RAPT | RAPT×読者対談〈第48弾〉3.11人工地震と福島遷都の謎。
34044
post-template-default,single,single-post,postid-34044,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第48弾〉3.11人工地震と福島遷都の謎。

RAPT×読者対談〈第48弾〉3.11人工地震と福島遷都の謎。

 
皆さん、お元気でしたか。しばらく記事の更新をお休みしていましたが、今日から再び更新を始めます。
 
今回もまた「福島遷都」に関する対談を公開いたします。
 
先週になって、ついに人工地震「3.11」を起こしたイルミナティの真の目的が明確に見えてきました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
人工地震「3.11」を起こした真の目的は「秦氏=ロスチャイルド」による福島遷都のための土地の巻き上げでした。
 
RAPT×読者対談〈第46弾〉人工地震3.11の目的は、天皇家による福島遷都に向けての土地の強奪。
 
今回もまたこれらの記事を元に対談していますが、それでは、なぜ彼らは「福島」に遷都したがっているのか。
 
なぜ「福島」でなければならないのか。
 
今回はその謎に迫ってみたいと思います。
 
一応、私の調べたところでは、「福島」という土地には「徐福」が大いに関わっているということが分かってきました。
 
「徐福」とは秦の始皇帝の使いであり、不老不死の秘薬を求めて日本にやってきたと言われている人物です。
 
徐福 – Wikipedia
 
では、なぜこの「徐福」が「福島」に関わりがあるのかというと、まず第一に「福島」「福岡」「福井」などの名前はすべて「徐福」に由来があると言われているのです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
徐福(じょふく)の正しい名前は徐市(じょふつ)です。
 
「徐」という姓は身分が高いことを示しており,名の「市」は「いち」とは読まず,「ふつ」といいます。市は高官が儀式の時に着る衣服の意味を持っています。
 
徐の一族は,高貴な家系であったようで,「徐偃王(えんおう)」を祖先として,中国各地に住んでいたようです。
 
また,中国では「xu-fu:シューフー」と発音しているようです。(池上正治著「徐福」より)
 
日本で徐福の子孫は生きています。姓には「福岡」「福島」「福田」など「福」の字がつけられました。
 
この内容は山梨県の徐福伝説でも紹介した「富士古文書(宮下古文書)」に書かれていることです。
 
----------------(転載ここまで)
 
そのためか、過去には「福島」のみならず、「福岡」にも遷都しようという話もあったようです。
 
昭和18年。遷都候補地の一つは京城(ソウル)、もう一つは福岡県八女市だった。
 
で、今回の対談の中でもお話しています通り、秦の始皇帝も「徐福」もどちらも「秦氏」です。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「秦氏=ロスチャイルド」は日常的に虐殺と人身供養を行っていた「秦の始皇帝」の末裔です。
 
で、この「秦氏」の末裔が現在、最もたくさん住んでいるのが、他でもない「福島」なのだそうです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
福島県:全体で105人と多い。福島市21人。大沼郡三島町17人。伊達郡国見町16人。会津若松市12人。
宮城県:全体で17人。
岩手県:全体で5人。
山形県:全体で10人。
秋田県:全体で20人。大館市に14人。
青森県:6人。
北海道:148人。岩見沢市11人。小樽市10人。
 
北に行くにつれて秦姓の分布が薄くなっていき、一県全体で20人程度では検討対象にはなりません。
 
ただ秋田県の場合、大館市に秦姓が集中しています。社名としては大館市に秦機工がありました。また勝山の地名もあります。
 
この地に多くあるのは縄文時代の遺跡です。しかし、秦氏の痕跡を示す決定的な情報はありません。
 
----------------(転載ここまで)
 
もっとも、この記事はあくまで東北に限った話なので、東北以外の地域のことは書かれていません。
 
念のために言っておくと、「福岡」にも「秦」姓を名乗る人はやはりとても多いようです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
現代の苗字としての秦姓は日本各地に広く分布しているが、特に長野県下伊那郡、三重県四日市市付近、島根県安来市付近や、愛媛県新居浜市付近、福岡県うきは市付近に集中している。
 
また、福島県大沼郡三島町、福岡県うきは市では苗字軒数ベスト10入り。
 
福島県を除く東北地方には比較的少ない。また、大分県にも多いが、大分市付近では「しん」と読むことが多い。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、2020年に福島に遷都するという予言をしたのは「聖徳太子」でしたよね。
 
そして、福島にはこの「聖徳太子」を祀った「聖徳太子神社」があります。「福島稲荷神社」という神社の中に「境内社」として建てられているのだそうです。
 
福島稲荷神社 – Wikipedia
 
で、このウィキペディアの記事を見ても分かる通り、「福島稲荷神社」には陰陽師である「安倍晴明」が深くかかわっています。
 
しかも、この神社に祀られている祭神は「豊受比売命」「大国主命」「事代主命」であり、「豊受比売命」とはすなわち「国常立尊」のことです。
 
トヨウケビメ – Wikipedia
 
このブログの読者の皆さんなら、「国常立尊」が何者なのかはもう既にお分かりですよね。お分かりにならない方は、以下のリンクをご参照ください。
 
JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。
 
JAL123便を撃墜して520人もの乗客を殺した「国常立尊」とは何者なのか。3.11と御嶽山噴火にもなぜか垣間見えるこの神の正体。
 
つまり、「安倍晴明」のような陰陽師たちは、みんな「国常立尊」を崇めていた可能性が高いということですね。
 
しかも、「大国主命」「事代主命」はみんな出雲系の神様です。「陰陽師」たちはやはり出雲系の人たちなのかも知れません。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■陰陽師 おんみょうじ
 
中国発祥の陰陽道(おんみょうどう)という術をつかってすべての吉凶禍福を察知し、これに対処する呪術作法を行う宗教家。
 
中国では、方士、方術士などと呼ばれる。
 
日本でも、律令制度で陰陽寮に6人の定員がおかれたという。
 
官僚として認知。
 
地方では大宰府はじめ東海・東山・山陰・西海各道や陸奥鎮守府に配置された。
 
有名なのは安倍晴明(あべのせいめい)。平成のいま流行っているキャラクター。
 
方士といえば、中国の予言者みたいな存在。
 
方士の徐福などは、秦の始皇帝にとりいって、日本に不老不死の薬を探しに行くことを提案し、大きな船を造って集団で出航し、そのまま帰ってこなかった。
 
日本各地に徐福が上陸したという伝説がある。
 
----------------(転載ここまで)
 
この転載記事を読んだ限りでは、「聖徳太子」もまさに「陰陽師」の一人だと言えそうです。
 
このように、「徐福」「聖徳太子」「安倍晴明」といった有名な「陰陽師」たちは、みんな何らかの形で「福島」と関わりがあったというわけで、これではイルミナティどもが「福島」に遷都しようと目論むのも当然のことと言えます。
 
あと、今回の対談では、アメリカインディアンの「ホピ」が出てきます。
 
「ホピ」とはマヤ族の末裔であり、今ではアメリカの「フォーコーナーズ」という場所に住んでいます。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
ホピ族 – Wikipedia
 
フォー・コーナーズ (アメリカ合衆国) – Wikipedia
 
s_スクリーンショット 2015-11-27 17.55.53

〈フォー・コーナーズ〉

 
で、この「フォー・コーナーズ」で採掘されたウランを使って「広島・長崎」に投下された原爆が作られたとのこと。
 
で、その原爆が「広島・長崎」に落ちることを「ホピ族」は前もって予言していたようです。これまたとても怪しげな話です。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ホピ族はアメリカの砂漠地帯に住むインディアンである。
 
マヤ文明の末裔と言われており、優れた霊性を持つ。
 
ホピ族の聖地にはプロフェシー・ロック(予言の岩)があり、そこには人類の未来の予言が刻まれている。彼等はこの予言を代々語り継いできた。
 
実は、ホピ族にはある恐ろしい予言が伝えられていた。
 
母なる大地から心臓をえぐり出してはならない、もしえぐり取ったならば、それは灰のつまった瓢箪(ひょうたん)と化し、空から降り、やがて世界を破滅に導く。
 
この瓢箪の灰は、恐ろしい破壊力を持ち、川を煮えたぎらせ、大地を焼き尽くし、生命が育たなくなる。そして人々は不治の奇病に苦しむのだ。
 
これは、広島・長崎に投下された原子爆弾のことである。
 
ホピ族は原子爆弾の事を「灰がつまった瓢箪」と表現している。そして「恐ろしい破壊力を持つ灰」とはウランのことである。
 
しかも皮肉なことに、広島・長崎の原爆の原料のウランは、ホピ族が住まう聖地フォー・コーナーズ(母なる大地)から採掘されたものだった。
 
この恐怖の予言が的中してしまったことにより、世界の終わりが近いと危惧したホピ族は、太古より封印していたホピの予言を世の中に広める決意をしたのだった。
 
だが、この恐ろしい予言は広島・長崎の原爆の事だけではなく、現在の福島原発事故を暗示していたようにも思う。
 
なぜなら、原子炉格納容器の形はまるで「瓢箪」のようではないか!?
 
そして今回の日本の震災・原発事故を受けて、ホピ族の長老たちからの公式なメッセージが日本と世界に向けて発表された。
 
それによれば、現在、起こっている事はすでに予言されており、バランスを失った地球の大変化の時である。
 
地球やその全ての命を敬い、母なる地球を大切にしてほしい。そして人類は大きな選択の時を、迎えている等々…。
 
そして最後にこう結ばれている。
 
「カワク・ワロロマニ(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)」
 
ホピ族からの公式メッセージはYouTubeにもUPされているので、実際に見てメッセージを受け取って欲しい。
 
----------------(転載ここまで)
 
マヤ族といえば、残酷な生贄儀式を行っていた民族として有名です。
 
マヤ・アステカ・インカ文明で行われた残酷な生贄儀式が、すべて日本に起源があるという明確な証拠。
 
なのに、彼ら「ホピ族」のことを「聖なる者」とか「平和の民」とかいって褒め称えている書籍やサイトがこの世には沢山あります。なんとも胡散臭い話です。
 
しかも、この「ホピ族」は漢字で書くと「穂日」となります。つまり「アメノホヒ(天穂日命)」のことですね。
 
で、「アメノホヒ」といえば、「毛利家」の始祖にあたる神様です。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「明治維新」は北朝から南朝へのすり替えではなく、北朝の国造りのための基礎固めだった可能性大。
 
つまり、アメリカの「ホピ族」も日本の「天皇家」もみんな同じ穴のムジナだということです。
 
まさか彼らが互いに同じ共通点を持っているとは、この世のほとんどの人が知らないのではないでしょうか。
 
彼らはどちらも同じ悪魔を崇める悪魔崇拝者なのです。
 
だからこそ、彼らはどちらも未来に起きる災いを予言し、その予言通りに災いを起こしておいて、自分たちの予言が当たったといって大々的に宣伝し、自らの存在を世界中に誇示しようとするわけですね。
 
ちなみに、秋篠宮妃・紀子さまの曽祖父が「会津藩士」であるという話は、以下のリンクをご参照ください。
 
もののふ紀行 「敗者」から「国母」へ・・・秋篠宮妃紀子様と会津藩士・池上家
 
池上四郎 (大阪市長) – Wikipedia
 
また、大阪・京都など「関西」地域に描かれた「五芒星」「六芒星」の魔法陣とは以下になります。
 
map
 
また、第二次世界大戦が「日本陸軍」と「日本海軍」との戦いだったこと、そしてその戦いが「源平合戦」だったことについては以下のリンクをご参照ください。
 
第二次大戦で日本が負けたのは、やはり天皇 (大和族) に対する出雲族の裏切りが原因でした。
 
RAPT×読者対談〈第38弾〉関ヶ原の戦いも明治維新も第二次世界大戦もすべては源平合戦だった。
 
念のために言っておくと、今週は月曜日が祝日だったため、今週の月曜日には悪口コメントやメールは一切来ませんでした。
 
で、その翌日の火曜日の朝の8時頃(つまり朝イチ)にまるで待ち構えていたかのように悪口コメントが来ました。
 
これが何を意味するかは、今回の対談を聞いていただければ、全てお分かりいただけると思います。
 
いずれにせよ、こうして「福島遷都」のために天皇家一族が人工地震「3.11」を起こしたということがバレてしまいました。
 
で、もし本当に2020年に「福島遷都」をしようという動きが出てきたら、私がここで書いたことは全て本当だったということになります。
 
なので、彼らもうかつに「福島遷都」しようとすることができなくなったわけですが、かといって、自分たちの悪事がバレないために「福島遷都」を断念してしまうなら、これまで準備してきた全てが無駄になってしまいます。
 
果たして彼らはどちらを選択するのでしょうか。
 

7 Comments
  • リチャード・ヌクミズ
    Posted at 20:59h, 28 11月

    お疲れ様でございます。
    何日も更新が無かったのでかなり
    そわそわしておりました。
    何だかサイトがおかしくなっています。
    各ページの一つ一つの記事が真っ白で
    表示されていません。
    正確には文字が白くなっています。
    クリックすると記事にジャンプはします。
    妨害工作にあってますか?
    それよりもブログの再開ありがとうございます。
    個人的にこれだけが唯一の楽しみなもので^^;

  • hiyorigeta
    Posted at 23:18h, 28 11月

    時々お休みがないと、私は落ちこぼれになりそうです。記事を読み直したり、対談も2度3度と繰り返し聞いて復習すると理解が深まります。
    今日のお話も興味深いですね。
    広島の原爆については、鬼塚さんの「日本の一番醜い日」に、陸軍第2総軍を壊滅させるためだったと書かれていた記憶があります。それについての本「原爆の秘密、昭和天皇は知っていた」を出されているようですが、私はそちらの方は読んでいません。
    昭和天皇は、初めから海軍側ですね。久邇宮家の良子さまと結婚したのも、それが理由のようです。侍従たちは梨本宮家の方子さまが可愛らしくて良いと思っていたようですが。久邇宮様は山本五十六の後援者だったようですし、良子さまのお母様は島津家の方。薩摩出身者は海軍関係で重要な地位にいました。薩摩=海軍だと思います。
    また、天皇の側近木戸幸一の実弟和田小六は、東京帝国大学航空研究所長として日本の航空工学の発展に貢献した人です。娘婿は都留重人。
    浜口雄幸暗殺の理由のひとつは海軍の予算であったと言われています。その前後木戸と和田小六はよく会っているような気がします。兄弟とはいえ。(木戸日記を読むと)

    陸軍の皇道派(北進派)と昭和天皇は対立して戦っています。皇道派の主たるメンバーは「天津教」を信奉している人が多かったそうです。真崎甚三郎、荒木貞夫、秦真次、柳川平助、頭山満、安江仙弘等。
    2・26事件を起こすことによって、皇道派をほぼ壊滅することが出来たわけです。青年将校たちは罠に嵌ったわけです。ある程度察していた者もいたでしょうが、動き出したらどうにもならないという事かもしれませんね。

    また、ミッドウェー海戦については、多くのプロパガンダがあり、死人に口なしという感じもありますが、私はデビットバーガミニのが真実に近いかなと思います。日米両方の資料を見ているわけですし。
    皇淳皇后の従弟小松侯爵の行動が大敗の原因のようです。山本五十六は、敵の軍艦を見過ごしたという詳しい報告を受けていなかったようです。本当に不思議な戦いですね。その重大なミスにも関わらず小松侯爵には何のお咎めもありません。
    昭和天皇はミッドウェーの惨敗を真っ先に知らされていますが、驚くべきことには、あまり落胆もしていない様子。熟練の飛行機乗りの多くを失ったにも関わらず。これによって海軍の今後の政策が消極的になったり受け身になったりしてはいけないと仰せられたとの事(木戸日記)
    デビットバーガミニの「天皇の陰謀」は、いいだももさんの翻訳もありますが、在オーストリアの方が数年かかって全訳してインターネットに公開しています。こちらにはいいだももさんの翻訳には書かれていなかった事も色々書かれています。
    その方は、翻訳にあたって、かなりの資料も読まれたようです。

  • ゴッドマザー
    Posted at 23:41h, 28 11月

    RAPTさん、ブログの更新ありがとうございました!

    健在で良かったです(´∀`)

  • Cat
    Posted at 00:23h, 29 11月

    ホピの予言に”長髪の若者が先住民の教えと叡智を学び にやってくる”とあるように、サマー・オブ・ラブ(ヒッピーカルチャー)
    を通過した音楽ファンには、ホピの予言は有名ですね。

    >日本に落とされた核兵器に使われたウランもこの聖なる土地から、ホピ族を騙して採掘されたものでした。
    http://www.jp-spiritual.com/hopi1.htm
    も有名な話しです。

    現在、自主上映が多いこちらの映画おすすめです。
    (知人のアーティストが音楽提供していて、監督は間接的な知人です)
    http://landandlife.jimdo.com/映画-ホピの予言/

  • hiyorigeta
    Posted at 00:30h, 29 11月

    訂正します。在オーストリア→在オーストラリアです。
    オーストラリアで寿司職人として働きながら、「天皇の陰謀」全訳をフリーで公開されている方がいます。
    私は、これを参考図書にしています。

    「天皇の陰謀」によると、1942年の12月、昭和天皇は伊勢神宮に行きます。そこの神殿の榊の枝を、バーガミニは、「古代イギリスのドルイド教の宿り木クレイェラ・オークナケアと同じ意味を持っている」と書いています。以前に読んだ時には全く気が付きませんでした。

    昨日、「あらえびす」さんの水が届きました。とても美味しいですね。これも、RAPTさんのブログのお蔭です。ありがとうございます。

  • Kumon
    Posted at 18:27h, 09 12月

    いつもよい情報をありがとうございます。初めてのコメントです。
    フルネーム欄にハンドルネームを入力しました。この方法でいいですか?

    2週間ほど前にこのブログを見つけ、やっとほぼ読み終わり、読者対談を聞いているところです。

    すごい謎解きに聞き込まれています。広瀬隆さんの「赤い楯」を呼んだときと同じか、それ以上の驚きです。
    正直、ここまで世の中のことが解明されたことに驚くと同時に、そろそろこの時期が来たんだなあと感じています。

    さて、福島遷都の謎について悪魔崇拝者の手口から思うところをお伝えします。

    彼らは常に1度の事件に数々の効果を埋め込みます。
    2020年に福島に遷都を画策しているのなら、同時にドル崩壊とお金(信用創出による各国の紙幣)の大暴落=紙くず化を仕掛けると思います。
    それまでの間に、福島の土地を暴落させて買い占めるのです。有り余ったお金を不動産に変えておく、貨幣が暴落しても損を最小限に抑え、復興で土地を高騰させて市民に売りつけて儲けるためです。
    また、一般市民から不動産をできるだけ巻き上げるための狡猾な方策をどんどん出してくると思います。

    福島原発の手口がうまくいったら、次は別の原発で同じようなことをやるかもしれません。
    戦争でもテロでも災害でもなんでも使って、市民を生贄にし、瓦礫となった土地を買い占め、市民に復興させて高い値で市民に売りつける、悪魔の所業の繰り返しですね。

    こうすれば、対談第35弾でいっていたお金の暴落によるイルミナティの完全なる敗北も防がれてしまう気がします。

    どんどん情報拡散し、そうそううまくいかせないようにせねば、ですね。

  • rui
    Posted at 05:26h, 30 4月

    ラプトさん、はじめまして
    いつも、ためになる情報をありがとうございます。
    悪魔だらけで怖いですw
    何故八女の田舎が遷都?と思いたどって気になり、なんだか違和感アリアリだったので貼り付けさせて頂きます
    ●八女市
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%A5%B3%E5%B8%82
    平和の塔 – 旧星野村。日本各地で点火されている原爆の火の元火は星野村にある。星野村出身の人物が原爆投下後の広島へ入市し、親戚の本屋でくすぶっていた火を懐炉に入れて持ち帰ったことが起源とされる。詳しくは平和の灯 (広島市)#原爆の日を参照。

    ●平和の塔
    http://www.crossroadfukuoka.jp/jp/event/?mode=detail&isSpot=1&id=400000007172
    〒834-0201 八女市星野村麻生
    なんだかこの形腹が立ちますw


    http://amanakuni.net/HotNews/HN_yamamoto.html
    山本達雄さん詳細
    山本さんを疑う訳ではないのですが、何だか話が本当かな?って感じになってしまいました。
    ちょっと違和感ありありだったので。

Post A Comment