RAPT | Blog by RAPT
1815
page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-1815,page-parent,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Blog by RAPT

2015年1月31日にサイトをリニューアルしました。


 

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   人間がこの世でいくら富や名誉を積んだとしても、死んだ後はそれらのものをあの世に持っていくことはできません。   また、いくら沢山の人間関係を築いたとしても、死んだ後はその人間関係をあの世に持っていくこともできません。   私たち人間が死んだ後、あの世に持って行くことができるのは、ただ神様との愛の関係だけです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の中は、神様に反逆したユダヤ人によって支配されています。   昨年、私たちの綿密な調査によって、この事実が明らかになりました。   そして、そのユダヤ人たちに支配されてきた全人類もまた彼らの影響を受けて、彼らと同じように神様に反逆し、罪を犯して生きています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の人々は、実に様々な問題を抱えながら生きています。   人々はその問題を必死で解決しようとしますが、おおよそほとんど全ての人がその解決方法が分からないまま右往左往しています。   この世で起きるほとんどの問題は、おおよそ人間の犯した罪の結果によって生じたものです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   世の中はどんどん絶望的な状況に陥り、人々は不安と心配、失望と絶望の中で生きています。   しかし、そんな中にあっても、主を信じる私たちは、主によって救われ、豊かな恵みに満たされているので、常に心が平安に満たされ、喜びと希望に満たされて生きています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世のクリスチャンたちは、ただイエス・キリストを信じれば救われると話をします。   しかし、単にイエス・キリストを信じれば救われるということは絶対にありません。   私たちが救われるためには、霊肉ともに豊かに実力を身につけなければなりません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様は愛の方であり、憐れみ深い方です。   しかし、だからといって、神様は弱い者たちを全て受け入れ、その弱さを全て包み込んでくださるような方ではありません。   弱い人間が弱いままでいることを許される方ではなく、その弱さを克服しようとする者にのみ憐れみ、助け、支えて下さる方です。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の人々は、どうすれば多くの利得を得て、幸せに生きられるだろうかとばかり考えて生きています。   しかし、私たちは主を愛しさえすれば、主が全てのものを与えてくださり、豊かに祝福されて生きられるということを知っています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今、時代はどんどん傾き、この世の誰もが自分の願った通りの生き方ができなくなっています。   むしろ生活は苦しくなる一方で、誰も彼もが心身ともにやつれ果てています。   そして、そのように精神的に追い詰められるようになると、人は自然と利己的な考えばかりに陥るようになります。 ...

有料記事をご注文の際、ドコモメールのアドレス(docomo.ne.jp )を登録されている方へお知らせします。   こちらからドコモのメールアドレスにメールを送信した際、なぜか「アドレス不明」というエラーメッセージが返ってきて、きちんとメールが送れないケースがあります。   大変申し訳ございませんが、ドコモメールのアドレスにて有料記事をご購入された方で、こちらからの返信がなかった場合は、別のパソコン用のアドレスから再度、ご連絡をいただけないでしょうか。   お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。  ...