RAPT | 天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。
天皇 創価 悪魔崇拝 ロスチャイルド 小和田恒 雅子様 江頭豊 日本赤十字 アメリカCIA
13489
post-template-default,single,single-post,postid-13489,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-9.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。

20 7月 天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。

ab4f2996-s 

天皇について批判的な記事を書くことは、この日本ではタブーとされています。 何かそれだけで罰が下るかのような風潮があります。
 
あるいは、天皇家のことを悪く書くと、それだけで「左翼」だと決めつけられたりもします。しかし、天皇を崇めれば「右翼」、批判すれば「左翼」というのは一体誰が決めたことなのでしょう。それが自然の摂理だとでもいうのでしょうか。別に天皇を崇めなくても、私はこの日本のことが好きですし、日本のことを誇りに思っています。ですから、私は自分のことを右にも左にも偏っているとは思っていません。
 
その上で敢えて言わせていただきますが、天皇家はどこからどう考えてみても悪魔崇拝者たちと深いつながりがあります。
 
昨日も書きましたが、天皇家に嫁いでいった「雅子」様は紛れもない創価学会メンバーです。これは非常に大きな問題です。しかも、彼女の家族はただの創価学会ではありません。創価学会の中枢に存在する組織内組織、金融ユダヤの傀儡であると考えられます。それは「雅子」様の父親の「小和田恒」という人物が、金融ユダヤの傀儡としか思えないことが最大の理由です。
 
この「小和田恒」という人物が、外務省の「大鳳会」のメンバーだったことは前にも書きました。「大鳳会」とは、外務省内の創価学会のメンバーのことです。
 
単に創価学会のメンバーであるならまだいいのですが、彼はケンブリッジ大学に研修に行ったり、はたまたコロンビア大学、ニューヨーク大学で客員教授を務めたりと、金融ユダヤと深いつながりがあることは疑いようがありません。
 
小和田恆 – Wikipedia(記事の内容を削除されたときのため、一応、魚拓をとっておきました。)
 
最も決定的なのは、この「小和田恒」が国際司法裁判所の判事になった際、セルビアからのコソボの独立を正式に認めたということです。このコソボの独立は、明らかに金融ユダヤの裏工作でした。
 
この当時、ロシアはブルガリア・セルビア間に欧州向けの天然ガス・パイプラインを敷こうと計画していました。しかし金融ユダヤは、欧州で石油を売って大儲けしていたので、ロシアの天然ガスがヨーロッパの市場に入ることを阻止したかったはずです。
 
そこで彼らは、コソボとセルビアで戦争を起こしてロシアの天然ガス計画を妨害することにしました。そして、見事にコソボを独立させて、ロシアの天然ガス・パイプラインが敷設できないようにしてしまいました。まさに現在のウクライナ危機と全く同じことが過去にも起きていたわけです。金融ユダヤはいつも同じ手口ばかり使います。全くもって単細胞としか言いようがありません。
 
欧州のロシア産ガス、大半がウクライナを経由。ユダヤ金融資本がプーチンを攻撃するためこのパイプを断絶した。
 
そして、そのユダヤの思惑に手を貸したのが、この「小和田恒」という人物であり、この功績が買われて、自分の娘を皇太子妃とすることを金融ユダヤから許可された可能性が大です。
 
おい、ちょっと待て。皇太子との結婚をどうして金融ユダヤが許可することができるのだ、と思う人がいるかも知れません。
 
では、一つ一つ金融ユダヤと天皇家とのつながりを見ていきましょう。
 
先ず天皇家のシンボルマークについて。これについては、以前にもお話させていただきましたが、ここでも簡単にお話をさせていただきます。
 
cce8f4a8-s

 
天皇家には古くから上の図のような「菊の御紋」が使われています。しかし、これは「菊」ではありません。この図を見ると、花弁が16枚ありますが、16枚の花弁をもった菊などこの世には存在していません。これは明らかに「太陽崇拝」のシンボルマークです。「太陽崇拝」とはつまり「悪魔崇拝」のことです。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。
 
上のリンクにもある通り、「太陽崇拝」がもっとも盛んに行われたのは古代エジプト王朝のときのことです。その後、悪魔崇拝者たちはユダヤ教徒の中に紛れ込み、イスラエルを中心として様々な場所で「悪魔崇拝」を行ってきました。それらの地域でもこの「菊の御紋」がいくつも見付かっています。
 
天皇家の紋章 | Renaissancejapan
 
これだけではありません。実は天皇家にはもう一つの紋章があります。それは獅子と一角獣とを組み合わせた図柄のものです。下にある左側の写真がそれです。
 
これは明治時代に来日したスコットランド人、ノーマン・マクレオド氏の本から抜き取った写真だそうですが、旧皇居である京都御所の清涼殿にある天皇の座の前には、獅子と一角獣の像があったようです。(平凡社 世界百科事典)
 
o0498021111865465685
 
しかし、問題は右の図柄です。これは一体何の紋章だと思いますか。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、実はかの金融ユダヤの帝王・ロスチャイルド家の紋章です。なんとも天皇家の紋章と似てはいませんか。
 
言うまでもないことですが、このロスチャイルド一族は昔から悪魔崇拝儀式を中心的に行ってきた一族です。念のため、以下に証拠となる動画のリンクを貼っておきます。
 
〈動画〉ロスチャイルド家の仮面舞踏会 オカルト崇拝?イルミナティ MKウルトラ スカル&ボーンズ
 
悪魔崇拝のトップには、バチカンとエリザベス女王、ロックフェラーとロスチャイルド、そしてブッシュ家とが君臨していることは以前にもご紹介しました。(こちらのリンクをご参照ください)。この中でも、天皇は特にブッシュ家と深い関わりがあります。ブッシュ家というより、ブッシュ家の指揮するアメリカCIAと深いかかわりがあると言った方がいいでしょうか。
 
少し長くなりますが、以下の記事をご欄になって下さい。様々な書物を読んだ上で書かれた記事のようですので、一読の価値はあるかと思います。
 
天皇家の秘密―再掲: 日本人は知ってはいけない。
 
日本人はタブーと言われるものには非常に弱いです。恐らく世界中で最も弱い民族でしょう。タブーと言われて素直に口を閉ざす民族など、日本人以外にはそうはいません。そして、この日本では天皇家について批判することは長くタブーとされてきました。だからこそ、多くの日本人が天皇制についておかしいと思いながら、何も批判することができませんでした。
 
もしこれがよその国であれば、国民の多くが「天皇制」なんておかしいと言って激しくバッシングし、暴動を起こして、即刻、この制度を廃止させてしまったことでしょう。
 
現在、この天皇家には毎年170億の予算が計上されています。しかも、その内訳は非常にあいまいです。一応、ある週刊誌にはこのような記事が掲載されていました。
 
(以下、NEWSポストセブンより転載)
 
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円
 
宮内庁には平成23年度予算で、170億8158万円の予算がついた。うち宮内庁費は107億8557万円。残りが宮廷費、内廷費、皇族費となる。皇室を支える“財布”の中身とは。以下に解説する。
 
【宮廷費】宮内庁が管理する皇室の公的活動費。宮中晩餐会や園遊会、行幸啓や外国訪問などに使われる。56億8378万円。
 
【内廷費】御手元金として支出される天皇家(天皇・皇后、皇太子一家)の日常費用などのプライベート予算。3億2400万円。
 
【皇族費】同じく御手元金として支出される各宮家の皇族の予算。平成23年度は当主1人につき3050万円など。2億8823万円。
 
*内廷費や皇族費は内廷職員や私的に雇用している職員の人件費としても使われている。
 
※宮内庁HPなどを元に作成
 
※参考資料:『知られざる皇室』(久能靖著、河出書房新社刊)、『皇室のすべて』(学研刊)ほか
 
※SAPIO2012年2月22日号
 
(転載ここまで)
 
しかし、この記事には宮内庁費107億8557万円の内訳は書かれていません。この宮内庁費とは一体何に使われるのでしょう。107億というと相当な大金ですが……。いいえ。宮廷費、内廷費、皇族費の内訳にしても、余りにも大ざっぱすぎます。第一、毎年のように同じ金額のお金がこれらのために本当に必要なのでしょうか。
 
実を言うと、私はこのお金こそが天皇制を無理やり存続させている真の目的ではないかという気がしてなりません。
 
何もしなくても、このお金は日本の国家予算から毎年のように計上されるわけです。しかも、この予算の内訳を詮索することはタブーとされています。もしマスコミがこれらのお金の使い道を追求しようとするなら、すぐさま国賊としてバッシングされるに違いありません。
 
私はこのお金が裏社会に流れているのではないかと考えずにはいられません。不透明な使途不明金があるのですから、その使い道についてあれこれと詮索してしまうのは当然のことです。もし何も詮索されたなくないのであれば、きちんとその内訳を公表すべきです。もちろん、その際には領収書などもきちんと添付すべきでしょう。
 
今年は2014年です。21世紀に入ってから既に14年も経ちました。この間に日本は大きく変わりました。不況は年々ひどくなり、人々の暮らしは確実に汲々としてきています。その間も、この100億以上のお金は誰にも詮索されることなく、毎年のように宮内庁に流れていったわけです。合計で1400億です。戦後から計算すれば7000億近くになります。
 
もしこのお金が裏社会に流れているとしたら、これは由々しき問題です。実際、日本の裏社会の中心(核心)とも言える創価学会のメンバーを、皇室は自分たちの中に招き入れてしまいました。したがって、このお金が裏社会に流れていないという保障はどこにもありません。
 
この大金が毎年のように裏社会に流れていくからこそ、世界のトップエリート(悪魔崇拝者たち)も天皇には頭が上がらないのではないでしょうか。彼らが天皇家を敬っているように見えるのは、心から天皇を崇めているからではなく、天皇を通して入ってくるお金を目当てにしてのことではないでしょうか。
 
世界のエリートたちが悪魔崇拝を行っていることは既に明白な事実となっています。その裁判も密かに進行しています。エリザベス女王とローマ法王に至っては、既に逮捕状までもがネット上に公開されています。
 
悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。
 
バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかに。
 
彼らは裏社会による世界の支配構造を存続させるために、巨額のお金を必要としてきたはずですが、そのお金を維持するためには地下銀行がどうしても必要だったはずです。バチカンが大きな地下銀行を持っていたことは有名ですが、現在、そのバチカンの地下銀行にもメスが入れられようとしています。
 
ローマ法王、スキャンダルまみれのバチカン銀行に大ナタ:JBpress(日本ビジネスプレス)
 
こうなると、裏社会にとって頼りになるのは「創価学会」や「統一教会」などのカルト銀行だけです。しかし、今や創価学会の教祖も死に(少なくても死んだと噂されています)、統一教会の教祖も今や死んでしまいました。恐らく裏社会としては、安心してそこにお金を預けることはできないでしょう。
 
ちなみに言っておくと、世界の首脳の多くが、来日する度に必ず池田大作のところに挨拶しに行っていました。それは創価学会の中に彼らの頼りとする地下銀行があったからです。彼らの裏金をプールし、マネーロンダリングする銀行が、創価学会の内部に設立されていたのです。
 
そのため、彼ら首脳はいつも池田大作と挨拶し、握手していたわけですが、その度に聖教新聞のトップ記事となりました。そして、創価学会の信者たちはその記事を見て、やはり池田先生は偉大な方なのだと勘違いしていたわけです……。
 
これと同じく、天皇家に裏社会のための地下銀行が存在している可能性が十分に考えられます。しかし、実際にそのような銀行が存在していたとしても、この日本では公表される心配もなく、調査される心配もありません。タブーと言えば済むことだからです。したがって、現在では天皇の持つ地下銀行が、裏社会にとって最も安心して預けられる場所となっている可能性が高いです。
 
いやいや、まさか天皇がそんな汚いことをするはずがない、と仰る方がそれでもいらっしゃるかも知れませんが、昨日の記事にも書きました通り、「雅子」様の祖父にあたる人物「江頭豊」はチッソ株式会社の社長で、水俣病の問題を大きくした確信犯であり、とても人間とは思えない非道の限りを尽くした人物です。
 
皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?
 
一体、どうして天皇家はこんな家系に生まれた女性を、自分たちの家族として招き入れたのでしょう。どうしてそんなことを許諾したのでしょう。それだけ天皇の心が広いということなのでしょうか。しかし、本当の心の広さとはそういうものではないはずです。
 
天皇家に関しては、この他にも色々と怪しい噂があります。その一つが日本赤十字社に関するものです。それについて今日は詳しくは書きませんが、興味のある方は以下のリンク記事をご欄ください。
 
相対的な価値感に囚われると本質が見えなくなる
 
天皇家はこうして儲かる~赤十字社を通じて世界の貴族と連帯~
 
血液利権、輸血は堂々と行われた生物化学テロである。
 
とにかく天皇家については、調べれば調べるほど怪しい臭いがプンプンしてきます。ここまで来ると、天皇家もまた「黒」としか言いようがありません。
 
社会を健全にしていくためには、タブーと言われるものを絶対に作らないことです。タブーをタブーのままにしておかないことです。おかしいことはおかしいとはっきりと言わなければなりません。日本人にはその勇気が必要だと私は思います。
 

2 Comments
  • みずな
    Posted at 06:15h, 22 8月

    私も噂では聞いたことがありました。
    美智子様も雅子様も、ご先祖をたどると何代か前までで途絶えてわからない。とかです。
    天皇みずから、半島人の血筋であることを、名言もしていることから、
    彼らは、そのような血筋のものが選ばれているだけで、
    けして、国民の平民から選ばれたわけではないのですね。

    そして、総理大臣のほとんどが半島人の血筋であることも、
    やはり、不可思議のひとつです。
    政治には関わっていないように、見えるだけではないでしょうか?
    今でも、彼らのことは、タブーです、
    一言でもいえば、こちらがおかしな人だと、思われます。

    層化は怖いですね。
    ほとんどが、半島人だと聞いています。
    私もむかし、勧誘されたことがありました、しつこかったですが、断り続けてよかったです。
    そのずっと前に、カトリックの教会に何度か行き、とても気味が悪く
    宗教については、避けるようになっていました。実家は寺の檀家でしたが。
    ものみの塔に知り合いが入ってしまったときは、ショックでした。

    ですから、友人があのフジコ ヘミングを聞いて素晴らしかったと言ったとき、
    彼女も疑っています。できるだけ遠ざけて。
    私は音楽的にも素晴らしいと思ったこともありません。

    天皇家はキリスト教だと、以前テレビで、皇室記者が話しているのを
    聞いた記憶があります。
    神道だと思っていたので、あれ?と思いました。

  • zion
    Posted at 09:37h, 24 10月

    横浜桐峰会病院の理事長夫婦のShotgun自殺?はご存知ですか。
    日赤の輸血ビジネスの邪魔をしていたらしいです。

    http://www.xanthous.jp/2014/10/18/denen-chofu-murder-suicide-3/

    http://matome.naver.jp/odai/2140711780752268801

    http://neoblood2013.wordpress.com/2014/10/18/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E6%A1%90%E5%B3%B0%E4%BC%9A%E7%97%85%E9%99%A2-%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%B3%AF%E9%99%A2%E9%95%B7%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%9B%E3%83%90%E3%81%AE%E8%A8%BC%E4%BA%BA/comment-page-1/

    輸血が何の効果もなく、それどころか大変危険な殺人行為で在ることを知っている医師は、自分や家族には無輸血手術を出来るようにしています。
    殺人行為と同時に、タダで入手した血液に法外な値段を付け売り捌いているわけです。
    このShotgun事件は見せしめ的な意味合いも含まれてでしょう。

    カルト プランテーション ニッポン

Post A Comment