RAPT | RAPT×読者対談〈第94弾〉大震災は天皇家一族(イルミナティ)のボロ儲けの種。
38113
post-template-default,single,single-post,postid-38113,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第94弾〉大震災は天皇家一族(イルミナティ)のボロ儲けの種。

RAPT×読者対談〈第94弾〉大震災は天皇家一族(イルミナティ)のボロ儲けの種。

 
皆さん、ご無沙汰しておりました。
 
こちらの状況もだいぶ落ち着いてきましたので、今週から少しずつ一般記事もアップしていきたいと思います。
 
ただ、これからしばらくの間は、以前のように週に二回の更新は難しいかもしれません。私としては、今後、音楽活動や有料記事の方に力を入れていきたいと思っているからです。
 
いずれにせよ、私がこうして一般記事の更新を休んでいる間に、世の中では「パナマ文書の流出」やら「オリンピックの招致問題」やら「舛添都知事の政治資金問題」やら「日産による三菱自動車買収」やらと、明らかにイルミナティの内部抗争と見られる動きが頻発していました。
 
まるで私が記事の更新を休んでいる間にやりたいことを全てやっておけとでも命令が下されたかのように。
 
あるいは、「熊本地震」が「出雲族」による「秦氏」への攻撃であったという確たる証拠を私が提示してしまったため、「秦氏」が「出雲族」に怒り狂い、お互いの抗争がより一層激しくなったのかも知れません。
 
いずれにせよ、こうして彼らの尋常でない慌てぶりを見ていると、彼らの運命もそう長くはないな、という気がしてきました。
 
つい一年前までは、イルミナティという存在が余りにも巨大に見えて、「こんな奴らをどうやって倒すことができるのか、そんなことができるわけがない」と読者の皆さんの大半が思っているようでしたし、実際にそのようなコメントも沢山書き込まれました。
 
しかし、今となっては「彼らが互いに争い合い、互いに共食いしあって倒れる日も近いな」と自然に思えるようになってきたのですから、なんとも月日の流れは早いものです。
 
恐らくこのブログの読者の皆さんが、懸命にお祈りしてくださったお陰だと思います。
 
ということで、今回もまた「熊本地震」関連のお話を続けたいと思います。ちなみに、これまでにアップした「熊本地震」関連の記事は以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第90弾〉RAPT理論から見た熊本地震。
 
RAPT×読者対談〈第92弾〉熊本地震は天皇家の起こした人工地震である。 その証拠(1)
 
RAPT×読者対談〈第93弾〉熊本地震は天皇家の起こした人工地震である。その証拠(2)
 
なお、今回の対談はおよそ一ヶ月前に収録したものですので、その後から今日にかけて起きた「パナマ文書の流出」などの事件については全く触れていません。
 
しかしながら、今回の対談を聞いていただけば、この一ヶ月間に起きた様々な出来事も、実は起きるべくして起きた、ということがよくお分かりいただけるかと思います。
 
また、今回の対談の冒頭では、私がこれまでどういった経緯でこのrapt理論を解明するに至ったのか、ざっと簡単にお話をさせていただいています。
 
かなり大雑把な話ではありますが、私がどうしてこんな猛スピードでこの世のカラクリを解き明かすことができたのか、その経緯がおおよそお分かりいただけるかと思います。
 
一応、その話の中に関連する過去の記事は以下になります。
 
バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかに。
 
秦氏の正体はロスチャイルドでした。
 
「平家」とはロスチャイルド家だった。または明治維新にロスチャイルドが関わった最大の理由。
 
平清盛が平家をロスチャイルド家にしてしまった可能性。または「密教」と「日の丸」に隠された意味。
 
一目で分かる創価学会とロスチャイルドのつながり。または天皇と共産主義とロスチャイルドのつながり。
 
ということで、本題の「熊本地震」の話に入ります。
 
先ずはある読者の方からいただいた以下のコメントをご覧ください。
 
---------------------
 
お疲れ様です。
 
http://www.env.go.jp/earth/report/h26-04/full.pdf
 
熊本地震、大分地震はズバリこれです。
 
調査したところで過去に5弱強の直下型系地震が震度10kmで起きています。
 
多分本当は10kmも満たないところで起きていると考察。
 
地熱エネルギー発電の危険性、敗戦後にアメリカから教わったのか?1945年頃から似た様なやり方で人工地震を起こしていた地震記事が読売新聞などから出ていました。
 
海側は地救号による調査掘削、陸側は地熱エネルギー調査などなどで調査掘削、火山も調査しています。調査とするものは幸作準備と考えるのがこれで明確になります。
 
地熱エネルギー調査したところで大きな地震が地震が起きていないところは今後起こす場所です。
 
爆弾以外に水か何かを圧入することで地震が継続的に起きる様にも出来る様なのも聴いたことあります。
 
調査エリアの中で一番気になるのが福島県の猪苗代湖です。なぜ、湖なのか? 北朝鮮との絡み工作の水爆かな?。。
 
首都機能移転も調査、
 
海側は地救号によるガス田調査、
 
火山の調査、水質調査、
 
因みに日本原子力研究開発機構が熊本地震の地熱エネルギー調査を阿蘇山付近から大分側へしえいます。
 
様々な調査マップと未来構想図などを重ねて見れば今後の計画が見えて来そうです。
 
北海道道南、青森付近は多く調査しています。
 
調査完了で何も起きていない地域は今後の予想かもしてません。直下型系の5弱強は殆ど一致します。
 
福島猪苗代湖は封印去れた出雲の何かが有る様なので猪苗代湖を放流したい計画が臭います。
 
会津磐梯山噴火で出来た湖、その下に何があるのか気になります。
 
鉄腕ダッシュが過去に絡んでいました。
 
起きた事もですが、今後の予定を見抜きたいです。
 
---------------------
 
海を震源として起きた人工地震は、探査船「ちきゅう号」による犯行である、と陰謀論者たちの間ではまことしやかに囁かれています。
 
この言説はかの有名陰謀論者リチャード・コシミズが口を酸っぱくして説いてきたことです。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
3.11東日本大震災はアメリカによる人工地震テロだった。
 
このリンク記事に貼りつけた動画を見ればお分かりになる通り、この頃のリチャード・コシミズの言説にはそれなりの強い説得力がありました。
 
しかし、今となっては彼がイルミナティの一員であることが分かってきましたので、彼がイルミナティ内部から何らかの情報を仕入れて、このような言説を説いていた可能性は高いと言えます。
 
しかも、今現在では、彼のこの言説は陰謀論マニアの間ではほぼ定説となりつつあります。例えば、以下のリンクを見れば、それがよく分かります。
 
ちきゅう号 探査と称して 穴を掘る : 日本人の覚醒
 
しかし、今回の「熊本地震」の震源は海ではなく、陸地でした。となると、今回ばかりは「ちきゅう号」による犯行であると見なすことはできません。
 
7
 
それでは、一体どうやって「熊本地震」を起こしたのだろうかと考えていたところ、ある読者の方が上のようなコメントを書いてくださったわけです。私もこのコメントを見て「なるほど」と思いました。
 
ちなみに、私は「原爆」「水爆」などの「核ミサイル」はこの世には存在しないという事実を暴きましたので、この世の陰謀論者たちが説いているように「人工地震は核爆弾によるもの」とは考えていません。
 
「水圧」などによって断層に圧力をかける、という可能性の方が圧倒的に高いと私も思います。
 
そもそも、地下で爆弾などを爆発させると、単に地震が起きるだけでなく、極端に地面が陥没してしまう可能性がありますし、そうすると爆弾を仕掛けていたということがすぐにバレてしまう可能性があります。
 
なので、自然地震を装って人工地震を起こすためには、やはり断層に何らかの圧力をかけるというやり方が最も無難です。
 
しかも、「水」で圧力をかけるのが最も自然な地震を装いやすいです。
 
なぜなら、地下にはもともと沢山の地下水が流れているからです。
 
このように現代の科学では、人工地震を起こすことなど、いとも簡単にできてしまうことなのです。
 
にもかかわらず、未だにネット上には「人工地震なんてあり得ない」と脳天気なことを書きまくる頭の悪い人がいます。
 
しかも、そのうちの一人が、私の「熊本地震」の記事に対して「核爆弾で地震が起こせるわけがない」などと訳の分からないコメントを書いてきました。
 
私は「人工地震は核爆弾によって起こされた」とは一言も言っていませんし、それどころか「核爆弾はこの世に存在しない」とまで言っています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
なのに、どうしていきなり「核爆弾で地震が起こせるわけがない」と私にイチャモンをつけてくるのでしょうか(笑)。
 
まあ、私の記事をろくに読まずに、適当に文句を書いてきただけなのでしょう。
 
私のことを他の有名陰謀論者と一緒くたにしてあれこれバカにしてくる人は、単に頭が悪いか工作員の一味なのだと思いますが、そうやって私をバカにして私の活動を止めるなら、イルミナティの活動はこれからもさらに活発化し、いずれはその人たち自身、イルミナティから何らかの害を受けることになるでしょう。
 
例え彼らがイルミナティに所属していたとしても。
 
現実に、イルミナティに所属していた「マイケル・ジャクソン」も殺され、最近では「プリンス」も殺されました。
 
マイケル・ジャクソン五回忌に考えたこと。名曲「BAD」はイルミナティへの挑戦状だった。
 
謎のミュージシャン・プリンス。イルミナティの手を逃れた類まれなる才能。
 
また、東京オリンピックの新国立競技場を設計した「ザハ・ハディド」も心臓発作で死亡したとのこと。
 
言うまでもなく、彼女のこの突然の死については、それらしき陰謀論がもう既に囁かれています。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
東京五輪の新国立競技場建築案で、日本でも広く知られた英国人建築家のザハ・ハディド氏が3月31日に亡くなったが、さすがは大物。現在、各所で「暗殺説」が囁かれている。
 
ザハ氏は気管支炎の発作を起こして入院しており、死因は心臓発作と伝えられるが、日本では競技場の建築案で政府との“密約”が交わされたとの疑念もあることから、「日本政府が暗殺を仕組んだんじゃないか」という陰謀論も飛び交っているのだ。
 
また、ザハ氏主催のコンペで安藤忠雄氏の弟子である日本人デザイナーが優勝し、その見返りが安藤氏によるザハ案の採用だったというウワサもあり、そのような暗部が暴かれるのを阻止するためだったとする説もあるが、それでも日本政府が外国人建築家を暗殺するとは考えづらい。
 
(註:どうして考えづらいのか、その理由をきちんと説明してほしいものです。むしろ、日本政府だからこそやりそうなものだと思いますが。)
 
しかし、このような暗殺説は他国でも踊っている。
 
「気性の激しいザハ氏を恨んでいた人が多かった。もともと取材するマスコミを激しく罵ることもあったが、建築界でも最高峰と言われるプリツカー賞を女性で初めて受賞、誰もが逆らえない女帝となって、記者のみならず技術者や400人以上いるスタッフにもその矛先が向けられていた」(イギリスのネット掲示板)
 
「彼女は遺産250億円の大富豪で、遺産目当てに親族にも死を願う者がいた」(イラン人のツイッター)
 
「イラクのバグダッド出身で、父親が左派系リベラリストの政治家だったことから、政治団体に巨額の資金援助をしており、反対勢力から恨まれていた」(フランス人のツイッター)
 
「大事業を請け負えばデザイン料は数十億円にもなることがあり、競争相手による嫌がらせにイライラを募らせていた」(アメリカのゴシップサイト)
 
大物の死に「暗殺説」は“つきもの”だが、「治療薬の副作用として心臓発作が起こりやすい」と、死因にすら意図的な薬物投与を疑う声がある。たしかにマイケル・ジャクソンの死因となった薬物投与には、逮捕された医師へのさまざまな疑惑も持ち上がり、ダイアナ妃の事故死も、交際相手や王室がらみの謀殺説が続出してはいる。では、真実はどこにあるのか?
 
五輪建築案の著作権問題で対立していたとされる日本スポーツ振興センター(JSC)の関係者は、この訃報に不謹慎ながら胸をなで下ろしている者もいるというが、「ザハがいなくなっても著作権がなくなるわけではないので、それを引き継ぐ連中と新たな紛争になる可能性もある」と引き続き警戒する声もある。
 
「もし暗殺が本当だと仮定した場合、ザハが亡くなって彼女の利権を強く要求してくる連中が第一容疑者では……。いや、もちろん私は暗殺なんて思ってませんけど」(JSC関係者)
 
病死という線は揺るがずとも、彼女がいなくなって得する人間もいることから、推理小説のごとくしばらくは諸説乱れ飛びそうだ。議論は今後どこに収束するのか、目が離せない話題であることは間違いない。
 
--------------------(転載ここまで)
 
「プリンス」も「マイケル・ジャクソン」も、表向きの死因は「薬物の過剰摂取」という結論に落ち着きそうですが、実は「プリンス」が57歳で死ぬことはあらかじめ定まっていた、ということがこの対談の後、はっきりと分かってきました。
 
これについては、いずれ近いうちにはっきりとした証拠を提示しながら皆さんにお話したいと思いますが、「プリンス」がそうであるなら、「ザハ・ハディド」もまた同じくあらかじめ死ぬことが定められていた可能性は大です。
 
なので、イルミナティの活動に協力している工作員の皆さんも、今のところはイルミナティから高い給料をもらえてホクホクなのかも知れませんが、いずれはあなたたち自身も殺されてしまう可能性は大です。
 
なので、私のこの活動を止めるということは、自らの息の根を止めるに等しい行為だということを、今からはっきりと認識しておいた方がいいでしょう。
 
ということで、話を「熊本地震」に戻します。
 
今回の対談の中で私は、マスコミが「熊本地震」の被災者のことを気の毒にも思っていないのに、気の毒がっている振りをしている、本当は陰でヘラヘラと笑っている、という話をしていますが、実際に「3.11」が起きた際、テレビ局が被災者のことを露ほども気の毒に思っていないことが明らかになった放送事故がありました。
 
ご記憶にある方も多々いらっしゃるかと思いますが、その放送事故が以下になります。
 
セシウムさん騒動 – Wikipedia
 
54252454545-2
 
まあ、マスコミもイルミナティの一員なので、彼らが被災者たちを笑い者にしていることは火を見るよりも明らかです。
 
なので、これはただの「放送事故」ではなく、確信犯的犯行と見た方がいいと思います。こうやって彼らは全国民の見ているところで、被災者をバカにして楽しんでいるわけです。
 
次に、以下のある読者の方のコメントをご覧ください。
 
---------------------
 
熊本で被災したのですが、私の眼の前には、沢山の支援物資として、サントリーの阿蘇の天然水が、あります。
 
私は、熊本で商売をしているのですが、お客さんの中には、一番甚大な被害のあった益城町で育ち、農業をされている方もいらっしゃって、先日お話しを伺う事ができ、内容は、今回の地震で益城町が甚大な被害になった理由とも言える内容のものでした。
 
なので、考察してもらいたいので、投稿しました。
 
益城町は、昔から、山の上でもちょっと掘ると水が溢れ出るほど、地下水が豊かな土地で、サントリーが今の鹿島町にビール工場を作る前には、益城町が予定地となっていたそうです。
 
しかし、工場が2002年に嘉島町(かしままち)という益城町の隣町に施工されはじめ、2003年には、採水事業が本格化しました。
 
お話を聞いた益城町の農業者の方によると、サントリー独自のボーリング調査かなにかで、益城町より、実際は嘉島町の方が、適していたのだと判断されたそうです。
 
そもそも熊本という土地は、阿蘇山の地下水が豊富で、下水までを100%地下水で賄うという水資源都市を売りものに、人や企業を誘致してきました。
 
そのツケが、今回の地震で益城は、地盤沈下のように大きく陥没したように、ひしゃげてしまいました。
 
DSC07663

DSC07647

DSC07680

DSC07668-1
 
水の層が、無くなってしまったような形です。
 
熊本には、水前寺公園という、水の湧き出る有名な公園も、地下水路が変わったのか、もう水は、湧き出ない形で、干上がりました。
 
とにかく、この水の問題で、この益城の農業されている方は、水が年々少なくなり、前述したように、昔は山の上でさえもちょっと掘れば湧き出た水が、平地でも湧き出無くなり、サントリーも益城に予定していた工場建設を嘉島町に変更し、今から3年ほど前には、熊本県から益城町の農家に、冬の間田んぼに水を張ってくれたら、補助金出すという事まで言い出したそうです。
 
通常田んぼは、田植えから夏くらいまで水を張り、冬の田んぼは枯れているのが、普通なのですが、地下水に少しでも水をということで、水をはるように号令をかけていたのですから、熊本県は、この地下水に異変が起きていたのは、知っていたはずだと言ってました。
 
そして、県が言っていた、冬 水をはる、田んぼ 益城町 というキーワードを検索すると、なんと、県が言い出した3年よりもずっと前の、5年前にミネラルウォーターを販売しているサントリーのページがヒットしてきます。
 
http://www.suntory.co.jp/news/2010/10927.html
 
サントリーは、もう何もかも知っていたんではないでしょうかね…恐ろしくなります。
 
つまり私がいいたいのは、熊本という土地は、地下水の上に浮いているような土地で、その地下水の層を、企業や市民が、使いすぎて、枯渇し、ついにこの熊本地震がやってきたときには、益城町は、壊滅するだろうことは、予測されていたのではないのかと思います。
 
今現在益城町の農家は、超高齢化の過疎地域でしたので、この地震で、もう農家を廃業する人がほとんどだそうです。
 
今回のサントリーのやったようなことが、カリフォルニアでネスレがやってますよね。
 
カリフォルニアは4年ほどの人口干ばつで、やったと記憶してますが、酷い話です。
 
本来水というものは、天の恵みで、生き物の権利のはずですが、それを便利にと水道が整備され、その利用料や管理維持費として払っていた水道水にいつの間にか、いろんな設備導入や薬品も入れられ、コストも増して、本来のミネラルウォーターがスポイルされ、そこに企業がミネラルウォーターを吸い上げ、地震で地盤沈下、陥没した被災者に売りまくる。
 
自治体というより、税金で水を買い上げ、被災者に支援という形で供給する。被災者は、奪われて陥没しめちゃくちゃになった家を横目に、その原因とも言える水を支援として、有難いと感謝しながら受け取る。
 
最後に、サントリーの鹿島工場、一応被災しているとは思うのですが、外から見る限りでは、わかりません。益城ほどはひどくないのですが、今は立ち入りが禁止されています。
 
---------------------
 
「サントリー」について、私は過去にも以下のような記事を書いています。
 
青いバラを作ったサントリーは出雲族。彼らは「秦氏=ロスチャイルド」の作った「君が代」を忌み嫌っているようです。
 
この記事を書いた時点では、私は「大国主」のことを「出雲系」の神と考えていましたが、今では「秦氏」系の神と考えています。
 
というのも、「大国主」はもともと「スサノオ(出雲族)」の息子ではありましたが、その後、「天照大神(大和族)」に日本の支配権を譲り渡したからです。
 
ですから、「大和族」と仲の良い「秦氏」が、「大国主」のことを崇めていても全く不思議ではありません。
 
なので、神道の観点から見ると、「サントリー」は「秦氏」系ということになりますが、現在の「サントリー」のロゴは「青」ですし、彼らは「青いバラ」まで作っています。
 
main_visual01
 
しかも、現在の「サントリー」の社長は「新浪剛史」で、彼はもともと「ローソン」の社長でした。
 
新浪剛史 – Wikipedia
 
ローソン、新浪会長の退任を発表

〈新浪剛史氏〉

 
で、「ローソン」のロゴマークも「青」ですから、「サントリー」はどこからどう考えても「出雲族」ということになります。これまで何度も言ってきましたが、「青」は「出雲族」のシンボルカラーですからね。
 
で、今回の「熊本地震」を起こしたのが「出雲族」である以上、「出雲族」の一派である「サントリー」が、地震被害をわざと甚大なものにするため、あらかじめ「益城町」の地下水をたくさん汲みとっておいた、という可能性は大いにあると考えられます。
 
まさかそんなことがあるわけがないと思われる方。
 
「サントリー」の名前は、上のリンク記事にもありましたように、「三ッ鳥居」に由来していて、この「三ツ鳥居」のある神社は「大神神社」で、この「大神神社」は「大国主」を祀っています。
 
そして、この「大国主」はミトラという名の悪魔であり、悪魔は常に人の命を「いけにえ」として捧げることを要求してきます。
 
これについても、これまでさんざん書いてきたことですので、今回は敢えて言及しませんが、これについてご存じない方は以下のリンクなどをご参照ください。
 
JAL123便を撃墜して520人もの乗客を殺した「国常立尊」とは何者なのか。3.11と御嶽山噴火にもなぜか垣間見えるこの神の正体。
 
徳川家康も紛れもない悪魔崇拝者でした。古代から現代まで当然の如く行われてきた「人身御供」について。
 
島津家と毛利家が日本を支配していることの本当の意味。またはハロウィンが「国常立尊」を召喚するお祭りである可能性について。
 
また、「サントリー」は「三柱鳥居」に由来があるのではないかと私はもともと考えていたわけですが、この「三柱鳥居」があるのが「木嶋坐天照御魂神社」で、この神社の神は「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」です。
 
木嶋坐天照御魂神社 – Wikipedia
 
で、この「三柱鳥居」は「秦氏」に深い関係があります。例えば、ウィキペディアの「秦氏」の記事を見ると、そのトップに「三柱鳥居」の画像が出てきます。
 
秦氏 – Wikipedia
 
この記事を見ての通り、「木嶋坐天照御魂神社」は「秦氏」によって建造されたとのことですし、「木嶋坐天照御魂神社」の祭神は「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」であるとのこと。
 
ということは、「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」は「秦氏」にとって最高神である、ということです。
 
で、この「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」を祀っている神社の一つに、熊本の「幣立神社」があります。
 
そして、この「幣立神社」は「上益城郡山都町」というところにあって、この地域も今回の「熊本地震」で大きな被害を受けました。
 
このことから見ても、やはり今回の「熊本地震」は「出雲族」による「秦氏」への攻撃と考えてよさそうです。
 
ある読者の方からも、こんなコメントをいただきました。
 
---------------------
 
『幣立神宮』ですが、やはり地震の被害があったようで、以下のような文章がFacebookに掲載されていました。
 
【幣立神宮から】
震災被害復旧工事義捐金への御協賛のお願い
此の度の大地震により被災された方々に対しまして、心からお見舞いを申し上げますと共に、犠牲となられた方々に衷心より哀悼の意を表します。
幣立神宮も様々な被害を受けました。
灯籠や境内社の鳥居が倒壊し、参集殿や社務所も複数箇所破損し、御本殿の基礎部分は緊急工事が必要です。
皆様には幣立神宮に思いを寄せて頂き、復旧工事義捐金への御協賛をお願いしたく、ご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。
 
幣立神宮 宮司
 
ちなみに、4月16日の時点では『幣立神宮被害はほとんどない』と報告されていたようなのですが、どうやらその後に起こされた2回目の人工地震で被害を受けた様子です。
 
やはり、幣立神宮をねらったと見て間違いないようです。
 
本殿の基礎がやられたということは、次にもう一度大きな地震があれば、本殿そのものが倒壊してしまうかもしれません。
 
---------------------
 
今回の対談でもお話しています通り、「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」は「伊勢神道」では「国常立尊」と同一神と見られています。
 
そして、「国常立尊」とは悪魔「ルシファー」のことですので、「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」もまた悪魔「ルシファー」であるということになります。
 
つまり、「出雲族」はルシファーのことを「国常立尊」と呼び、「秦氏」は同じルシファーのことを「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」と呼んでいたということです。少なくともその可能性が高いです。
 
しかし、このように氏族によってルシファーの呼び方が違うため、「国常立尊」と「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」は同一神であるとかないとか、人によって言うことがマチマチで、諸説紛々としているのではないでしょうか。
 
いずれにせよ、「伊勢神道」では「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」も「国常立尊」も「豊受大神(トヨウケビメ)」もすべてが同一神とされています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
トヨウケビメ – Wikipedia
 
このことから見ても、「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」も「国常立尊」も「豊受大神(トヨウケビメ)」もすべては同じ悪魔「ルシファー」と考えて間違いないのではないでしょうか。
 
ちなみに、「豊受大神(トヨウケビメ)」は伊勢神宮の外宮に祀られています。そして、日本の天皇もまたこの伊勢神宮を参拝しているということは、天皇が悪魔ルシファーを拝んでいることは間違いないということになります。
 
そして、先月、伊勢志摩サミットを訪れた「G7」の面々も、皆がこぞってこの伊勢神宮をお参りしましたが、彼ら自身、自分が何を拝んでいるか分かった上で参拝を行ったに違いありません。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に参加している先進7カ国(G7)首脳らは26日、三重県伊勢市の伊勢神宮訪問について、同日の討議の中で安倍晋三首相に「素晴らしい教訓と経験を与えてくれた」「聖なる場所に行くことができて感動した」などの感想を寄せた。日本政府が明らかにした。
 
9
 
ほかにも「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」「感動を伴うものだった」「精神的によい経験をさせてもらった」との声が相次いだ。
 
サミットが行われている三重県志摩市・賢島や会場のホテルについても「素晴らしい会場に感謝している」「景色、自然が非常に最高である」「おもてなしが日本の特徴だと知っていたが、それを証明するおもてなしだった」との評価だったという。
 
---------------------(転載ここまで)
 
つまり、彼らは悪魔を拝むためにわざわざ伊勢神宮を参拝したわけで、このことが分からないと、人によっては以下のような疑問を抱いて、袋小路の中をさまようことになるでしょう。
 
G7なぜ伊勢神宮?まさか神道を…安倍首相の意図を勘ぐる海外メディア – まぐまぐニュース!
 
まあ、それはともかく、「サントリー」は熊本県の地下水をさんざん組み上げてボロ儲けしつつ、「熊本地震」の被害を拡大することにも加担していたわけです。
 
にもかかわらず、「サントリー」は「熊本地震」で亡くなられた方へのお見舞い、および被災者支援として、「サントリー天然水」を熊本の皆様にお届けしたとのこと。なんともひどい偽善ぶりです。
 
以下、サントリーのホームページから転載します。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
この度、平成28年(2016年)熊本地震で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 
サントリーグループは、被災地における救援活動等にお役立ていただきたいとの思いから、義捐金として1億円を拠出することを決定しました。
 
なお、救援物資として、熊本県を中心に被災地の自治体に、ミネラルウォーター「サントリー天然水」を既にお届けしているものを含め、約21万本供出しました。今後も、被災の状況に応じて、さらなる支援を実施していきます。
 
被災地の方々におかれましては、一日も早い復旧がなされますことをお祈りいたします。
 
なお、ビール類、清涼飲料を製造しているサントリー九州熊本工場(熊本県上益城郡嘉島町)は、現在、操業を停止しています。余震の影響もあり、操業再開までは、しばらく時間がかかる見込みです。
 
このため、当社製品の供給においては、当面は出荷遅延等の影響が予想されますが、今後の安定供給を図るため、既に他工場での増産体制に入っています。
 
---------------------(転載ここまで)
 
しかし、「サントリー」が無償で届けた水もいずれ尽きてしまうでしょうし、そうなると当然、その後は自治体が「サントリー天然水」を買い取った上で地元の人たちに配布することになります。
 
「自治体というより、税金で水を買い上げ、被災者に支援という形で供給する。被災者は、奪われて陥没しめちゃくちゃになった家を横目に、その原因とも言える水を支援として、有難いと感謝しながら受け取る。」と上のコメントにも書かれてある通りです。
 
自治体としても、サントリーから支援してもらった以上、その後もサントリーから「水」を買い取りたい(買い取らなければならない)という気持ちになることは間違いないでしょうし。
 
サントリー自身、「地震被害を受けて操業停止になったにもかかわらず、被災者のために支援した」と言って、自らのイメージアップを図っているわけですが、上のコメントにあります通り、本当にサントリーの工場に被害が出たのかどうかも実に怪しいところです。
 
このようにイルミナティの連中は、日本各地にわざと数々の災害を起こし、多くの国民を犠牲にしながら、それを自らのボロ儲けの種としているわけですね。
 
しかも、「サントリー」は今や、香川県(自治体)ともコラボして、ビール販促キャンペーンを張り、ボロ儲けを企てているようです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■サントリーが自治体とコラボするのは全国初
 
サントリーのグループ企業で、特に酒類の販売を行うサントリービア&スピリッツが、このほど香川県、香川県農協、県漁連と連携して県内向けビール販促キャンペーンをスタートさせた。
 
同社が販促において自治体とコラボレーションするのは全国で初めてとなる。
 
第一弾は「讃岐牛」のコラボPRを展開
 
今回のキャンペーンでは、香川の名産「讃岐牛」「ハマチ」とビールを合わせ、県産品の知名度アップを図りながら、双方の消費拡大が目的となる。
 
その第1弾が讃岐牛のPRで、県内にある飲食店に同社ビールと讃岐牛をPRするポスターを掲示する。また、量販店においてサントリー製品購入者に讃岐牛などが当たるキャンペーンを実施。今月、讃岐牛を使ったメニューとビールの試食・試飲会も開催する。
 
さらに第2弾はオリーブ、第3弾はハマチのPRが予定されている。
 
---------------------(転載ここまで)
 
「サントリー」がこうして自治体とコラボできるのも、やはり何らかの後ろ盾があるからに違いありません。
 
ちなみに、この上のニュース記事のサイトは「緑色(月派)」で、香川県のホームページは「青色(出雲族)」で、サントリーのホームページも「青色」です。
 
サントリー ホームページ
 
香川県
 
あと、香川県は以下のようなサイトも作っていますが、こちらもやはり「緑色」でした。完全に四国地方は「出雲族」と「月派」の勢力下に入ってしまったようです。
 
うどん県旅ネット – 香川県観光協会公式サイト
 
また、〈第92弾〉の対談でもお話しました通り(その記事はこちら)、「日銀」もマイナス金利政策をあらかじめ実施することによって「熊本地震」によってボロ儲けしています。
 
しかも、「日銀」総裁の「黒田東彦」もこうなることをあらかじめ分かっていたのでしょう。今回の地震が起きる一ヶ月前に、東京世田谷に億ションを購入。
 
そして、彼もまた天皇家と親戚であることは間違いない事実ですので(その件についても、「こちら」に書いています)、今回の「熊本地震」を通して天皇家一族がボロ儲けしていることは明らかなことなのです。
 
また、天皇家とつながりの深い「日本赤十字社」や「ユニセフ」も義援金という名目で人々から沢山のお金をぼったくり、そのお金を使って関係者一同が次から次へと豪邸を建ててきました。例えば、アグネス・チャン(元ユニセフ親善大使)がそうです。
 
20150924220547sdpofs
〈アグネス・チャンの豪邸を揶揄したネット上の画像〉

 
ちなみに、この豪邸の画像は、以下の雑誌記事から転用されたもののようです。(クリックで拡大します。)
 
img.php2
 
また、「日本赤十字社」や「ユニセフ」が天皇家と近いという証拠は、以下のリンク記事をご覧ください。
 
天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。
 
また、アベノミクスの一環である「円安政策」を利用して「日銀」がボロ儲けしているということについては、以下のリンク記事をご参照ください。
 
日本は世界一の金貸し国家。長引く円安で日本政府と日銀が密かにボロ儲けしています。
 
また、3.11の際にインサイダー取引が行われ、何者かが陰で密かにボロ儲けしていたという事実については、以下のリンクをご参照ください。
 
地震の前のインサイダー取引? – 足利流浪:*:゜☆:*:゜☆:*:゜ – Yahoo!ブログ
 
ということで、今回の対談を通して、「熊本地震」が天皇家一族の起こした人工地震であり、「出雲族」がボロ儲けしているということが、より一層はっきりとお分かりいただけたのではないかと思います。
 

15 Comments
  • Haku
    Posted at 18:46h, 08 6月

    一般記事の更新、久しぶりですね!YouTubeの通知が久しぶりに来て一気に元気になりました(笑) ここ数週間、聖書、有料記事や今までの一般記事などを再度見直し、また過去自分が興味を持って読んでいた仏教や神道の本を改めて確認してみると、なんでこれをスルーしていたのか!と自分を笑ってしまいます。
    私はRAPTさんのブログに出会う前までは聖書を真剣に読んだこともなかったので、悪魔の存在や悪魔崇拝についてまともに考えたことがなかったので、今まで見ていたのに見えていなかった事がこんなに多かったのかと愕然とします。これは多くの読者の方々も同じ気持ちではないでしょうか。RAPT理論をもって冷静に見ると、今までの歴史、宗教、今起こっている事件などは根本的に手口が一緒であり、やりすぎたために誰の目で見ても明らかです。今まさに時代の転換期が来ているのでしょうね。これから更に沢山の方々にこれらの真実が拡散され、少しずつ世の中が変わっていく事を確信し、祈っております。

  • 矢野秀樹
    Posted at 23:44h, 08 6月

    ゴメンナサイ最近気がついた事を一つ、今回の件とは関係ないけど読んで下さい。アメリカのジョン王の子孫の話しの話しが去年の12月か暮れ頃にサラっと、どうしようもないなって言ってたじゃないですか!よくよく考えて、分かったのはじゃあ選挙は嘘だったて事で、実は資本主義も嘘って事なんだなと。だって同じ祖先ばっかり大統領になるわけないですもんね。私が解る位だからアメリカの人もわかるでしょう。社会主義も資本主義も一緒なんですよね!!

  • ピンク
    Posted at 09:54h, 09 6月

    復活ありがとうございます。

    アグネス・チャンの国籍が英国国籍ということで合点がいきました。

    今日も一日いい日でありますように・・・

  • トモコ
    Posted at 13:31h, 09 6月

    神からの言葉が理解出来ない方は
    反対に統合失調症になれば
    理解出来る様になるんでは
    ないですか?

    豪邸に住んだり一般庶民感覚、被害者を理解出来ないで
    獣になり
    悪魔と24時間話すことが望みですので。
    裁きは、神が行うものです。
    生きて裁かれないと考えているのか。
    次の大統領候補クリントンさんも
    いとこ婚です。
    こちらも選挙権があったのかな。

    取り憑かれた方は何かにつけて
    攻撃してきます。

  • 初級raptファン
    Posted at 20:16h, 09 6月

    RAPTさん、お疲れ様です。
    工作員の嫌がらせは止まらないようですね。
    工作員の人は自分の立場を理解していないようです。
    なぜ掲示板に悪口書くだけで高額な給料が貰えるのか・・・。
    普通に考えれば分かる筈です。
    掲示板に悪口書くだけなんて誰でも出来る事を・・・。
    答えは簡単です。
    最後は悪魔の生贄(いけにえ)になるからです。
    生贄になる代わりの前金として高額な給料を貰っているだけですよ。
    あなた方の属している団体は悪魔崇拝団体なのです。
    悪魔は生贄を欲するので悪魔なのです。
    そんな訳無いと周りの人は言うかもしれませんが、
    嘘をつくのも悪魔ですし、その周りの人も悪魔崇拝ですよ。
    生贄となり死んでからも悪魔にもてあそばれる訳です。
    ある悪さをしていた芸能人が死ぬ時にこう言ったそうです。
    「死にたくねぇ、死にたくねえよぉ」。
    死ぬ前になると悪魔の姿が見えるのかもしれないですね。
    なので、こういう人達は可哀想なのだと私は思います。

  • 高林宏行
    Posted at 07:08h, 10 6月

    RAPTさんお疲れ様です。一般記事、心待ちにしていました。有料記事を必死で読んでいます。お蔭様で深く祈れる様になってきました。
    ありがとうございます。偽善者とても多いですね。スピリチュアルの江原啓之も10%の愛を信じられない人は100%の愛も信じられないと言っていましたが私には偽善としか思えないです。ミステリースクールでスピリチュアルにはまっていた頃、あるリチュアルマスターの女性がミカエルが降りてきたら硫黄の匂いがしたと言っていましたがきっとミカエルではなくルシエルだったんですね。スピリチュアルは偽善と悪魔ばっかりです。サントリーの前身は作家の開高健や山口瞳がいた頃、寿屋ですから寿のイメージは赤色なのでその頃は秦氏かなと勝手に思ってしまいました。Rapt さんにメタップスからの妨害がない様一生懸命お祈りしています。

  • Satomi.C
    Posted at 18:31h, 10 6月

    対談でマツダの話題が上がっていましたが、現在の自動車業界についてもびっくりしました。
    三菱を買収しようとしている日産のサイトを見たのですが、ロゴの周りが赤くなっているのに驚きです。
    日産に対して「赤」のイメージは全くありませんでしたが、電気自動車リーフこそ青のイメージがあるものの、サイトに関しては赤の雰囲気が漂っており、ここまで露骨に表現するのかな?と不思議に思います。
    尚、現在の日本の各カーメーカーですが、着実に秦氏の独占に近づいているんですね・・・。
    トヨタ自動車・・・赤
    ホンダ・・・赤
    日産・・・赤になりつつある
    三菱・・・赤
    ダイハツ・・・赤
    いすず・・・赤
    マツダ・・・現行車のラインナップがほとんど赤(ロゴも青の割合がどんどん減っています)

    日野自動車・・・ロゴこそ赤ですが、ホームページではロゴに赤が含まれておらず、サイト内も青が目立つ感じがするので何とも言えません。
    スズキ・・・赤・青半々

    スバルだけが青一色なので、完全な出雲族傘下はもはやスバルだけなのだと思います。
    そう考えると、日産が三菱を買収しようとするのも、秦氏が日本の自動車業界を独占するに当たり、出雲族に三菱を渡したくないのかもしれませんね。
    あと、光岡自動車というメーカーもありますが、ほとんど自動車業界に影響力が無いのか、赤でも青でも無い無関心な状態なのかなと感じます。まあ光岡自動車は卑弥呼とかオロチとかいう自動車を製造してはいますが、特に大きな意味は無いと感じたりもしますね。

  • 111
    Posted at 01:42h, 11 6月

    これをコメントにのせるかどうかは神に委ねます。

    久々の対談情報を聞いて正にその通りですね!
    信仰を日々強めイエスキリストを主とし、主を通して神に語りかける様に祈っています。

    新しい情報へと示され感じとった事をコメントします。

    北海道で起きる人工地震は札幌市都直下地震も計画されていると考察!
    震源は月寒断斜、野幌断斜で札幌市中心から少し東側で戸建て住宅が多く、再開発推進側から見て邪魔な戸建て住宅街なのでしょう。
    考察根拠
    札幌駅近郊の大きな土地をフジサンケイG購入し駐車場などに放置状態。また、北側再開発地上げ土地が何か時期を待つかの様に放置状態で進捗していない。???
    新札幌ドーム建設構想、それに併せ新真駒内駅構想発表で別路線電車駅どうしを繋ぐ構想です。
    その間のエリアには札幌大学、札幌国際大学、自衛隊施設もあります。
    月寒断斜がその辺にもあります。
    この二つの断層を利用して直下地震を起こせば、その辺の立ち退き再開発は容易になります。
    北海道JRのトラブル多発とJR叩きが目立つのも気になる点。
    再開発推進と地下鉄推進派も絡んで北海道大改造計画が臭います。
    目的は土地強奪、北海道は冬が長く寒さ厳しいので復興支援活動がやり易い時期が4月~10月と考えて4月~8月の間で計画と考察しています。
    6/10南海トラフ地震震源動地図公表もあり、南側への意識づけの狙いなら北側、北海道、青森
    が近々起きるのではと考察しています。
    1月の6弱地震はテスト、予行練習ではないかと思っています。
    来年は違う目的の年を計画と考えると、日本列島大改造造整計画で本格テコ入れしていない月派のホーム蝦夷地域が今年起こしたいところかと。
    札幌市直下地震は阪神淡路以上になるのでは気がしています。
    農地法改正で法人参入が格段にし易くなったの北海道の大規模農地も狙われている。
    農業設備企業の渡辺パイプは農業法人参入をみこして大規模工事が出来る体制を準備している。
    地方創生とは?地方造成!のことなのでしょう。

    熊本地震が落ち着き出したころに、
    札幌、北海道、略奪造成人工地震は近い気がします!

  • 111
    Posted at 01:57h, 11 6月

    日産、三菱は計画談合合併、三菱は自動産業から距離を置き、製造ライン工場を軍事製造工場にシフトする計画ではないでしょうか?
    自動車は日産に預けるて、三菱は裏側に隠れて軍事機を作るよ!と。
    軍事出身のスバルもNEW零戦の製造を始めるのでしょうか?

  • ミツバチ
    Posted at 09:38h, 11 6月

    ポカリスエットのあの会社ももろに出雲系でしょう。世間のイメージはポカリやオロナミンCで爽やかですが実は精神薬でボロ儲け。青。徳島。精神薬。KEYワードが目白押しです。伊勢志摩サミットでは首脳達は内宮しか参拝しなかった様ですね。世界情勢はまだまだ秦氏/大和族側の勢力のほうが強いとみるべきということですかね。久々の更新ありがとうございました。

  • 111
    Posted at 12:30h, 11 6月

    RAPT理論が理解出来る人には解るかと思い追加でコメント入れます。
    地震関連と芸能人の急死、小林麻央の癌などから、医療(魔術)の計画点も気になっています。

    最近、耐性菌や変異ウイルスなどで抗生物質が効かなくなってきていると宣伝しています。
    また、新しい病名や適当に名付けた菌やウイルスで混乱させ恐怖を煽り真実から煙に巻くのを感じます。
    私はトリックだと感じています。
    耐性菌など、菌やウイルスが強くなった様に錯覚しまうが、逆で人間が免疫力(自己防衛力)が低下させられていることだと理解しています。
    人食いバクテリアは常在菌ですので、人間と菌とのバランスが崩れ人間が低下させられたから負けて食べられていると思います。
    体温と免疫力は関係があり、低体温の方36度前半は風邪や冷え性など免疫力が低い。
    免疫力を低下させている原因が化学製品(薬、化粧、日常ケミカク)の依存する生活習慣、潔癖性や神経質な人程自爆させられている。
    人間が免疫力を低下したのと、薬メーカーが次の目的で小細工しているのだと感じています。
    ある意味、この様に誰かが書いて自然な口コミでマッチポンプ方式でロハス側の流に持ち込もうとする意図もあるのかも知れません。

    免疫低下している方は様々な病気の罠にはまり、今後の準備されていると困難期は乗り越えれない気がしてもいます。
    バカは自爆して死ねとする悪魔の優生学なのでしょうか。

    対処法としては、病気は全て生活習慣病です。
    化学製品、化学薬品を極力抑え体内に入れない、風呂デトックスで取り込んだ物を出すように心がける。自然食生薬系含んだバランス食。肉、酒を控えるのも。持病がない方は3,6ヶ月後で効果が現れて来ると思います
    ある意味、誘惑されず余計な事は何もせず、正し食事生活で回復していくと思います。
    聖書を読むと良いもの悪いものが見抜ける様になり、騙されないようになると思います。
    RAPTさんはどの様に思うでしょうか。

  • chisaka
    Posted at 13:16h, 11 6月

    111さん のコメントに反応します。

    <北海道で起きる人工地震は札幌市都直下地震も計画されていると考察!>
    <再開発推進と地下鉄推進派も絡んで北海道大改造計画が臭います。>
    <6/10南海トラフ地震震源動地図公表もあり、南側への意識づけの狙いなら北側、北海道、青森
    が近々起きるのではと考察しています。>
    <農地法改正で法人参入が格段にし易くなった北海道の大規模農地も狙われている。
    農業設備企業の渡辺パイプは農業法人参入をみこして大規模工事が出来る体制を準備している。>

    この「渡辺パイプ」の創業者の出身地が<淡路島>だと聞いていたので少し驚いています。
    RAPTさんのブログを読んでいたせいか、札幌に人工地震が起こることに妙に真実味を感じてしまいました。

    淡路島関連のキーワードは 竹中平蔵・パソナ・南部靖之・創価学会・シャーロット・ド・ロスチャイルドでつながり、そして札幌の神社で有名なのは北海道神宮ですが、鳥居の色は今のところ赤ではないです。銀色とでもいうのでしょうか。それとも無色を表しているのでしょうか。秦氏でもない、出雲族でもない?

    煽るつもりは無いですが、この突拍子もない思いつきで、もしかしたら札幌地震は近日中に本当に起こり得るのかなと感じました。事実として最近は地震の回数が増えてきているし、札幌市内だけに起きた変な地震が起こったこともありましたし(地下爆破?)。これが杞憂であればいいのですが。

  • 高林宏行
    Posted at 02:24h, 12 6月

    H I さん、C H I S AKAさん考察ありがとうございます。私も長年、札幌に住んでいますが過去記憶にないくらいここ三ヶ月くらい風が強くて気象兵器で竜巻でも起こすのではないかと心配していました。地震は頭にあまりなかったのですが、お二人のコメントで怪しいかなと、北海道文化放送HTB が月寒断層上の平岸地区から札幌中心部へ移転建設中(北一条西一丁目)、札幌放送の中堅女性アナ二人報道に移動、J R 社長は先代、先々代と海で入水自殺? 月寒には農業専門学校の八糸広(はっこう)学園があります。杞憂だといいですね。

  • 111
    Posted at 20:17h, 12 6月

    私のコメントに反応コメントありがとうございます。
    私はRAPTさんのブログから学び、真の神への信仰を続けています。
    真実を知りたい悪いものに神の裁きをと祈っています。その中で色々救われ、また導かれているのを感じています。
    何か感じとって救われる人が多くとの思いでいます。また。。。。
    あちら側の人も見ているのその思いはふせておきます。
    脅かしや何か煽るつもりはありません。
    恐怖を感じている方には、神への祈りに切り替える方が懸命と思っています。
    私は恐怖を感じた時、神様への繋がる祈り信仰が弱いと感じ努めます。
    聖書の中にイエスが弟子にその様に教えていました。
    悪い者達の計画がわかったところで、何が出来よかと皆思います。
    同じ力では何も出来ないです。
    神への祈りと愛する者達へ愛をもって知らし伝える事だと感じています。
    聖書をプレゼントした事もあります。
    聖書に力があるので興味のない人も関心を持ち出し読んでくれています。
    手に取る切っ掛けがないだけだったのだと思います。
    穏やかな日常風景が阪神淡路、東大震災の様にある時一変する、今微笑んでいる知らない他人にも救える道をと思う日々です。
    私的思いでコメント欄記載して申し訳ありません
    誠の神を信じ祈りましょう。
    愛を持って行動する事だと感じています。
    恐れは無くなります。

    私は日本一般の仏教派出自、教会団体にも所属していません。RAPTさんからの学びで神殿教会は自分の内にある事に気付き自由に祈っています。
    その祈りの信仰が日々続くのは答えが出てくるからです。答えてくれるのを感じています。
    神社仏閣墓参りが好きな方でしたが答えが実感する事は無でした。
    平等に答えてくれる誠の神を自然と祈り続けています。
    神を信じ御心で祈り続けていれば大丈夫です。
    神の力を皆で祈りお借りしましょう。

    長文で申し訳ありません。
    RAPTさんありがとうございます。

  • chisaka
    Posted at 23:11h, 15 6月

    追記です。

    札幌市のHPや市旗、市徽章及び北海道庁の北海道旗、HPの色を見ると青と緑を使用しているので出雲族の支配下にあると判断しました。北海道神宮も大国主命を祭っているのでほぼ間違いなく出雲族と理解しました。しかも道旗、市旗ともに六芒星・五芒星を使用しているのでロスチャイルドや悪魔崇拝に関係しているみたいです。さらに道旗の方には七芒星(?)らしき図形も使っています。色は赤。いずれにしても北海道は出雲族が圧倒的に優位に立っているのは確実です。経済も銀行を調べてみると北海道1位の北洋銀行は青。2位の北海道銀行は緑です。北海道に関しては、もうすでにジョン・タイターの未来予想図は完成している?

    以上は個人的な勝手な推測ですのでマトモニ信じないでくださいね。駄文失礼しました。

Post A Comment