RAPT | RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
35723
post-template-default,single,single-post,postid-35723,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

「原発も原爆もない」と私が最初に言い出したときには、多くの人が疑いの目で私を見ていたかも知れません。私もそうなることを覚悟の上でこの情報を公開してきました。
 
しかしながら、「原発も原爆も存在しない」と考えるしかない情報が、次から次へと発見されている今、私の言っていることをもう誰も疑うことができなくなり、誰も文句を言うこともできない状況になりつつあるはずです。
 
だからこそ、「YOUTUBE」も私の動画の再生回数をいじったり、BAD評価を沢山つけたりしているわけです。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
〈お知らせ〉またしてもYOUTUBEがあからさまな再生回数の改ざんをしています。いい加減にしてほしいです。
 
〈お知らせ〉またもYOUTUBEが不正工作。〈第67弾〉の読者対談のBAD評価をたった数十分の間に「4」から「191」へ跳ね上げました。
 
その後も、ちょくちょくYOUTUBEの再生回数をチェックしていますが、やはりどこからどう考えても、誰かが意図的に再生回数をいじっているとしか思えないような状況が続いています。
 
しかも、ここに来て、私のYOUTUBE動画のチャンネル登録者数まで改ざんされている可能性が出てきました。
 
というのも、ある読者の方が〈第70弾〉のYOUTUBE動画に以下のようなコメントを下さったからです。
 
----------------
 
RAPTをチャンネル登録しようとしてもネットワークに問題が発生しました404てなって登録できません!登録者を増やせない様にしてるんですねぇ極悪非道ですねyoutubeは
 
----------------
 
それで、私も試しに新しくアカウントを作って自分の動画をチャンネル登録してみたのですが、一応、登録はきちんとできたものの、チャンネル登録者の数が増えないということが分かりました。
 
そこで、他の人にも私の動画チャンネルに試しに登録してもらったのですが、やはりこれまたチャンネル登録者の数が増えませんでした。
 
YOUTUBEのチャンネル登録者数も、彼らはどうとでも改ざんできるようですね。こんなインチキなことをして、私の動画に注目が集まらないように工作しているわけです。
 
しかしながら、全ては無駄なあがきです。真実はいずれ自然と世界に広まるに違いないからです。
 
ということで、今回も「原発も原爆も存在しない」シリーズの続きになります。
 
まだやるのかと思った方もいるかも知れませんが、次から次へと「原発も原爆も存在しない」としか思えない証拠が発見されているので、私としても続けるしかありません。
 
しかも、根拠や証拠が多ければ多いほど、彼らの首を締めることになりますので、やはりやり続けるしかありません。
 
ちなみに、これまでの「原発も原爆も存在しない」シリーズは以下になります。まだお聞きになっていない方はぜひ一度、ご視聴ください。
 
RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
まあ、ここまで情報が出てくると、やはり「原発も原爆も存在しない」というのは、どこからどう考えても間違いありませんね。
 
それでは、今日の本題に入ります。
 
先ず、前回の対談で登場した「ニュートリノ」。
 
この「ニュートリノ」の存在を証明し、かつ「ニュートリノ」に質量があることを発見したのが「カミオカンデ」と「スーパーカミオカンデ」ですが、この研究に一役買ったのが「浜松ホトニクス」という小さな会社です。
 
ノーベル賞学者御用達企業!「浜松ホトニクス」がすごい!! – NAVER まとめ
 
この無名企業がなければ、3人のノーベル賞はなかった! | ビジネスジャーナル
 
で、この会社の技術があったからこそ「ニュートリノ」やら「ヒッグス粒子」やらが発見されたということで、「浜松ホトニクス」には今や世界中から注目が集まっています。
 
しかしながら、今ここに来て「カミオカンデ」も「スーパーカミオカンデ」も嘘、さらに言うなら、「CERN」などリニアコライダーも嘘、という疑いが出てきました。
 
そうすると、当然、この「浜松ホトニクス」という会社も非常に怪しくなります。
 
ちなみに、私も前に一度、この「浜松ホトニクス」についての記事を書いていますが、残念ながら、私は騙されていたのかも知れません。
 
次世代のクリーンエネルギーは既に完成している。半年で1000円のみの発電システムがなぜ普及しないのか。
 
この記事に書かれてあるように、「核融合」の技術は一般には安全でクリーンな技術だと言われています。
 
しかし、その一方で、「浜松ホトニクス」の開発しているものは非常に危険であると話す人もいます。
 
<レーザー核融合発電>2月から稼動を開始〜浜松ホトニクス株式会社〜浜名湖のうなぎの危機!
 
このように、「核融合」の技術もトリチウムという危険な物質を使うから、とても危険であるというのです。
 
つまり、「原発」、つまり「核分裂」と同じく、「核融合」についても、安全だと言う人と危険だと言う人と、意見が真っ二つに分かれているわけですね。これまた怪しげな匂いがプンプンします。
 
しかも、上のリンク記事にも書かれていますように、この「浜松ホトニクス」という会社は「トヨタ」とも業務提携しています。
 
【時代のリーダー】晝馬輝夫・浜松ホトニクス社長:日経ビジネスオンライン
 
実を言うと、「トヨタ」は「三井グループ」という巨大な財閥に属しています。皆さんはこのことを御存知でしたでしょうか。
 
一応、日本の財閥はGHQの占領政策によって解体されたことになっていますが、実際のところは、明らかに財閥と言えるような巨大な企業グループが日本には幾つも存在しています。(詳しくはこちら
 
三井グループ – Wikipedia
 
で、この「トヨタ」もまた自動運転車に搭載する電気エンジンの開発のために、「核融合」の研究に手を出しているわけですね。だからこそ、「浜松ホトニクス」と提携する必要があったというわけでしょう。
 
阪大・浜ホト・トヨタが挑む「夢の発電設備」 レーザー核融合  :日本経済新聞
 
また、同じ「三井グループ」に属した「東芝」も、やはり核融合の研究に手を出しています。
 
東芝が国際熱核融合実験炉向け超伝導コイル受注、総額470億円 | Reuters
 
 
「三井」と言えば、ロスチャイルド系の企業として知られています。なので、核融合の研究は「秦氏=ロスチャイルド」が主導権を握っているのかも知れません。
 
現実に「浜松ホトニクス」のロゴマークは「赤」ですし。
 
hamamatsu_photonics.03.131223
 
また、ロスチャイルドが「常温核融合」の技術に投資をしていることも分かっています。
 
ロスチャイルドが密かに「常温核融合」開発のスポンサーになっていた……。そんなバカな。一体、彼らは何を企んでいるのか。
 
とはいえ、この「核融合」の開発に手を出しているのは、何も「秦氏」ばかりではありません。出雲族として知られる「三菱」もまた「核融合」の技術開発に大きく道を開いた模様です。
 
[核変換] 核のごみを無害化 「常温核融合」の遺産を利用 | 磁石・レアメタル・エネルギー最新情報
 
「核」が無害であると分かった以上、「核のゴミ」もまた無害であることは間違いありません。
 
なのに、その無害なはずの「核のゴミ」を無害化する技術を開発したとのことで、三菱にはこれまた大量の税金が政府から投入されることになる見込みです。どこまでインチキなんでしょう。
 
しかも、「三菱」には安倍晋三の兄が取締役として就任していますしね。やはりこの「核融合」にも政治が深く関わっているというわけです。
 
安倍晋三の兄は「死の商人」であり、安倍晋三はそのセールスマン。日本は着実に軍国主義の道に向かって進んでいます。
 
で、このインチキなカラクリを分かってしまった人がこの世にはいるのか、ヤフーの知恵袋でこの「三菱」にイチャモンをつけている人がいるのですが、その人に対して多くの人が攻撃的な返答をしています。
 
ノータリンに回答リクエストです。 – 質問三菱重工業の国際熱核融… – Yahoo!知恵袋
 
まあ、質問する側もかなりヤンチャな質問をしていますが、多分、質問をする度に悪口コメントばかりが返ってくるので、うんざりしながら悪口で質問している、という感じがしますね。
 
このように、「三菱」にしろ「トヨタ」にしろ「東芝」にしろ、多くの企業が「核融合」という名目で、ありもしない技術をさも高度な技術であるかのように吹聴し、国民を騙しながら、政府から大金をぼったくろうとしています。
 
「原発」は危険だ危険だと言われているので、そろそろ安全な「核融合」に切り替えないといけないし、トヨタも「核融合」による「発電」の研究をしているということにすれば、国から大金をもらえるしで、まさに一石二鳥です。
 
もしかしたら、トヨタが「電気自動車」を開発しはじめたのは、この「核融合」とやらで国の税金をぼったくることが最大の目的なのではないでしょうか。
 
実際、プリウスなどの電気自動車も、ガソリン車とさして燃費も変わらないみたいですし、無理やり「電気」に手を出す必要があったのではないでしょうか。
 
しかし、こうして「核融合」の開発が進んでいる最中ですらも、未だに政府は「核分裂」技術を使う「高速増殖炉もんじゅ」を再稼働させて、一部の人々のポケットを我々の血税で潤そうとしています。
 
もんじゅ再開 福井のニュース|福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト
 
ところが、この「もんじゅ」では備蓄していたプルトニウムが劣化し、使い物にならなくなってしまっているとのこと。それなのに、なぜ再稼働することにしたのでしょうか。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
1995年12月8日にナトリウム漏れ事故を起こした高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、燃料のプルトニウムが劣化し続けていることが、運営する日本原子力研究開発機構への取材で分かった。
 
ほとんど運転していない20年間に、プルトニウムの一部が核分裂しにくい「アメリシウム241」に変化しているという。同機構は「現時点で運転に支障はない」とするが、停止が長引けば燃料を交換する必要に迫られる恐れがあると認めている。
 
もんじゅの炉心では、プルトニウムなどの燃料を核分裂させて発電する。核分裂したプルトニウムからは中性子が飛び出し、別のプルトニウムに衝突して核分裂させる。こうした連鎖が繰り返され、核分裂が維持される。
 
ところがアメリシウムは中性子を吸収して、核分裂にブレーキをかける働きをする。NPO法人原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「核分裂しないアメリシウムが増えた状態は、劣化した燃料と言える」と話す。
 
実際、機構は2010年の再稼働時、アメリシウムへの変化に伴い、198体の燃料のうち6割にあたる117体を交換した。機構によると、この時の調査で燃料全体の重量の1%強がアメリシウムになっていることが確認された。
 
機構の担当者は「現時点ではフル出力で運転もできると考えている」とする。一方で、「このまま停止が長期間にわたって続けば、(アメリシウムが増え続け)燃料を交換しなければならなくなる」と打ち明ける。
 
もんじゅは85年に着工し、95年に発送電を始めたが、ナトリウム漏れを起こして長期停止した。10年5月に再稼働したものの、同8月に燃料交換装置が原子炉内に落下して以来、再び停止している。
 
停止中にも維持費などで年平均約223億円が支出されている。もんじゅ関連の総費用は今年3月末までに約1兆1703億円にのぼっている。
 
機構によると燃料1体当たりの製造価格は数千万円。予備の燃料は42体あるが、運転再開の際に交換用燃料を手配した場合、さらに費用が上積みされる可能性がある。
 
一方、原子力規制委員会がもんじゅの運営主体を機構から交代させることを勧告しており、再稼働できるかは不透明な情勢だ。【畠山哲郎】
 
----------------(転載ここまで)
 
この記事を見ても分かる通り、長年、稼働していなかった「もんじゅ」の維持費に毎年223億円ものお金が投入……。しかも、これまでの総費用1兆1703億円!!
 
どれだけぼったくれば気が済むのでしょうか。
 
しかも、プルトニウムが「アメリシウム」に変化して使い物にならなくなったからといって、燃料を次々と交換し、そのせいで維持費が膨れ上がったようですが、なんとこの「アメリシウム」。ロシアではちゃんと使い物になっているとのこと。
 
ならば、日本でもわざわざ燃料を交換する必要もなく、費用もそんなにかからずに済んだ、ということですよね。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
「露が高速炉の使用済み燃料からアメリシウムとキュリウムの分離と隔離実験を開始。」
 
え?これって土人の高速炉「もんじゅ」の解決方法を露が研究開始したってこと?
 
アメリシウムとキュリウムの分離は核燃サイクルを閉じる為に重要だと言ってる。
 
はぁ?じゃあ、いままでブリーデイングとか言ってたのは露でもフィクションなんだ。しかも使用済み燃料からアメリシウムを「これから」分離しようとしてる。
 
高速炉と核燃サイクルの真実がチラ見できてしまいますたなw
 
アメリシウムを分離すると言っても、使用済み燃料の大部分を占めてるのだけど、それだと核燃サイクルする度に核廃棄物だらけになるんじぁね?
 
「燃料成分にアメリシウムを加えて原子炉で燃やす為に、アメリシウムを核分裂物質から除去するだけでなくキュリウムからの分離も必要だった。」とTVEL
 
ん?なんか「もんじゅ」とTVELの言ってることが噛み合わないぞw。
 
露はアメリシウムを分離して燃料にして燃やすと言っている。
 
おいおい文科省。おまいらの核燃サイクルと露の核燃サイクルは違うのかよ。どっちが本当なんだ?
 
ちょっとあべちん。プーチンに聞いてこいよ。何か露にはブレイクスルーがあるぞ。
 
----------------(転載ここまで)
 
ちょっと分かりにくい文章ですが、要するに「アメリシウム」から「キュリウム」を分離すると、「アメリシウム」を再び核燃料として使うことができるというわけです。
 
なのに、日本の「もんじゅ」ではこの「アメリシウム」は使い物にならないからといって、新しい燃料と交換され、そのために莫大な予算が割り当てられてきたというわけで……。
 
こんなチグハグな情報を耳にしていると、いい加減、誰もが頭が混乱してしまって、思考停止状態になってしまうはずです。
 
だからこそ、原発についても、放射能についても、誰ひとりとして真剣に考えたり、調べなくなったりしてしまうわけです。
 
もちろん、彼らはそれを狙って、情報をわざと混乱させているわけでしょう。
 
しかし、「原発も原爆も存在しない」ということさえきちんと分かっていれば、こういったチグハグな情報にいちいち惑わされる必要もなくなります。いちいち頭が混乱することもありません。
 
誰かが自分たちの私服を肥やすために、あちこちで色んな嘘をついているだけなのですから。
 
しかも、この「アメリシウム」という名前。実はアメリカ元素という意味なのだそうです。
 
で、「ゲルマニウム」がドイツ元素、「ポロニウム」がポーランド元素、「フランシウム」がフランス元素という意味だそうです。
 
また、「ニッポニウム」という元素名も発表されたそうですが、これは75番の元素を43番と勘違いして発表したため国際的に認められず、75番元素は「レニウム」つまりライン川のライン元素という名前になってしまったそうです。
 
レニウム – Wikipedia
 
ちなみに43番の元素は天然には存在しない人工放射能元素で、「テクネチウム」と呼ばれています。(以下は「元素記号表」です。クリックで拡大します。)
 
DexpN
 
この図表を見ての通り、アインシュタインから取って「アインスタイニウム」とか、コペルニクスから取って「コペルシニウム」とか、レントゲンから取って「レントゲニウム」とか、ノーベルから取って「ノーベリウム」とか、キュリー夫人から取って「キュリウム」とか、かなり適当に名前がつけられていますね。
 
存在もしない元素に、誰かがいい加減な名前をつけているような感じがします。
 
そのうち、「ハタニウム」とか「トヨタニウム」とか「アベニウム」とか発表されそうな勢いです。
 
あと、日本でアインシュタインの「相対性理論」を広めたのが、東大教授の「佐藤勝彦」ですが、以下の動画を見ての通り、彼もまたご多分に漏れず「密教」を信じている模様。
 


 
ちなみに、「密教」は完全な悪魔教です。だから、東大教授もまた悪魔崇拝者である可能性が高いというわけです。もちろん、本人が「密教」を悪魔教だと認識しているかどうかは分かりませんが……。
 
〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。
 
この動画で、「佐藤勝彦」はこの宇宙が10次元の世界であり、「仏教の曼荼羅」みたいな世界だと言っています。どうやら彼らが考え出した宇宙理論は「密教」の教理から作り出されたもののようです。
 
で、この動画の中で、「佐藤勝彦」は「超ひも理論(超弦理論)」こそが宇宙の謎を解くカギになる、というようなことを言っていますが、この「超ひも理論」は、実は「相対性理論」と「量子力学」の理論がうまく噛み合わないので、それを無理やり噛み合わせるために作られた理論なのです。
 
詳しくは以下の動画をご覧ください。思わず笑ってしまいます。
 

 
まあ、「相対性理論」が嘘だし、「量子力学」にも多くの嘘が混ざっているはずなので、この二つの理論がうまく噛み合うわけがありません。
 
この動画でも「相対理論」と「量子力学」の両方が正しいということはあり得ない、とはっきり言ってますし(笑)。
 
で、そうやって嘘と嘘とを無理やり噛み合わせようとするから、「超ひも理論」では、この宇宙が10次元、時間をプラスして11次元の世界から成り立っている、などとややこしい話になってしまうわけです。
 
本当、こんなくだらない話にまともに付き合っている物理学者たちが気の毒でなりません。早くそんな無意味な学問から足を洗って、まともな現実世界に出てきてほしいものです。
 
私もかつては小難しい哲学書ばかりを読んで頭が混乱していた時期がありましたので、その苦しみがどれほどのものかよく分かります。
 
ちなみに、私は今、アインシュタインの「相対性理論」抜きでこの宇宙のカラクリを説明できるようになりつつあります。これもいずれ記事にして公開したいと思っています。
 
お前みたいな文系にそんなことができるか、と思ったあなた。残念でした。この宇宙はあなたが考えるほど複雑なものではありません。とてもシンプルで単純なものです。
 
なので、インチキ物理学者たちが「大統一理論」などという嘘をでっち上げる前に、本当の宇宙のカラクリを誰もが納得できるように解き明かしてみたいと本気で思っています。
 
こうして「原発」やら「核融合」について調べてみると、どうもイルミナティの連中は、この世の全てのものが「目に見えない小さな粒子」から成り立っていると言っていることが分かってきました。
 
もちろん、この世の物質が目に見えない小さな「粒子」から作られていることは間違いないと思います。
 
しかし、光も「粒子」、質量も「粒子」、なんでもかんでも「粒子」にして、「粒子」でないものまで「粒子」にしてしまい、その上、それを本物の「粒子」と一緒くたにしてしまうから、物理学がインチキ臭くなってしまっている可能性があります。
 
しかも、その目に見えない「粒子」を観測するために「カミオカンデ」を5億円で建設し、「スーパーカミオカンデ」を104億円で建設し、さらに今では「ハイパーカミオカンデ」を800億円で建造しようとしています。
 
そうすることで、またも我々の払った血税が誰かのポケットにジャブジャブと湯水のように入っていくわけです。本当にあり得ないことです。
 
で、これらの「カミオカンデ」では、「ニュートリノ」を観測したり、研究したりしているわけですが、この「ニュートリノ」は先日の対談でもお話しました通り、「エネルギーの粒子」のことです。
 
で、この「エネルギーの粒子」は原発や原爆などで使われている放射性物質から出てくるものなので、「原発」に行けば、いくらでもその存在を確認することができ、検出することができるはずです。
 
なのに、彼らはなぜかその「ニュートリノ」を何十年と観測することができず、近年になってようやく「太陽」や「超新星爆発」から飛来してきた「ニュートリノ」を観測することができたと言って大喜びしています。
 
で、「やはりニュートリノは本当に存在している、しかも、ニュートリノには本当に質量があった」といって、その功績としてノーベル賞まで授与されたわけですが……。
 
しかし、現実に「ニュートリノ」が存在し、その「ニュートリノ」に質量があるからこそ、原発が動いているわけですし、原爆も爆発したわけですよね。
 
なのに、今さら「ニュートリノ」の存在が証明され、「ニュートリノ」に質量があることが証明されたからといって、「世紀の大発見」だと言って大喜びするのは、余りにもトンチンカンな話ではありませんか。
 
まさに自分たちがやってきたことは嘘だった、と自ら証明しているようなものではないでしょうか。
 
で、最後に一言。「核融合」なんて嘘、とはっきりと言っているサイトも見付かりました。多分、これが本当の真実なのでしょう。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ロッキード・マーチンがコンパクトな核融合は10年遠のいたw
 
巨大トラックに荷台に積めるサイズの核融合炉のことらしい。
 
1年以内に実験炉を成功させ5年以内にプロトタイプを作る話が、すくなくとも10年になって、さらにテキサス大学の熱核プラズマ物理学者のスワディッシュ・M・マハジャン博士が「たわごと(Poppycock)」だと言ってる。
 
ロッキードがやってるのはレーザじゃないのか。ひょっとしてレーザー核融合てポシャったの?安心の核融合。
 
中性子が出たからと言って核融合とは限らないのか。なんだーわはは。
 
「照射したレーザー光線以上のエネルギーが発生しないと点火に成功したとは言えない」とか。
 
てことは阪大・浜ホト・トヨタのレーザー核融合で中性子が出たからと言ってそれが点火に成功してるとは言えないのか。なにこれ。わはははは。またまたフィクションのはじまりだ。
 
「レーザー核融合実験は9月28日午前5:15に行われて5×10^15の中性子を観測した。前回の実験より75%も増えたから実験が成功した」と思ったらしい。
 
「DT(重水素とトリチウム)核融合は自立的に起きヘリウムと融合したときのα粒子は照射したレーザーより強力な熱になり反応が継続するはずだった。14kジュールの中性子はレーザー照射で発生したX線より多かったから科学的に立証された」と主張。
 
しかし前NIF部長は「先月の実験はエネルギー源にも点火にも程遠いと懸念。彼らは点火に至るまでの障害が何かを認識しようとしてるだけだ。エネルギー出力がレーザー照射の1.8Mジュールより大きくないといけないのに発生したのは14Kジュールで少なすぎる。」
 
「1.8Mジュールは160km/hで走る2トンのトラックとすると14Kジュールは半分のスピードの野球ボール程度だ。0.0077のエネルギーしか獲得できてない。実験はよかったが先は長い。」
 
(#゚Д゚)ゴルァ!!『浜松ホトニクスの菅博文取締役(開発本部大出力レーザー開発部長)は「レーザーを照射し、そこで(核融合エネルギーの源となる)中性子を連続して発生させることには成功している。世界でも例はなく、そのために必要なレーザー関連技術などを蓄積してきた」と胸を張る。』
 
つまりレーザーを当てると中性子が飛び出す現象とレーザー核融合は違うと言ってるよな。
 
トカマクは発生する中性子を遮蔽するバリア素材が見つからない。レーザー核融合は中性子が出ただけで点火には程遠い。これじゃ再生可能エネルギーの方がリアリティある。
 
----------------(転載ここまで)
 
まあ、こんな小難しい話をあれこれしなくても、「核にレーザーを照射したら中性子が飛び出す」とかいう話自体、嘘デタラメと思えば済むことです。
 
そんな技術はこの世には存在していないのです。
 
で、「核融合」の技術開発という名目で、政府から金をぼったくるだけぼったくっておいて、いずれ「核融合」技術の開発に失敗とか何とか言って、他の技術開発に取り組む(振りをする)つもりなのかも知れません。
 
ということで、日本政府の皆さん、「島津家」「毛利家」とその関係者の皆さん、そろそろ観念して、これ以上、嘘デタラメで我々の税金をぼったくるのはやめにしてください。
 

20 Comments
  • 小柴 修
    Posted at 21:36h, 09 2月

    時々、拝聴、拝読させて頂いております。
    納得出来る、分析と解説に敬服しております。
    突然で失礼ながら、ひとつお聞きしたいことがございます。
    私は、無学で頭が悪く集中力もないので、聞き落としや読み落としが多々あろうかと思います。
    又は未読だった記事に書き込まれていたらたいへん申し訳ありません。
    そのうえでご質問させて頂くこと、どうかご容赦下さい。
    ラプトさんは「原爆も原発もウソ」だと、最近の対談でおっしゃっておれれますが、原発についてはなんとなくなるほどと思えるのですが、広島や長崎に実際に落とされて、もの凄い熱量を発したという、あの「ピカ」はなんだったのですか?これについては、どうも府に落ちません。
    お教えいただけると幸いです。

  • 反原発ジロウ
    Posted at 22:08h, 09 2月

    下らん記事を書いている暇が有るなら、毎日福島原発の汚染水を飲み、放射能の安全性を体で示したまえ。

  • rapt
    Posted at 22:22h, 09 2月

    上のお二方のコメントにそれぞれ一言でお答えします。
     
    先ず「小柴修」さんへ。
    原爆の光を実際に見た人が、「マグネシウムを炊いたような光」だと証言しています。
    http://rapt-neo.com/wp-content/uploads/2016/02/img046.jpg
     
    現代人はマグネシウム爆弾(焼夷弾)なんて知らないでしょうが、戦時下にいた人たちはマグネシウム爆弾が爆発するのを普段から見ていたでしょうから、原爆の光がそれと同じものだと分かったわけでしょうね。
     
     
    次に「反原発ジロウ」さんへ。
    私の代わりに、彼らが体でそれを示してくれています。
    https://www.youtube.com/watch?v=EJ8NLpmt32Y
     
    くだらない記事をいちいち見て、くだらないコメントをいちいち書く暇があったら、もっと他の有意義なところに時間を使ってくださいね。
    早くまともな仕事を見付けて、社会復帰しないと、将来がないですよ。

  • メビウスの輪
    Posted at 23:00h, 09 2月

    元素記号のネーミング…笑いました。
    ほんと、ふざけてますね。
    Li Be Na Mgだのって記号にするとそれらしいですが、
    ネーミングで見たらまんまです。(^ ^)
    と言うより…物理学専門で勉強している人達は、
    この事に違和感を感じないのでしょうか?
    それこそ清原じゃないですが、キマッてて違和感すらないのでしょうか?

    もんじゅ…ごもっともですね。
    役にも立たない。稼働もしないものに維持費で223億円て…。
    国民の血税がそう言った所にも流れる。
    税金で賄ってるならば、維持費の詳細を国民に分かりやすく説明する義務もありますよね。
    そう言ったところは法で罰せないのでしょうかね?
    それは国にとってご都合主義な法案になっているのでしょうね。
    raptさんのブログでどんどん不可思議、カラクリが分かってきますね。

    恐らく支配層は、「一般ピーポーは騙されてりゃいいんじゃ〜い!」
    ぐらいに思ってるのでしょうね。そうは問屋が卸さない。

    ああ、税金払うのバカバカしくなって来ました。

  • アモリフェラ
    Posted at 23:37h, 09 2月

    東大教授の佐藤勝彦先生は、出身校京都大学の学生の頃に「林忠四郎」という先生に師事しておられましたが…。この林家とは代々、京都・上賀茂神社の大工の棟梁の家系なのだそうです。しかも、ご先祖さまが陰謀論に良く出て来る「藤原家」でした!(ウィキに家系図あり)怪しすぎると思います。日本のイルミナティなんでしょうね。
    ウィキペディア 林忠四郎
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%BF%A0%E5%9B%9B%E9%83%8E
    なんだかんだ言って、古代からの支配層グループ一派の人ですね、佐藤勝彦教授も…。東大の教授だからと言って、むやみに尊敬するのは止めようと思いました。UP有難うございます。

  • Hake
    Posted at 23:49h, 09 2月

    那珂核融合研究所のHP見てみたのですが、燃料のリチウムと重水素は、海水から無尽蔵に取れるそうなんで、また海辺に作って水力発電でごまかせちゃいますね(笑)

  • じゃめびゅ
    Posted at 00:04h, 10 2月

    society of radiographers というイギリスの機関(直訳すると 放射線技術機関とかになります)
    のロゴが 蛇2匹、 フクロウ、太陽、甲冑と怪しいものだらけな気がします…
    https://en.m.wikipedia.org/wiki/Society_of_Radiographers#

  • Posted at 01:33h, 10 2月

    白泉社のコミックス漫画でしたか、漫画家山岸凉子さんの傑作「パエトーン」を思い出してしまいます。
    今期待されている核融合施設というのは、地上に太陽並みの高エネルギーを生み出す装置を置こうと言うのでしょう。驕れる人間パエトーンが神の太陽の燃え盛る馭車を借りて、自らの手で手綱を操ろうとしたが、人ではやはり御しきれず、太陽の燃え盛る馬車は地上で激しく燃え上がり馬車は暴走、太陽はあらゆる地上のものたちを焼きつくした、という、ヨーロッパの古代神話に基づく話しだったように記憶しています。 トカマク型というプラズマの発生、増殖のための装置、一億度の三重水素とか説明に書かれ、果たしてそんなとんでもない高温エネルギーを実際安全面に配慮して地上に置いて置けるのか、トカマク型という装置の素材は果たして何なのか、実現可能エネルギーなのか、人間が御しきれずに暴走させやしないか。自分にとってはですが、分からない分野なだけに不安要素の方がひたすら大きいです。

  • rapt
    Posted at 01:37h, 10 2月

    >誠さん。
    そんな技術は存在しないので、安心してください。
    そんな漫画を信じないでください。そういう漫画も全ては単なる洗脳装置です。
    私のこれまでの「原発も原爆も存在しない」シリーズをよく聞けば、それがはっきりと分かるはずです。
    核分裂も、核融合も、そんな技術などこの世には存在しないのです。

  • パンダ
    Posted at 05:24h, 10 2月

    やっぱりYOUTUBEの再生回数が変ですね。
    ずっとこの一時間、数が変わっていません。
    いつもなら朝の四時ぐらいから数字が動くんですが、今日は四時頃から現在、五時半ぐらいまでずっと変化がありません。
    ここまで核心をついてしまうと、さすがに向こう側も荒業に出るしかないんでしょうね。

  • rapt
    Posted at 06:01h, 10 2月

    >パンダさん。
    情報ありがとうございます。
    早速、記事にしておきました。
    http://rapt-neo.com/?p=35792
     
    多分、今回の記事は、彼らの企業利益に関わることでもあるので、トヨタ辺りがまた大量の資金を出して工作させているのでしょう。

  • 春日典雄
    Posted at 10:39h, 10 2月

    初めてコメントさせていただきます
    今回の記事も痛快過ぎますw
    正直、原爆嘘シリーズ1の時は納得して信じきるまでには至りませんでしたが、今は胸を張って原爆も原発も嘘っぱちだと言えるし、納得出来るようになりました
    一通りRAPTさんのYouTubeと記事を読み終わりまして
    一月ほど前から聖書を読み始めております
    そうなると有料記事が気になり挑戦してみようとしたら私JCBしかカード持ってませんで、これだと使えませんよね⁉︎マスターもVISAも使ってないので決済する事ができなくて…カード以外の決済方法はあるのでしょうか⁉︎
    聖書を読むにあたって
    解説書など読まない方がよいとおっしゃっていたのをわかった上で旧約から読み始めておりましたが、YouTubeでハーベストタイムミニストーリーという聖書の解説をしているチャンネルに出会い見てみると聖書がとてもわかりやすくアタマに入る気がして最近参考にするようになりました
    http://youtu.be/YhCMZP_nR-c
    このチャンネルなのですがこう言ったのも最初は見ないで読み進めた方がよいのでしょうか⁉︎
    宗教や神様に興味のなかった私がRAPTさんの記事に出会い、神様の導きもなんとなく感じるようになりました、そんな感謝や感動をお伝えしたかったのですが、質問が多くなってしまいました、すいません
    宇宙のお話も早く聴いてみたいですね楽しみです、長々と失礼しました

  • rapt
    Posted at 10:58h, 10 2月

    >春日典雄さん。
    有料記事の決済は、プリペイドカードやデイビッドカードでも可能です。
    お手数ですが、そちらでお願いいたします。
    あと、ハーベストタイムミニストリーですが、正直、あまりお勧めはしません。
    現実にこちらの動画を沢山見て、訳がわからなくなって、信仰を失いそうになった人を何人も見ています。
    私の有料記事を読めば、なぜそんなことになるのかも全て理解できると思います。

  • ハルヒ
    Posted at 17:51h, 10 2月

    なんどもすいません
    青い購入のボタンを押すと、VISAとマスターの入力画面しか出て来ないのですがプリペイドの場合だとそのプリペイドに書いてある文字を入力するのですよね⁉︎その場所はまた別の所なのでしょうか⁉︎ちなみにiPhoneのsafariから見ています、VISAのカード作ろうかなとも思ったのですが時間がかかるようなので、できたらプリペイド決済を使いたいのですが
    こういう経験が少なくて、まったくトンチンカンな質問でしたら申し訳なくて質問するのを躊躇していたのですが、もしかしたら同じように思ってる方もいらっしゃるかなとか勝手に思って再度書き込みさせていただきます
    よろしくお願いします m(._.)m

  • ハルヒ
    Posted at 17:57h, 10 2月

    ハーベストタイムの件ありがとうございます、自分もさきほど気になって過去記事のイエスの復活について書かれたのを読み返し後悔していたところでした

  • rapt
    Posted at 21:57h, 10 2月

    >ハルヒさん。
    プリペイドカードといっても、ネットで使える「V プリカ」などでなければ使用できません。
    また、「Vプリカ」を使用する際には、事前にネットでそのカードを登録しなければなりません。
    その点はご理解いただけていますでしょうか。

  • あや
    Posted at 22:32h, 10 2月

    放射能汚染を気にして、野菜やお魚の産地を選んで買い物していたのが無駄な苦労に思えてきました。

  • ハルヒ
    Posted at 08:58h, 11 2月

    RAPTさん勘違いしてました
    コンビニ等で売ってるヤツでできるのかと思ってました、失礼しました
    VISAカード作ります
    お時間とらせてしまい申し訳なかったです
    m(._.)m

  • rapt
    Posted at 20:40h, 11 2月

    >ハルヒさん。
    「Vプリカ」はコンビニでも売っています。

  • ユンダンテ
    Posted at 06:41h, 12 2月

    アインシュタイン一般相対性理論最後の課題重力波を発見した。ノーベル賞級!とかニュースでやってます。このタイミングでそんな情報流してくるなんて、彼らも必死ですね。

Post A Comment