RAPT | 「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。
42456
post-template-default,single,single-post,postid-42456,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-9.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。

02 3月 「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。


 
今現在、日本のマスコミ各社は総力を挙げて「森友学園」をめぐる様々な疑惑について報道しています。
 
そして、これまでになく「安倍叩き」が加速しています。
 
これまで「安倍晋三」を諸手を挙げて大絶賛していた「ネトウヨ」の皆さんも、なぜかここに来て、手のひらを返したように「安倍晋三」や「安倍昭恵」をヤフーニュースのコメント欄などで叩きまくっています。
 
しかし、どのマスコミの報道を見ていても、全て肝心なことが抜け落ちています。
 
衆院予算委員会でもこの問題についてはかなり激しく議論されていて、「安倍晋三」が激しく叩かれていました。
 
そして、当然のことながら「副総理」であり「財務大臣」であり「金融担当大臣」である「麻生太郎」も、「安倍晋三」と一緒に叩かれていました。
 
少なくとも、国会中継を見た限りでは、この二人が一緒に叩かれているように見えました。
 
ところが、マスコミの報道を見てみると、叩かれているのは「安倍晋三」ばかりで、「麻生太郎」はほとんど叩かれていません。
 
「やはりそうか」というのが、私の率直な感想です。
 
はっきりと言いますが、「森友学園」問題で最も叩かれるべきは「安倍晋三」ではありません。
 
なぜなら、「森友学園」に国有地を破格の値段で売り払ったのは、「安倍晋三」ではないからです。
 
もちろん、彼が内閣総理大臣である以上、彼が責任を問われるのは当然のことではあります。
 
しかし、このようなお金の絡んだ問題について、最も責任を問われるべきなのは「財務大臣」であり、「金融担当大臣」である「麻生太郎」であるべきはずです。
 
なのに、マスコミは「麻生太郎」の不正を全く追求しようとしません。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
財務省近畿財務局が、大阪府豊中市野田町の国有地を“いわくつき”の学校法人に安価で払い下げていたことが発覚し、問題となっている。
 
(註・このように、この国有地を売り払ったのは「財務省」です。なので、「財務大臣」である「麻生太郎」が真っ先に責任を問われるべきなのです。)
 
発端は、豊中の木村真市議が2月8日、「適正な価格で売却した」として売却額を非公開にしていた財務局を相手取り、売買契約書の開示を求めて大阪地裁に提訴したことだ。
 
木村市議に話を聞くと、国有地払い下げをめぐっては不可解な点がいくつもあった。
 
まず、憲法の改正を目指す「日本会議」役員である籠池泰典氏が理事長を務める「森友学園」が売却先ということだ。
 
森友学園は、園児に教育勅語を暗唱させ、軍歌を歌わせることで有名な塚本幼稚園幼児教育学園(大阪市)を経営する。

 
売却された国有地では現在、「日本で初めてで唯一の神道の小学校」との謳い文句で「瑞穂の國記念小學院」の建設が進められている。
 
(註・「日本会議」が国家神道を復活させようとしていることは、このブログでも過去に触れたことがあります。その記事は「こちら」です。)
 
木村市議によると、同小学校の建設現場に貼られていた生徒募集のポスターには、教育勅語が書かれていたという。
 
塚本幼稚園のように小学校でも、軍国時代の教育がなされる懸念がある。
 
日本会議とのつながりはこれだけではない。
 
豊中市の淺利敬一郎市長は籠池理事長から過去に少額ではあるものの献金を受けている。
 
豊中の市議には、塚本幼稚園出身の喜多正顕氏や、日本会議地方議員連盟の設立代表発起人・北川悟司氏もいる。
 
問題の国有地はもともと、豊中市が公園建設のために取得を希望していた。近畿財務局が借地契約は認めなかったため、買い取りを諦めたのだが、背景にはそれ以上のものがあったのではないかとの疑いも払拭できない。
 
また、財務省が10日に民進党などに提出した資料によると、売却額を非開示にしたのは、工事の段階で発見された地下埋設物の「風評リスク」を懸念した学校側が非公開を要請したためだという。
 
だが、地下埋設物が見つかったのは2015年8月で、3カ月前に交わされた有償貸し付け合意書も、金額など詳細は墨塗りだった。
 
木村市議は、「貸し付け合意の時点では地下埋設物は見つかっていなかったのに、非公開だった。何を隠そうとしていたのか」といぶかる。
 
資料では売却額も判明したが、木村市議は自身に対する正式な開示や払い下げの経緯を明らかにするため、訴訟は取り下げない意向だ。
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように、「森友学園」の理事長「籠池泰典」は「日本会議」の役員でした。
 
しかも、いかにも「日本会議」のメンバーらしく、「園児に教育勅語を暗唱させ、軍歌を歌わせることで有名な塚本幼稚園幼児教育学園(大阪市)を経営」していたそうです。
 

〈森友学園の理事長・籠池泰典〉

 
そして、「安倍晋三」も「麻生太郎」も国家神道を推進している「日本会議国会議員懇談会」の「特別顧問(つまりトップ)」です。
 
日本会議国会議員懇談会 – Wikipedia
 

 
ですから、この「森友学園」は「日本会議」の人脈によって作られたと考えられるわけです。
 
「日本会議」のメンバーたちが一丸となって、日本の子供たちに戦前のような「軍国主義」教育を植えつけようと計画していたわけです。
 
しかし、「安倍晋三」はこの「森友学園」の理事長のことを知らないと言い張っています。
 
もちろん、それが嘘であることは言うまでもありません。
 
以下の記事がその証拠です。少し長いですが、この問題の要点をうまくまとめていますので、先ずはご一読下さい。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■安倍晋三と10年ズブズブな森友学園との関係について
 
ようやく地上波でも話題になりつつある、国有地を格安で払下げしたことが問題になっている森友学園の疑惑をわかりやすく整理して書いてみましょう。
 
籠池泰典理事長が、教育勅語大好き愛国小学校だという問題はさておき、私立の森友学園が経営する塚本幼稚園の充足率が50%。
 
定員割れの経営危機の状態でなぜ小学校の開設が認められたのかを考えてみましょう。
 
森友学園は、大阪府私学審の会合で新たに校舎を建てる際に用意するよう定めている基本金が13年度は「ゼロ」と報告され、委員から「計画性がない」と懸念が示されてもいました。
  
安倍総理は、国会で「私の考え方に非常に共鳴している方から、(2007年に内閣総辞職して)首相を辞めた時に『安倍晋三小学校にしたい』という話があったと言っています。
 
この5年後の2012年9月の自民党総裁選の直前に今度は昭恵氏を通じて「安倍晋三記念小学院という名前にしたい」と安倍首相に申し出て内諾を得たという。
  
2012年7月に国が新関西国際空港株式会社に現物出資した土地を、2012年12月に安倍政権ができた翌月の2013年1月に「錯誤」として国に戻し、国有地にした。
 
4年後の16年6月に森友学園に売却。国はこの土地を担保に年1%で森友に貸し付け森友学園は、自己資金ナシで取得。(最初から、学校を建てるつもりで目をつけていたことがわかる)
  
今年、名誉校長に就任した安倍首相夫人の昭恵氏は、「2年前に名誉校長を引き受けました。」という。
 
2年前というと、2014年くらいでしょうか?名誉校長になったとたんに、松井大阪府知事は、経営危機であった森友学園に「瑞穂の國記念小學院」の設置認可したわけです。
 
しかもタダ同然で財務省も売却(なぜか金額は非公開だった)。
 
〈2015年9月 安倍晋三と籠池照明〉

 
近畿財務局9階会議室で森友学園の価格交渉が行われていた 2015年9月4日、安倍は元りそな(りそなは小学校の土地を担保に貸付を行っている)コンサルタントの冬柴大と大阪で会っていた。
  
さらには、籠池照明氏の長男は、大阪維新の会・足立康史衆議院議員の私設秘書をしていたことがある。
 
塚本幼稚園の教諭には「素晴らしい教育を行なっている教諭」に贈られる「文部科学大臣優秀教職員賞」が2008年と2012年に「大阪府からの推薦」で贈られているが、2008年の大阪府知事は橋下徹、2012年の大阪府知事は松井一郎。
  
すくなくとも、2007年の出会いから、2017年の10年間、安倍晋三夫妻は籠池泰典理事長と、深い交友があったということです。
 
土地の購入に関しては、頭金は2700万円あまり。残りの1億円あまりは「10年間分割払い」であり、「毎年1100万円、延納利息1%」となっている。
 
通常であれば10億円はする国有地約8770平方メートルを1憶3400万円で売るところ、大阪航空局は森友学園に除去費用として1億3176万円を負担。
 
国の収入は差し引き約200万円程度。この国有地売買で国庫に入る額は、たったの200万円ほどなのだ。相場14億円の土地がたったの200万円で手に入っている。
  
しかも建物は、国が森友学園に対して「有益費」として約1億3000万円あまり、建設中の建物が国によって木造でなくても、木造に見えるというだけで「木質化」の先導事例に選定され約6000万円の木造建築助成金の補助金を得ている。
 
森友学園の校舎施工を請け負った中道組はホームページが10年以上更新されていない資金を流すためのトンネル会社。
  
これは、総理大臣夫婦を持ち上げて「安倍晋三記念小学院」を建てたいと言えば、簡単に認可がおり、格安で土地が入り、TVで宣伝までして貰えるという、素晴らしい経営者の財政再建の知恵ですね。
 
保護者へ寄付を募る振込用紙には「安倍晋三記念小学院」と名称を書き込んで配布して名前を利用して金を集めている。さらには経営不振なのにもかかわらず、稲田防衛大臣から感謝状まで貰って好評している。
   
〈註・戦争大好きの「稲田朋美」から授与された感謝状〉

 
その手があったかっ!私も橋本龍太郎さんに会った時に、「作家になりたいんです」なんて言わないで、「お考えに賛同しました。橋本龍太郎記念小学校を建てたい」と言えば、無担保融資を推進してた大蔵大臣でしたし、今頃は学長になれていた~っ。学長兼作家というのも、ありだったなと今では後悔しています。
 
ちなみに考えを賛同したそうですが、中国蔑視な籠池泰典理事長ですよね。
 
中国人は観光でたくさんのお金を日本に落としてくださってるのに、総理夫人が3国人ヘイト思想の名誉校長となるのは外交上まずいですよねぇ。まだそれすらご辞退してませんよね。ヤル気満々です。
 
昨日、17日には、国会で「私も妻も一切認可にも国有地払い下げにも関係ない訳でありまして(略)認可においては大阪府ですか?に確かめて頂ければ良い事であって私に聞かれても全くわからない。私や妻が関係していたなら総理大臣も国会議員も辞めるとはっきり申し上げる」と安倍総理は答弁してましたね。
 
〈韓国人と中国人は嫌いだ。と書いてある、籠池泰典理事長の筆。〉

 
(註・こうやって本当は敵でもない中国や韓国などを敵とみなして、日本を軍国主義の国へと作り変えようとしているわけですね。)
  

 
陛下まで寄付金集めに利用して・・・ひど過ぎます。これらは地方の小さな私立の幼稚園で出来る所業ではありません。
  
そして今、国民投票法と共謀罪、Wで言論統制と言論弾圧を企んでいます。http://ameblo.jp/minakatario/entry-12250080208.html (漫画でわかりやすく)
  
■2月20日、追記。
 
標識の設置年月日は、2014年11月6日、安倍内閣になって1年目には建築計画があった。
 

 
大阪府への小学校設置の認可を申請したが認可は降りてない時で、国有財産の処分方針を決める国有財産近畿地方審議会が開かれる数か月前に建っている。
 
(国の土地に勝手に建築予定標識を立てていた。国有地に標識設置するのに許可はあったのか?)
 
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51707294.html ☜このブログに詳しく描かれています。
 
ということは、土地が買えるかわからない段階で、建築設計と建築計画が立っていたという段取りの良さです。(この時、森友に2億振り込まれたというウワサも・・・)
   
また、この土地に住んでいた人がいたそうで、「この土地を公園にする」と言って、住民を騙すように無理やり立ち退かせたそうですよ。
 
で、本当の公園には高く売ってますね。(笑)さらにはここには豊洲並な土地で汚染もゴミも残ってます。8億もどこへ消えた??
  
告発者は豊中市の市議さんです。偉いっ!http://ameblo.jp/minakatario/entry-12248125895.html
  
■2月23日、追記
 
名誉校長として挨拶されていた安倍晋三の妻の安倍昭恵さんて、この方ですよね?
 

 
森友学園の児童虐待も出てきましたね。父兄から3国人批判強要で訴訟も起こされています。どういう小学校を建てるのか?土地を買う前に設計と建築計画と名誉校長が決まっていた。なのに大阪の松井知事は、突然、認可してないとか言い出しております。不思議。
  
■2月25日追記(24日は国会で安倍、しどろもどろ)
 
2012年、突然、松井一郎知事が「借り入れのある幼稚園」も小学校参入ができるように設置基準を緩和。
 
同改正は議会の可決が不要のため、わずか2カ月であっさり施行。きにして、安倍さんの「安晋会」「親和会」共に政治団体。
 
ここに”森友学園の関係者のオーナー”が政治献金をしていたら総理大臣なので職務権限が発生して”斡旋利得”になる。
 
1億3000万円が航空局から出た直後に籠池理事長の自宅の5000万円の抵当権が消えている。 
 
12月18日=大阪府教委の私学審議会で、小学校設置申請を却下
12月24日=安倍総理と松井知事が食事。橋下徹氏が同席
1月27日=大阪府教委の私学審議会が唐突に臨時会開催し1ヶ月前の決定を覆し、認可を認める

  
森友学園が運営する塚本幼稚園は、特別に支援が必要な児童を受け入れる「要支援児受入促進指定園」に指定され、大阪市から補助金を受け取っている。
 
大阪府からの補助金も受けている。ちなみに、市の制度は橋下徹市長時代に創設された。府の当時の補助金交付決定者は松井一郎知事だ。
  
2015年
◼︎9月3日 安倍首相、財務省の岡本官房長、迫田英典理財局長と会う。まもなく迫田英典は国税庁長官に大昇進。
◼︎9月4日 安保法案の審議をサボり、安倍首相、大阪でTV出演 (安保=今回の言論弾圧のための法律です)☟日刊ゲンダイ記事
◼︎9月5日 安倍昭恵、塚本幼稚園で午前午後で2回講演し、名誉校長に就任
  
---------------------(転載ここまで)
 
この記事を見れば分かる通り、「森友学園」の建設には明らかに「安倍晋三」が深く関わっています。
 
と同時に、「橋下徹」と「松井一郎」がかなり深く関わっていることが分かります。
 
〈橋下徹〉

〈松井一郎〉

 
ところが、彼ら二人も「安倍晋三」と同じく、「森友学園」のことは知らないとの一点張り。
 
「橋下徹」は、ツイッターで「価格算定の手続きが不透明過ぎる。国が撤去費用を見積もり鑑定士は国から言われた撤去費用を前提に土地価格を鑑定。これで鑑定士が全体を鑑定したように装っている。やはり政治介入か」と国をバッシングしているとのこと。呆れてものも言えません。(詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)
 
森友学園1件だけの要望「橋下-松井府政」が通す – 社会 : 日刊スポーツ
 
一方の「松井一郎」も、「籠池理事長なんて知らなかった」などと白々しく嘘をついているそうです。(詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)
 
森友学園:松井・大阪府知事「籠池理事長を知らなかった」
 
で、「稲田朋美」もまた「森友学園」の理事長に感謝状を授与していたようですね。
 
「稲田朋美」は「生長の家」の教祖である「谷口雅春」を心から崇拝していて、「日本会議」は「生長の家」のメンバーによって作られた組織です。これについては、前にもお話した通りです。
 
安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。
 
ここでもまた「森友学園」と「日本会議」の深いつながりが見て取れます。
 
その上、「森友学園」を認可した大阪府知事「松井一郎」も日本会議に近い人物と言われています。(詳しくは以下のリンクをご参照下さい。)
 
昭恵夫人が名誉校長 大阪新設小学校はわずか1カ月で認可 | 日刊ゲンダイDIGITAL
 
このように、「森友学園」の周りには「日本会議」の関係者ばかりがウヨウヨと群がっているのです。
 
となると、「日本会議国会議員懇談会」のトップである「麻生太郎」が「森友学園」のことを知らないはずがありませんし、むしろ「財務大臣」として深く関わっていたことは間違いありません。
 
そもそも、「麻生太郎」は「安倍晋三」だけでなく、「松井一郎」とも「橋下徹」とも個人的にとても深い関係があります。
 
「麻生太郎」が「日本財団」と深い関係にあることは以下の記事で書きました。
 
「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。
 
そして、実を言うと「松井一郎」も幼い頃から「日本財団」とかなり密接な関係を持っているのです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
大阪維新の大阪府知事の【松井一郎】ってどんな人?
 
・橋下徹知事の側近中の側近議員だった
 
・松井一郎は、競艇場の照明など電気設備の利権を一手に握っている笹川グループの一員
 
・競艇利権は、松井知事の父親である元府議会議長の松井良夫元府議から引き継いだもの
 
・父親の良夫元府議会議長は、知る人ぞ知る故笹川良一の直系の子分だった人物
 
・笹川良一は、かつて「私は世界一金持ちのファシスト」と豪語した人物
 
・父親の良夫元府議会議長は笹川良一払い下げの超豪華なキャデラックを乗りまわしていた
 
・WTC移転問題ではだれよりも急先鋒になっている
 
・WTCも住之江競艇場も同じ南港。
 
笹川グループ競艇利権→松井良夫元議会議長→松井一郎府議(維新幹事長・世襲2世) →知事に当選
 
大阪府内のボンクラ高校在学中に傷害事件を起こし、本来なら退学処分になるところを大阪府議会議長だった父親の力で自主退学にしてもらい、笹川良一が理事をしていた福岡工業大学附属高校に特別枠で編入し福岡工大(偏差値39)を卒業したとか。
 
正直言って相当胡散臭い人物だと思います。バリバリ利権に目敏そうですね。
 
---------------------(転載ここまで)
 
こうなってくると、「松井一郎」が「麻生太郎」と個人的に知り合いでないわけがありません。
 
で、一方の「橋下徹」ですが、実は彼のブレーンが「株式会社・麻生」の監視役をやっています。
 
「株式会社・麻生」の監視役が、「橋下徹」のブレーンなのです。これまた恐ろしいほど近い関係ですね。
 
そのブレーンの名を「上山信一」といいます。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
みずほ銀行・及川幹雄事件で再び注目される「ぎょうせい買収スキーム」、財務大臣・麻生太郎と大阪市長・橋下徹をつなぐ「意外な人物」が浮上: 東京アウトローズWEB速報版
 
上山信一 – Wikipedia
 
〈上山信一〉

 
で、「橋下徹」も「松井一郎」もどちらも「大阪維新の会」のメンバーで、「森友学園」の理事長の長男も「大阪維新の会」の議員の私設秘書をやっていた……。
 
このように「麻生太郎」は単に「日本会議」というラインで「森友学園」と結ばれているだけでなく、「大阪維新の会」というラインでもしっかりと結ばれているのです。
 
つまり、こういうことになりますね。
 
■麻生太郎 →(日本会議)→ 籠池理事長
 
■麻生太郎 →(大阪維新の会)→ 籠池理事長の長男
 
■麻生太郎 →(第2次安倍内閣)→ 安倍晋三
 
■麻生太郎 →(日本財団)→ 松井一郎
 
■麻生太郎 →(大阪維新の会)→ 松井一郎
 
■麻生太郎 →(大阪維新の会)→ 橋下徹
 
このように「麻生太郎」は、「森友学園」に関わっているほとんど全ての人とかなり近い接点があります。
 
それなのに、「麻生太郎」と「森友学園」が全く無関係であるということは絶対にあり得ません。
 
しかし、マスコミはなぜかこの部分には一切触れようとしない。
 
これだけ見ても、マスコミがわざと「麻生太郎」のことを伏せて「森友学園」の件を報道していることは明らかです。
 
実際、マスコミが何かを意図的に隠蔽しようとしていることは、以下の記事がはっきりと証明しています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
2月24日に行われた大阪府の松井一郎知事の記者会見で森友学園に関する部分が不自然にカットされていることが分かりました。
 
問題の会見は24日の囲み会見で記者が「安倍首相が名前の使用に反発した事は森友学園の認可に影響するのか?」と質問したところ、これに対する松井知事の回答部分がバッサリとカットされます。
 
機材の不備で偶然に映像が止まってしまったのかもしれませんが、タイミングがやや不自然な印象があると言えるでしょう。
 


 
---------------------(転載ここまで)
 
まあ、これが機材の不備であるはずがありません。
 
我々素人が使っているカメラも、こんなノイズが入ることは絶対にあり得ませんし、私自身、自分の撮影した動画でこんなノイズを見たことがないからです。
 
それだけでなく、YOUTUBEでもこんなノイズの入った動画を一つも見たことがありません(笑)。
 
まして、マスコミが使っているカメラは、我々素人が使っているカメラよりも相当に高額なはずです。
 
そんな高額なカメラがこんな不具合をそうそう簡単に起こすはずもない。
 
ですから、マスコミが何かを隠蔽しようとしたことは明らかです。
 
しかも、「ニコニコ動画」に関しては、この「森友学園」問題に絡んで「麻生太郎」を賞賛しているという体たらくぶりです。
 
以下の動画は「YOUTUBE動画」ですが、明らかに「ニコニコ動画」からの転載ですね。
 

 
これは、民進党議員の質問に対して、「麻生太郎」が腹を立てて「何を調子のいいことを言ってんだか」と暴言を吐いたシーンです。
 
しかし、この「ニコニコ動画」を見ると、政治家としてあってはならないこの「麻生太郎」のヤクザのような態度を「賞賛」するようなテロップが次々と流れています。
 
まあ、それも当然のことでしょう。
 
何しろ、「麻生太郎」の甥である「麻生巌」が、「ニコニコ動画」を運営する「ドワンゴ」の社外取締役に就任していますからね。(正確には「ドワンゴ」の子会社が「ニコニコ動画」を運営しています。)
 
麻生巌 – Wikipedia
 
ドワンゴ – Wikipedia
 
〈麻生太郎の甥・麻生巌〉

 
「ニコニコ動画」はこれまでずっと「麻生太郎」のことを賞賛するような動画をアップしまくってきました。(その証拠は、後ほどお見せします。)
 
そのため、「ニコニコ動画」に群がる人たちは皆、「麻生太郎」のことを「日本のために頑張ってくれている唯一無二の政治家である」と洗脳されています。
 
だからこそ、「ニコニコ動画」ではいつもこうして「麻生太郎」を賞賛するテロップが流れるのです。
 
これでは「安倍晋三は偉人である」と洗脳しようとした「森友学園」と何の違いもありません。
 
しかし、その「森友学園」だけがマスコミで叩かれて、「ニコニコ動画」は全く叩かれない。
 
これだけ見ても、いかに「麻生太郎」の権力が絶大であるかが分かるというものです。
 
で、話を「日本会議」に戻しますと、「麻生太郎」と「日本会議」は他の議員とは比べ物にならないぐらい深いつながりがあります。
 
先ず、現在の「日本会議」の会長は「田久保忠衛」という人物です。
 
〈田久保忠衛〉

 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
日本会議(にっぽんかいぎ、英称:Japan Conference)は、1997年に設立された、日本の民間団体である。
 
2016年現在、会員は約3万8,000名、47都道府県全てに本部があり、また241の市町村支部がある。
 
会長は、田久保忠衛(2016年7月現在)。
 
日本会議国会議員懇談会と日本会議地方議員連盟は、日本会議の関連団体。
 
---------------------(転載ここまで)
 
で、この「田久保忠衛」は「日本財団」の理事にも就任しています。(以下、「田久保忠衛」のウィキペディアの記事です。)
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
(田久保忠衛は)2014年10月、櫻井よしこと共同で「美しい日本の憲法をつくる国民の会」を結成。
 
2015年、三好達の後任として日本会議会長に就任した。
 
国際フォーラム理事。財団法人ディフェンスリサーチセンター・日本財団理事。
 
国家基本問題研究所の筆頭副理事長。「新しい歴史教科書をつくる会」・「体罰の会」顧問。映画「南京の真実」の賛同者も務める。
 
---------------------(転載ここまで)
 
一方、「麻生太郎」もこの「日本財団」とも「日本会議」ともかなり密接な関係がある。
 
「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。
 
また、「日本財団」の下部組織には「東京財団」なるものが存在しているのですが、この「東京財団」の初代理事長がかの「竹中平蔵」です。
 
〈竹中平蔵〉

 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
公益財団法人東京財団(とうきょうざいだん)は、外交や経済等の分野における政策研究・提言と、奨学基金の運営を行うシンクタンクである。現理事長はスタンフォード大学教授の星岳雄。
 
1997年(平成9年)に、財団法人日本船舶振興会(現日本財団)が設立した「国際研究奨学財団」が前身であり、日本財団の国際的な事業の受け皿として竹中平蔵を理事長に据え、1999年(平成11年)に「東京財団」に名称変更した。
 
---------------------(転載ここまで)
 
で、この「竹中平蔵」が「日本経済をよくするため」と称して「アベノミクス」を断行し、我々国民を貧苦のどん底に突き落としてきたことは、これまでこのブログで何度もお話してきました。
 
〈TALK RADIO〉竹中平蔵による国家的犯罪。史上空前の売国政策。
 
日本をダメにした「小泉・竹中改革」の成功は、すべてトヨタ元社長「奥田碩」の力あってのお陰です。
 
「ヒラ社員も残業代ゼロ」パソナ会長・竹中平蔵がまたも国民を地獄に突き落とす。
 
派遣利権だけではない。JA全中全廃もクールジャパンも全ては創価=パソナ=竹中平蔵の利権だった。
 
「地方創生本部」設置もやはり創価=パソナ=竹中平蔵の利権のため。呆れたアベノミクスの実態。
 
女性の雇用促進のため、早くもパソナ=竹中平蔵が業務受託。なぜマスコミはこの利権構造を批判しないのか。
 
国会には何百もの議員がいるのに、議員でもない竹中平蔵が決めた政策ばかりが実行されるこの国の不思議。
 
〈集団的自衛権〉がらみの創価=パソナ=竹中平蔵の利権が発覚。日本経済はどこまでもパソナに一極集中。
 
で、この「アベノミクス」をでっち上げたのが「産業競争力会議」であり、「竹中平蔵」はその民間議員として登用されていたわけですね。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
産業競争力会議(さんぎょうきょうそうりょくかいぎ)は、日本経済再生本部の下に開かれる会議体。2013年1月23日に第一回目が開催された。2016年9月9日、未来投資会議の新設に伴い、廃止。
 
■組織
 
議長:内閣総理大臣
議長代理:副総理
副議長:経済再生担当大臣兼内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、内閣官房長官、経済産業大臣兼産業競争力担当大臣
構成員:内閣総理大臣が指名する国務大臣並びに産業競争力の強化及び国際展開戦略に関し優れた識見を有する者のうちから内閣総理大臣が指名する者
 
■民間議員(有識者委員)
岡素之 – 元住友商事社長、内閣府規制改革会議議長
金丸恭文 – フューチャーアーキテクト会長兼社長(2014年9月に就任)
小林喜光 – 三菱ケミカルホールディングス社長(2014年9月に就任)
小室淑恵 – ワーク・ライフバランス社長(2014年9月に就任)
竹中平蔵 – 慶應義塾大学総合政策学部教授及びグローバルセキュリティ研究所所長、株式会社パソナグループ取締役会長、元総務大臣・経済財政政策担当大臣・金融担当大臣
橋本和仁 – 東京大学大学院工学系研究科教授、東北師範大学名誉教授
三木谷浩史 – 楽天会長兼社長、新経済連盟代表理事
三村明夫 – 日本商工会議所会頭(2014年9月に就任)
 
---------------------(転載ここまで)
 
で、よくよく見てみると、この「産業競争力会議」の議長代理は「副総理」となっていて、つまりは「麻生太郎」のことです。
 
つまり、「産業競争力会議」のナンバー2が「麻生太郎」だったというわけです。
 
で、この「産業競争力会議」の作った「アベノミクス」によって「派遣労働法」が改悪されて、「竹中平蔵」が会長を務める「パソナ」などの派遣会社がボロ儲けし、派遣社員が大損をする仕組みが作られたわけですが、「麻生太郎」もまた派遣会社「アソウ・ヒューマニーセンター」を経営しています。
 
ですから、「麻生太郎」もまた「アベノミクス」によってボロ儲けしてきたことは間違いありません。
 
アソウ・ヒューマニーセンター – Wikipedia
 
RAPT×読者対談〈第73弾〉有名陰謀論者が絶対に語らないTPPと派遣業の実態。
 
私はこれまで「竹中平蔵」が自ら私服を肥やすために、国民の前であれこれと嘘をつきながら「アベノミクス」を断行してきたのだとばかり思っていました。
 
しかし、どうやら真の黒幕は他にいたようです。
 
真の黒幕は「竹中平蔵」ではなく、「産業競争力会議」のナンバー2の人物、つまり「議長代理」を務めていた「麻生太郎」だったのです。
 
つまり、「アベノミクス」とは「麻生太郎」がボロ儲けするために作られた経済政策に他ならなかったのです。
 
そして、そのおこぼれに「竹中平蔵」など、その他のイルミナティの面々があずかっている、という構造になっていたのです。
 
実際、「竹中平蔵」は「産業競争力会議」の「議員」に過ぎませんが、「麻生太郎」は「議長代理」です。
 
では、「議員」と「議長代理」とどちらの発言権が大きいかと言えば、当然、後者であることは間違いありません。
 
しかも、「産業競争力会議」が廃止された後、代わりに「未来投資会議」なるものが設置されたのですが(上のウィキペディアの太字部分)、この「未来投資会議」も「麻生グループ」のボロ儲けのために設置されたとしか考えられないようなものになっています。
 
先ず、この「未来投資会議」のメンバーが以下になります。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
未来投資会議 議員名簿(平成 28 年 11 月 10 日現在)
 
・議長 安倍 晋三 内閣総理大臣
・議長代理 麻生 太郎  副総理
・副議長 石原 伸晃 経済再生担当大臣 兼 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
・同 菅 義偉 内閣官房長官
・同 世耕 弘成 経済産業大臣
 
・議員 高市早苗 総務大臣
・同 松野博一 文部科学大臣
・同 塩崎恭久 厚生労働大臣
・同 鶴保庸介 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)
・同 山本幸三 内閣府特命担当大臣(規制改革)
・同 金丸恭文 フューチャー株式会社代表取締役会長兼社長 グループCEO
・同 五神真 東京大学総長
・同 榊原定征 一般社団法人日本経済団体連合会会長
・同 竹中平蔵 東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授
・同 中西宏明 株式会社日立製作所取締役会長 代表執行役
・同 南場智子 株式会社ディー・エヌ・エー取締役会長
 
---------------------(転載ここまで)
 
見ての通り、ここにも「麻生太郎」と「竹中平蔵」の名前が出てきます。
 
そして、「竹中平蔵」は「議員」であり、「麻生太郎」は「議長代理」ですから、当然、この会議においても「麻生太郎」の方が強い発言権を持っているに違いありません。
 
で、この「未来投資会議」はこれまでに5回の会議を開いていて、その会議の内容がおおよそ以下になります。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
・第5回 平成29年2月16日 第4次産業革命の推進に向けた検討課題について 自動走行による移動革命について
 
・第4回 平成29年1月27日 企業関連制度改革・産業再編について、規制改革・行政手続の簡素化・IT化の一体的推進について、「平成28年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書」(案)、「産業競争力の強化に関する実行計画(案)」、「これまでの議論の経緯と今後の検討の方向性」について
 
・第3回 平成28年12月19日 公的資産の民間開放について
 
・第2回 平成28年11月10日 未来投資の推進について、医療・介護の未来投資と課題
 
・第1回 平成28年9月12日 未来投資会議の開催について、建設業の未来投資と課題
 
---------------------(転載ここまで)
 
太字にした部分は「麻生太郎」と明らかに関係のある議題です。もちろん、太字にしていない部分も「麻生太郎」に関係があるものばかりでしょう。
 
で、ここには「第4次産業革命」なる言葉が出てきますが、「第四次産業」とは「IoTや自動運転、AIなど」のことで、要するに「トヨタ」関連ですね。
 
そして、「麻生太郎」の甥も「ドワンゴ」の取締役で、彼の長男も「株式会社エクストーン」の社長。
 
どちらの会社も「IT企業」です。
 
株式会社ドワンゴ
 
Xtone :: 株式会社エクストーン
 
なので、「麻生一族」もまたこの「第四次産業革命」によってボロ儲けすることは間違いありません。
 
つまり、「産業競争力会議」も「未来投資会議」も全ては「麻生一族」のボロ儲けのために設置されていた、ということです。
 
まさに「麻生太郎」は、自らの私服を肥やすために「副総理」の座につき、この国のナンバー2としてこの国の政治を動かしてきた(動かしている)ということです。
 
これを「利益相反」と言わずして何と言えばいいのでしょうか。
 
これまでこの世の中では、「政官業の癒着」を「鉄のトライアングル」と言って批判されてきました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
鉄のトライアングル(てつのトライアングル)とは、政策形成過程における政官財(政官業)の癒着構造を示す言葉。
 
政官財が以下の行動を取ることにより、国益・国民益より省益・企業益が優先される。
 
財界等の業界団体が政治献金で族議員に代表されるような政治家を輩出し、財界に影響力のある官僚を天下りで懐柔する。
 
官僚は所轄業界をまとめ、その利益代表として動き、政治家・財界を許認可権限・公共事業・補助金振り分けで影響力を持つ。
 
政治家は官僚・財界の通したい法案成否について影響力を行使し、財界から政治献金を集め、官僚への限定的指揮権を持つ。
 
---------------------(転載ここまで)
 
しかし、「政官業の癒着」というのは、「政界」と「実業界」にそれぞれ別の人物がいて、それらの人物がグルになって私服を肥やすことを言います。
 
ところが、「麻生太郎」は一人で「政界」と「実業界」の役割を兼任し、一人で「政界」を動かしつつ「実業界」でボロ儲けしているのです。
 
だからこそ、「麻生家」の家紋は以下のような形になっているのかも知れません。
 
〈麻生家の家紋〉

 
恐らくこの家紋は、「おれたちが政界と実業界をがっちりと一つにしてボロ儲けしてやる」という強い意図を表現しているのでしょう。
 
そして、こんなことは絶対に許されてはならないことです。
 
しかし、マスコミはこのような「麻生家」の事実に一切触れようとしません。
 
有名陰謀論者も誰ひとりとして触れません。
 
しかも、「ニコニコ動画」では「麻生太郎」がまるで神のように崇められているという有様です。特に以下の動画は、今になって見てみると、目も当てられないぐらい酷いものです。
 

 
この動画では「三橋貴明」なる経済評論家が「麻生太郎」とにこやかに対談し、「麻生太郎」を手放しで賞賛していますが、結局、この「三橋貴明」という男も「麻生太郎」の巨悪を隠すためのエージェントに過ぎなかったわけです。
 
しかも、彼は「韓国」が悪いとか、「中国」が悪いとか、あれこれと激しいヘイト発言をして、日本を「軍国主義化」しようと躍起になっています。
 

 

 
これまた「籠池理事長」と同じ「日本会議」の影響を強く感じさせます。
 
しかも、「三橋貴明」は今から2012年の時点で「韓国」とのスワップ協定はやめるべきと発言していました。
 

 
そして今、「麻生太郎」がその「スワップ協定」をやめようとしています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
麻生太郎財務相は1月10日の閣議後記者会見で、韓国・釜山で慰安婦を象徴する少女像が新たに設置されことで中断となった日韓通貨スワップ(交換)協定の交渉再開について、「約束した話が守られないなら、貸した金も返ってくる可能性もない」と早期再開に否定的な見解を示した。テレ朝newsなどが報じた。
 
麻生財務大臣:「(交渉は)信頼関係で成り立っているので、約束した話が守られないなら貸した金が返ってくる可能性もないとか、スワップだって守られないかもしれないとか、色んな話になるので難しくなりますよね」(中略)
 
麻生大臣は、韓国側からの要請で一度は終了したスワップの再開交渉が始まった経緯について改めて強調しました。
 
そのうえで、「信用関係ができ上がらなくなっている。難しくなっている」と話し、早期の交渉再開に難色を示しました。
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように「三橋貴明」が話したことを、そのまま「麻生太郎」がやっている。
 
つまり、「三橋貴明」を通して「日本はこうした方がいい」と言いふらし、日本の国民の多くがそれを信じたところで「麻生太郎」がそれを断行する。
 
そうすると、「麻生太郎」は日本国民のヒーローになる。
 
しかし、「麻生太郎」が行う政治は全て彼自身のボロ儲けのため。
 
この日本の政治は、そんなカラクリになっているわけです。
 
本当、うまいことやりましたね。
 
恐らくこの「三橋貴明」こそ「ネトウヨ」の核心人物だと言っていいでしょう。
 
そして、その「ネトウヨ」なる架空の集団を作り出してきたのが「麻生一族」だったわけです。
 
彼ら「麻生一族」が「ネトウヨ」を作り、彼らに「日本の敵は韓国と中国だ」などと言わせて、本当の悪である「麻生太郎」のことを悪だと分からないようにし、むしろ「麻生太郎」のことを正義の味方だと思い込ませてきたのです。
 
その上で、「麻生太郎」自身はどんどん私服を肥やし、逆に我々国民を貧苦のどん底に突き落としてきたのです。
 
本当にあり得ないことです。
 
ちなみに、この「三橋貴明」もご多分に漏れず、悪魔教である「ニューソート思想」にどっぷりとかぶれています。その証拠は以下のリンク記事をご覧下さい。
 
RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。
 
で、この「ニューソート」に最もかぶれている日本人の一人が「稲盛和夫」であり、この「稲盛和夫」は子宮頸がんワクチンを最初に推進した「CSIS」の国際評議員になっています。
 
で、この「CSIS」には「麻生太郎」や「安倍晋三」なども再三訪れて、講演でスピーチを行ってきたそうです。
 
本当に「麻生太郎」は顔が広いですね。
 
まあ、「CSIS」は「東京財団」とも協力関係にあるようですから、当然といえば当然のことですかね。
 
以下、「CSIS」のウィキペディアの記事です。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
(CSISは)日本人では小泉進次郎や、浜田和幸、渡部恒雄などが一時籍を置いた。
 
現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。
 
日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。
 
また、日本の現役政治家とも縁が深く、麻生太郎や安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。
 
CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。
 
東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構がフェローシップ・プログラムの提携を行っている。
 
また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。
 
稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した。
 
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。
 
---------------------(転載ここまで)
 
私はこれまでこのブログで「悪魔崇拝」の実態について詳しくそのカラクリを紐解いてきました。
 
そして、「悪魔崇拝」というキーワードを中心に据えてこの世を眺めることによって、この世のカラクリがとても単純明快に見えてくるようになりました。
 
これはこのブログの読者の皆さんなら、十分に納得されていることだと思います。
 
これと同様、日本の支配構造のカラクリも、「麻生太郎」というキーワードを中心に据えて眺めることで、何もかもが単純明快に見えてくるようになります。
 
今後のこのブログの記事を通して、皆さんもさらにはっきりとその事実を理解していただけることでしょう。
 
ちなみに、今回の「森友学園」の問題について、私は以下のような推理もしています。
 
実はこの「森友学園」の問題をマスコミに報道させたのは「麻生太郎」で、「安倍晋三」を「内閣総理大臣」の地位から引きずり落とし、自ら「内閣総理大臣」になろうとしたのではないか、と。
 
実際、これまで何度も書いてきました通り、「麻生太郎」は他人を蹴落としてでも自分が上に這い上がるという、どうしようもないクズ人間です。
 
しかも、「ネトウヨ」を生み出したのが「麻生太郎」で、その「ネトウヨ」の皆さんがネット上で激しく安倍叩きをやっている……。
 
で、もしここで「安倍晋三」がこてんぱんに叩かれつづければ、いずれ「内閣総辞職」か「解散総選挙」という運びになり、また新たな内閣を作らなければならない。
 
そうすると、「副総理」である「麻生太郎」が次の総理になる可能性はとても高い。
 
実際、ここのところ、「麻生太郎」は「自民党」の内部でも、かなり野心的に自らの権力を拡大しようとしています。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
自民党麻生派、拡大路線まっしぐら 甘利明氏入会、谷垣グループ、山東派にも触手 くすぶる警戒論
 
また、仮に「安倍晋三」を首相の地位から引きずり降ろすことができなかったとしても、「安倍晋三」がこうして全メディアから叩かれている以上、彼のことを信頼する人はどこまでも減っていきます。
 
そうすると、「副総裁」である「麻生太郎」の地位が自動的に上がっていくことになります。
 
いえ、「麻生太郎」自身が首相になれなくとも、「麻生太郎」の駒として働いてくれる人間を次の首相にするという手もあります。
 
実際、マスコミもそのようなことを予想して以下のような記事を書いています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■麻生太郎、総理就任を諦め“大宏池会構想” 狙いは
 
周囲に再登板への意欲を隠していなかった麻生太郎氏に、“異変”が見られるという
 
2月9日、甘利明前経済再生相が、4人の議員を引き連れて為公会(麻生派)に入会した。麻生派はこれで総勢45人。宏池会(岸田派)の46人に次いで、自民党第4派閥になったのだ。
 
政治部デスクの解説。
 
「麻生さんは今後、谷垣グループや山東派といった少数派閥とまず合流し、第2派閥になったところで宏池会と合流する目論みです。そして最大派閥・清和会(細田派)と双璧をなす“大宏池会”を形成し、会長の座に就く。年末から合流に向けた派閥間の話し合いは重ねられています」
 
こうした動きの背景を、自民党幹部が読み解く。
 
「昨年、総裁任期が3期9年になったことで、安倍政権の長期化が既定路線になり、麻生さんの意識が変わってきた。自身の総裁就任を、半ば諦めたのです」
 
無論、ウラがある。
 
「麻生さんは次の総裁候補を決める“キングメーカー”としてのポジションを狙っているのです。大派閥の領袖となれば、自派閥から自分の息のかかった総裁候補を出せるし、総裁ポストを取れなくても、影響力を発揮できる。盟友の安倍さんも今まで以上に麻生さんを重視せざるを得なくなります」(同)
 
しかし、そうやすやすとコトが運ぶとは思えない。
 
宏池会担当記者が言う。
 
「この再編の動きを、岸田さんがかなり警戒しています。もっとも、総裁候補を自任する岸田さんにとって、自派閥の勢力拡大はありがたい話。
 
〈宏池会会長・岸田文雄〉

 
しかし、シナリオ通り合流に至れば、次期総裁選への出馬の可否は、麻生さんの腹一つとなる。
 
彼は安倍を推すでしょうから、当然、岸田さんの線はない。『総裁選出馬の可能性を自ら放棄すべきじゃない』と、身内から心配の声も出ています。本人も合流について若手議員に“焦る必要はない。どっしり構えていればいい”と語っていましたが……」
 
一番焦っているのは、岸田氏本人なのである。
 
---------------------(転載ここまで)
 
この記事によると、「麻生派」が「自民党第4派閥」になったとのこと。
 
「第4」と聞くと、大した権力ではないように思えるかも知れませんが、「麻生太郎」は政界だけでなく、経済界においても相当な実力があります。
 
しかも、彼はマスコミやネットを牛耳り、「ネトウヨ」を支配下に置き、かつ「三笠宮家」とも家族関係にある。
 
こうなってくると、「麻生太郎」こそが名実ともにこの国のトップに君臨している、と考えて間違いありません。
 
とはいえ、イルミナティの連中は、今でも「戦国時代」と同じように激しい権力争いを繰り返しているような醜い連中です。
 
なので、いつどんなことをきっかけに、自分の権力が地に落ちるかわからない。
 
そのため、今でも「麻生太郎」はこうして政界においても確実にナンバーワンのポジションを取ろうと躍起になっているのでしょう。
 
ちなみに、以下のリンク記事も併せて読んでいただくと、「麻生太郎」がこの国においてどれほど強大な権力を有しているか、さらに深くご理解いただけることと思います。
 
天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。
 
「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。
 
「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。
 
「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。
 

15 Comments
  • ユンダンテ
    Posted at 21:11h, 02 3月

    麻生太郎、橋下徹、籠池泰典、竹中平蔵、稲盛和夫、三橋貴明、松井一郎、稲田朋美、田久保忠衛、麻生巌、上山信一、安倍昭恵、晋三

    ちょっと多いですが、彼らの個人名を出して滅びを祈ればいいわけですね。

    彼らの悪に巨大なり大なりはありますが、せっかく名前が出てきたので祈る時は名指しでいきます。

  • ちくに
    Posted at 21:42h, 02 3月

    2週間ぶりの一般記事の更新ありがとうございます。
    次の総裁候補を決める立場に就くという話で、田中角栄と同じようなことをしたいのかなと思いました。
    2014年に出版された井沢元彦の『学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論』に「田中院政」と書いてあったのを思い出しました。
    https://books.google.co.jp/books?id=5NB5r5Et-1IC&pg=PA179&lpg=PA179&dq=田中院政&source=bl&ots=YF0RCgtNfY&sig=SOKmew8xshwTk4FivCnnxmrRILE&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwikwJj16bfSAhVHyVQKHaMrBB8Q6AEIHjAB#v=onepage&q=田中院政&f=false
    google booksになります。
    それこそ総裁候補を決める立場を占めて「麻生院政」でも敷きたいのでしょうね。
    本当に貪欲で懲りない人物だと感じます。
    どうか1日でも早く悪魔の連中らが滅び去りますように。

  • イケメンマッサン
    Posted at 05:31h, 03 3月

    記事更新お待ちしてました。
    タイムリーなニュースからここまで紐解きされるとは。
    個人的に松井一郎は橋本徹とタッグを組んだ時、かなり胡散臭と思ってましたが、叔父貴が笹川財団だったとは…。
    ほんと、政界もヤクザだらけですね。
    これから、政治家からも、幸福の科学のアイドルが書いた暴露本『全部いっちゃうね』みたいな本が飛び出してくる可能性があるのかなと思います。
    森友、森を大切にする、ドルイドなんですかね。分かりやすくて…笑
    確実に彼らは戦争するために、生長の家の勢力が活発に動き出しているのだと感じます。
    彼らは悪魔に主管され、谷口雅春の生命の実相を読み、感化され、戦争で、浄化されると真剣に考えているのでしょうか?
    本当に迷惑な話しです。
    ニューソートと日本会議、更には東京会議まで。
    ユンダンテさんが投稿されたメンバーが裁かれるように、日々祈り求めるしかないですね。そして、raptブログが世界に発信され、悪事が暴かれ、戦争が止まることを祈ります。

  • T
    Posted at 07:58h, 03 3月

    本当に、終わりが近づいているのを感じます。
    出雲と秦で手を組んでいるかと思ったら、やっぱり仲違いしていたのですね。当然の帰結ですね。

    http://okutta.blog.jp/archives/12842963.html
    安倍は自らがやった悪の手口に苦しみ、それをさも自らがやっていないかのように嘆き、それを麻生太郎がゲラゲラと子供のように笑っている。悪魔の醜さと彼らの滅びを如実に表しているシーン、と思いませんか?

  • 進撃
    Posted at 09:54h, 03 3月

    麻生 許せないですね。昔カラオケボックスでアルバイトをしていたとき高市早苗議員とその取り巻きがやってきました。
    周りから先生先生とはやし立てられ調子こいて酔っぱらって大声で「もっと酒ついでよ」と騒いでいたのを覚えています。
    彼らが帰ったあと 部屋の中はぐちゃぐちゃ、勝手に持ち込んだ酒や注文した食べ物も箸をそろえずバラバラ、床にはスリッパがアチコチ,マイクはほったらかし,酒はこぼしっぱなし。ヤンキーでもここまで散らかさないぞと思いました。
    あの体たらくで総務大臣なんて、どんな基準で政治家選んでんのだと憤慨したのを覚えています。
    ちなみに安部明恵は父親が森永社長だったときにグリコ森永事件が起きていますね。何か契約でもあった?のかと勘ぐってしまいます。日本は住む家が狭い、休みがない、給料が安い、高速代移動費も高い、規制が多すぎる、 寛容さがない、本当に人々がストレスをためて自殺などに走るのがわかる気がする。それもこれもこいつらイルミナティのおかげです。RAPTさんがここまでひも解いてくださって日本のからくりがよくわかってきました。あいつらが絶滅するまで祈ります。

  • kyoko
    Posted at 15:46h, 03 3月

    ラプトさん、今回も素晴らしい記事をありがとうございます。

    麻生副総理は、議員連盟を率いて2020年に建設費100億円をかけてMANGAナショナル・センターを作ろうとしてますね。麻生セメントも潤いそうですね。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172125

    ニコニコニュースはニコ生討論の後、建設賛成が75.6%に増えたと昨年末報道してますが、これが親族がグルになった彼らのやり口なんですね。
    http://originalnews.nico/6863

    ポルノマンガも揃えられる可能性のあるマンガ、ゲーム図書館なんて要りません。血税で私服を肥やす彼らが裁かれるよう、これからも祈ります。

  • ココ
    Posted at 12:21h, 04 3月

    先日、麻生太郎氏が、高知の水道の利権をグローバル企業・ベクテル社に売り渡した記事を読みました。高知の人々の生活なんかお構いなしです。森友学園の国有地タダの事件も、この人が主導だったんですね。
    麻生さんのご先祖がどんな人だったのか?以下の記事を見て下さい。中国人・韓国人を炭鉱で虫けらのように働かせて裕福になった家の後継ぎです。 アキバ化する日本の迷走:http://www.hideshima.co.jp/newpage64.html
    まさに「家系の悪霊」を体現する見本のような人物。ご先祖の悪霊がこの人に来ていますね。「この国はおしまい…」野中さんの言う通りです。
    渾身の記事を感謝です。 麻生氏、国民を恐怖のどん底に突き落とす、とんでもない巨悪です。

  • 診療放射線技師
    Posted at 12:56h, 04 3月

    記事の更新ありがとうございます。私は三橋貴明のことは以下のyoutubeで知りました。https://www.youtube.com/watch?v=90oikVp8mKk
    彼は陰謀論の視点から経済のことを話すこともあったので、興味がわき、2年前に本を一冊読んだことがあります。その本はわかりやすく書かれている感じでしたがよくわかりませんでした(笑)。結局、三橋貴明は何が言いたいの?って感じになります。仮に、自分が経済の勉強をして、その情報を周りの人に伝えたとしてもこの世の中は変わっていかないと直感的に思いました。「三橋貴明こそネトウヨの核心人物」でクロ。経済学で世の中を複雑に見せて、核心部分に触れさせないのが彼の役割なのでしょう。Raptブログを読むことで経済の知識がなくても世のからくりが理解できます。もちろん勉強するに越したことはないと思いますが。Raptブログを読めば読むほど、正しいことを言っているのはRaptさんだけであることが良く分かってきます。感謝しています。

  • r34fan
    Posted at 02:42h, 05 3月

    まさか、麻生太郎がここまで巨大な権力を持ってるとは思いませんでした。ただの態度の悪いおじさんだと思ってました(笑)
    しかもあの竹中平蔵よりも上だとは…まあ、やはりすぐに彼らは滅びるでしょうね。

  • 世界を変えたいんジャー
    Posted at 14:17h, 05 3月

    久しぶりのコメント投稿です。
    件のホームページには平沼赳夫氏があいさつしていますね。
    削除はしないんでしょうか?http://www.mizuhonokuni.ed.jp/about/
    しかもこの人、日本会議国会議員懇談会の会長だそうです。
    また、鳩山氏と同じく岡山県津山藩に仕えていたそうです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B2%BC%E8%B5%B3%E5%A4%AB
    また、ご多分に漏れず生長の家ですね。
    世間の騒ぎにあきれ返るばかりです。

  • さや
    Posted at 10:28h, 06 3月

    先日、NHKを見ているとまた震災の暗い映像が流れていて、親族をなくした悲しみを乗り越える家族のようなドキュメントを
    やっていました。RAPT理論を知っている私は「そんなことよりインターネットで常識になっている人工地震について調べるべきなのに偏向報道ばかりだ」などと家族と話していました。この悲痛な映像を見て思うことは「本当に人間がやったことなのか、麻生太郎はじめイルミナティの人間がやったことなのか、いやイルミナティの連中は事前にわかっていたのは歴然です・・・でもこれは悪魔以上の人間の皮をかぶった化け物の仕業にしか思えません、本当に恐ろしいことを平然と何食わぬ顔で生きてテレビの前でぬけぬけと話しているのが信じられません。そしてこのドキュメントを流すNHKの意図は何かと予想していた時に「麻生セメントの正当性をいうんじゃないか」と予想を立てました。
    すると大当たりです笑 最後のほうに被災地を守るための防護壁を建てました。。。などの映像とアナウンスが。。。RAPT理論に反抗するべく対応 確信犯の何物でもないと思いました。

  • さや
    Posted at 09:51h, 07 3月

    犬丸勝子さんという不正選挙を追求しがんで亡くなった方が医療によって暗殺されたのではと今ネットで言われていますが
    その方の入った病院が鹿児島県の天陽会中央病院というところです。

    なんと院長は理事長の厚地良彦医師以外にも厚地姓がいて、「麻生飯塚病院」にいた経歴が有りますね。

    ●天陽会中央病院

    医師プロフィール

    http://www.tenyoukai.org/central/profile/profile.html

    厚地 伸彦 医師

    平成 6年  九州大学医学部卒業
    同年 6月  麻生飯塚病院

    ↓同姓の病院の4階にオンコロジークリニックが有るのですが一族?

    ●厚地脳神経外科・放射線科クリニック

    http://www.jifukai.jp/clinic/shisetsu.html

    4F
    UMSオンコロジー クリニック 

    麻生グループの病院で医療を使った暗殺ではないかと言われています。
    ここにも麻生が絡んでいるのでびっくりしました。

  • 進撃
    Posted at 11:35h, 07 3月

    上のコメントがChrome では見えるけどExploreのブラウザでは見れません。
    これも妨害工作でしょうか???麻生グループがひた隠しにしたい事実でしょう。

  • ポポ
    Posted at 23:12h, 07 3月

    もう見たくない、というほど麻生氏は悪い顔をしています。
    そして久しぶりに麻生氏を直視したRAPTさんの記事を残念ながら最後まで読むのが辛いという現実;;
    総理の時とは大違いのマスコミの待遇。
    本当に世界では小さくとも(世界を股にかけてはいますが)日本では彼はトップクラスの巨悪なのですよ。
    血筋で人格は正せないものです。

  • kazumetal
    Posted at 09:34h, 09 3月

    凄く気になっているのが、最近国会の時に麻生太郎が座る椅子にある真っ黒なクッションです。
    如何にもサタン的な色ですし、国会で自分の椅子にクッションを使う議員は私は初めて見ました。凄い違和感です。
    身体の調子が悪いのでしょうね。
    気のせいか、麻生太郎が不在の時もクッションは置いてあります。

    また、今週末には震災報道を地元宮城のテレビ局が報道します。上記のコメントにもありましたが、恐らく同じ内容になるんでしょうね。
    私用がありますので、観ませんが。

Post A Comment