチカンが既に「天皇派」に乗っ取られていたという現実。または広島と長崎に原爆が投下された理由。
 
そもそも、前にも記事にしました通り、前ローマ法王の「ベネディクト16世」も「麻生太郎」の前では、心なしか、かなり腰が引けているような感じがします。
 

 
その一方、「麻生太郎」がローマ法王の前で謙遜しているようには全く見えません。むしろローマ法王の方が、「麻生太郎」の前で謙遜しているように見えます。
 


 
やはり「麻生太郎」はバチカンにおいても、かなり強い力を持っているということです。
 
何せ、悪魔教の聖典である「竹内文書」の継承者ですから、それも当然のことです。
 
また、「麻生太郎」は「CSIS」なるシンクタンクにも度々顔を出してスピーチをしていますが、この「CSIS」もまた「イエズス会」の神父が作ったものです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
ジョージタウン大学の戦略国際問題研究所(CSIS)は、イエズス会神父エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ(Edmund Aloysius Walsh、1885年10月10日 – 1956年10月31日)が、1919年に同大学内に創った「エドマンド・A・ウォルシュ外交学院」(Edmund A. Walsh School of Foreign Service、略称SFS)が改組されたものである。
 
ウォルシュは地政学者カール・ハウスホーファーの弟子であり、その学問をアメリカに移植することを目的とした組織であった。
 
設立にあたっては、アーレイ・バークおよびデイビッド・マンカー・アブシャイア(David Manker Abshire)が主導。
 
1987年にジョージタウン大学から独立した研究機関となった。
 
設立の経緯から、アメリカ陸軍などアメリカの国家安全保障グループとの繋がりを強みとする。
 
(中略)
 
日本人では小泉進次郎や、浜田和幸、渡部恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。
 
日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。
 
また、日本の現役政治家とも縁が深く、麻生太郎や安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。
 


 
CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。
 
東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構がフェローシップ・プログラムの提携を行っている。また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。
 
稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した。
 
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。
 
---------------------(転載ここまで)
 
つまり、この「CSIS」は「クロ宗」の信者たちの集まりだということですね。
 
「クロ宗」の関係者たちが、続々とこの「CSIS」に群がってきているわけです。
 
しかも、この「CSIS」を作った「イエズス会」の神父「エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ」は、かの「ナチス」の生みの親である「カール・ハウスホーファー」の弟子とのこと。
 
ちなみに、「カール・ハウスホーファー」が「ナチス」の生みの親であることをご存じない方は、以下のリンクをご参照下さい。
 
ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。
 
ナチスとチベットと緑龍会との関係について。そこには地底都市シャンバラの存在がありました。
 
そして、「ナチス」を指揮した「ヒトラー」は表向きは自殺したということになっていますが、実際のところは「アルゼンチン」に亡命しています。(詳しくは上のリンク記事を参照)
 
そして、現在のローマ法王「フランシスコ」も「アルゼンチン」の生まれです。
 
フランシスコ (ローマ教皇) – Wikipedia
 
恐らくこれも単なる偶然ではないでしょう。
 
「イエズス会」のメンツどもが「ナチス」を作り、「CSIS」を作り、さらにはバチカンまで乗っ取って、この世界の歴史を動かしつづけているということです。
 
そして、この「CSIS」こそ「子宮頸がんワクチン」を推進するように日本政府に提言してきた確信犯なのですが、実際にこの「子宮頸がんワクチン」を日本に普及させてきたのが「木戸寛孝」なる人物です。
 
その証拠が、以下の文書です。この文書は「子宮頸がんワクチン」の公費助成にかかわったとされる人物の一覧です。(出典はこちら
 

 
そしてこの「木戸寛孝」も、なぜか「竹内文書」の継承者である「竹内睦泰」と大の仲良し。以下の写真が、その証拠です。
 
〈木戸寛孝(中央)と竹内睦泰(右)〉

 
ちなみに、この写真の出どころは、以下の「竹内睦泰」のブログ記事です。
 
★ブクチャン誕生日おめでとう!~うさぎを持っていくぜ!!! | ★日本歴史文化研究機構 <JCIA>■■■■■■■ (理事長・竹内睦泰)★
 
そして、この記事を見ると、「竹内睦泰」がフリーメーソンから以下のような勲章をもらっていることが分かります。
 
〈竹内睦泰がもららったフリーメーソンの勲章〉

 
ですから、「竹内睦泰」も「木戸寛孝」もフリーメーソンだということですね。
 
で、驚くべきことに、この「木戸寛孝」もまた「大久保利通」とともに「明治維新」を起こした「維新の三傑」の一人、「木戸孝允(きどたかよし)」の子孫なのです。
 
維新の三傑 – Wikipedia
 
木戸孝允 – Wikipedia
 
ちなみに、「木戸孝允」と「木戸寛孝」の血のつながりについては、以下のウィキペディアで確認できます。
 
木戸幸一 – Wikipedia
 
この「木戸幸一」のウィキペディアの記事を見てみると、「木戸幸一」の大叔父が「木戸孝允」になっていて、曾孫が「木戸寛孝」となっています。(対談の中で曾孫と言ってますが、曾孫ではありません。申し訳ございません。)
 
そして、このウキペディアの記事に書かれてある通り、「木戸寛孝」は「世界連邦運動協会」の常務理事にも就いているのですが、「麻生太郎」もまた「世界連邦運動」の窓口を外務省に設置しています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
2005年8月2日、衆議院に「国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年に当たり、更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議案」を、川崎二郎外20名が提出し可決。
 
本決議の中に「世界連邦実現の道の探求」という部分があり、本決議を受けて、麻生太郎外務大臣の指示により、2005年12月14日に、外務省総合外交政策局・政策企画室に世界連邦運動の窓口を設置することが決定した。
 
---------------------(転載ここまで)
 
しかも、「麻生太郎」は「世界連邦運動協会」の初代会長だった「尾崎行雄」ともかなり近い親戚でしたよね。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。
 
つまり、「明治維新」を起こした「維新の三傑」の子孫たちが、互いに手を取り合って、ニューワールドオーダー(NWO)を目指して「世界連邦運動」を推進しているわけです。
 
■木戸孝允 → 木戸寛孝 → 世界連邦運動協会の常任理事
 
■大久保利通 → 麻生太郎 → 外務省に世界連邦運動の窓口を設置
 
このように、現在の日本は、明治時代と全く同じ支配構造の上に成り立っているのです。もう笑うしかありません。
 
で、「CSIS」には「小泉進次郎」も籍を置いていたことがあるようですが、この「小泉家」もまた「大久保利通」や「木戸孝允」と同じ「鹿児島」の出身で、ともに「明治維新」を起こした「田布施一族」でしたね。詳しくは以下のリンクを御覧下さい。
 
日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。
 
また、現首相である「安倍晋三」も「鹿児島」の出ではありませんが、「山口県」の「田布施」の出であることが分かっています。これについては、この上のリンク記事を御覧下さい。
 
そして、これら「田布施一族」の子孫である「小泉純一郎」や「安倍晋三」が首相になると、必ず「麻生太郎」がナンバー2として権力を握ることになります。
 
実際、「第二次小泉内閣」のときには「麻生太郎」が総務大臣となり、実質ナンバー2となっていますし、「第二次・第三次安倍内閣」のときにも「麻生太郎」が副総理となり、実質ナンバー2になってています。
 
第2次小泉内閣 – Wikipedia
 
第2次安倍内閣 – Wikipedia
 
そして、この「小泉内閣」のときと「安倍内閣」のときに、やたらと暗殺事件が多かった、というのがこの世の厳然たる事実です。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
小泉・竹中改革下で起きた幾つもの暗殺・冤罪事件。日本はもう法治国家ではない。
 
安倍晋三が首相になると、日本で暗殺が増えるという現実。
 
では、どうして「小泉内閣」のときと「安倍内閣」のときに、こんなに暗殺事件が多かったのか。
 
私にとってもこれは大いなる謎でしたが、「麻生太郎」がナンバー2の権力を握っていると、必ず暗殺が起きるということですね。
 
つまり、「麻生太郎」の権力を脅かすようなことをする人たちを、「麻生太郎」がこぞって一掃していたということです。
 
何せ、「麻生太郎」はこの日本で最も「ロスチャイルド」と近い人物の一人ですからね。それぐらいのことは朝飯前でしょう。
 
「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。
 
この「ロスチャイルド」はイルミナティの最高位に座する人たちです。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
イルミナティという悪魔崇拝組織が、現実に存在しているという確固たる証拠。
 
そして、彼らは「悪魔」から啓示を受けたとしか思えない「シオンの議定書」を書き、この議定書通りに数々の悪事を行ってきました。
 
「シオンの議定書」の概要。ユダヤ金融資本の行動パターンが理解できる重要書です。
 
彼らはこのような悪なる連中ですから、その辺の一人や二人を暗殺するぐらい、訳もないことなのです。
 
で、この「小泉内閣」のときと「安倍内閣」のときに、「竹中平蔵」がやたらとしゃしゃり出てきて、偉そうにテレビなどで政治・経済について語りまくっいたわけですが、これまた「麻生太郎」が責任をかぶることのないように、「竹中平蔵」を矢面に立たせてカモフラージュしていたわけです。
 
実際、私はこれまで数多くの「竹中平蔵」の批判記事を書いてきましたが、それらの記事に対して悪口コメントが書かれたことは一切ありませんでした。
 
そのため、ずっと「何か変だな」とは思っていたのですが、実はこういうカラクリになっていたわけですね。
 
「竹中平蔵」や「小泉純一郎」や「安倍晋三」が激しくバッシングされていれば、「麻生太郎」には批判の矛先が向けられることは先ずありませんから。
 
さらにその上、多くのネット工作員どもが「麻生太郎」を賞賛する記事や動画をさんざんネット上にアップしてきましたので、「麻生太郎」はこれまで一度も「小泉改革」や「アベノミクス」の責任を追求されることはありませんでした。
 
それどころか、経済評論家の「三橋貴明」は、「麻生太郎」のことを平成の「高橋是清」といって手放しで持ち上げる始末でした。
 

 
このようなことができるのも、「麻生太郎」の甥が「ニコニコ動画」を運営し、かつ「麻生太郎」自身も「自民党ネットサポーターズクラブ」の会長だからです。
 
ニコニコ動画 – Wikipedia
 
自民党ネットサポーターズクラブ – Wikipedia
 
しかし、はっきりと言いますが、かの「小泉改革」でボロ儲けしたのも、実は「麻生セメント」なのです。
 
例えば、「小泉内閣」は「聖域なき構造改革」と称して、「道路公団民営化」を断行しましたよね。
 
聖域なき構造改革 – Wikipedia
 
この「道路公団民営化」が議論されたとき、それまでに計画されていた日本の「高速道路」をすべて作るかどうかが最大の争点となりました。
 
そして、激しい議論の末、結局、すべての「高速道路」を作ることが決定しました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
昨年10月、日本道路公団は分割民営化されて、施設の管理運営や建設については、東日本高速道路株式会社・中日本高速道路株式会社・西日本高速道路株式会社に、保有施設や債務は他の道路関係四公団とともに独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構に分割・譲渡された。
 
民営化すれば効率化が進み、国民にも大きなメリットがあるといわれてきた。
 
民営化で私や多くの国民が期待した成果は「ムダな高速道路作りの中止」と「高速道路の通行料金の引き下げ」だったと思う。
 
ところが、結局は両方とも約束が果たされなかった。
 
この問題について、先日、猪瀬直樹さんと思わぬ論争になった。
 
猪瀬さんは成果が出ているのだから文句をつけるべきではないとおっしゃる。
 
確かに民営化によって問題点が浮き彫りになった面もあるが、ともかく国民への約束は守ってもらわなければならない。
 
まず、ムダな高速道路作りについてだが、最後の最後で政治的な妥協があり、高速道路整備計画の9342kmは全部作ることになった。
 
これではだまし討ちのようなものだ。
 
ところが、猪瀬さんは、確かに作ることになったが20兆円かかる予定が10兆円になったのだから、国民にとって大きな成果だという。
 
いくら10兆円が削減されても、いらないものを作っては意味がない。
 
---------------------(転載ここまで)
 
では、高速道路を作って誰が儲かるのかというと、「ゼネコン」と「セメント会社」ですよね。
 
つまり「麻生セメント」が儲かるわけです。
 
ところが、こんな単純なカラクリをこれまで誰も指摘することがありませんでした。
 
だから、「麻生太郎」は誰からも批判されずに済みました。
 
たとえ彼がバッシングされることがあったとしても、「漢字が読めない」とか「カップラーメンの値段が分からない」とか、そんなくだらない、どうでもいいことばかり。
 
そして、こういうくだらないバッシングは、かえって「マスコミ」の無能さを際立たせ、「麻生太郎」をかばってあげたいという気持ちに人々を誘導することができます。
 
漢字が読めなかったり、カップラーメンの値段がわからないぐらいで、あんなにマスコミに叩かれて気の毒だな、という風に。
 
そのため、「麻生太郎」の悪事はこれまで全く表沙汰になることがなく、今や「麻生太郎」はそれをいいことに、自らの権力をどんどん増強しようとしています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
【麻生太郎氏あいさつ要旨】「大きな政策集団作る」「安倍政権は戦後最長に。吉田茂、問題じゃない」
 

 
麻生太郎副総理兼財務相が会長を務める麻生派(為公会、44人)が12日夜、都内のホテルでパーティーを開いた。
 
麻生氏はあいさつで「大きな政策集団を作り上げたい」と述べ、同派の勢力拡大に重ねて意欲を示した。あいさつの要旨は次の通り。
 
「われわれ自民党が政権に復帰をさせていただいて4年4カ月という月日が流れたことになります。
 
この間、安倍(晋三)政権のもと、間違いなく日本はこれまで下がりに下がっていた国民総生産を9.5%戻し、お金の値段にして約50兆円取り戻したことになりました。
 
皆さん方の会社を見てみれば少なくとも経常利益、戦後最高、失業率は2.8%、ほぼ完全雇用の状態になっています。
 
ベアなんていう言葉も、ベースアップを意味するということがわれわれの世代では誰でも知っていますが、今の若い人はベアといったら熊の間違いじゃないかと思うほどベアなんて言葉は絶えて久しい言葉になりましたけれども、これも4年連続。
 
少なくとも日本を取り戻す、経済を再びということを申し上げたものは、かなりの部分、この4年間で目標としてきたものを達成できたと思っています」
 
「しかし、まだまだ地域間格差、企業間格差、年齢、世代間格差、男女間格差、産業間格差、いろいろな格差がまだあることは確か。
 
したがって、われわれは引き続き今やっている財政経済政策に自信を持って、引き続きこの内閣のもと、経済をさらに元気のいいものにして、間違いなく日本中、景気が良くなったという実感をしていただけるまで、われわれは頑張り続けていかねばならんと思っています」
 
「今、われわれは多くの問題を抱えているのは事実です。
 
しかし、ぜひ自由民主党がやらねばならんことは何といっても今、野党に政権を渡せんのです。
 
3年3カ月、皆さま、えらい目に遭ったと思っているでしょ。
 
われわれもそう思ってますよ。しかも今の時代、北朝鮮でなにやらきな臭い。
 
東シナ海でも何だか怪しげな話がいっぱい出てきている真っ最中に、予算委員会で森友学園以外に話ないんですよ。
 
おかしいと思わんですか。われわれは予算をやっているんで、財務委員会、予算委員会等々、ずっと座って、予算に関する質問はほとんどない。全くない日もありましたよ。
 
かつ外交も何も言わない。とにかくカゴヌケだかカゴイケだか知らんけど、そういった話ばっかりしてたんじゃないですか。これが実態なんじゃないんですか」
 
「われわれはそういうところに政権を任せられない。
 
従ってわれわれとしては、ぜひともきちんとした政策集団を作り上げたい。思い返しますと今からちょうど10年前、為公会を作ったとき15人だった。
 
今おかげさまで(麻生派所属の衆院議員で3月に死去した)白石徹君を含めて45人という数字になった。
 
皆さん方のお力添えをいただいて甘利(明)先生はじめ一緒になっていただいた方もあり、大勢います。45名。
 
私は今、数の力を誇りたいのではない。ぜひ自由民主党という政党の中で政策を堂々とやり合える、語り合える大きな政策集団というものをしっかり作り上げたい。そう心から思っている」
 
「皆さん方も学生時代に二大政党による政権交代が民主主義の正しい姿だと習ったでしょ。みんな学校ではそう教わりましたよ。
 
しかし今イギリスを見て、アメリカを見て、二大政党による政権交代が起こって何が起こってます? 
 
間違いなく混迷が起き、混乱が起きている。何だか分からないということになっているじゃありませんか」
 
「翻って日本を見てください。日本は間違いなくこの4年の間、政権は安定し、そして1年半くらいの間にアメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、全部国家元首なり首相なり大統領が代わり、フランスも代わる。
 
われわれはその中、政権が安定している。政権が安定しているが故に経済政策も継続性を持たせてこれだけやれることができた」
 
「だったら責任政党、国民政党、自民党の中に大きな政策集団があって、その政策集団が切磋琢磨(せっさたくま)してというような形の方が、よほど政治として安定し間違いなくきちんとしたものができるのではないか。
 
それが世界に対して、今日本のあり方、こういう民主主義のやり方の方がより安定するのではないか。
 
堂々とそういったことが言えるようなきちっとした政策集団を大きなものを作り上げる。そういったものを私どもは同じ保守の中で作り上げていきたいと思っている」
 
「こんなこというと、『いよいよ麻生も安倍引き下ろしにかかったな』と。だいたいそういうのを書きたい人があの辺にいっぱいいるような気がしますけれども。
 
そういう話をしているのではなくて、私どもは少なくとも4年半前に安倍候補が出るときに、ここにいる者、本当、数限られた人間に安倍晋三をやるといったときは、みんな安倍晋三は新聞予想では3着だったんじゃないか。
 
間違いなく圧倒的に弱い立場にいた。それをわれわれが変えて、われわれが推して、そして間違いなく今、安定した政権を、選挙にも勝ち、参院選にも勝ち、衆院選にも勝ち、安定した政権を作り上げられた。
 
そのど真ん中にわれわれはいるという自負がある。その自負があるやつが足引っ張ったってしようがない」
 
「われわれは堂々とそういった気持ちを持ちつつ、ぜひ、申し上げたいのは、白石徹君の話をさせていただいたが、われわれは衆院愛媛3区を守る。
 
われわれは何かを守る。家族、会社、仲間、国、歴史、伝統を守る。そのことによって何かを守ることによって誇りが出てくる。
 
誇りを持てて、それが己の分を知り、知識の限界を知り、それによって過去を学び、謙虚になる。そして守るべきものはきっちり守る。
 
そして守っていく中で必ず新しい道を探す。真の保守のあるべき姿はこういうもんだと。それが為公会の軸のまっただ中に据えて今後とも頑張っていきたい」
 
「為公会の仲間でわれわれは今、がっちりスクラムを組み、今の安倍政権の中で、戦後最長政権になりつつある。
 
吉田茂、問題じゃない。たかだか7年。こっちはこのままいけば9年いきますよ。
 
長さの問題ではない、安定だ。あのころはそこらでガチャガチャしてギリギリで6年か7年。
 
今度は安定したものできっちり7年。
 
それがデフレ不況からの脱却であり、世界の中に新しい政治を示し、さすが日本といわれるようなものの中核にのし上がる。そういう気概を持って今からまた頑張ってまいります」
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように、「麻生太郎」は今やせっせと自らの権力を増大させようとしているのです。
 
しかし、この「麻生派」の思惑に水を差しているのが「谷垣禎一」です。
 
〈谷垣禎一〉

 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■麻生派との合流に難色=谷垣氏
 
自転車事故で負傷し療養中の谷垣禎一自民党前幹事長が、麻生派が谷垣グループなどに呼び掛けている合流に難色を示し、慎重姿勢を示す手紙を同派会長の麻生太郎副総理兼財務相に届けていたことが11日分かった。
 
谷垣氏周辺によると、同氏はこの中で「事情が分からない。今リハビリを頑張っているので、復帰したら周囲によく話を聞きたい」と記したという。手紙は10日に届けられた。
 
かつて同じ派閥だった岸田、麻生両派と谷垣グループの再結集による「大宏池会」構想が取り沙汰される中、麻生氏は山東派も併せ、最大派閥の細田派に対抗し得る勢力の糾合による「2大派閥」を志向している。
 
先週には谷垣氏に手紙で合流への理解と協力を求めており、同氏が返信した。
 
---------------------(転載ここまで)
 
この様子だと、「谷垣禎一」は以前からずっと「麻生太郎」をかなり嫌っていたようですね。
 
そのため、「谷垣禎一」は「麻生太郎」に目をつけられて、自転車事故に遭ってしまった(ように見せかけて暗殺されかけた)のではないか、と私は疑わざるを得ませんでした。
 
そして、もちろん「森友学園」の問題をマスコミに大騒ぎさせて、「安倍晋三」の権力を失墜させようとしたのも、やはり「麻生太郎」の仕業だったのではないでしょうか。
 
この疑いについては、以下の記事に詳しく書いてありますので、興味のある方はご参照下さい。
 
「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。
 
実際、「森友学園」の騒動があった直後に、「麻生太郎」がどんどん権力を増強しようと工作しているわけですから、余りにもタイミングが良すぎます。
 
そもそも、「森友学園」に不正な資金を出したのは「財務省」であり、現在の「財務大臣」は「麻生太郎」なのですから、「麻生太郎」こそが真っ先に責任を追求されて然るべきです。
 
なのに、マスコミはこの事実に全く触れようとしない。
 
それだけ見ても、「麻生太郎」に都合のいいようにマスコミが情報操作していることは明らかです。
 
また「CSIS」には、日本版の「CSIS」ともいうべき「パシフィックフォーラム CSIS」なる組織があって、その理事(つまりトップ)として新興宗教「ワールドメイト」の教祖「半田晴久(深見東州)」が就任しています。
 
深見東州 – Wikipedia
 
〈安倍晋三と対談する半田晴久〉

 
で、この「半田晴久」は「日本紅卍会」の名誉会長にもなっていて、「紅卍会」といえば「世界紅卍字会」であり、「世界紅卍字会」には「日本財団」の創設者「笹川良一」が会員となっていました。
 
世界紅卍字会 – Wikipedia
 
そして、その「日本財団」は「CSIS」とも協力関係にあるわけですが、この「日本財団」の二代目会長の「曽野綾子」もまた「イエズス会」。
 
曽野綾子 – Wikipedia
 
〈曽野綾子〉

 
ですから、この「曽野綾子」も本当のところはクリスチャンではなく、ただの「クロ宗」の信者だということですね。
 
そして、「深見東州」も同じく「クロ宗」の信者なのでしょう。
 
なお、対談の最後に出てきました「博多の陥没事件」ですが、この事故が起きたときに、真っ先に駆けつけていったのが「麻生セメント」でした。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
【博多駅前陥没】セメント500tを30時間供給! 「オール福岡」の一翼担った麻生セメント
 

 
麻生セメントは、福岡市の地下鉄工事における道路陥没事故の早期復旧を可能にした「流動化処理土」による埋め戻し処理において、原料となるセメントの大半に相当する400-500tをジャストインタイムで供給した。
 
作業が始まったのは事故発生から約9時間後の11月8日午後2時30分。
 
流動化処理土の製造技術を有する2社が同社のユーザーであったことから、復旧工事当初から同社社員1人がユーザーのもとに駐在し、製造プラントの稼働・出荷状況を逐次確認。
 
現場での作業状況も同時に把握しつつ、同社の配車担当2人と連携して納入時間のタイミングを調整しつつ、同社発祥の地にある田川工場(福岡県田川市)から出荷した。
 
現場作業は一切の遅滞なく約30時間にわたって継続され、9日の午後7時40分には地表面からマイナス3mまで埋め戻しを完了。
 
事故発生から1週間後の15日総早朝には通行再開となった。
 
同社は「セメントを一切切らさずに納品するための車両確保に最も苦戦した」としているが、「このような大きな出来事に対してオール福岡の一翼を担い、できる限りの協力と貢献ができたことを喜ばしく誇りに思う」としている。
 
---------------------(転載ここまで)
 
まるで待ってましたと言わんばかりに「麻生セメント」が事故現場に駆けつけたとのこと。これまた怪しげな匂いがプンプンしますね。
 
「麻生太郎」が何者かを陥れるために意図的にこの陥没事故を起こし、かつ「麻生セメント」がヒーローのごとく事故現場に駆けつけることによって、「麻生セメント」の名声を高める計画だったのではないでしょうか。
 
少なくとも、私はそう勘繰らざるを得ません。
 
しかも、「地下の陥没」と聞くと、私はすぐさま「豊洲の地下空洞」のことを思い出してしまうのですが、この「豊洲問題」が大きく騒がれるようになったのも、結局のところ、「麻生太郎」の差し金だったのではないでしょうか。
 
本来なら「盛り土(という名のセメント)」で地下空洞を埋めるはずが、誰かがこれを変更して、地下空洞をそのまま放置することにしたというわけですから、これでは「麻生セメント」が儲からなくなってしまいます。
 
さらに言うなら、「麻生セメント」と提携している「仏ラファージュ(ロスチャイルド)」も儲からない。
 
そのため、「麻生太郎」と「ロスチャイルド」が怒り狂い、マスコミを使って「責任者は誰だ」と言って、せっせと「東京都」のバッシングを始めたのではないでしょうか。
 
なぜ隠した?「盛り土から地下空洞へ」の変更 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
 
そう考えると、あんなつまらない問題でマスコミがグダグダと騒ぎつづけている理由も納得できます。
 
第一、はっきりと「セメント」と言わず、「盛り土」と言っているところもとても怪しい。
 
地下を埋めるとしたら、単なる「土」ではなく、「セメント」のはずですからね……。
 
このように、この世で騒がれる事件のほとんど全てに「麻生太郎」というキーワードを当てはめると、いとも簡単に辻褄の合うようにスラスラと解けてしまうのです。
 
まるで、トリックの分かった手品を見ているかのように……。
 

7 Comments
  • Posted at 21:59h, 20 4月

    先日、山口市にあるザビエル教会に行ってきました。
    悪魔教会である証拠がありました。
    入り口のステンドグラスの所にヘビとホルスの目がありました。
    しかも、教会の隣にダミアンホールというものもあり、気味が悪く中にまでは入らなかっ
    たのですが‥‥
    教会の地下には資料館なるものもありました。山口市はクリスマス市とも言われるそうです。

  • ココ
    Posted at 22:34h, 20 4月

    お疲れ様です。ますます真相に迫って来ましたね。
    麻生セメントが提携している、ラファージュホルシムなるセメント会社は、セメント世界シェア№1なんだそうですが、この大会社は2014年に経営統合をしたのだそうです。フランスのラファージュと、スイスのホルシムだったのですが、これらの旧サイトを見ますと、ラファージュが緑色、ホルシムが赤色です!!麻生氏が秦氏で、緑の勢力が最近力を付けているという、これまでのRAPTさんのお話と辻褄が合うので面白いなと思いました。麻生さんて、とにかく大金持ちなんでしょうねえ。
    森友問題でも、事情を知っている麻生セメントの孫会社の従業員が暗殺されているそうです。こんなぶっそうな人たちの悪行は、世間に晒されるべきです。麻生一族、奴隷船の船も持っていたし、代々怖い一族です。マスコミも恐れているのでしょうね。いつも凄い記事を有難うございます。

  • 麻美子68
    Posted at 23:23h, 20 4月

    ラプトさん皆様今晩は

    先祖代々悪魔、サタンの家系に生まれ人間が本来持つ思考とは無縁に育った麻生太郎!

    気の毒と言えば気の毒ですが”情”は無用です。

    勿論”愛”にも無縁でしょう!!

    正直、麻生太郎に関してはうんざりですが、マスコミに全く取り上げられず不思議or納得!!!

    然し何時まで隠し通せるか、対談にも有ったようにサタン同士の内部分裂、抗争が始まってます(笑)

    神様の裁きが加速してる証拠でしょう!!

    私も霊的サタン、人間サタンに散々苦しみました。(此れからも益々激しくなるでしょうが)が、

    絶~対、負けません!!逆に益々祈りに拍車がかかります。

    又、ラプトさん中心に、兄弟姉妹と手を繋ぎ幾重にも輪になり祈れる事感謝です。

    この事は最強の祈りでしょう!!!同時に最近は神様、イエス様、聖霊様、を知らない人達に

    如何に知ってもらうか、知らない事が勿体無い!事を神様に問いかけ、祈りに追加する毎日ですが。。。。

    体調不良の中、本日もラプトさん誠に有り難うございました。感謝です。

  • ありがとう
    Posted at 18:18h, 21 4月

    ラプトプログの表示が異様に遅くなってしまったのは、私だけでしょうか。
    麻生太郎関連の記事を書くと、このブログに対する彼らの攻撃もますます激しくなりそうな気がします。
    とにかく麻生太郎が、この世の悪の中心であることはこれではっきりしました。
    やはり天皇に最も近いところにいる人が一番悪だったということですね。
    彼らが速やかに滅亡しますように。
    ラプトプログがいつまでも守られますように。

  • イケメンマッサン
    Posted at 02:38h, 22 4月

    ラプトさん、体調不良とはいえ、読者対談の楽しそうな声で元気付けられます。今回もかなり核心についてますね。
    麻生太郎が悪魔崇拝の祭司の家系だったとは!
    そして、公共事業=セメント事業…。
    何故か、国土交通相は歴代公明党ばかり。

    深見東州がヴェルディのスポンサーに。ヴェルディはポルトガル語で緑です。そもそも、このサッカーチームら正力松太郎が作ったそうでかなりの曰く付きのチームです。
    ワールドメイトも、スポーツを通して宗教団体に勧誘するのが狙いですかね?
    石原さとみも創価のプリンセスと言われてますが、池田大作の隠し子だとか噂が絶えませんね。
    創価の上戸彩はエグザイルのヒロと結婚…。
    何とか、創価に勧誘したいのは分かりますけど、かなり胡散臭いですからね。
    賛美歌と関係あるのかとゴスペルのCDを購入しましたが私にはテンションの高いブラックミュージックにしか聞こえませんでした。
    黒人の歌唱力は流石だと思いますが、私には合わなかったので、フォーク調の自作曲を作ろうかと思ってます。
    安倍晋三のテーマの読者対談も楽しみにしております。

  • あやこ
    Posted at 11:22h, 23 4月

    今回も素晴らしい対談をありがとうございます。久しぶりの対談者さんとRAPTさんの軽快なトークにワクワクし、驚き頷きながら拝聴致しました。とても分かりやすく聴きやすかったです!
    しかし物凄い発見の数々でしたね。
    まさか例の竹内文書にまで麻生家が繋がっているとは!RAPT理論の暴いてきたあらゆるテーマの源流に麻生太郎の存在・・・・こんなの偶然では絶対に有り得ませんよね。
    博多の陥没に麻生セメント、熊本地震に麻生セメント、津波の防波堤にも麻生セメント、おまけに北朝鮮にも!でしたよね。
    いつでもどこでも登場するヒーローに、手放しの感謝と称賛を送る前に、「これで得をしたのは誰か」に注目すべきですね。そうすると一つの真実が見えてきますね。
    まさかヒーローが己の利益の為に破壊行為を行なってるなどとは、とても思い至りませんし、お人好しの日本人は「実際助かってるのにそんな風に悪意に捉えたら悪いし・・・」みたいな気持ちになってしまいますからね。本当に盲点でした。
    その視点を与えてくださったRAPTさんに心から感謝です。

    誰が見てもわかるように悪事を働くのは極低級な俗悪人で、真の大悪魔は光の天使を纏い、誰が見てもわからないように悪事を働くのですね。実にえげつないです。

    今回曽野綾子も出てきましたね。私の母は若い頃からずっと彼女に心酔しており、それはもう沢山のハードカバーの著書をずらりと持っており、私も何冊か勧められて読みましたが、全く共感できませんでしたし、内容も全く残っておりません。因みに彼女を師と仰いでいた母の人生はボロボロで全く救われておりませんし、心の問題も全く解決していないどころか、より一層複雑化していました(笑)。それを見るだけでも偽物とはっきり分かります。曽野綾子はギリシャ神話を読むことを強く勧めていて、国際社会の常識くらいのこと言っており、とても疑問に思っていましたが、今にして思うと悪魔教を暴露しているようなものですね。母は彼女の呼びかけに応じて募金も沢山していましたが、完全なるクロ宗のカモだったわけですね。

    ルカによる福音書12章にあるように、まさに「覆われているもので現わされないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない」を毎回RAPTさんの記事で目の当たりにしています。主がRAPTさんをお遣いになり、また、RAPTさんがその御心に存分に応えていらっしゃることに感動します。

    RAPTさんの正義の剣を支持いたします。どうかこれからも闇に光を当て続けて下さい。私もこの世の悪が悉く裁かれ、全ての偽善の皮が剥がされますことを心から祈ります。
    RAPTさんと対談者さん、善良なる読者の皆さんに主のお導きと祝福がありますように。

  • H.
    Posted at 21:34h, 23 4月

    読者対談のアップありがとうございます。

    東京ベルディの件、びっくりしました。
    創価学会がテレビCMを流し始めて久しいですが、悪魔崇拝者達がどんどん我々の周りを取り囲んできているのが分かりますね。
    しかし、その方法が露骨になり過ぎて、流石に普通の人もおかしいと感じ始めるのではないでしょうか。

    また、日本道路公団の高速道路整備計画9342kmは、足すと18になって666となることに気付き、どこまでも悪だと感じました。

    シオンの議定書がお話しに出ていましたが、第十二の議定で「我々は、ある時は真実、ある時はデマを流し、説得したり、逆用したりする。」とあります。

    これを見て、「日本人に謝りたい」モルデカイ・モーゼ著、日新報道/1979年(下記リンク)を見ると、正に偽善の仮面を被って人々を騙そうとする姿がありありと分ります。
    http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html

    自らの数々の陰謀を暴露することで罪を悔い改めた”振り”をして信用を得ようとする中で、天皇制が理想であるという新たな”巨大なウソ”で人々を説得・洗脳する悪魔崇拝者の常套手段です。
    この本の出版社の日新報道という会社は、秦氏側の回し者です。

    この会社の代表取締役である遠藤留治は、ちゃんねる桜の賛同者(下記リンク)であり、HP(下記リンク)で紹介されている「サムライ −モーツァルトとマイケル・ジャクソン−」という本も朝堂院大覚の動画の最後にいつも紹介される本です。
    ちゃんねる桜の設立発起人である田形竹尾が元帝国陸軍であることからも、rapt理論通り秦氏側でしょう。

    ●チャンネル桜
    http://www.ch-sakura.jp/about.html
    ●日新報道
    http://www.nisshin-p.co.jp/book/nb28.html#h28-03

    事実の中にウソを潜ませ、人々を都合の良い方向へ洗脳するこのやり口は、有名陰謀論者たちもよく使って私たちを騙して来ていますので、本当に注意が必要です。
    彼ら悪魔崇拝者は、raptさんの言う通り、本当に聖書の逆を行って来ていますので、聖書を読み神様の御心・御言葉を知ることが我々の身を守り、真の幸福へと導いてくれます。

    月800円など、新聞を取ったり、雑誌を買うことを考えたら何でもないことです。
    宗教を毛嫌いしている人も一度でいいから有料記事を読んでみることを本当にお勧めします。
    私たちは、悪魔を信奉する悪魔教が作った世の中で洗脳され生きているのですから。

    今回も読者対談ワクワクして聞いていました。
    対談者の方もより神霊になり日々多くを悟り研鑽されているのだと感じました。
    raptさんが今後とも素晴らしい記事をアップできることをお祈り致します。

Post A Comment