RAPT | RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。
39464
post-template-default,single,single-post,postid-39464,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

 
前回の対談で「カタカムナ」と「満州」のつながりについて、歴史的にかなり深いところまで探りを入れながらお話をしました。前回の対談は以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。
 
この対談では、これまで出てきたことのない人物や歴史用語がかなり出てきたので、戸惑ってしまった方も多かったかもしれません。
 
私としては、できれば初心者の方にも分かるような平易な記事を書くするよう普段から心がけているのですが、やはりRAPT理論をさらに展開していくためには、前回のような難しい記事もアップする必要があります。
 
しかも、たまにこういう記事をアップしておかないと、工作員が私のことを舐めてかかってきます。
 
逆に、こういう難しい記事を書いておくと、工作員の知能の低い頭ではとても理解することができないので、イチャモンをつけることも反論することもしてきません。
 
実際、〈第105弾〉をアップしたとたん、悪口コメントがぴたりと来なくなりました(笑)。
 
この〈第105弾〉をアップする前日、8月15日にはいくつもの悪口コメントが殺到したにもかかわらず。
 
これにて、またしても工作員の知能がいかに低いかがよく分かりました。
 
いずれにせよ、私は悪口コメントが来る度に、それを書いた者たちの滅亡を徹底的にお祈りしています。
 
恐らく今頃、彼らは地獄のような苦しみを味わって、私を攻撃してきたことを激しく後悔していることと思います。
 
前にも言いましたように、今年2016年の6月19日を境として、神様は容赦なく向こう側の連中を裁いています。
 
なので、冗談半分で私につっかかってくると、後で本当に大変な目に遭って、激しく後悔することになりますので、どうぞ十分にご注意ください。
 
ということで、今回もまた「満州」に関するお話です。
 
「満州」にユダヤ人を移住させる計画を最初に言い出したのが、大本教の教祖「出口王仁三郎」です。これは以下の記事でも詳しく書きました。
 
RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。
 
そして、この「出口王仁三郎」は「出口すみ」と結婚して、何人かの子供を生んでいますが、その長女が「出口直日」で、「高見元男」なる人物と結婚しています。
 
(註: 今回の対談で「高見元男」のことを「出口王仁三郎」の子供だとお話していますが、正しくは、出口王仁三郎の「娘婿」になります。訂正してお詫びいたします。)
 
で、この「高見元男」はその後、「出口日出麿」と名乗り、出口王仁三郎の後を継いで「大本教」の教祖となる予定だったのですが、「第二次大本事件」で起訴された後、病気で死んでしまいます。
 
出口日出麿 – Wikipedia
 
で、よくよく見てみると、この「出口日出麿」の出生地は「岡山県倉敷市」。
 
大本教の信者で、その後、「国常立尊」から啓示を受けて「日月神示(ひふみ神示)」を書いた「岡本天明」もまた「岡山県倉敷市」の出身です。
 
岡本天明 – Wikipedia
 
今、「出雲族」の連中は、岡山に「岡京」なる日本の首都を作ろうとしていますが、それはやはりこの「出口日出麿」や「岡本天明」などとも深い関係があるのかもしれません。
 
RAPT×読者対談〈第81弾〉ジョン・タイターが予言した三つに分断された日本。
 
で、この「岡山」は古代においては「吉備」と呼ばれていて、その当時、「吉備」は「筑紫」「出雲」「大和」などと並ぶ有力な勢力の一つだったそうです。
 
吉備国 – Wikipedia
 
で、「筑紫」といえば「福岡県」のことで、恐らくこれは前回出てきた「秦王国」と何らかの関係があるのでしょう。
 
しかし、古代の日本において、「筑紫」「出雲」「大和」「吉備」などと幾つもの国家が林立していたという話は、人によっては初耳なのではないでしょうか。
 
何しろ、学校の授業では「邪馬台国」のことしかほとんど習いませんからね。
 
だから、古代日本には「邪馬台国」という一つの国家しか存在していなかったと、ほとんど誰もが認識しています。
 
しかし、どこからどう調べてみても、古代日本にたくさんの国家があったことは確かな事実です。
 
そして、このように古代日本にたくさんの国家があったという説のことを「多元王朝説」と呼んでいるそうです。
 
多元王朝説 – Wikipedia
 
この「多元王朝説」を最初に唱えたのは「古田武彦」という人だそうですが、この人もやはり古代の「九州地方」に巨大な国家が存在していたと主張しています。
 
九州王朝説 – Wikipedia
 
ただし、「古田武彦」氏はこの「九州王朝」のことを「秦王国」とは呼んではいません。
 
そして、彼はこの「九州王朝」の首都が「太宰府」だったと言っています。
 
で、この「太宰府」とは何なのかと思って調べてみると、ウィキペディアにはこう書かれてありました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
大宰(おほ みこともち)とは、地方行政上重要な地域に置かれ、数ヶ国程度の広い地域を統治する役職で、いわば地方行政長官である。
 
大宝律令以前には吉備大宰(天武天皇8年(679年))、周防総令(天武天皇14年(685年))、伊予総領(持統天皇3年(689年))などあったが、大宝令の施行とともに廃止され、大宰の帥のみが残された。
 
---------------------(転載ここまで)
 
見ての通り、「吉備=岡山」にも「太宰府」があったとのこと。
 
つまり、「筑紫」と「吉備」は当時はかなり仲が良かった、ある意味、同盟国のようなものであったと考えられるわけです。
 
さらに言うなら、この「太宰府」に関係のある人物として、ウィキペディアには次のような人物が挙げられていました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■関係人物
 
・石川王 – 壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)に与して功績を上げた。吉備大宰在任中の679年(天武天皇8年)に吉備で病死。他に例のない5段積みの方墳である大谷1号墳(岡山県)がその墓との説が有力である。
・栗隈王 – 敏達天皇の孫(曾孫とも)。大宰帥の前身にあたる「筑紫率」に任命された。壬申の乱の際、筑紫の軍は外敵に対するもので国内の争いに用いるべきではないとして中立を宣言、結果的に大海人皇子(天武天皇)の勝利に貢献して天武天皇から重用されることとなり、子孫が橘氏として繁栄する礎を築いた。
・藤原広嗣
・吉備真備
・大伴旅人(665年 – 731年) – 728年(神亀5年)から730年(天平2年)の晩年、大宰帥。大宰府へ赴任した直後に妻丹比郎女を失った。
・大伴家持
・大伴坂上郎女
・山上憶良
・小野岑守 – 大宰大弐として赴任中の弘仁14年(823年)に公営田の導入を建議、翌天長元年(824年)に多褹国を大隅国に編入した。
・菅原道真 – 大宰員外帥として赴任するが、大宰府政庁には一度も登庁せず。
・藤原隆家 – 眼病治療のために自ら望んで大宰権帥として赴任。その後、刀伊の入寇に遭遇し、現地での陣頭指揮を執った。
・橘公頼
・高階成章 – 太宰大弐(1055年 – 1058年)。「欲大弐」の綽名がある。妻は歌人の大弐三位。
・藤原長房 – 太宰大弐(1092年 – 1094年)。
・平清盛(1158年) – 大宰大弐となる。
・武藤資頼(1226年 – 1228年) – 武士ながら大宰少弐に任ぜられ、少弐氏の祖となる。
 
---------------------(転載ここまで)
 
太字にしたところが特に重要です。
 
先ず最初の「石川王」と「栗隈王」ですが、彼らは「壬申の乱」で「天武天皇」に与したとあります。
 
「天武天皇」は前回の記事でも書きました通り、「秦氏」です。
 
ですから、これだけ見ても、「太宰府」と「秦氏」の関係が深いことは明らかです。
 
つまりこの「九州王朝」、すなわち「筑紫」は、「秦氏」の国家だったということです。少なくともその可能性が高いです。
 
しかも、「石川王」は「吉備」にも赴任していて、岡山県の「大谷1号墳」は彼の墓だとまで言われているとのこと。
 
「筑紫」と「吉備」がどれだけ関係が深かったのかがよく分かります。
 
さらに、もうひとつ太字にしたのが「吉備真備」ですが、彼は「岡本天明」と同じ「岡山県倉敷市」の出身。
 
吉備真備 – Wikipedia
 
そして、この「吉備真備」から後の「賀茂氏」が誕生したという説もあります。
 
そして、かの「徳川家」も「賀茂氏」の末裔にあたります。
 
徳川氏 – Wikipedia
 
さらにもう一つ太字にしたのが「平清盛」ですが、彼もまた「大宰大弐」となった、とありますね。(「大弐」とは、「最高位」という意味です。)
 
「平清盛」が「秦氏」であることは間違いのない事実です。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
平清盛が平家をロスチャイルド家にしてしまった可能性。または「密教」と「日の丸」に隠された意味。
 
「聖徳太子」も「平清盛」もゾロアスター教徒であり、ロスチャイルドの先祖です。
 
なので、やはり「太宰府」は「秦氏」とゆかりが深い、と考えて先ず間違いなさそうです。
 
で、今回の対談でもお話していますように、「秦氏」とゆかりの深かった「吉備の国」は、その後、「出雲の国」を征服しようとして失敗。
 
その後、「大和の国」と同盟を結び、日本列島の統一をともに目指したものの、「大和の国」から警戒されて謀略に遭い、勢力を削がれていったとのこと。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
吉備勢力は出雲征服を試みるも完遂寸前に出雲東部の意宇王の前に失敗。
 
以後、ヤマト政権と同盟して列島の統一・治世に貢献し、古墳時代から飛鳥時代まで繁栄した地方として重視された。
 
河内王朝時代には、ヤマト政権中央部に対抗するほどの勢力を誇ったが、これがヤマト政権の警戒を呼んだのか、後はヤマト政権の謀略などで勢力が削減されていった。
 
---------------------(転載ここまで)
 
さらにその後、「吉備の国」は「大和朝廷」から抑圧され、「吉備氏の乱」を決行しました。
 
しかし、この反乱は失敗し、かえって「大和の国」の勢力が拡大していくことになりました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
5世紀に雄略天皇は地域国家連合体であった国家をヤマト王権に臣従させて中央集権を進めるために、最大の地域政権の一つ吉備に対して「反乱鎮圧」の名目で屈服を迫った。
 
吉備下道臣前津屋の乱(463年)と吉備上道臣田狭の乱(463年)の「反乱鎮圧」を成功させてヤマト王権の優位を決定づけ、さらに雄略の死の直後の吉備稚媛(雄略妃)と星川稚宮皇子(雄略の息子)の乱(479年)でまたしても吉備の勢力を削減させている。
 
---------------------(転載ここまで)
 
つまり、「吉備の国(岡山)」は、もともとは「秦氏」と手を組んで「出雲族」を倒そうとしたものの、それに失敗した挙句、さらには「大和族」からも嫌われてしまったわけです。
 
で、この「吉備」から後に「徳川家康」が出てきて、「出雲族」の天下を築いた……。
 
ということは、やはり「吉備」は今現在では「出雲族」に深いかかわりがあるということになります。
 
ただし、先程も言いましたように、「吉備氏」から「賀茂氏」が出てきたわけですが、「賀茂氏」のウィキペディアを見てみると、「賀茂氏」には「天孫系(賀茂県主)=大和系」と「地祇系(三輪氏族)=出雲系」とに分かれているようです。
 
賀茂氏 – Wikipedia
 
なので、「吉備」とか「賀茂氏」とか言っても、単純に「出雲族」だとは決められないようです。
 
それこそ、「筑紫」が「秦氏」で、「大和」が「大和族」で、「出雲」が「出雲族」なら、「吉備」は「月派」なのかな、と勘ぐってしまいます。
 
そして、「月派」の勢力にも「新月派」と「満月派」がいるとのことですから、「吉備」の勢力もときに「秦氏」にくっついたり、ときに「出雲族」にくっついたりしているのかも知れません。
 
ちなみに、「吉備」が「岡山」なら、「阿波」は「徳島」で、「キビ」も「アワ」もどちらも「雑穀」の名前です。で、「アワ」という言葉は「カタカムナ」に度々出てきます。
 
アワ・キビ・ヒエ・キヌア(あわきびひえきぬあ)とは – コトバンク
 
また、雑穀の「キビ」を漢字で書くと「黍」ですが、「秦氏」の「秦」とそっくりですね。やはり「キビ」は「秦氏」と何らかの関係があるのでしょうか。
 
また、「カタカナ」が「カタカムナ文字」から作られたことは間違いないようですが、この「カタカナ」を作ったのが先ほど出てきた「吉備真備(きびのまきび)」なのだそうです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
【カタカムナ図象とカタカナ文字の関係考】
 
カタカムナ声音符とカタカナ文字の関係を確認しておくと次のような類似が認められる。
 
スクリーンショット 2016-08-18 19.00.02

スクリーンショット 2016-08-18 19.00.19
 
これを見れば、カタカナが、漢字の偏や旁(つくり)から採ったというよりもカタカムナの声音符を原形としているとみなすべきではなかろうか。
 
【豊国文字とカタカナ文字の関係考】
 
「上記」・「竹内文献」原文に使われていたり、宮崎県の天岩戸神社境内より出土の岩戸蓋石にも刻まれている豊国文字となるとカタカナとの繫がりがもっと直接的になる。
 
書体には豊国古体象字と“豊国新体象字”が存在しており、古体象字は一種の象形文字であり、越文字やサンカ文字」に酷似している。
 
新体象文字は更に力タカナと類似点がある。
 
力タカナを作ったのは吉備真備と云われているが、その際「上記」を参考にしていたことが十分考えられる。
 
---------------------(転載ここまで)
 
先程も言いましたように、「吉備真備」は「秦氏」系の人です。
 
で、前回の対談でもお話しましたように、「秦氏」といえば「アーリア民族」の「インド・ヨーロッパ語族」と深い関わりがあります。
 
だからこそ、現在の日本では「ヨーロッパ語(英語)」を書くときに、「カタカナ」で表記することになったのかも知れませんね。
 
「ペン」とか「ライス」とか「パソコン」という風に……。(かつての日本では無理やり漢字にこじつけていましたが。)
 
ということで、今日の本題に入ります。
 
「出口王仁三郎」こそ、ユダヤ人を満州に移住させる計画を立てた人物である……、ということについては、以前にもお話しました。
 
念のため、もう一度ここにそれに関する記事を転載しておきます。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
王仁三郎は、中国道院・世界紅卍字会の協力のもとに数人の側近と共に入蒙(満州・蒙古)する。
 
王仁三郎は、中国道院との提携によって道院の宣伝使としての資格をもっていたので宗教の布教には支障がない。
 
そこで「まず宗教的に進出するのだ」と語り、宗教的・平和的に蒙古を統一し、東亜連盟実現の基礎を打ち立てたいと考えていた。
 
しかし、出口宇知磨に渡した手紙には、「ことの成否は天の時なり・・・王仁30年の夢いまやまさに醒めんとす・・・」と記されていた。成功する確率は低いと見ていたのであろう。
 
「王仁蒙古入記」によると、「蒙古王国の建設よりひいて新疆、チベット、インド、シナの全土を宗教的に統一し、東亜連盟の実行を成就し、ついでロシア、シベリアにその教勢をひろめ、パレスチナのエルサレムに再生のキリストとして現れ、欧米の天地に新宗教的王国を建設し、国祖の使命を完成せん・・・」。
 
王仁三郎は、蒙古だけでなくさらに西に進軍することを考えていた。この構想に、協力してきた人々もたまげてついていけなくなるのであった。
 
後日王仁三郎は語っている。
 
「蒙古から中央アジアをへて太古のエデンの園、太古のエルサレムへの世界の源をたずねにいくつもりだった。
 
人類文明の源アルメニアについては、わしの『霊界物語』にくわしくあらわしてある。ノアの方舟のひっかかっとる山へも登る気やった。
 
いまの人類史の始点にさかのぼると、もうひとつまえのムー大陸時代の文明の研究ということがやかましゅうなってくるだろう。馬にのって、くる日もくる日も走りまくった。
 
一週間ほどして、もうだいぶエルサレムも近づいたやろと地図をみてがっかりした。針で突いたほどもうごいておらん。地球というものはなんと大きなもんやろう」。
 
関西の一流財界人の集まりである清交社主催の「出口王仁三郎氏にものを聞く会」での答えであった。
 
王仁三郎は、張作霖の配下でチャハル方面の実力者、盧占魁の兵に守られ、霊界物語(大正10年の第一次大本事件後に王仁三郎が書いた第二の経典)と西王母の衣装(能楽『西王母』の主役が身にまとう衣装。西王母は女の神様で、中国古典に出てくる救世主)を積んだ車を引いて、自身は盧占魁から贈られた白馬にまたがって蒙古草原を進軍して行った。
 
王仁三郎は、ダライ・ラマだ、ミロクだといって進軍する。各地で「聖者来る」といううわさがひろまり、人々が群れ集まって王仁三郎を拝んだという。
 
もくろみは、端緒についたかにみえた。
 
しかし、事態は暗転する。満州の独裁者張作霖は、盧占魁の勢力が拡大することに危機感を募らせ、討伐軍を派遣する。盧占魁は捕らえられ殺される。
 
王仁三郎は、捕らえられ銃殺一歩手前までいく。あえなく、蒙古王国は潰え去ったのであった。わずか4ヶ月ほどの夢物語であった。しかし、日本ではやんやの喝采が巻き起こったのだった。
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように「出口王仁三郎」は中国の「道院」と結託して、「世界紅卍字会」とともに宗教的な世界帝国を作ろうと構想していました。
 
で、「紅」は「赤」のことですから、もしや「満州計画」は「秦氏」の計画だったのではないかと思ってしまいがちですが、「出口王仁三郎」は明らかに「出雲族」の人間です。これについては、これまで何度もお話してきた通りです。
 
そのため、「満州計画」は「秦氏」の計画だったのだろうか、「出雲族」の計画だったのだろうか、それとも両方が結託していたのだろうか、と調べているうちに、今回の対談と相成りました。
 
で、日本政府もこの「出口王仁三郎」の計画に乗って「八紘一宇」、すなわち「大東亜共栄圏」を作ろうとしました。
 
八紘一宇 – Wikipedia
 
大東亜共栄圏 – Wikipedia
 
で、日本政府はこの「大東亜共栄圏」の計画の一環として「満州国」を作ろうとしたわけですが、結果的には、中国軍からの攻撃に遭って失敗しました。
 
で「満州国」の旗は以下のように「黄色」です。
 
agents_in_berlin_manchukuo_1940
 
一方、張作霖は「中華民国」初期の政治家で、「中華民国」の旗は以下のように「赤」。
 
s_41.18
 
で、「満州国」が建国されるはずだった地域は、その後、「中華人民共和国」に組み込まれてしまったわけですが、「中華人民共和国」の旗は以下のとおり「赤」です。
 
s_41.54
 
要するに、「月派」の計画を「秦氏」が覆したというわけですね。
 
で、「出口王仁三郎」が「世界帝国」を作ろうとしていたのとほぼ同時期に、かの「クーデンホーフ・カレルギー」もまた、現在の「EU」の前身である「汎ヨーロッパ連合」を作ろうとしていました。
 
NWO(世界統一政府)の提唱者がフリーメーソンであり、日本人であるという確たる証拠。
 
NWOも原発もNHKも自動車もタクシーも、全てがフリーメーソン絡みの天皇の親戚一同の儲け話です。
 
で、この「カレルギー」の構想が、当時の右翼の総帥「頭山満」の構想していた「大アジア主義」と似ている、ということで、当時、かなり話題になったようです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
1 「EUの父」と似て非なり by 斎藤吉久
 
   ──鳩山首相の「友愛」を考える その1
 
▽1 クーデンホーフ=カレルギーを鳩山一郎が翻訳
 
鳩山由起夫首相の「友愛」は直接的には、祖父である鳩山一郎元首相の政治哲学を引き継いでいます。
 
「友愛社会の実現」を目的とする日本友愛青年協会なる財団法人があります。
 
鳩山一郎元首相の唱えた「友愛」を基調に、次代を創る青年の育成を目的として、昭和28年に創設された友愛青年同志会を母体としています。
 
現在の代表者は鳩山由紀夫理事長(休職中)その人です。
 
名誉会長は首相の母安子氏、副理事長には鳩山邦夫元総務相と長姉・井上和子氏の2人の名前が並んでいます。
 
興味深いことに、協会の主な活動には日中友好事業が含まれ、100億円のいわゆる小渕基金から助成を受けて、植林訪中団を毎年派遣しているようです。
 
さはさりながら、「友愛」は鳩山一郎元首相の独創ではありません。
 
ほかならぬ協会のホームページに説明されているように、昭和27年に、鳩山一郎氏が汎ヨーロッパ運動の主宰者であるリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの著書から発想を得たのが最初です。
 
鳩山由紀夫首相は「Voice」昨年9月号に掲載された「私の政治哲学」で、「祖父鳩山一郎が、クーデンホフ・カレルギーの著書を翻訳して出版したとき、このフラタナティを博愛ではなくて友愛と訳した。それは柔弱どころか、革命の旗印ともなった戦闘的概念なのである」と解説しています。
 
▽2 日本女性を母に、東京で生まれた
 
汎ヨーロッパ運動が評価され、再三、ノーベル平和賞候補に挙げられたというリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯は、日清戦争のさなかの明治27(1894)年、東京で生まれました。
 
父親のハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーはオーストリア伯爵で、外交官でした。
 
東京駐在公使のおり、見初めたのが光子(旧姓青山)で、2人は結婚します。リヒャルトは次男で、日本名をエイジロウといいました。
 
夫ハインリヒが母国に帰国するとき、光子は昭憲皇太后の拝謁をたまわり、「外国に嫁いでも日本婦人たることを忘れぬように」とお言葉を得たことを、生涯、肝に銘じたといわれます。
 
日本人の母を持ち、日本で生まれたことが、リヒャルトの汎ヨーロッパ運動に少なからぬ影響を与えたことは十分、想像されます。
 
興味深いのは、鳩山一郎がリヒャルトに関心を持つはるか以前、俗に「右翼の総帥」といわれる頭山満がリヒャルトの存在に注目していたことです。
 
クーデンホーフ・カレルギー全集第1巻の巻頭にある木村毅の解説によれば、支那事変(日中戦争)が泥沼化していたころ、作家たちとともに従軍した木村は、軍の依頼を受け、占領地・漢口の放送局で、重慶に向けた和平提案のマイクの前に立ったといいます。
 
▽3 頭山満「大アジア主義」との共通性
 
しばらくして、「不思議な反応」があらわれます。
 
重慶ではなく、日本の内地から、頭山の使者なる人物が漢口に飛んできました。
 
「この際、クーデンホーフ・カレルギーを呼んできて、アジア共同体の提案を重慶させたらどうか?」。
 
文学者の木村毅は「奇抜な案に驚いた」と回想しています。
 
しかし、なんら驚くには値しません。
 
敗戦後、占領軍は頭山らの玄洋社を「侵略戦争推進団体」と決めつけて解散させ、戦後のアカデミズムやジャーナリズムは頭山を敬遠してきましたが、近年、歴史の封印が解かれ、頭山が孫文などアジアの革命家を支援していたことが一般に知られるようになっています。
 
右翼人士こそ「侵略戦争」推進の張本人だ、といまなお信じ込んでいる人たちには意外かもしれませんが、昭和13年当時、香港を舞台とした朝日新聞による日中和平工作の背後には民族派の存在がありました。上海戦線での軍の暴走を食い止めようとしたのも彼らでした。
 
それどころか、リヒャルトの汎ヨーロッパ運動は頭山の大アジア主義と通じるものがあります。
 
木村毅が解説するように、リヒャルトは、日本帝国が勃興し、日露戦争に勝利したことがアジア解放の一大転機になった。
 
ヨーロッパ諸国が身勝手にも、アジアを植民地支配の対象としか見なかったときに、日本という一大国家が誕生したうえに、ヨーロッパのアジア植民地より大きな勢力を築いた。
 
こうして白人による世界支配は打破された──と考えていました。
 
---------------------(転載ここまで)
 
この記事によると、「カレルギー」と「頭山満」の構想が余りにもよく似ていて、それに気付いた「頭山満」がひどく驚いた、とのこと。
 
しかしながら、「カレルギー」はその後、天皇から「勲一等瑞宝章」をもらっていますし、彼を日本に招いた「鹿島守之助」と「鳩山薫(鳩山一郎夫人)」もまた同じように「勲一等瑞宝章」をもらいました。
 
そして、「頭山満」もまた天皇を神と崇める「右翼の総帥」です。
 
ですから、彼ら全員が「天皇」を中心として一つにつながっていることは明らかです。
 
要するに、「頭山満」は「アジア」を統一し、「カレルギー」は「ヨーロッパ」を統一して、後でその二つの連合国家をドッキングさせて、天皇中心の「世界統一国家」を建国しようと考えていたわけでしょう。
 
ちなみに、「満州」の建国に携わっていた「世界紅卍字会」の主なメンバーは以下のとおりです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■主な会員
出口王仁三郎 
出口すみ
内田良平
張海鳳
陳漢森
今小路了円
浅野和三郎
林出賢次郎
岡田茂吉
植芝盛平
堀川辰吉郎
谷口雅春
出口日出麿
出口直日
安岡正篤
笹川良一
笹目秀和
中西旭
五井昌久
伊與田覺
小田野早秧
呉清源
西園寺昌美
 
---------------------(転載ここまで)
 
これまでこのメンバーのほとんど全員が「大本教」の信者であるとお話をしてきましたが、今回はこのメンバーの中でも、特に「内田良平」についてお話をしています。
 
内田良平 (政治運動家) – Wikipedia
 
で、彼もまたご多分に漏れず、昭和九年に大本教系の「昭和神聖会」の副統管になっています。
 
昭和神聖会 – Wikipedia
 
また、彼は「黒龍会」の主幹になっていて、「黒龍会」のメンバーには「犬養毅」や「鳩山和夫(鳩山由紀夫の曽祖父)」、そして先ほど出てきた「頭山満」などが名を連ねています。
 
そして、「内田良平」と「頭山満」が「福岡県(筑紫)」出身で、「犬養毅」と「鳩山和夫」が「岡山県(吉備)」出身です。なんだか「福岡」と「岡山」ばかりが出てきますね。
 
しかも、「黒龍会」は「玄洋社」の海外工作センターと呼ばれていたらしいのですが、この「玄洋社」は「旧福岡藩(黒田藩)士が中心となって結成されたアジア主義を抱く政治団体」である、とウィキペディアには書かれてあります。またしても「福岡」です。
 
黒龍会 – Wikipedia
 
玄洋社 – Wikipedia
 
で、このようなメンバーを中心にして、「満州」を中心とした世界帝国を作ろうしていたわけですが、よくよく考えてみると、この計画はかつての「チンギス・ハン」が計画した世界征服ととてもよく似ています。
 
以下が、その「チンギス・ハン」とその子孫によって建国された「モンゴル帝国」の版図です。
 
これを見ると、「満州」の辺りを中心にして「モンゴル帝国」の領土を広げていったことがよく分かります。(出典はこちら
 
Mongol_Empire_map
 
で、「チンギス・ハン」は実のところ「源義経」である、という説があって、これについて私も過去に以下のような記事を書いています。
 
「源義経」がロスチャイルドの傀儡となり、その孫のフビライ・ハンが元寇を起こしました。
 
で、この「義経」はモンゴルに入る前に、「奥州平泉」や「北海道」に渡っていました。
 
前回もお話しました通り、「奥州」や「北海道」は、「蝦夷=出雲族」が住み着いていた場所です。
 
で、「源氏」は「出雲族」であり、「源義経」もまた「出雲族」であることは確実ですし、だからこそ、彼は「奥州」や「北海道」に行って部下を集め、それからモンゴルに渡って「出口王仁三郎」と同じく「満州」を中心にした世界帝国を作ろうとしていたのかも知れません。
 
一応、チンギス・ハンの着ていた服も「赤」ではなく「白」です。
 
s_YuanEmperorAlbumGenghisPortrait

〈チンギス・ハン〉

 
しかし、最終的には、「モンゴル帝国」は「紅巾の乱」によって次第に勢力を失っていきました。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
大元ウルスでも1351年に起こった紅巾の乱によって経済の中心地であった江南を失い、1368年、ついに紅巾党の首領のひとりであった朱元璋の立てた明によって中国を追われた。
 
北元と呼ばれるようになった元はモンゴリアに拠って明への抵抗を続けるが、1388年にクビライ王統最後の大ハーン、トグス・テムルが内紛により殺害され、かつてモンゴル帝国を構成した諸部族は分裂した。
 
---------------------(転載ここまで)
 
「赤」の勢力に倒されたということは、やはり「モンゴル帝国」は「出雲族」の国だったのでしょうか。
 
ただし、「モンゴル帝国」が日本に攻めてきた「元寇」の絵を見てみると、モンゴル軍の旗は「赤」になっています。
 
youtube-LWAnEXQYR9c
〈元寇〉

 
「出口王仁三郎」が「出雲族」でありながら「紅卍会」だったのと同じように、この当時も「紅卍会」に似たような「赤」の組織が「モンゴル帝国」に与していたのでしょうか。
 
で、この「モンゴル帝国」は最終的にはどんどん弱体化していったわけですが、その中でロシアも「モンゴル帝国」に抵抗して打倒していきます。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
●モスクワ大公国の成立と独立
 
しかし、繁栄を続けてもいつかは衰退します。14世紀後半になると、キプチャク・ハン国(モンゴル帝国)は混乱と分裂の時代にはいり、ロシアへの支配も弱まります。
 
そのため1380年、「これではまずい」と、キプチャク・ハン国の実力者ママイはロシア支配を強化するために侵攻します。
 
しかし逆に、成長著しいモスクワ大公国のドミトリー・ドンスコイ(位1359~89年)を中心とするロシア諸公軍にクリコヴォ平原で敗北。
 
以後、ロシアはモスクワ大公国を中心に発展します。
 
また、ロシア正教の本拠地もモスクワに移ります。
 
補足しておくと、モスクワという都市。
 
キエフ公国時代は小さな村でしかなかったのですが、次第に人口が増加。
 
14世紀にキプチャク・ハン国に取り入ったイヴァン1世がウラジーミル大公の称号をもらったことで発足した国です。ドミトリー・ドンスコイは、その孫。
 
---------------------(転載ここまで)
 
さらにその後、ロシアは「レーニン」や「スターリン」によって王政が倒され、「共産主義」が敷かれ、「ソビエト連邦」へと名前を変えました。そして、そのときの旗の色が「赤」です。
 
s_ 21.22.31
〈ソビエト連邦の旗〉

 
「ロシア」を「ソビエト連邦」に変えたのは、明らかに「秦氏」だということです。
 
で、この「ソビエト連邦」が建国されようとしていた最中、ロシアでは「赤軍」と「白軍」が互いに交戦していました。
 
赤軍 – Wikipedia
 
白軍 – Wikipedia
 
言うまでもなく、「赤軍」は共産党の味方。
 
一方、「白軍」は共産党の敵です。
 
ということは、やはりこうなります。
 
■赤軍 = 共産党 = 秦氏
■白軍 = ロシア皇帝 = 出雲族
 
そして、日本軍は「ロシア革命」の最中、「白軍」を援護するためにシベリア出兵したとのことです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
1918年に、日本はロシア革命の鎮圧のためシベリア出兵を行い、赤軍と敵対していた白軍を援護した。
 
10万人の兵と9億円の戦費を投入したものの、3千人の死者を出した上に目立った成果もなく、1922年に撤退を余儀なくされる。
 
この頃、白系ロシア人らの間では、革命はユダヤ人による陰謀であるとの疑惑が広がっていた。(註:もちろん、この疑惑はその通りですが、「出雲族」が「秦氏」の計画をダメにするため、こんな噂話を垂れ流したわけでしょう。)
 
レーニンをはじめ、トロツキーやカーメネフ、ジノヴィエフ、スヴェルドロフら多くのユダヤ人、もしくはユダヤ系の人物が革命の主導者として名を連ねていたことが原因とみられる。
 
白軍は『議定書』の写しを兵士に配布し、またシベリアや満州に逃れた白系ロシア人は、行く先々で反ユダヤ主義思想を喧伝した。
 
---------------------
 
ということは、日本軍が行った「シベリア出兵」とは、「出雲族」を援護するために行われたものだったということです。
 
そして、この「シベリア出兵」が引き金となって、「河豚計画」が本格的に敢行されるようになりました。
 
そして、この「河豚計画」の言い出しっぺが「日産コンツェルン」の創始者である「鮎川義介」。
 
鮎川義介 – Wikipedia
 
日産コンツェルン – Wikipedia
 
で、「河豚計画」を実行に移した当時の首相が「細川護熙」の祖父である「近衛文麿」です。
 
近衛文麿 – Wikipedia
 
つまり、一つの新興宗教の教祖にすぎない「出口王仁三郎」の構想を、「日産コンツェルン」の創始者がさらに具体的に計画し、当時の日本政府がその計画を政策として実行した、というわけです。
 
しかしながら、日本政府は「満州国」の建国に失敗。
 
その後、ユダヤ人は「満州」ではなく、パレスチナに移住させられることになり、ユダヤ人国家として「イスラエル」が建国されることになりました。
 
で、その「イスラエル」の国旗が、まさに「白」と「青」の出雲色で、「出雲族」の紋章である「六芒星」まで書き込むという念の入れよう。
 
s_41.52
〈イスラエルの国旗〉

 
そして、この「イスラエル」の国旗は、同じ「中東地域」においてかなり異色のものとなっています。
 
21.43.50
 
そして今では、「出口王仁三郎」の計画をもとに「イスラエル」が建国されたためか、「出口王仁三郎」の妻「出口すみ」の出生地「京都府綾部市」と、「イスラエル」の首都「エルサレム市」が姉妹都市となっています。
 
(対談の中で「綾部市」のことを「出口なお」の出生地と話していますが、正しくは「出口すみ」の出生地です。訂正してお詫びいたします。)
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■綾部市がエルサレムと友好都市に 日本の自治体で初めて (京都新聞)
 
イスラエルの首都エルサレム市と友好都市宣言を締結することになった京都府綾部市は九日、駐日イスラエル大使を招いて署名式を行い、四方八洲男市長が「世界の恒久平和を実現する」との宣言文書にサインした。
 
エルサレム市と日本の自治体が友好都市宣言を結ぶのは初めてで、宗教法人・大本が仲介した。
 
署名式は午前十時から同市西町のI・Tビルで行われ、モシェ・ベンヤコヴ大使夫妻、大本の出口聖子教主、ヘブライ大学の辻田協二理事、地元各界の代表ら二百人が出席した。
 
綾部市は一九五〇年に日本で最初に世界連邦都市宣言をし、今回の友好宣言のキーワードは「平和」。エルサレム市のエフード・オルメルト市長がすでにサインし、綾部市に送付してきた宣言文書には「世界平和実現の共通目的を持って、友情の絆(きずな)を強める」と記されている。
 
両国の国旗が掲揚された会場で、宣言文書に署名した四方市長は「二〇〇〇年という大きな節目の年に、エルサレム市が平和へのパートナーとして綾部市を選んでいただいたことは日本、世界にとって意義がある」と喜びを語った。
 
[京都新聞 2000年2月9日]
 
---------------------(転載ここまで)
 
要するに「出口王仁三郎」の世界征服計画はそのほとんどが失敗したものの、ユダヤ人国家「イスラエル」の建国にだけは成功したわけです。
 
ただし、「出口王仁三郎」がキリストとなってイスラエルに再臨するという計画もものの見事に失敗。
 
これでは「出口王仁三郎」の面目が立たないということで、「大本教」の信者たちが「出口すみ」の出生地「綾部市」と「エルサレム市」とを姉妹都市にして、「出口王仁三郎」のメンツを守った、ということなのでしょうか。
 
そして、この「出口王仁三郎」の黒幕が「堀川辰吉郎」だと言われているのですが、もしかしたら「満州国」中心の世界帝国を作ろうと最初に提案したのは、本当は「出口王仁三郎」ではなく、「堀川辰吉郎」なのかもしれません。
 
堀川辰吉郎 – Wikipedia
 
で、彼のこの提案を元に、日本政府が中国と戦争までして「河豚計画」を実行していったということは、「堀川辰吉郎」がそれだけ強大な権力を握っていた、ということになります。
 
そう考えると、それこそ「堀川辰吉郎」が当時の「裏天皇」だったと考えられなくもありませんね。
 
(追記)
 
先ほどまで、最後に一見すると、不快に思えるような言葉が書かれてありましたが、これは意図的なものではなく、単にキーボードを誤って打ってしまったものです。
気付かずにアップしてしまいました。
一部、不快な思いをした方がいらっしゃったようで、大変申し訳ございませんでした。
最近、WORDPRESSがバージョンアップをし、かなりバグが多くて書きにくくなっています。
そのため、キーボードのタイプミスが多発していました。
本当に申し訳ございませんでした。

23 Comments
  • ユンダンテ
    Posted at 20:10h, 19 8月

    よく言う、歴史は繰り返すってことですね。

    当時は天皇と親戚の国はいい称号のような物を貰えますが、出雲と吉備は、天皇の親戚ではないのに特別扱いされていました。

    私としては、天皇の親戚ではないって本当か?って思うのですが、授業では親戚ではないって習います。

    月派の秦氏もいると思います。
    バフォメットのシンボルは月と逆五芒星ですし。

    ヤタガラスをつくったのも吉備真備です。

    Wikipediaを見ると中丸薫の父は堀川辰吉郎になってますね。

    去年は、杉原千畝ブームみたいなのがありましたよね。急に映画化したりして不思議でした。
    その時もイルミナティ側は何か企んでいたのでしょうか。

  • rapt
    Posted at 21:05h, 19 8月

    先ほどまで、最後に一見すると、不快に思えるような言葉が書かれてありましたが、これは意図的なものではなく、単にキーボードを誤って打ってしまったものです。
    気付かずにアップしてしまいました。
    一部、不快な思いをした方がいらっしゃったようで、大変申し訳ございませんでした。
    最近、WORDPRESSがバージョンアップをし、かなりバグが多くて書きにくくなっています。
    そのため、キーボードのタイプミスが多発していました。
    本当に申し訳ございませんでした。

  • ぽんかん
    Posted at 22:10h, 19 8月

    105弾にコメントしようとしましたら、送れませんでしたのでこちらに失礼します。また、過去に何度か投稿していますが、私がパソコンに疎く、送れてないようでした。今回も送れるかわかりませんがラプターさんの投稿に不勉強ながらお知らせしたいことがあり投稿します。
    新羅は韓国語で シルラ、シンラと発音するようです。
    で、百済は、ぺクチェ、高句麗はコグリョと発音するようです。
    韓国の時代劇(殆どが史実からの創作らしいですが。)に今BSNHKで毎週日曜日にやっている
    『イニョプの道』などは、滅ぼされた高麗(こうらい)王朝復建めざしなんだかんだと画策するようですが、血筋をとっても大事にし、また、隠し部屋のようなところに、彼等の先祖の経木みたいなものが、並んで線香みたいなのがモクモクとした映像がありました。
    ラプトさんのお話を読んだりしていると、その映像が浮かんだりして、実際、各朝鮮王朝とかの末裔と言われるのヒトタチもこんなモクモクしたお堂のようなものがあるのかしらと思ったりしました。
    それから、やわた、やはたについてですが、これまたすみません、韓ドラの歴史モノなんぞを見たりしてますと、こないだは、八旗などどいう名称の民族?があったようでした。それぞれ色別の旗をもっていたらしく、黄、紅、藍、白、と金色の縁取りの各色があったようです。朝鮮の方は女真族?やら金?族なんかと中国の国境争いも描かれていました。  
    raptさんの以前のお話でもご紹介がありましたが、名古屋市のマークが丸の中に八というのもこの辺と関わりがあるんでしょうか。

    それから、
    最近気になった記事ですが、
    名古屋学芸大学という大学の学長さんであった、もと鹿児島大学長の井形昭弘という人が愛知県の病院で12日に急死ということで二ュースになってました。
    静岡県浜松市出身、東大医学部卒、から鹿児島大の教授、臨時の水俣病認定審査会委員なんてのにもなられていたようですね。水俣病といえば雅子さまですよね。次の天皇のことで口封じ何でしょうか。今の九州の地震や豪雨もそういった関係者も沢山亡くなられているかもしれないかしらと思ったりしてしまいました。

    一度で送信したほうが送れるかと、とりとめもなく書いてしまい、申し訳ありません。
    どうか送られますように。
    これからもraptさんのブログを楽しみに読ませていただきます。

  • パウラ
    Posted at 22:23h, 19 8月

    堀川辰吉郎の血を引く人物で、なにやら皇族・前田家とロスチャイルド家のハーフ、オクラディッシュ・ハーマン(前田ゴロウ)なるお爺さんが裏天皇だったというお話をネット記事で読んだことがあります。ユンダンテさんのおっしゃるように歴史は繰り返すのでしょうね。満州国を中心とした、天皇の支配する世界国家(竹内文書みたいな)を、歴史上何度も作ろうとしては失敗して来たのですね、いろんな派閥争いで。こうして見ると世界は小さく、その中で争いが絶えないですね。日本国も同様で「日本人は単一民族」と学校で洗脳されて来ましたが大嘘でした。笑 UP有難うございます。

  • プレーン
    Posted at 22:25h, 19 8月

    こうして見ると悪魔崇拝者の目論見は常に頓挫していることがよくわかりますね。
    人類の歴史を通して神様の力が大いに働き続けてきたということの証左に思えます。
    戦いを通して疲弊した彼らの滅亡はもうすぐです。
    その時が突然来ても婚礼の宴に入れずに泣いて歯軋りすることのないように祈り続ける必要がありますね。

    万軍の主、大いなる主の御心が為され、御名があがめられ、祝福があふれますように。

  • 初級raptファン
    Posted at 23:19h, 19 8月

    RAPTさん、お疲れ様です。
     以前テレビか何かで「中国では黄色は弱虫だ」と言っていたのを思い出し調べて見ました。
    ___________________
    ■ 中国の習慣を知ろう?黄色? 中国語の黄色はピンクみたい?
    中国語の黄色には「卑猥・猥褻・堕落」などの意味があり、日本語の「ピンク」とよく似ています。
    【黄色電影】は「ピンク映画」(もはや死語になっているような気がしますが…)【黄色録】は「ポルノビデオ」、【黄色小説】は「エロ小説」のことなのです。
    それにしても…なぜ中国では黄色で、日本ではピンクなのでしょうね?
    http://allabout.co.jp/gm/gc/57231/
    ___________________
     これって満州国の黄色のせいなのですね。
    いやー、秦氏は満州国にかなりお怒りのようで
    黄色をボロクソにしてしまってますね(笑)
    日本における秦氏と月派の関係はこれで悪くなったのかもしれませんね。
    こうなってくると日本の月派は出雲とつるむしか無くなってしまいますね。
    しかし、なぜ日本はピンクなんでしょうね?
    単純に考えれば
    ■ 赤(秦氏) + 白(出雲) = ピンク
    秦氏と出雲がなれなれしくしてると女々しい
    という風に考えられるのですが、
    ■ 赤(秦氏) + 青(出雲) = 紫
    これは有りな雰囲気ですよね。
    この白と青の使い分けに何かありそうな気がしますけど・・・何でしょうね?
    ___________________
    ■ 上田家系図
    http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/GALLERY/show_image.html?id=38930698&no=0
    http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38930698.html
    ___________________
     出口王仁三郎が宗教を使って世界を支配しようとしていたとしたら
    上記家系図のように創価学会とも北朝鮮と関わりのある統一教会とも繋がっている事になり
    創価学会、統一教会を使って世界を支配しようと考えているでしょうね。
    ___________________
    ■ 創価学会はフランスやイギリスではカルト教団に指定されてるのは本当ですか? 2009/9/7
    フランス チリ ベルギー オーストリア ドイツ 。
    また また「アメリカ下院」が「創価学会は危険な組織」と指定しています。
    イギリスで 創価をカルト指定はありませんが
    こんな報道があります
    イギリス国営放送のBBCの有害宗教創価
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130345666
    ___________________
     2009年の段階で秦氏の拠点と思われるヨーロッパでは警戒してますね。
    たしか最近オウム真理教がロシアで暗躍しロシア当局が動いているという情報も有りましたね。
    世界征服計画は現在進行形なのだと思います。

  • ミツバチ
    Posted at 10:12h, 20 8月

    次の仮面ライダーはハエ(ベルゼブブ)がバレたのでとんでもないキャラクターになってしまいます。紫のゲーム。もぅ笑うしかありません。http://www.heroshock.com/wp-content/uploads/2016/07/13680847.jpg

  • Posted at 17:17h, 20 8月

    ミツバチさんへ
    お嫁さんに「仮面ライダーはバッタじゃなくてハエらしいよ。」と言ったら、お嫁さんが「次のカメンライダーはピンクで気持ち悪い!!」と言っていました。画像を見たらピンクでカメンライダーの面影が全く有りませんでした。
    raptさんのブログはチェックされていますね。

  • 神霊体験
    Posted at 21:18h, 21 8月

    カタカムナを少し調べてみましたが、「十」=「ト」、「○」=「ワ」の二文字が彼らにとって基本であり大事にしてるようです。
    「十」は十字架を象徴してると思われます。
    この一文字に陰陽道の意味合いが含まれてるようです。
    ここからは僕の推理ですが、倭国の由来はカタカムナの「ワ」から引用されてるのではないでしょうか?
    あと国旗の日の丸はカタカムナの「○」=「ワ」から用いられてるのでは?と思ってしまいました。
    そして「○」とは地球そのものを意味してるのかもしれません。
    「○」が変形して「」渦巻きになったのかもしれません。

  • 神霊体験
    Posted at 22:07h, 21 8月

    すみません。空白で「」の部分は渦巻きを絵文字にしたのですが、反映されなかったようですね。

  • じげもん
    Posted at 22:22h, 21 8月

    神霊体験さん
    興味深いお話をありがとうございます。
    『十』と『〇』を組み合わせると、島津家の家紋になりますね。
    また、『トワ』という音に漢字をあてると、『常』になります。『国常立神』、つまり『ルシファー』のことですね。
    なんだかつながりそうな気がしますね。
    皆さまに祝福がございますように。

  • chisaka
    Posted at 01:46h, 22 8月

    大本の外郭団体に「人類愛善会」という組織があるのですが、そこではエスペラントという世界共通語を拡める活動を行っています。今思うとそれってもしかしたらNWOの一環だったんですねー。出口王仁三郎はマジで本気だった? それから世界紅卍字会に絡む情報で公社 日本紅卍字会というのがあるのですがそこの名誉会長に半田晴久氏が就任してますね。あの、宗教業界では知る人ぞ知るワールドメイトの代表です。RAPTさんの功績で闇の部分にどんどん光が当たっている感じです。いつも貴重な情報をありがとうございます。

  • 初級raptファン
    Posted at 02:35h, 22 8月

    RAPTさん、追記で失礼します。
    前回チュルク族について書いていましたが、
    私も調べていてある仮説に辿り着いたので書いてみます。
    ___________________
    ■ テュルク系民族   
    ■ モンゴル帝国の拡大
    テュルク・モンゴル系の諸部族が割拠していたが、13世紀初頭にモンゴル出身のテムジンがその諸部族を統一して新たな政治集団を結成し、チンギス・カン(在位: 1206年 – 1227年)として大モンゴル・ウルス(モンゴル帝国)を建国した。
    ■ アナトリア半島のテュルク
    現在、最も有名なテュルク系国家であるトルコ共和国はアナトリア半島に存在するが、テュルク人の故地から最も離れた位置にあるにもかかわらず、テュルク系最大の民族であるトルコ人が住んでいる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/テュルク系民族
    ___________________
     テュルク族とチンギス・ハンがここで繋がります。
    そして、ロシア、クリミア、カザフスタンなどに
    ハン国というものが存在していたみたいです。
    ___________________
    ■ カザン・ハン国
    カザン・ハン国はチンギス・ハーンの長男ジョチの十三男トカ・テムルの末裔であるウルグ・ムハンマド(大ムハンマド)を祖とする。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/カザン・ハン国
    ■ クリミア・ハン国
    クリミア・ハン国は15世紀中頃に、クリミア半島にいたチンギス・ハーン後裔の王族、ハージー1世ギレイ(英語版)によって建国された。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/クリミア・ハン国
    ■ ウズベク・ハン国 シャイバーニー朝
    シャイバーニー朝、或いはシャイバーン朝と称されるこの王朝の名はチンギス・カンの長男ジョチの第5子であるシバンからきている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/シャイバーニー朝
    ___________________
     ハン国とはチンギス・ハンの子孫が作り上げた国で
    かなりの勢力になっているようです。
    ___________________
    ■ ウズベク3ハン国
    定住化したウズベクが担った国家はマー・ワラー・アンナフルのブハラ・ハン国、ホラズムのヒヴァ・ハン国、フェルガナのコーカンド・ハン国の3国があり、総称してウズベク3ハン国と呼ばれる。
    男系はチンギス・ハーンの子孫(チンギス統原理)で女系は預言者ムハンマドの子孫(サイイド)という点も共通する(ただし、コーカンド・ハン国のみチンギス・ハーンの血を引かないミング部族の出身とされる[1])。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウズベク
    ___________________
     コーカンド・ハン国の様にチンギス・ハーンの血を引かない
    部族が現れるくらい勢いがあったみたいです。
    (続く・・・)

  • 初級raptファン
    Posted at 02:36h, 22 8月

    (続き・・・)
    ___________________
    ■ タタール人
    タタール(Tatar)は、北アジアのモンゴル高原から東ヨーロッパのリトアニアにかけての幅広い地域にかけて活動したモンゴル系、テュルク系、ツングース系の様々な民族を指す語として様々な人々によって用いられてきた民族名称である。
    ___________________
     ここでテュルク族とタタール人の繋がりが出て来ます。
    ___________________
    ■ 現在のタタール
    現在では、旧ソビエト連邦を中心にシベリアから東ヨーロッパにかけて居住するテュルク系諸民族がタタール(タタール語: Татарлар, Tatarlar)を自称するが、彼らは必ずしも歴史上タタールと称されてきたあらゆる民族の末裔ではない。現在タタールと呼ばれる諸民族はロシア連邦内のヴォルガ川中流域(イデル=ウラル地域)に住むヴォルガ・タタール人(カザン・タタール人)、ヴォルガ川下流域に住むアストラハン・タタール人(タタール語版、ロシア語版、英語版)、シベリアに住むシベリア・タタール人(タタール語版、ロシア語版、英語版)、ウクライナ領のクリミア自治共和国に住むクリミア・タタール人、ベラルーシ、リトアニアおよびポーランドに住むリプカ・タタール人などに別れる。
    ___________________
     別れたり広がったりしながら現在もタタール人は存在する。
    ___________________
    ■ たたら製鉄とタタール人
    たたら製鉄はタタール人によって日本にもたらされたとする説がある。この謎の解明しようと、ロシアのタタルスタン共和国の視察団が島根県で現地調査を進行中であると報じられた[13]。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/タタール
    ___________________
    上記のようにたたら製鉄(たたら場)は日本にも来ている。
    これがもののけ姫で出ていた、たたら場のルーツ
    まとめると
    1.テュルク・モンゴル系の諸部族が割拠していた
    2.それをチンギス・ハンがモンゴル帝国を建国した。それをテュルク族という。
    3.勢力を伸ばし子孫らがハン国をクリミアの方に作った。
    4.チンギス・ハンの創りだした勢力または子孫の別名がタタール人。
    5.そして現在もタタールとしてロシア辺りに居る。
    6.タタールとしてたたら製鉄(たたら場)が日本に入っている。
    こんな感じになります。
    RAPTさんの理論と合わせると、
    義経=チンギス・ハン
    義経は北へ逃げ北海道を渡り、
    北方領土を渡り、
    満州国付近にたどり着いた。
    その際に月派とも関係があった?
    その後勢力を拡大し、
    ヨーロッパへ散っていった。
    そして、その子孫がたたらとして逆輸入された。
    元々出雲系だから頼朝が居なくなっていたので迎えられたのかな?
    もう眠いので頭が回りません(笑)

  • rapt
    Posted at 16:13h, 22 8月

    前回の記事で「ラプター」という人がたくさんのコメントを書き、それに対して頭が混乱すると書いてきた人がいましたが、ついに「ラプター」が本性を現しました。
    「ラプター」は本日、私に対して「何もかも天皇のせいにしすぎ」と書いてきました。
    やはり今回と前回の私の記事は、工作員には難しすぎて、理解できなかったようです。
    そのため、直接、私の記事にイチャモンを付けるのではなく、竹中平蔵と同じように訳の分からないことを沢山書いて、読者を混乱させ、真実が分からないように仕向けようとしたようです。
    とりあえず、今後の彼らの工作の手口を知るためにも、「ラプター」のコメントはそのまま残しておこうと思います。

  • rapt
    Posted at 16:21h, 22 8月

    彼らはこれからRAPT理論を信じる人たちを混乱させるために、RAPT理論の中にわざと嘘を混ぜて、人々を混乱させていくでしょう。
    RAPT理論をはなから否定すると、かえって誰からも怪しまれるので、RAPT理論を信じる振りをしながら、RAPT理論の一部を改ざんし、人々の頭を混乱させるわけです。
    また、私が過去に書いた記事と、最近の記事とでは、内容がかなり異なります。
    それは、次々と新しい発見があったからです。
    しかし、彼らは過去の記事をわざと引き合いに出し、最新の記事を隠すようにして、RAPT理論を語ります。
    ですから、もし私の最新の記事を無視して、過去の記事についてばかり語るような人がいたら、その人は工作員だと思って間違いないでしょう。
    本当にRAPT理論を信じている人は、最新の記事もしっかりとチェックして、そちらの方が正しいと分かっているはずだからです。

  • 初級raptファン
    Posted at 20:35h, 23 8月

    ラプター様へ
    自民党ネットサポーター所属のラプター様、
    毎日の工作活動及び監視業務
    お疲れ様です。
    知って頂きたい情報がありますので、ぜひご覧になって下さい。
    ___________________
    ■ 貧乏人ストックホルム症候群もまた、
    貧困を深刻化させることによって政府への依存度を高めて奴隷化しようとしている
    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4535.html
    ___________________
     何か最近生活大変じゃないですか?
    消費税上がるし、医療費上がるし、給料上がらないし、
    自動車高くなるし、自動車税上がるし、年金出るの?
    その理由が「貧困を深刻化させることによって政府への依存度を高めて奴隷化」です。
    日本の借金が・・・とか、経済が・・・とか、医療費が・・・とか、
    関係ありません。
    庶民からお金を奪い取り経済的徴兵制(これは実際アメリカでやってます)や
    企業が庶民を支配する為、反政府的な動きを出来なくする為にやっているだけです。
    ___________________
    ■  自民党のネットサポーターたちは貧困の増産に躍起となり、
    世界最大の広告代理店の関連会社の、そのまた下請けが、はした金で1年365日24時間、
    ネットを監視し、世論操作をやっているのである。
    もっとも、彼らは、あまりにも稚拙で白痴そのものであるために、
    ほとんどの人々は組することはないものの、中には、「日本をとりもろす」とか、
    「日韓の歴史認識を」などと言いながら、自民党がせこせこリークした他者を攻撃するための情報にすがって、
    今日もデタラメを書き続けるのである。
    ___________________
     このように色々なブログに工作活動したので
    かなりバレてきてます。
    ___________________
    ■ 自民党のサポーターたちの避けられない末路
    ナチス強制収容所のSS(親衛隊)は、比較的、わずかな仕事しかしなかった。
    ナチスの親衛隊は、ユダヤ人抹殺のルーティーンには加わっていなかったのである。
    ■ なんと、ユダヤ人抹殺の仕事のほとんどが、ユダヤ人自身に任されていたのである。
    ナチスは、自分たちが虐殺したいと思っていたユダヤ人を恐怖によって自在に操り、
    何の痛みも感じさせることなく同胞を大量虐殺させたのである。
    ■ 結局、彼らに与えられたのは、死の収容所行の特別列車の優待席だった。
    彼らもまた、最後はツィクロンBを吸わされて、一人残らず殺されていったのである。
    ___________________
     ナチスの強制収容所ではユダヤ人をユダヤ人に監視させ、
    ユダヤ人抹殺の仕事をさせています。
    これはソ連の強制収容所でも同じで、日本人の手記にも書かれていますが
    日本人が日本人を管理しています。
    そして、その後必要なくなったら殺されます。
    これは伝統的なイルミナティのやり方です。
     そもそもイルミナティとは何なのでしょう?
    それは古代王族血縁ネットワークです。
    ようするに、「血統証」が付いてるか、付いてないかなのです。
    庶民でも努力すればトヨタの様になれる?
    いいえ、なれません。
    それは血統証が付いてないからです。
    (続く・・・)

  • 初級raptファン
    Posted at 20:35h, 23 8月

    (続き・・・)
     前回のコメント欄に私が任天堂について書いていますが
    岩田 聡さんが7月11日に亡くなりました。
    7+11=18=666
    これは生贄にされた事を意味しています。
    彼は秦氏の持つ任天堂を出雲が乗っ取る為に任天堂に入りました。
    結果、任天堂は出雲の物になりました。
    彼は有能だったからです。
     しかし、彼には血統証(イルミナティの血筋)が無かったのです。
    よって彼は生贄にされました。
    恐らく現在の任天堂社長は出雲の血統だと思われます。
     そんな訳無いと思うでしょうが、実際悪魔儀式を本気で行っています。
    ___________________
    ■ CERNの科学者らが敷地内で悪魔儀式を演じました。
    どうやらCERNの科学者らは意図的に論議を扇動しています。
    CERNの敷地内に設置されてるオカルトのシバ神の像の周りに
    黒いローブをまとったCERNの科学者らが集まり悪魔儀式の人身御供を演じました。
    彼らはその様子を映しYoutubeに投稿し人々を惑わしました。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51991770.html
    ■ 悪魔儀式(閲覧注意)
    しかし、このビデオから判断して、彼らは本当にオカルト儀式を冗談でやっていたと考えられえるのでしょうか。
    どちらにせよ、彼らはかなり不気味なことをやってのけました。
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=_pqp33cVkIE
    ___________________
     なぜ彼らは悪魔儀式を行うのでしょうか?
    それは悪魔が実在するからです。
    工作員とは悪魔側です。
    無能であれば生贄にされ、
    有能であっても生贄にされます。
    生贄にされたら死後悪魔が迎えに来ます。
    早く気付く事を願います。

  • 初級raptファン
    Posted at 21:51h, 23 8月

    RAPTさん、さらに追記で失礼します。
    ハン国について書こうと思うのですが、その前に
    ___________________
    ■ 「まさかのアベマリオ」安倍首相、マリオの格好で土管から出現 リオオリンピック閉会式
    8月21日のリオデジャネイロ・オリンピックの閉会式で、
    任天堂の人気キャラ「マリオ」の格好をした安倍首相が、
    土管から登場するというサプライズ演出があった。
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/21/rio-mario_n_11646846.html
    ___________________
     前回のコメント欄に任天堂について書いたばかりでした。
    あまりのタイミングに私もびっくりしました。
    前回書いた時も何か凄く書きたくなって取り憑かれたように書いてしまいました。
    これは神さまが書けと私に言っているのではないかと勝手に思ってしまいます。
     私が考えるにマリオは赤いです。よって秦氏です。
    そしてブラジルはAIIBに加盟してます。
    AIIBは秦氏だと思われます。
    ___________________
    ■ ブラジルのルセフ大統領、180日間の職務停止 リオデジャネイロオリンピック前に異常事態
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/12/rousseff-brazil-suspension-of-performing-duty_n_9940508.html
    ___________________
     秦氏ブラジルは出雲によって攻撃されているようです。
    恐らくオリンピックも乗っ取られているのでしょう。
    任天堂も秦氏でしたが、今は出雲に乗っ取られています。
    その乗っ取られたオリンピックで
    乗っ取られた任天堂のキャラクター、
    マリオの姿で現れた出雲の安倍。
    完全に秦氏に対する挑発行為ですね。
    しかも、次は東京オリンピックって・・・
    それも出雲が乗っ取っている訳で・・・
    出雲はどうしても戦争がしたいみたいですね。
      RAPTさんは国旗の色から「韓国(白)」は「出雲族」と考えていました。
    ___________________
    ■ タイヤメーカー ハンコック
    https://www.hankooktire.co.jp/
    ___________________
     韓国のタイヤメーカーにハンコックというのがあります。
    ハンコック = ハンコク = ハン国!!!
    ハン国はチンギスハンの子孫が作った国。
    まさか・・・
    韓流 = ハンリュウ = チンギス・ハン流!!!
    いやいや、韓国(かんこく)ですから・・・
    ___________________
    ■ チンギス・カン
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3
    ___________________
     こんな呼び方もある。
    韓国 = かんこく = チンギス・カン国!!!
    やっぱり?
    ___________________
    ■ 汗国(かんこく、ハンこく、Khanate)
    「カン/ハン(qan)」は「皇帝」という意味の「カガン/カアン/ハーン(qaγan)」とは違い、
    皇帝より格下の「王」という意味である。
    チンギス・カンが率いるモンゴル帝国が勃興すると、第2代カンのオゴデイは他のカンから卓越した存在として「カアン(ハーン)」を称することになる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%97%E5%9B%BD
    ___________________
     カン・ハンは王という意味なのか?
    それとも都合が悪いので後付で意味を加えたのか?
    何にせよチンギスハンが韓国にかなりの影響を与えている事は確かです。
    チンギスハンは出雲なのでRAPTさんの考えは正しいと私は思います。
     最近色々コメント欄に書き込んでしまっていますが
    世の中が少しでも良くなればと思います。お許しください。

  • 春のきざし2
    Posted at 17:47h, 24 8月

    初級ラプトファンさん、いつも、沢山の情報ありがとうございます。 でも、ユダヤ強制収容所の 大量虐殺は、無かったのでは?発疹チフスで死んだのを、ガス室で虐殺したことにしたのでは?収容所は当時ガス室としての機能は要してなかった、換気用煙突など かなり後になり付け足したなど、と私は理解しているのですが、ユダヤ人同士で 殺しあったなど、初めて聞きました。私の 認識がおかしいのでしょうか? 教えて頂けませんでしょうか? お願いします。

  • 初級raptファン
    Posted at 20:38h, 24 8月

    >春のきざし2さん
    ご指摘ありがとうございます。
    私の勘違いでした。
    訂正させて頂きます。
    自分の書いた文章を読み直しました。
    こんな基本的な事ぬけてたなんてお恥ずかしい限りです。
    間違った情報流してしまう所でした。
    大変感謝します。
    またおかしな所がありましたら指摘して頂きたいと思います。
    ありがとうございます。

  • 春のきざし2
    Posted at 21:07h, 24 8月

    私の方こそ 初心者で、歴史も大変苦手で、四苦八苦しながらですが「ラプト理論歴史」は 興味に引っ張られ「何とか知りたい 知りたい」となり 苦手ながら 何度も読み返し ついていこうとしています。そして、読者のみなさんの、コメントも嬉しく励みにしています。真実を知るにつけ 一般世間とは 相いれず距離が出来「孤独」になっていきますが ラプトさん 読者のみなさんと共に 「悪魔退治」出来ているのだと 嬉しい思いの今日この頃です。 今後ともよろしくお願いします。 

  • 初級raptファン
    Posted at 21:58h, 24 8月

    ありがとうございます。
    私も歴史はかなりの苦手で
    自分で調べたりしながら
    真実を見つけ出そうとしてます。
    このブログは今一番真実に近いブログだと思います。
    確かに一般世間とは距離が出来ますね、私もです(笑)
    もっとRAPT理論が一般的に話せる様になれば世界が変わると思ってます。
    私が色々情報を書き込んでいるのは
    これまでも何気なく書いた情報や考えが結果的に
    意外なほど重要な情報だったりするからです。
    なので間違った情報も書いちゃうかもしれませんが
    その時はご指摘下さい。
    私も趣味「悪魔退治」ですね。

Post A Comment