RAPT | 「ヒラ社員も残業代ゼロ」パソナ会長・竹中平蔵がまたも国民を地獄に突き落とす。
竹中平蔵 残業代ゼロ 屁理屈 
10413
post-template-default,single,single-post,postid-10413,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

「ヒラ社員も残業代ゼロ」パソナ会長・竹中平蔵がまたも国民を地獄に突き落とす。

「ヒラ社員も残業代ゼロ」パソナ会長・竹中平蔵がまたも国民を地獄に突き落とす。

img_ba1b9001502e9638f4c3f959b0e749d8369066 

迎賓館『仁風林』でシャブを打ちながら性的接待を受けていたと疑われている渦中の竹中平蔵氏が、金融ユダヤ人から巨額のキックバックを受け取るために、またしても国民を地獄の底へと突き落とすことを構想中のようです。
 
(以下、東洋経済より転載)
 
「ヒラ社員も残業代ゼロ」構想の全内幕
官製ベア・残業代ゼロ・解雇解禁の「点と線」
 
竹中平蔵 産業競争力会議議員(慶大教授、パソナグループ取締役会長)
 
産業競争力会議雇用・人材分科会が労働時間と報酬のリンクを外す「新たな労働時間制度」の創設を提言した翌日。担当の1人である竹中平蔵氏が本誌のインタビューに応じた。
 
──「新たな労働時間制度」ですが、Aタイプの対象者は無限定に広がりませんか。
 
決して対象者が広がるとは思っていない。制度設計にはまだ全然至っていないが、ようやく話が進もうとしているので、制度設計は慎重に、非常に限られた範囲で行うこともありうる。
 
ただ本当に柔軟な働き方をしたいと思っている人はたくさんいる。「残業代ゼロ」になるとあおる議論もあるが、今でもアーティストは残業代ゼロなんですよ。現実にはそういう働き方のほうが高い付加価値を生み出す時代になっている。
 
──提言を主導したのは竹中さん?
 
違います。せっかくの機会なのでぜひ申し上げたいが、この新制度について主導権を取っているのは経済界ですよ。実態に即した議論をしようとしている点で、理があるし正しいと思うのでサポートはしたい。
 
──ホワイトカラー・エグゼンプションのときのような過労死を助長するといった批判はどう受け止めますか。
 
それは労働基準監督署の機能強化が必要な問題で別の話。それこそ厚生労働省が頑張れと言いたい。異なる話を結び付けるのは改革を阻むための意図的な議論だ。あおる議論は必ず出ます。そこは政治の説明責任の問題。規制改革担当相や厚労相がしっかり責任を果たしてほしい。
 
──雇用・人材分科会担当の竹中さんが人材サービス企業の会長であることに批判もあります。
 
経済政策の専門家として入っているので問題ない。派遣など利益相反になることには発言しない。ただそうなると雇用のテーマに会社の経営者が発言できないことになる。それはおかしい。言論封圧ではないか。
 
(転載ここまで)
 
竹中氏は国民を煙に巻いて騙すことを生業としていらっしゃるので、話すことが支離滅裂になりがちです。ですから、一体何を言いたいのか今ひとつよく分からないという場合が多いのですが、相手がただ混乱して黙り込んでいるのを見て、自分の言ったことに納得してくれたようだと誤解し、おれも口が達者だなと思って悦に入っているご様子です。
 
とにかく、今回もまた国民のためと嘘を言いながら、国民を不幸のどん底に突き落とそうと計画しているようですが、余りにも屁理屈が過ぎていて、普通の人には理解しにくい部分が多々見受けられますので、例のごとく、国民の皆様に分かりやすいように、私が竹中氏の言いたい本音を翻訳して差し上げます。
 
————–
 
──「新たな労働時間制度」ですが、Aタイプの対象者は無限定に広がりませんか。
 
まあ、普通の経営者なら良心が痛んで皆さんにただ働きさせるようなことはしないでしょうね。ですが、金融ユダヤ人の方々は、日本の皆さんにできるだけ安い賃金で働いてもらって、企業の収益を上げて沢山の配当金をむしりとろうと考えていますから、そうなってしまう可能性は否定できません。もちろん、そんなことは私の知ったことじゃないですけどね。とにかく金融ユダヤ人さえ儲かればそれでいいんですよ。そのために私がいるわけですからね。しかし、ユダヤ人のやり方が余りに度を超えてしまうと、さすがにB層の皆さんまで私の背後に金融ユダヤ人がいるのではないかと疑い出すかも知れませんから、制度作りは慎重にしていかなければならないと思っています。
 
ただし、本当に柔軟な働き方をしたいと思っている人はたくさんいますよ。例えばアーティストなんかがそうですね。彼らの場合は印税というものが入るので、その辺のサラリーマンの方とは事情が違うわけですけど、それでもし文句を言われるようなら、皆さんも今すぐサラリーマンをやめてアーティストにでもなりなさい。その方がサラリーマンをやるより社会に多くの利益をもたらしますし、金融ユダヤ人の方たちもその分、潤うことになりますからね。
 
──提言を主導したのは竹中さん?
 
違います。いつも私ばかりが叩かれるので申し上げたいのですが、この新制度についての言い出しっぺは金融ユダヤ人とその下にいる在日の方たちですよ。確かに彼らは日本人のことなんか全く顧みていないですし、彼らの言う通りにやろうとすると、国民の皆さんが大変な目に遭ってしまうわけですが、それでも金融ユダヤ人ならびに在日の方が利益を得るようにしてあげないと、私に何のキックバックも入ってこないですからね。だから、私は彼らをサポートしたいのです。
 
──ホワイトカラー・エグゼンプションのときのような過労死を助長するといった批判はどう受け止めますか。
 
それは私の知ったことじゃない。それこそ厚生労働省がやるべきことです。もっとも、厚生労働省はそんな面倒なことにはノータッチでしょうし、実際に過労死する人はどんどん出てくるでしょうね。でも、それは私の責任じゃないので、私はあくまで改革を断行します。私は金融ユダヤ人が儲けるようにしてあげなければならないのです。もちろん、国民の皆さんから色々と反対意見は出てくるでしょうが、そのときは規制改革担当相や厚労相にしっかりと対応していただきたい。私はそこには一切関与しません。面倒ですからね。
 
──雇用・人材分科会担当の竹中さんが人材サービス企業の会長であることに批判もあります。
 
私は専門家だぞ。政府に選ばれた偉い人間なんだぞ。文句があるなら自分も政府に選ばれるような人間になりなさい。まあ、なれるわけがないですけどね。そもそも、私みたいな金融ユダヤ人の飼い犬は、高い給料がもらえる仕事を次から次へといただくことを目当てに仕事しているわけだし、その仕事に不利益になるようなことをするわけがないでしょう。第一、私は自分の利益になるような提言はしないと一言も言った覚えはないし、そうしてはいけないという決まりがあるわけでもない。もし私にとって利益になる発言をしてはいけないというのなら、それは言論弾圧だ。お前らみたいなクズは、黙って私の言うことに従っていればいいんです。
 
————–
 
さすがの竹中さんも、もうそろそろ嘘をつきつづけるのも精神的に限界ではないでしょうか。というか、とっくに限界に来ているからこそ、迎賓館『仁風林』でシャブを打ちながら性的接待を受けないとやっていけないのかも知れません。もっとも、今回のASKA逮捕でも、竹中氏のような政財界の大物はノータッチで済まされてしまうのでしょうが……。
 
 
【関連記事】
 
渦中のパソナ会長・竹中平蔵が、「消費者のため」と称してユダヤ金融資本の売る毒物を規制緩和。
 
小泉・竹中改革下で起きた幾つもの暗殺・冤罪事件。日本はもう法治国家ではない。
 
竹中平蔵による国家的犯罪。史上空前の売国政策。
 

No Comments

Post A Comment