RAPT | Blog by RAPT
1815
page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-1815,page-parent,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Blog by RAPT

2015年1月31日にサイトをリニューアルしました。


 

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   ここ最近、朝の配信の御言葉では、この御言葉に聞き従っている人がどれほど平素から神様を愛して生きているかが顕わになるような御言葉が続いています。   その結果、この御言葉を聞いていながらも、未だに自分の損得ばかりを考えて、神様を愛することを第一に考えていない人たちが実に多いということが分かってきました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   これまで主は私の口を通して沢山の御言葉を宣布してきて下さいました。   そして、その御言葉を聞くことによって、皆さんの多くが救われ、喜びと平安に満ち溢れ、生活の中でも豊かに祝福を受けられるようになったはずです。   そして、それこそが神様は私たち人間のことをどこまでも愛してくださっているという確かな証拠です。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   朝の配信の御言葉を聞いている人は既にお分かりの通り、今月に入ってから主の宣布される御言葉の次元がどんどん高くなってきています。   聖書の封印が次々と解き明かされ、かつこの世の隠された法則が次々と解き明かされているからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の善人も悪人も、全ては神様の手のひらの中で踊らされて生きています。   悪人たちは自分たちが好き勝手に生きていると思い込んでいますが、彼らがこれまでそのように生きてこられたのも、全ては神様がそれを許諾なさったからに他なりません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の多くの人々は、自分のことを惨めだと思い、駄目な人間だと思い、将来もきっとろくな人生を生きられないだろうと思いながら生きています。   それを人前で口に出して言うことはなくても、心のどこかでは多かれ少なかれそのような思いを抱えながら生きています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、悪なる者たちを滅ぼし、義人が自らの霊肉を成長させて、主の栄光を輝かせていくこと、それによって千年王国を作っていかなければならないという話をしています。   この世のカルトたちは、「人類は皆、一つになるべきだ」などと言って世界平和を唱え、善人も悪人も一まとめにした世界を作ろうとしています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、これまで伝えてきた御言葉をざっと総復習するような内容になっています。   内容としては大きく三つに分かれています。   先ず一つ目はどんなに自分が恵みに満たされていても、油断することなく悪の滅びを祈りつづけなければならないということです。   イルミナティはこれからも自らの存亡をかけて悪を計画しつづけますから、常に気を引き締めて彼らの滅びを祈り続けなければなりません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、愛媛の教会に通い続けてきた人たちのうち、工作員と疑われるような言動をとった人に対する御言葉を主が宣布してくださいました。   朝の配信の御言葉を聞いている人は既にお分かりの通り、その二人の人のうち一人は教会から追い出されることが決定し、もう一人は謹慎処分となりました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の人々は、どんな人でも他人から悪いことをされると、嫌な思いをし、辛い思いをします。   場合によっては、激しく怒り、恨み、復讐しようとしたりもします。   他人から悪いことをされて喜ぶ人は誰もいません。   しかしながら、私たちは生まれたときから悪に囲まれて生きてきたので、悪に囲まれている状態こそが当然のことだと思い、仕方がないことだと思って生きています。 ...