RAPT | 日本会議が目論む「国家神道」の復活。安倍政権は天皇のために戦争できる国作りを目指しています。
23660
post-template-default,single,single-post,postid-23660,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

日本会議が目論む「国家神道」の復活。安倍政権は天皇のために戦争できる国作りを目指しています。

日本会議が目論む「国家神道」の復活。安倍政権は天皇のために戦争できる国作りを目指しています。

a09ae372-2
 
私のサイトを閲覧できないというご連絡をある読者の方からいただきましたが、皆さんはきちんと閲覧できているでしょうか。
 
というか、閲覧できていない方は、この文章自体読めませんから、こんな呼びかけをしても余り意味がありませんが、とりあえず何かこのサイトにおかしなことがあれば、ご連絡いただけると幸いです。
 
昨日は、裏社会のネット工作員を駆逐する方法について簡単にご説明しました。ここ最近、私に対して批判のメールやコメントを書いてくる人が急激に増えてきたので、急遽、皆さんに注意を呼びかけることにした次第です。
 
私のブログ記事を情報拡散してくださっている方へ。いくつかの注意点を述べておきます。
 
裏社会の工作員を追い詰め、駆逐する幾つかの方法。我々も悪魔の行動原理を少しずつ学んでいくべきでしょう。
 
で、昨日の記事を書いた後、またしても工作員と思われる人からいくつかメールが届きました。もしかしたら私の記事をコピペして情報拡散している方の中にも、こういった馬鹿げたメールやコメントを受けてしまう方が出てくるかも知れませんので、一応、そのメールをご紹介すると同時に、このようなメールに対する対処法をお知らせしておきます。
 
----------------
 
天皇家はイルミナティーではないように思いますが・・・ 
英国エリザベス女王2世を含む300人委員会のメンバーリストに名前を見出しません。
イルミナティーの13血流にも含まれません。
ロスチャイルド家にも、大きな勢力争い( 直系のジェイコブ・ロスチャイルド と ファシストの背後に居るロスチャイルド・・?) ・・ジェイコブ・Rが日本の天皇家(明治時代のすり替え〜???)を支配している・・?
あなたの他のビデオ等もいくつか見ました。 良く研究されているが、其の半面、調査不足や、いくらかの重要な勘違い(?)も感じられました。・・・・
貴方の情報源が誰(?) OR 何(?)なのか・・・・・??? 
意図的にいくらかの勤勉な人々をコントロールする為???
それとも、単なる勉強不足???
 
----------------
 
私のブログをきちんと読んでいる方なら、こんなトンチンカンなことは言わないはずですね。イルミナティの組織図にきちんと天皇の名前が出ているのなら、私も苦労はしませんでしたよ。
 
あと、ジェィコブ・Rが天皇家を支配しているなど、私は一言も言った覚えがありませんけど……。
 
こうやって私のブログをきちんと読まない振りをして、私をバカにしてくる人というのは、おおよそ工作員と見て間違いありません。そして、こういう人にあれこれと正論を吐いても無駄です。
 
彼らはただ屁理屈をこねてくるだけですし、議論は平行線を辿るばかりです。で、相手に反論の余地がなくなると、最後にはこちらの悪口を言って終わりになるばかりです。
 
そうなることが目に見えているので、今ではこういうメールを受け取っても、いちいち返事しないようにしています。皆さんもこういうメールを受け取ったら、下手に反論などせず、完全に無視して下さい。そうすると、裏社会はかえってへこみますから。
 
ちなみに、イルミナティのトップが天皇であるということは以下の本に書かれてあるようです。
 
人類への警告III ドラコニアンvsレプティリアン これが<<吸血と食人>>の超絶生態だ! 仮装をかなぐり捨て地上に姿を現した地球最高位の捕食者たち(超☆はらはら)
 
このメールの送り主はこういうことも知らないのでしょうかね。こんなことも知らないで、さも自分は何でも知っているかのように言ってくるのでしょうか。
 
そして、このように自分は何でも知っているかに書いてくる人というのは、そのほとんどが間違いなく工作員です。第一、裏社会のことを何でも知っている人は裏社会の人だけですからね。だからこそ、こんなデタラメなメールを書いて、攪乱工作してくるわけです。
 
ちなみに言っておくと、この上の「ドラコニアンvsレプティリアン」の本の内容を真に受けてはいけません。この本の著者「高山長房」はイルミナティの幹部で、イルミナティのことを「善」なる組織だと主張しています(詳しくはこちら)。
 
だからこそ、イルミナティのトップが天皇であると堂々と主張しているわけですが、イルミナティが「善」なる組織であるわけがありません。
 
ここ最近、イルミナティがFACEBOOKに登録して色々な情報を公開しているみたいですが、もしや彼らはイルミナティのことを「善」なる組織としてこの世の人々を洗脳していくつもりなのでしょうか。なんとなくそんな気がしますが、まあ、そんな工作活動をしても、すぐに頓挫するでしょうね。
 
いくら詐欺師がおれは詐欺師ではないと言ったところで、誰も信じませんから。
 
この上のメールの文章から、私はとてつもない負のオーラみたいなものを感じます。霊的に敏感な人なら、それを感じるのではないでしょうか。正直、ちょっと見るだけで気持ちが悪くなります。
 
やはりこのメールの送り主も普段から悪魔を拝んでいるのでしょう。だからこそ、私の勘違いしている部分もすぐに勘違いだと分かるのでしょうね。
 
このような負のオーラ(波長)全開のメールを受け取ったら、皆さんは直ちにその文章を書いた人を呪ってください。人を呪うなんて怖くてできないと思う方もいるかも知れませんが、そうやって下手に悪魔を哀れむと、自分が悪魔のオーラに吞まれてしまいます。これは自分を守るための秘策です。
 
ですから、私も本当はこんなメールなど紹介したくなかったのですが、私の知らないところでこういったメールを受けている方がいるだろうと思い、その対処法をお伝えすることにしました。
 
もちろん、このメールの送り主もいずれ後から「自分は工作員ではない」と言ってくるのでしょうが、それも全ては嘘と思えばいいでしょう。嘘であろうとなかろうと、そう思って無視すればいいのです。
 
あと、以下のようなメールも受け取りました。こういうメールも最近はたまに送られてきます。
 
----------------
 
こう言っては何ですが、ちまちまとブログ更新で情報拡散なんて埒があかないでしょう。
 
私は以前からいろんな陰謀論系のブログを見てますが、一般大衆に知れ渡らないと意味がないのに、みんないつまでたってもニッチな記事ばかり上げてるんですよね。まるで、特定の層にしか知られないように、またその特定層を時間をかけて一人ずつプロファイリングしようとしているような感じすらして。時間が経てば経つほど、インフラを支配する側の人間たちに有利な仕組みが出来上がっていくんだから、今なら個人ブログなんてほとんど意味をなさないんじゃないかと思うんですけどね(だからといってブログをするなと言っているわけではないですよ)。
 
天皇も怪しいのは十分理解できますが、どうせ暴露するんなら、まずは誰にとっても身近であるはずの創価学会のシステムを徹底的に洗うことからだと思いませんか。一日中imacに向かって何かを打ち込み続ける創価学会系の非営利団体なんてものを見たことがあります。私は連中と同じで性格悪いですから、何を一番嫌がっているかがすぐに分かりますw
 
----------------
 
天皇のことを書くより、創価のことを書く方がよほどニッチ(規模の小さい市場のこと)だと思うんですけどね。陰謀論を少しでも囓ったことのある人なら、創価学会が裏社会とつながっていることをよく知っていますし、創価のことに多少は興味を持っているかも知れませんが、陰謀論を知らない人のほとんどが創価学会なんかには全く興味を持っていません。
 
創価学会に興味を持っているのは、それこそ一部の陰謀論マニアのみです。正直、私も創価学会には全く興味がないです。ただ、創価学会が裏社会とあまりに密接な関わりがあるから、仕方なく記事にしているだけです。
 
しかし、この世の誰でも天皇のことは知っています。興味があるとまではいかないにしても、創価学会よりはまだ興味を持っている人が多いはすです。そして、その天皇が実は裏社会の親分だったなると、誰もが驚き、半信半疑ながらもその話に耳を傾けるのではないでしょうか。
 
第一、私のこのブログに出会って興味を持って読むような人は、おおよそこの世のカラクリを知りたいと思っている人が大半です。そして、そういう人の多くがロックフェラーやロスチャイルドの名前ぐらい一度は聞いているはずです。しかし、ロックフェラーやロスチャイルドの話をいくら聞いても、ピンと来ない日本人が大半です。
 
しかし、天皇と聞くと、誰でもびくっと反応します。まして天皇が「悪」の親分だったとなると、多くの人が関心をもって話を聞くでしょう。どうして天皇があれだけ敬われているのか、まともに頭の働く人なら誰でも不思議に思っているはずですから。
 
で、私はそうやってまともに頭が働く人を相手にブログを書いています。そうでない人にあれこれ陰謀論を説いても、それこそ馬の耳に念仏だからです。そして、そういう人にいくら創価学会の話をしても無駄です。天皇の話よりもっと興味を持ちません。
 
当然です。どこか得たいの知れない新興宗教の話なんか聞いても面白くも何ともないですからね。それよりは天皇の話の方がまだ面白そうに思えるはずです。
 
それに、創価学会の悪ばかり追求して、天皇の悪を追求しないというのは、ある会社が組織ぐるみで悪事を働いていて、その悪事に「社長」も荷担しているのに、その会社の「課長」の悪事ばかり追及するようなものです。
 
この場合、「課長」の悪事だけ暴いても、その会社が潰れることはありません。しかし、「社長」の悪事を暴いてしまえば、その会社は自ずと倒産します。だから私は「天皇」の悪事を追及するのです。
 
とにかく、こういうトンチンカンなメールが最近はやたらと多いです。「天皇」のことよりもこっちを書いた方がいいとか、「不正選挙」を追求する方が先だとか、自分の持論をあれこれと語ってくるわけです。まあ、そう思うならご自分のブログでどうぞご自由にやってください。
 
人が何を最優先しようが人それぞれ自由でしょうに。この世の全ての人が社会科ばかりやったら、理科が進歩しません。この世の全ての人が文学ばかりやったら、科学が進歩しません。
 
色んな人が色んな観点からブログを書くから、この世に多くの知識が満ちあふれていくのです。そして、私はその数多くの知識を一つの理論にまとめようとしているわけで、そういう作業を繰り返しているうちに、いつまのにか「天皇」こそが裏社会のトップであると自然に分かってきたわけです。
 
そもそも、私は天皇を批判するためにこのブログを立ち上げたわけではありません。嘘と思うなら、私のブログを最初から読んでみてください。天皇のことを主に書き出したのはこのブログを書き始めてから半年以上も経ってからのことです。
 
ただ、色々と裏社会について調べていくうちに、天皇に関する怪しげな話があちこちから噴出してきて、結局、天皇こそがこの世の悪の黒幕という結論に達しつつあるというだけなのです。
 
ですから、上のメールのようなトンチンカンなことを言う人はもうこれからは相手にしません。小学生が高校生の教科書を読んで、内容が難しいからもっとレベルを下げてくれと言っているようなものです。私はあくまで高校生に向けてものを書きます。小学生レベルの話が聞きたいなら、どうぞ他を当たってください。
 
おおよそ、こんなメールを書いてくる人は、本気でこの世を改革しようとは思っていないでしょうね。だからこそ、こんなトンチンカンなことを書けるのです。それだけ物事の本質を見ようとしていない証拠です。多分、このメールも単にその場の思いつきで書いただけではないでしょうか。
 
ブログを書いていても埒が明かない? まあ、あなたにとってはこのブログの内容も全ては無用の長物に見えるのでしょう。しかし、このブログの内容の重要さは分かる人には分かります。私はそういう人にだけこのブログを読んでもらえれば十分です。沢山の人に読んでもらうことが重要なのではありません。
 
この世を本気で変えたいと思っている人に読んでもらえれば、それだけで必ずこの世の中は変わっていくはずだからです。例え我々の生きている間にこの世の中を変革できなかったとしても、後世の人々がこの世を改革してくれるでしょう。
 
この世の歴史は常にそのように流れていきます。悪魔どもも何百年、何千年と長い年月をかけてこの世を我が物にしてきたように、我々がこの世を彼らの手から取り戻すためには、やはりそれなりの時間が必要なのではないでしょうか。
 
前置きが長くなりました。
 
とにかく、この世の「悪」の黒幕は天皇です。この世の有名陰謀論者たちはその事実を隠すために、これまでひたすらデタラメな情報を流し、我々を煙に巻いてきましたが、今やその黒幕の正体がはっきりと見えてきました。
 
特に一昨日の記事では、安倍内閣の閣僚19人のうち16人が「日本会議」のメンバーで、その「日本会議」が実は「国家神道(天皇を神とする宗教)」の復活を目論んでいるというお話をしました。
 
日本の裏社会のエージェントが目指す道はただ一つ。国家神道の復活です。
 
この「国家神道」がどれほど危険な思想であるかは、「ウィキペディア」の記事を見ればすぐに分かります。
 
----------------
 
大日本帝国憲法では文面上は信教の自由が明記されていた。
 
しかし、政府は「神道は宗教ではない」(神社非宗教論)という公権法解釈に立脚し、神道・神社を他宗派の上位に置く事は憲法の信教の自由とは矛盾しないとの公式見解を示し、また自由権も一元的外在制約論で「法律及び臣民の義務に背かぬ限り」という留保がされていた。
 
宗教的な信仰と、神社と神社で行われる祭祀への敬礼は区分されたが、他宗教への礼拝を一切否定した完全一神教の視点を持つキリスト教徒や、厳格な政教分離を主張した浄土真宗との間に軋轢を生んだ面もある。
 
----------------
 
やや分かりにくい文章ですが、要するに「神道」は宗教ではないので、他のどんな宗教と比べることはできないし、この世のどんな宗教の神よりも天皇の方が格上だ、というわけです。
 
いやいや、どこからどう考えても「神道」は宗教でしょうが。
 
しかも戦前は、この「国家神道」の思想を全国の学校で子供たちに教育されていました。その他のすべての宗教の教育は禁止されていたにもかかわらず、「神道」は宗教ではないから、子供たちに教育すべきとされ、学校の先生たちもその国の方針におとなしく従っていたわけです。
 
で、この教育のせいで全ての国民が天皇のことを神として崇めていたわけですが、さらに恐ろしいのは、天皇のために他国と戦うことは「聖戦」であると見なされ、国民の義務とされていたということです。
 
----------------
 
聖戦 – 自国の戦闘行為は常に正しく、それに参加することは崇高な義務である。
英霊 – 聖戦に従事して戦死すれば神になる。そのために(聖戦を戦ったからなのか、神だからなのか不明)死んだ者を祀る。
顕彰 – 英霊を模範とし、それに倣って後に続け。
 
----------------
 
これとオウム真理教のやったことと何が違うというんでしょうか。
 
で、この恐ろしい「国家神道」を復活させようと目論んでいるのが「日本会議」であり、この「日本会議」のメンバーが安倍内閣の中に16人もいるというわけです。そして、安倍内閣の行う政策はどれもこれも「日本会議」の活動内容とぴたりと一致しています。
 
自民党の選挙ポスターに「日本を取り戻す」と書かれてあったのは、嘘でも何でもなかったということです。彼らは本気で「昔」の日本を取り戻そうとしているのです。天皇を神と崇める「国家神道」を再びこの国に復活させようとしているのです。
 
彼らの本気度がどれほどのものなのかは、そのポスターにもはっきりと現れていますね。
 
poster121025
 
お二人とも目が殺気だっています(もっとも、PHOTOSHOPで後から加工したのだと思いますが)。また、ポスターではないですけど、「日本会議」の特別顧問である「麻生太郎」も過去にこんな発言をしていました。
 
b0169850_1233664 
国民の大半が、どうして政治家の多くがこんなにヤケになって靖国参拝したがるのかよく分からなかったと思いますが、その裏にはこんな恐ろしい真相が隠されていたわけです。
 
彼らは本気で天皇のことを神として崇めているのです。だからこそ「麻生太郎」は、天皇を崇めるのに誰の遠慮がいるのかと怒っているわけです。そして、その天皇崇拝をいずれ我々国民にも押しつけようとしているのです。
 
しかし、この国のメディアはこの安倍政権の隠された意図を全く報道しようとはしません。一応、朝日新聞と東京新聞だけはそれを報道したようですが、朝日新聞は直ちに安倍晋三によって人事異動が行われ、解体されてしまいました。東京新聞も「右翼」の皆さんから大バッシングされたようです。
 
とにかく、この「日本会議」には要注意です。絶対に彼らのこの目論見を阻止しなければなりません。
 
私も今後はこの「日本会議」について、ひいては「国家神道」についてどんどん深く追求していくつもりです。
 

27 Comments
  • とら次郎
    Posted at 20:13h, 23 2月

    私は去年の10月頃このブログが、天皇は悪魔崇拝や裏で世界を操るトップであることを暴露した、日本人なら驚愕するようなズバリ核心をついた内容だったので、raptさんに関心を持ち始めたのです。
    それからは、毎日読み続けていますが、どんどん闇の奥を暴きだしていることに、痛快さを覚えます。
    それに、裏工作員に対する毅然としたraptさんの反撃姿勢にも、自然と応援する気持ちになっています。
    また日を追うごとに、読者のコメント増えていることにも、感動しております。
    どうか今後とも、日本が再び戦前の方向に向かわないように、また真実に覚醒できるように、頑張って頂きたいと思っております。

  • 星の妖精
    Posted at 21:12h, 23 2月

    ゴマのハエはうるさいですね。
    彼らは無視されるのが一番嫌いなんです。だからひっかけたり、かき回したりしてくるんですね。でも、対等に話ができない。
    知識が足りないのですね。
    こちらの記事がどれほど、支配者の気になっていることか、それがわかるってものです。
    アメリカで戦後70年で公文書が公になりますが、この公開文書は先に中国に渡っているようです。
    日本の支配者は、躍起になって秘密保護法を作りましたし、アメリカ国債にお金をつぎ込みましたが、
    無駄でした。
    そして、日本国債は中国も買っているのです。
    日本の支配者は、今は必死になっているはずです。オバマに多額のお金を渡したと、板垣が昨年記事にしていました。
    裏天皇も多額を財務省にあずけたそうです。国民のためだと、言っているようでしたが、安倍はばらまいがのです。
    誰が本当の事を言っているのか、皆嘘まみれに見えますね。
    支配者の負け戦は見えてきています。がんばりましょう。
    いやらしいハエくんは増えるかもしれないですが。餌もなくなるでしょう。

  • アモリフェラ
    Posted at 21:21h, 23 2月

    お疲れ様です。大変ですね、変な人たちにからまれて…。
    天皇を考える時に、私はいつも新約聖書の「宮清め」の場面を思い出すのです。ちょっと長くなりますが引用します。 マタイによる福音書21:12より……それから、イエスは宮にはいられた。そして、宮の庭で売り買いしていた人々をみな追い出し、また両替人の台や、鳩を売る者の腰掛をくつがえされた。そして彼らに言われた。「『わたしの家は、祈りの家ととなえられるべきである』と書いてある。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしている。……ここのところです。別にキリスト教が最高!と言っている訳ではないのですが、「私は神の末裔」なんて言っている人が、財閥の総帥になったり、戦争の旗印になったりしてはいけないと思うのです。政治に介入するのもおかしいと思います。
    イエスのように「宮清め」をして、商売人の屋台をひっくり返すくらいのことを、やってほしい。それが本来の神の在り様というものです。御用政治家と一緒になって国民を危険にさらしている、日本国を強盗の巣にしようとしている、そんな神様があるものですかァ~??
    …というふうに思います。とりわけ昭和天皇については、その思いが強いです。国民をだますのもいい加減にしてほしいです。

  • ぽんて
    Posted at 22:24h, 23 2月

    天皇は大きな壁になりますよ。子供の頃から刷り込まれてますから。
    天皇制に反対している人を「サヨク?」「貧乏人の僻み?」なんて思う人が多いですよ。
    (去年までの自分もですが)
    ただ自分の場合は、敗戦したのに憲法で守られているのがずっと疑問でした。
    学校の授業などいろいろ聞いたり調べたりしましたが、RAPTさんの説明が一番スッと入ってきました。

    今は他の人が「天皇の壁」を突破する方法を考えてます。

  • 旅人
    Posted at 22:38h, 23 2月

    >ぽんてさん
    他の人とは誰ですか。
    そういう人はこの世に沢山いると思います(知られていない or 公にしていないだけで)が、何か大きな影響力を持った人ですか。

  • rapt
    Posted at 22:46h, 23 2月

    >ぽんてさん。旅人さん。
    天皇制を破壊しようと一番躍起になっていて、しかもその力を一番持っているのは「教皇派」でしょうね。
    何せ、第二次大戦で日本が敗戦した後、彼らは徹底的に天皇を神とすることをやめさせましたから。
    お陰で、今の我々は天皇を神として崇めずに済んでいるわけです。
    もっとも、「教皇派」が力を持つようになったら、そのときはそのときでまた困りものなのですが……。

  • ニコニコ運輸
    Posted at 23:14h, 23 2月

    はじめまして、いつも拝見していますm(__)m
    徳川家康=教皇派だという裏付け論には、目から鱗で〜〜だからこそ!伊達政宗が日光東照宮や上野の篤姫の墓へ寄贈した灯籠に三日月と満月が彫ってある意味が理解できましたし、すべておいて必然であって決して意味のないデザインではなく〜知る人ぞ知る暗号だったのですね!毎日、更新ありがとうございます〜〜これからもヨロシクお願いします!

  • ぽんて
    Posted at 23:47h, 23 2月

    >旅人さん。

    自分の親含めて一般の人です。
    今までの自分は公にしていないだけの人にどう思われてたのか。。
    「B層だな」で終わらないで伝える方法がみつかればいいのですが難しいです。

    >RAPTさん。
    初めまして。
    以前投稿したのですが飛んでしまったようなので再度です。

    自治体消防45周年記念大会に天皇皇后がわざわざ来てるんですよ。
    笹川良一とスリーショットです。
    もう闇が深くて思考停止してしまいそうです。^^;
    http://youtu.be/217lfd5IhYo

  • ほあかり
    Posted at 00:19h, 24 2月

    はじめてコメントさせていただきます。
    RAPTさんのブログは秀逸かつ「本物だ!」と観じ、今年になってから拝見しております。

    よくぞ「天皇」を暴露してくださいました。本当に感謝です。
    わたしは8年前ほどから「天皇こそがこの世の大ボス」だと気づいておりました。けれどそんなこと誰にも言えず・・・。
    わたしはRAPTさんのように論理的に述べることよりも、直観的に観じる人間ですので、よくぞ、理路整然と誰もがわかるようにバラしてくださったと拍手を送らせていただきます。

    宇宙は「すべてが平等である」が基本です。水素原子も、人間も銀河も、すべて平等なのであり、すべてはサポートし合って成り立っているのですが、天皇制はこれに反しています。

    そもそも、天皇は神武天皇の系譜が発端です。神武が日本を「征服」するまでは縄文時代のように皆が楽しく自由で平等で人類の楽園でありました。それは天照大神の系譜ニギハヤヒミコトが皆の願いをかなえることこそリーダーだと認識していたから。ニギハヤヒは神武と争うことで、人々が苦しむことを良しとせず、神武がこの日本を背負って立つリーダーになりたいと願うのならば、その意を叶え、みずからはその地位を退いたのです。ニギハヤヒの思考には、「支配」という発想がまったくなかった。だから渡来してきた神武の意図がまさか「支配したいが為」だとは夢にも思わなかった。

    渡来系の系譜は仏教を広めるとともに、ニギハヤヒを始祖とする物部氏を滅ぼし、ニギハヤヒを結界で封印し、宮内庁や神社庁が毎年封印の儀式を行っているのです。ちなみに東京神社庁長は日本会議の代表会員です。ニギハヤヒは封印された地で神武に日本を明け渡してしまったことを今でも心底悔んでいます。

    歴史書の書き換えも、『先代旧事本紀』を偽書としたのもこのことを封印するためです。支配の構図が天皇となれば、日本会議はニギハヤヒをさらに封印せしめ、支配の強化を図るでしょう。ちなみに、「雅子」さんは「病気」ではなく「悪魔」が憑依しています。彼女は創価のエージェントとして天皇家に送られました。皇太子も洗脳されています。すべてが仕組まれていたのです。安倍はその仕上げを担当しているのです。

    いま、復活しなければならないのは、「天照る国照る」の名を冠したニギハヤヒです。宇宙は、「崇め奉られたい意識=支配したい意識=神武=悪魔である天皇」をはじめとする闇の意識体を駆逐しなければならないと本気で思っているようです。なぜなら、地球はあらゆる星たちからサポートされて作られた希望に満ちた惑星だから。

    でも、決して(よい)宇宙人が直接地球に介入してはならないのです。地球人がどんなに望んでも。地球のことは、地球人自身で解決しなければなりません。もし、宇宙人がすべて解決したなら(そんなことはたやすいことでしょう)、地球人は決して自立できず、あらたな「神」を崇めることになってしまうから・・・。

    だから、RAPTさんのブログはどんどん拡散されなければなりません。これがいちばん大事です。そして、個人の意識が変換することも・・。RAPTさんを応援しております。わたしはブログをしていませんので、他に書ける場がなく、長文たいへん失礼いたしました。そして、お目通しいただきましたみなさま方にもかんしゃ申し上げます。ありがとうございました。

  • rapt
    Posted at 03:18h, 24 2月

    >ほあかりさん。
    情報提供に感謝いたします。
    突然で申し訳ないのですが、いくつかお尋ねしたいことがあります。
    安倍がしようとしている仕上げとは何なのでしょうか。
    また、雅子様が「創価」のエージェントだったというのは、「教皇派」のエージェントだったということなのでしょうか。
    「創価」には一応、「天皇派」も「教皇派」も混じっているのでお尋ねしたいです。
    また、皇太子が洗脳されているとは、何を洗脳されているということなのでしょうか。
    また、ニギハヤヒは神ということなのですか。
    それとも、誰か他の支配者がこの日本にいたということなのでしょうか。
    だとしたら、その支配者は誰でしょうか。
    色々と質問して申し訳ございませんが、分かる範囲でお答えいただけますでしょうか。
    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

  • YAYA
    Posted at 06:14h, 24 2月

    わぁ~だんだんしっくりきて来ました。ほあかりさんのコメントも興味津々~その話を聞くと、宮崎駿の「千と千尋の神隠し」も満更~ただのアニメじゃ無い何かのほのめかしが隠されてる様ですねぇ。ハクは白竜で「ニギハヤミコハクヌシ」って名前を千が思い出したから操られてた魔法が解けた~とか、あの街は至るところに「め」と言う看板はあるし~湯ばーばはお金に目が眩んだ魔法(呪術使い)使いだし、パパママは豚になって家畜になっちゃうB 層達の事だろうし~。カオナシは~…。そう言う私も飛べない豚にならない様に~こうして毎日更新して下さるraptさんに感謝しつつ、これからも毎日見に来ますね。工作員は無視して~頑張って下さいませ。
    下らないコメント書いてご免なさい~m(__)m祈り!頑張ります!ありがとうございました。

  • やわらかい
    Posted at 10:46h, 24 2月

    ほあかりさんの名前が天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのホアカリくしたまにぎはやのみこと)の中にありますね。自国の神話を知らない民族は滅びると言われますが、我々は意図的に縄文時代弥生時代と当時はただの石器時代の延長のように歴史を伏せられ学ばされてるのかもしれません。日本の歴史年表の冒頭過疎ってる部分に真実が眠っていて、それすらを天皇と政府が一体となって秘匿し日本民族の去勢を行っているのかもしれませんね。千と千尋はジブリ、ジブリの高級幹部にいつからか創価が入っている、この事実やタイミングをようく見ていくと宮崎駿の意思がどの辺にあるのかわかるかもしれません。ほあかりさんの言うことが事実に即しているなら、神武天皇のやったことはユダヤ勢が大好きな「乗っ取り」です。おもしろくなってきましたね、私は神武天皇以前この日本をもともと治めていた本当の日本の神様にお祈りし、日本が清らかな国に戻れるよう念じたいと思います。

  • ショコラ
    Posted at 11:54h, 24 2月

    なるほど。
    神道復活が目的。
    そしてその神になる存在は天皇。
    とてもわかりやすい構図ですね。
    お正月の皇室の方々の御挨拶の映像を見ましたが、日の丸を振っているエキストラも結構いたみたいですし、
    まだまだ実現までは遠いように思います。
    なので、今は、少しずつでもいいから真実を知る人を増やしていくことが大事ですね。
    その上で、このRAPTさんのブログはとても重要だと思います。
    大勢をいきなり取り込むよりも、一人ひとり確実に、より良い理解者を増やしていく方が、絶対に後々いいと思います。
    陰ながら応援しております。

  • あきこ
    Posted at 14:35h, 24 2月

    RAPTさん・読者の方、初めまして。 RAPTさんのブログを読み、ゆっくりですが勉強させていただいています。
    知識の浅い初心者ですがコメントさせてください。
    美智子様(とりあえず様と書きますね)についてなのですが…
    私が子どもの頃に、美智子様が、新見南吉さんの書かれた「でんでんむしのかなしみ」という短編の朗読をしたと知りました。
    その話は「ある日、でんでん虫(カタツムリ)は「自分の殻の中には『悲しみ』しか詰まっていない」ことにうっかり気付き、「もう生きていけない」と嘆く。そこで別のでんでん虫にその話をするが「私の殻も悲しみしか詰まっていない」と言い、また別のでんでん虫も同じ事を言った。そして最初のでんでん虫は「悲しみは誰でも持っている。自分の悲しみは自分で堪えていくしかない」と嘆くのをやめた。」というお話です。
    それを聞いた私は、子ども心に、美智子様は痛みを感じるような優しい人なんだなぁと思ったんです。私自身内向的な性格だったので。
    それから、特にファンというわけではありませんが、美智子様のことは好意的に感じていました。
    天皇が大元の悪だというお話、ブログで読ませて頂いていますが…ではなぜそんな悪いことをするのかという疑問が沸いてきてしまいます。
    やっぱり、普通の性格の私には理解しがたいことなんでしょうか?
    RAPTさんがコメントで書かれたように、彼女も多重人格者なんでしょうか。

    >ほあかりさんへ(RAPTさんのブログなのにごめんなさい)
    コメントされた文章を見て思ったのですが、もしかして「変換」さんを書かれた方でしょうか?
    ほあかりさんは、観じるタイプなのですね。私は美智子様に好意的な感情を感じたのですが、私の感覚は失敗したということになりますね(x_x)

  • rapt
    Posted at 15:33h, 24 2月

    >あきこさん。
    子供の頃に受けた感動というのは強烈に印象が残りますね。
    懐メロが流行るのもそのためです。
    しかし、人を判断する際に「情」を差し挟むのは禁物です。天皇のような公人の場合は特に。
    http://rapt-neo.com/?p=19771
     
    そうやって戦前も多くの日本人が騙され、戦争でさんざんな目に遭っても、多くの日本人が天皇を敬っていました。
    きつい言い方ですが、本を読むぐらい誰でもできます。
    詐欺師でも泥棒でもヤクザでもできます。
    そんなことで善人か悪人か判断するのはとても危険なことです。

  • Posted at 16:20h, 24 2月

    神々が動いている
    というブログがあります。
    身近に起きた事象と神々を結ぶ内容です。
    近年、瀬織津姫と饒速日はとってもホットですね。
    ちなみに、私の産土神社は天忍穂耳尊が祭神です。
    そこから神々の話に興味を持ちました。

  • 星の妖精
    Posted at 16:45h, 24 2月

    あきこさん
    わたしも、数年前まで皇室のテレビをよくみていましたよ。好意的に。笑
    ですから、お気持ちはとてもよくわかります。
    美智子様についてはまた別の味方があるのかもしれませんが、
    そのことで、天皇家についての垢がとれるというものではないでしょう。
    彼女も知らないで嫁いで、被害者だったでしょうけれども、今も被害者とは言えない状態に
    なっているのです。
    私はPCの謎解きを夢中でしてきたことで、やっと目が覚めて、覚めてもまだ謎解きが終わらず、
    のめり込んできて、不可解なことにさらに気づいたのです。
    この天皇家の不可思議については、すこしだけブログに書かれていますが。まだまだ
    分析と考察が私のような素人には十分ではありませんでした。
    raptさんが初めてでした。かなり踏み込んでいます。ですから、皆が注目しているのです。
    あなたも、いっしょに真実を見ていきましょう。
    ダメな人間はいません、いつでもどこでも、気づくことが大切です。
    獄中死した平沢事件、伊藤博文暗殺事件も調べたら、不可思議がいっぱいでした。
    ほあかりさんの話がヒントになりました。
    また考えてみます。ありがとうございました。

  • 右近
    Posted at 16:49h, 24 2月

    平安時代(桓武朝)に今の京都の基礎が出来たんです。景教(古代キリスト教)の影響が神社、仏閣に出てます。木嶋神社の三本鳥居(三位一体)を表すともいわれます。大避神社(ダビデ神社)
    またこの頃は秦一族が活躍。伏見稲荷大社、松尾大社や広隆寺の創建もそうです。秦一族は渡来人とされてます。日本の仏教界を束ねる比叡山(天台宗)も同時期に作られます。日吉大社とも深い関係。比叡→日枝(神社)。景教に関わる神社はキリスト教と根が一緒の所がある。西のバチカンに対して東の京都という見方もあります。神道とキリスト教は別物と鼻から見るのではなく共通する部分もあるんだなぁ~と広い視野で考えるのが寛容かと・・
    ニギハヤヒのコメントを幾つか散見しましたので、少し書いてみます。織田信長と敵対した一向宗(浄土真宗)の総本山が石山本願寺です。この場所はニギハヤヒを祀っていた所であり後の大坂城になります。実は石山本願寺こそが易断政府だったんです。この頃の歴史は大きく改竄されてます。

  • rapt
    Posted at 19:02h, 24 2月

    >右近さん。
    本物のキリスト教と神道とは全くの別物です。
    両者が似ているのは、両者ともに悪魔崇拝者が潜伏していたからです。
    本物のキリスト教徒が神道の要素を取り入れるなどと、そんなことは絶対にあり得ません。
    これは私の主張ではなく、確固たる事実です。
    また、古代キリスト教にも「天皇派」と「教皇派」の二つの勢力が混ざっていたと考えなければいけません。
    何しろ、この頃の西洋にはキリスト教しかなかったわけですから。
    これをごちゃ混ぜにすると、この世の歴史が支離滅裂になります。
    日本の歴史が理路整然とせず、十人いれば十人とも違う説を唱えてしまう原因はここにあると私は考えています。
    そして、日本に入った古代キリスト教が本物のキリスト教だったかというと、決してそんなことはないと私は思っています。
    秦氏もまたやはり「太陽派」ではないかと思っています。
    つまり、本物のクリスチャンではなかったということです。
    それについてはおいおい記事にしたいと思います。

  • rapt
    Posted at 19:06h, 24 2月

    さらに率直にいうと、「ほあかり」さんの話をそのまま鵜吞みにすると、歴史的に様々な矛盾が生じます。
    その矛盾をきちんと解消してほしいと思って、私もあれこれと質問したのですが、きちんと質問に答えてくれないのであれば、攪乱工作ではないかと疑わざるを得ません。申し訳ないですが……。

  • 右近
    Posted at 20:02h, 24 2月

    >raptさん 前文中に「景教に関わる神社」と書かせて貰ってます。日本古来の神道とは区別する意味で…国家神道←悪が目指す物である事には違いありません。イエスが目指そうとしたキリスト教や日本古来の神道をraptさんの言う教皇派や天皇派が乗っ取り大衆を誘導してるのは、その通りでしょう。ただ秦氏が作った神社が太陽派との結論からご祭神は悪魔などとの話になったら、やや違った方向に進みかねないかと懸念する次第です。
    明日から椿さん(笑)伊予路に春ですね!
    いつも応援してます。

  • rapt
    Posted at 20:07h, 24 2月

    >右近さん。
    もちろん、私の信用にも関わることなので、軽々しく物は言いません。
    十分に調査した上で記事を書いていきます。
    それは今まで私のブログを読んできたのであれば、お分かりいただけるかと思います。
    しかしながら、天皇のことがこれまでタブーとされて、誰もがそのタブーに触れることを懸念してきたように、昔の歴史についてもまた同じです。
    常識を覆し、人々の信念や信仰を揺るがすからと言って、いつまでもタブーをタブーのままにするわけにはいきません。
    それだけはご理解ください。

  • あきこ
    Posted at 21:17h, 24 2月

    >星の妖精さん、RAPTさん 返信をありがとうございます。そうですね。幼い頃に持った印象の影響は大きかったですが、柔軟に受け入れる姿勢を持つことが大事ですね。頑固さは役立たないんですね。RAPTさんの以前の記事が私にぴったりでしたね。
    優しそうというイメージだけで知らずにいたら戦前のような大変なことになりかねませんね。
    優しいメッセージをありがとうございます。 これからも応援しています!

  • ほあかり
    Posted at 03:12h, 25 2月

    RASPTさまをはじめ、コメントをいただきましたみなさま方にまずは感謝申し上げます。はじめてのコメントさせていただきました折、たいへんに説明に不足がありましたことをあらためましてお詫び申し上げます。RAPTさまのブログはきちんと論拠を挙げておられるのがすばらしい点でございますのに、わたくしのコメントはその点を心得ておりませんでした。RAPTさまのご質問にたいして、お答となっていないかもしれませんが、どうぞその点は未熟さとおゆるし下さいませ。

    安倍さんが日本を征服する=世界制覇をもくろんでいるというよりも、天皇の手先としての仕事をしているように観じるのです。日本には世界が誇るメイドインジャパンの武器があります。それを使う指揮官のような地位にいるのではないでしょうか。

    皇太子はもともと、愛子さんと同様な個性をお持ちです。廃太子論は皇太子を守るためにもあるようです。そのような方に雅子さんは輿入れされたのですから、計画どおりの結婚だといえます。皇太子はやることなすことすべて悪魔に憑依している妻のいいなり(=洗脳されている)と観じてなりません。東宮の行動が明らかにおかしいのは、やはり悪魔が彼らを動かしているのではないでしょうか。ただ創価がどちらサイドにもいる意図はなんなのか、それが知りたいですよね。

    そもそも、半島人は金科玉条のごとく重要とする「序列の価値観」を持っています。これは日本人にはない価値観です。序列の上位にいる者は、下位の者に対してどんな卑劣な手を尽くしてもよいのがその価値観なのです。逆に下位の者が上位の者に逆らうことは許されません。ですから、わたくしは半島の系譜の頂点である天皇家(を操る悪魔)が筋書きを描いているように観じるのです。天皇と同胞の創価がボスに逆らうとは考えにくいのです。朝鮮右翼と朝鮮左翼が同じ穴のむじなであるのと同じ構図かもしれません。狡猾なのは、支配者はどこまでも善人を装っているということです。ときには被害者さえも装います。国民の情を集める「小さきお体」は、本当によく化けておられると感心さえいたします。

    ニギハヤヒノミコトはいわゆる日本神話の一柱です。神武の祖父にあたるニニギノミコトの天孫降臨の地とは別の地(大阪府交野市)に磐船に乗って降臨してこられた神です。その地(磐船神社)に向かい、巨石の磐座に触れてきたことがございます。

    そもそも、古神道は自然を崇める=すべての自然に意識が宿る=万物が八百万の神とするものであり、神が支配するというものではないようです。むしろ、神という存在こそ、だれよりも謙虚だったたはずです。宇宙の一員として自然があり神もいて人間もおり、すべては同格であるという宇宙の法則を守っていたと思われます。ニギハヤヒはその地のリーダーとしての存在だったと認識しております。ちなみにリーダーは人を支配しません。率先して導きサポートするのがリーダーです。ただ、ニギハヤヒの似姿として神社では蛇を祀っているようです。高次元の爬虫類人にも、二極化されているようです。

    神話が書かれた古史古伝は多数ありますし、登場する神もさまざまにおられる上、同一の神が複数の名を持っている場合もあり、わたくしにもわからないことはたくさんございます。むしろ、わからないことだらけです。

    ただ、ニギハヤヒを始祖とする物部氏は『先代旧事本紀』を重んじていたようです。この書は古代天皇は龍の姿であったこと、年齢は何百歳もあったこと、人間を食べていたことなどが書かれてあること、伊勢神宮よりも上賀茂神社のほうが各上であることなどが書かれていることから禁書にされたようです。

    長々と失礼いたしました。RAPTさまから教わることのほうがたくさんございますので、これからもどんどん情報を発信していただいて、いろいろなことを教えてくださいね!!  

    おめどおしいただきまして、まことにありがとうございました。

  • ほあかり
    Posted at 15:33h, 25 2月

    RAPTさまにお願いがございます。わたくしのコメントをすべて削除していただけませんか。
    この場をお借りして書かせていただいたことのすべてを消去していただきたいのです。言葉でご説明できない部分が多くございます。わたくしは決して工作員ではございませんが、RAPTさまのご迷惑になってはならないと反省いたしまして、またわたくしの未熟さを痛感いたしました上でのことでございます。どうぞ、勝手な申し出を受け容れていただけませんでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

  • qetesh
    Posted at 17:37h, 25 2月

    http://www.city.osaka.lg.jp/port/page/0000016593.html

    鵺(ぬえ)という妖怪がいる。

    『大阪港紋章』になっているぞ。
    妖怪はアニメだけにしてくれよ。

  • qetesh
    Posted at 18:05h, 25 2月

    「鵺大明神」(((o(*゚▽゚*)o)))

    http://www.genbu.net/data/yamasiro/nue_title.htm
    http://sontyou.sub.jp/kyoto/nue.htm
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~shuilong/minzoku/nue.htm
    http://www.japanmystery.com/z_miyako/rakuchu/nue.html

    モロ、アノ星の線上だ。せっかくだから、MAPを広域でチェケラ!
    大阪も税金を投入して何してんだか…orz
    もう1回、言うよ。魑魅魍魎はアニメだけにしてくれぉw

Post A Comment