RAPT | 京都こそが裏のエルサレム。悪魔崇拝者どもは京都を中心とした世界政府の樹立を目論んでいます。
天皇 創価 悪魔崇拝 ロスチャイルド 小和田恒 雅子様 江頭豊 
17054
post-template-default,single,single-post,postid-17054,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

京都こそが裏のエルサレム。悪魔崇拝者どもは京都を中心とした世界政府の樹立を目論んでいます。

京都こそが裏のエルサレム。悪魔崇拝者どもは京都を中心とした世界政府の樹立を目論んでいます。

 

昨日は「陰陽道」の観点から裏社会がどのように世間を惑わそうとしているのか、その方法について具体的にお話しさせていただきました。その昨日の記事が以下になります。
 
「有名陰謀論者と大手マスコミ」は「陰と陽」の関係。しかも、彼らが隠すことは共通して「天皇の陰謀」です。
 
要するに、悪魔崇拝者どもがこの世の中を表社会と裏社会の二つに分け、表社会の問題を大手マスコミにつつかせ、裏社会の問題を有名陰謀論者につつかせる。その上で、双方にそれぞれ嘘をある一定量だけ混ぜ込んで、我々国民を惑わすという戦法です。
 
したがって、これからはB層のみならず、A層の人たちの覚醒も必要となってくるでしょう。有名な陰謀論者の書いた論説ばかりを読み、それだけに頼っていては、今後、その人はA層ではなく、B層の仲間入りを果たしてしまいます。
 
繰り返すようですが、有名陰謀論者はなぜかみんな揃って「天皇の陰謀」には一言たりとも言及しません。これがもう彼らが裏で一つに繋がっているという何よりの証拠です。
 
第一、口裏を合わせない限り、こんな共通点・類似点は絶対に発生しません。天皇が悪人であるということは、ちょっと調べれば誰でもすぐに分かることだからです。
 
私の場合、ベネッセの個人情報漏洩事件が起きたとき、ベネッセの裏側をあれこれと調べているうちに、そこに創価学会(という金融ユダヤの日本支部)が様々な面から絡んでいるということ、そして小和田雅子さまも実は創価学会員であることを知り、そこから一気に皇室に対する疑念を抱くようになりました。そのきっかけとなった記事が以下になります。
 
ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。
 
さらに色々と調べていくうちに、こんなことまで。
 
天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。
 
このように、天皇家のことを少し調べれば、すぐに胡散臭いものを見付け出せるはずです。なのに、情報力も調査能力も我々よりずっと優れているはずの有名陰謀論者たちが、なぜか揃って天皇のことに触れず、調べようともしない。分からない、知らないと言って放置している。中には手放しで天皇を礼賛している人までいる。それだけでも怪しすぎて眉に唾を付けたくなります。
 
それに、こうして私が天皇についてあれこれ記事を書くに連れ、実は多くの方々が天皇に関する様々な情報をメールで送ってきてくださっています。中には孝明天皇の子孫を匿っていたという方、田布施の血を引いているという方からもメールをいただきました。
 
その方たちの多くが、私の記事を読んで胸のつかえが取れたと言ってくださっています。実にありがたいことです。(全ての方にお返事できなくて本当に申し訳ありません。)
 
しかも昨日、私が皇居と陰陽道に関する都市伝説を記事にしたところ、ある読者の方が驚くべき情報をもたらしてくださいました。念のため、もう一度昨日の画像をここでご紹介します。(昨日の記事はこちら
 
1223_mark
 

 

この図を見て、皇居とは別のもう一つの点が何を指し示しているのかを調べた方がいました。その方はまず市ヶ谷にある自衛隊駐屯地が怪しいと予測して調べてみたようですが、その結果、驚くべきことが分かりました。
 
この市ヶ谷の自衛隊駐屯地には「中央情報隊」という組織があるのですが、なんとこの組織のシンボルマークがまさに「八咫烏」なのです。そのマークが以下になります。
 

 

なお、「八咫烏」が何であるか分からない方は、以下のリンクをご覧ください。一言で言えば、日本版フリーメーソンのような組織です。
 
天皇と裏天皇と八咫烏。彼らこそが日本と世界を操る最大の秘密組織なのか。
 
有名な陰謀論者の中には、この「八咫烏」を正義の組織であると主張する人がいます。何の根拠もなく、「八咫烏」を国民の味方とした上で自分の理論を展開しています。しかし、天皇が悪魔崇拝者である以上、天皇直属の組織である「八咫烏」を正義と見なすことには無理があります。
 
天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。
 
ウェキペディアの記事をざっと見た限りでは、この「中央情報隊」は日本のトップの諜報機関のようです。つまり、イスラエルのモサド、アメリカのCIAみたいなものだというわけです。そして、このモサドもCIAも陰では悪いことばかりしているわけですが、果たしてこの「中央情報隊」はどうなのでしょうか……。
 
中央情報隊 – Wikipedia
 
悪魔崇拝者たちがこのように常に何らかのシンボルマークを多用し、重宝してくれているお陰で、こちらとしても彼らの尻尾を掴みやすくて助かります。彼らがどこでどんな悪さを企んでいるのかがすぐに分かります。頭が悪いのやら何なのやら。
 
しかも私は、彼らが残した痕跡によって、裏社会のこれからの計画をある程度まで既に予測しています。先日、私はこれから裏社会が天皇を中心とした世界政府を樹立するだろうとの記事を書きました。以下の記事がそれです。
 
もう既に裏社会の日本乗っ取り計画は完了しています。これからは天皇を中心とした世界政府を樹立するつもりでしょう。
 
かねてからイルミナティと呼ばれる悪魔崇拝組織が、イスラエルを中心とした世界政府を樹立するなどという陰謀論が巷を賑わせてきましたが、恐らくそんな話はデタラメでしょう。
 
ご存じの通り、中東諸国はイスラム国などイスラム過激派(つまり、金融ユダヤの傀儡)が暴れ回って、ミサイルが次々と撃ち落とされ、瓦礫の山と化しています。とても世界政府の中心都市を建設できるような状態にはありません。
 
しかし私は、それでも彼らが世界統一政府を樹立したがっていることだけは紛れもない事実だと思っています。
 
でなければ、彼らが国境の壁を壊したがったり、宗教の壁を壊したがっている理由が分かりません。彼らは自分たちの思い通りに支配できる世界政府、ヒトラーが言うところの「千年王国」を建国しようと構想しているに違いありません。
 
でなければ、ヒトラーみたいなただのチンピラが「千年王国」などという壮大な構想を自分の頭でポンと考えつくはずがありません。そして、言うまでもなく、ヒトラーも金融ユダヤの傀儡です。ヒトラーはその背後にいる金融ユダヤの指示を受けて、「千年王国」の話を持ち出したのです。
 
ヒトラーの都市計画~千年帝国の建設~ – Yahoo!知恵袋
 
そこで私は、「陰陽道」の思想に乗っ取って、実はこの世界には「表」のイスラエルと「裏」のイスラエルがあるのではないかと考えました。現在のところ、彼らは「表」のイスラエルを中心とした世界政府を作ろうとしているかのように装っていますが、本当は「裏」のイスラエルを中心とした世界政府を作ろうとしているのではないか、と。
 
何しろ、彼らにとっては「表」よりも「裏」の方がより重要だからです。では、その「裏」のイスラエルとはどこなのか。
 
イスラエルの首都はエルサレムです。国連ではそう認められていませんが、ユダヤ人(恐らく偽ユダヤ人)たちはそう主張しています。そして、このエルサレムを日本語に直すと「平安京」となるそうです。ええ、そうです。エルサレムとは京都のことなのです。
 
————————————–(以下、イスラエル王の紋章・ダビデの星が、なぜ京都にあるのか?より転載)
 

京都はかつて平安京のあった街です。その平安京のシンボルが 「六亡星」なのでした。
 
「六亡星」は「ダビデの星」とよばれるが 又 「カゴメ紋」とも呼ばれ 摩除けの紋章でもあります。現在は イスラエルの象徴として イスラエル共和国の国旗に描かれています。
 
陰陽師・安部晴明も、摩除けの意味として使用していたらしい。
 
平安京をヘブライ語に訳すと 「エル・シャラーム」となります。アラム語では 「エル・サラーム」という。これらを 日本語で発音すると 「エルサレム」となります。
 
そうなんです! 平安京は イスラエルの聖地 「エルサレム」の復元都市だったのです。
 
京都の街とくれば やっぱり「祇園」ギオン です。エルサレムにある丘おか の名前が「ジホン」 これが 「ギホン」→「ギオン」→「祇園」となったのです。たんなる偶然やこじ付けではないのです。
 
誰かが日本の地にイスラエル国家を造るつもりだったと推測できます。その誰かとはズバリ、イスラエル民族です。ではなぜ 日本に聖地 「エルサレム」をつくったのか?
 
帝(みかど)は 朝廷用語で 天皇とか皇帝のことだが イスラエル諸族では ガド族の首領の意味らしい。つまり、ガド族が遠い昔に日本までやって来ていたのです。
 
さらに、ガド族の始祖・ガドの息子の名前は 「ツェフォン」・「ゼポン」といったのです。日本人が発音すると 「エッポン」・「ネッポン」になって そして 「ニッポン」になるのです。
 
大和(倭)は 日本語で「やまと」と発音するが 大和に関してはかなり無理があります。ヘブライ語の方言であるアラム語で 「や・うまと」というと 神の民を意味します。
 
これが 「ヤマトゥ」→「ヤマト」→「やまと」になって 漢字の「大和」や「倭」になったらしいのです。
 
また 「魏志倭人伝」に出てくるー邪馬台国ーはーやまたいこくーなのだが、耳で聞くと ーやまとうこくーと 聞こえます。つまり、やまとの語源は、やまとうこくなのです。
 
————————————–(転載ここまで)
 
ガド族(イスラエル民族の一派)がどのように日本に渡ってきたかについては、私も以前、記事にしています。そのときの記事が以下になります。
 
「日ユ同祖論」は疑うまでもない事実です。だからといって、日本人が偉いとも悪いとも言えません。
 
恐らくこのガド族は、純粋なユダヤ教徒だったのだろうと思います。彼らが先ずこの日本にやってきて、この日本で純粋に神様ヤハウェを信仰していたのだと思います。
 
しかし、その後、アッシリアやバビロンによって侵略されたイスラエル民族がまたしても日本に流れ着いた。そして、そのイスラエル民族の中に多くの悪魔崇拝者たちが混ざっていた。
 
彼らは日本に根付いていた純粋なユダヤ教を悪魔教にすり替えていき、それを「神道」と名付けた。そうして、天皇こそが神であると民衆に嘘をつき、天皇による日本支配を固めていったわけです。
 
古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。
 
もしかしたら彼らは、このときから既にこの日本だけでなく、世界を支配する王国を夢見ていたのかも知れません。いえ、夢見ていたというより、悪魔ルシファーからそのような構想を受けたのでしょう。
 
ところが、天皇を中心とした支配体制は、時代が経つに連れて次第に弱くなっていった。いつしか天皇よりも戦国武将たちの力の方が強くなっていきました。江戸時代に至っては、ついに天皇の権威は地に落ちたも同然になってしまった。
 
そんな中、田布施に集っていた南朝系の皇族たちと、西洋の悪魔崇拝者「フリーメーソン」が奇跡の対面をし、天皇を中心とした世界政府を樹立する計画を再び進めようと一致団結した……というのが事の真相ではないでしょうか。
 
詳しくはまた次回お話します。ご期待ください。
 

8 Comments
  • 立石
    Posted at 19:47h, 11 11月

    正しい情報のあるところに、正しい情報が集まってくるというわけでしょう。
    それにしても、中央情報隊の話には背筋がゾッとしました。
    彼らは周到に、重要な機関をあるべき場所に配置していたということですね。

  • HN忘れた
    Posted at 20:06h, 11 11月

    神道の祭りも全部あの連中が作ったものだとすると、どう考えても京都がそうとしか考えられないですよね。ここまで整然と物証を挙げて解説されたら、もうため息すら出ません。ニッポンという発音…やっぱりそうかと思いました。
    でも所詮は作り物です。あの人たちは徒党を組んで嘘八百を並べ、善意を食い物にしながら自己満足に浸る中二病の集まりであることには変わりありません。

  • 上村
    Posted at 20:11h, 11 11月

    こんばんは。一週間前位にこのブログに辿り着き、今はRaptさんのブログを初めから何度も何度も読み込んでいます。参考資料(YouTube含む)などと合わせてかなりの時間を費やして拝見させて頂いております。いやぁ、まさに目から鱗状態です。私も政治・経済関連の書物をはじめに色々な陰謀論者の方々の書物やネット情報を読み込んで来ましたが、天皇関連情報に関するこれだけ具体的なものは初めてです。今後の更新を楽しみにしております。情報、感謝です!!

  • 上村
    Posted at 23:22h, 11 11月

    午後の9時頃からほとんどアクセスが出来ませんね。およそ1時間10分程してようやくここまで辿り着きました。これは単なるアクセスの集中のせいでしょうか?何かこのサイトを狙った攻撃的なものでなければ良いのですが・・・。ちょっと心配をしています。

  • あんこぱん
    Posted at 23:58h, 11 11月

    こんばんは、RAPTで検索しても出てこなかったです。
    しばらくは、どうしたのか心配していました。
    別の方法を見つけて、トライして、出てきました。
    また楽しみにしています。
    八咫烏、平安京、古代ユダヤ人。
    出雲と、伊勢など、不思議がいっぱいですね。

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 01:16h, 12 11月

    こんばんは、旧皇族で八咫烏につながり人物を探していて
    色々出てきましたが、ちょっと興味深い人物がいました。
    東久邇宮 稔彦王は、陸軍大将で、さらに皇室唯一の内閣総理大臣
    皇室を離れた後、世界連邦建設同盟創設。
    1950年フリーメーソン入会。

  • 名無し
    Posted at 15:51h, 13 11月

    今日は。
    一説によると、「ありがとう」とは、ガド族の「ガド」に、
    確かヘブライ語で神を意味するんだったか…「アリ」と言う冠詞だかた何かをつけた物?(ハッキリ覚えてなくてすみません)だとか言われていますね。

    要は「アリ+ガド(ガト)」=神であるミガド族(ガド族)、との様な意味だろう、と推察している人の仮説を、過去に読んだ事があるんですが、きっと日本語の随所随所に、その様な意味が隠されてるんだろうな〜と、思いました。

    陰陽道的理論?で言うと、結局、
    「アリガド(アリガト)」=我らミガド族は神に選ばれた、永遠に万歳!みたいな意味を連呼させる言葉な訳ですよね、
    で、それを普通の人々が何も知らずに「感謝の気持ち」を伝える言葉だと思って、使っている。

    要は、我々は日本語で、感謝する度「ありがとう!」と、その言葉に貴重な感謝の念を乗せながら、「ミカド万歳〜」と同時に叫んでいる、と言う訳です。
    実に深い考察の仮説だなぁ、と思いました。いわゆる最近流行りの、言霊ってやつですね。

    人の感謝の念を、自分たちの方へ向ける言葉を言わせる事で、パワーを盗み人々の波動を操る、みたいな思想らしいです。

    最近スピリチュアル界隈でも、やたらと「ありがとう」と言いましょう!とか、感謝の波動がどーたらこーたら、とか、しつこく宣伝がされてたと思いますが、恐らくそういう事なのでしょう…

    この言霊って言うのも、結局は多分、陰陽道のノウハウから来てるんでしょうね〜、あーやだやだ。。

  • ヘラクレスの母
    Posted at 10:52h, 14 11月

    京都に移り住んで3年半。
    あまりに色々あって、娘の父親から
    「京都には魔物が住んでる、と言うからな~」と。

    今は別に京都に居なくてもいいのですが、
    このように色々と京都にはあるんだな~と判れば
    このまま京都に住み続けて「観察」するのも良いかも知れないですね。
    歴史上、重要な場所が「観光スポット」から外れているものが結構あるのはなぜ?等々。
    晴明神社も京都の真ん中に位置しながら、不思議なくらい静かで観光客も少ない。

    京都は「地下鉄」が発達してません。
    バスが網の目のように走ってますが。
    「地下に財宝がたくさんあるらしい。だから地下鉄ができない」と知人が。
    私は最初「なるほど」と思いましたが、徐々にそれは「疑問」と化しました。
    「いったい、財宝ってどんな財宝?何だか決してきらびやかな財宝ではないわ・・・」

    東京駅の丸の内側も地下が皇居と繋がってるのでしたよね。
    RAPTさんもどうか「魔物」には気を付けてくださいね。

Post A Comment