RAPT | Society
18
archive,category,category-society,category-18,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Society

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち信仰者にとって、聖霊に満たされて生きられるかどうかは、とても重要な問題です。   しかし、私たちの心の中に何らかの罪があるなら、聖霊は受けられませんし、私たちが神様を喜ぶような行いをしなければ、やはり同じように聖霊を受けることはできません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   これまで、この世の支配者たちは人々の給料をどんどん減らし、生活を困窮させておきながら、「老後が心配だ」などといって不安を煽り、人々の貯金を投資に回すように仕向けて、さらに人々のお金を搾取し、さらなる貧苦のどん底に突き落としてきました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち人間には「肉体」と「霊体」が存在していて、「肉体」は「霊体」にとっての母胎のようなもので、「肉体」が生きている間に「霊体」を成長させなければならないと、神様はこの御言葉を通して教えてくださいました。   そして「霊体」が大人に成長して、神様と愛を成す関係になるならば、その人は死んだ後も天国に行って、永遠に神様と愛を成して幸福に生きられると教えてくださっています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   前回の有料記事で、毎日24時間聖霊で満たされた人が、天国に入れるという保証を手に入れた人だと話しましたが、私たちがどれぐらい聖霊を受けて生きているかで、私たち一人一人がどれぐらい神様から喜ばれ、気に入られているかが分かります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   イエス・キリストは、「神の国は見える形では来ない。 『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」と言いました。   これがどういうことを意味しているのかというと、聖霊に満たされて生きる状態こそが、天国に入ったも同然の状態だということです。...

今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   神様がイエス・キリストをこの地上に送ったのは、私たち人類が永遠の命を得られるようにするためだと聖書に書かれてあります。   しかし人々は、イエスの言葉を実践すると、天国には行けたとしても、この世では幸福に生きられないと思い、イエスの言葉を受け入れようとしませんでした。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち人間は、自分のために生きるのではなく、神様のために生きてこそ、真の幸福を得られます。   神様のために生きてこそ、神様がその人に霊的にも肉的にも様々な能力・実力を与えて、この世で活躍し、頭角を現して生きられるように導いてくださるからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち信仰者にとって、神様から豊かな恵みを受けて生きるかどうかというのは、とても重大な問題です。   恵みを受けていないのであれば、その人は神様の御心にかなった生活をしていないということであり、霊的に成長することもなく、いつまで経っても神様のために働くことができません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   神様は、これまで歴代の中心者を通して御言葉を宣布し、その御言葉に従った者には祝福を与え、御言葉に従わなかった者には裁きを下してこられました。   そして今の時代も、神様は中心者を送って御言葉を伝えさせていますが、その御言葉に従うことによって、どれほど祝福された生を生きることができるのか、実際に中心者の生き様を見せることで、世の人々に悟らせようとしてこられました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   いつの時代も、世の人々は神様の御言葉に従うことを避け、別の道を通って幸福を掴み取ろうとばかりします。   真にこの御言葉を悟った人は、神様の御言葉にどこまでも従順に従ってこそ、真に幸福になれるということを理解することができるので、この御言葉にどこまでも従順に従おうとします。 ...