RAPT | NWOも原発もNHKも自動車もタクシーも、全てがフリーメーソン絡みの天皇の親戚一同の儲け話です。
34358
post-template-default,single,single-post,postid-34358,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

NWOも原発もNHKも自動車もタクシーも、全てがフリーメーソン絡みの天皇の親戚一同の儲け話です。

NWOも原発もNHKも自動車もタクシーも、全てがフリーメーソン絡みの天皇の親戚一同の儲け話です。

110103-1
 
昨日はNWO(世界連邦運動)を提唱した人物がフリーメーソンであり、かつ日本人であったというお話をしました。
 
NWO(世界統一政府)の提唱者がフリーメーソンであり、日本人であるという確たる証拠。
 
で、この人物の名を「カレルギー」というのですが、この「カレルギー」は日本の歴代総理からも異常なまでに尊敬され、天皇とも個人的に謁見し、「勲一等瑞宝章」まで授与されています。
 
しかも、この「カレルギー」の構想を元に「EU」が誕生し、今では「鳩山由紀夫」が彼の構想を元に「東アジア共同体」を作ろうとまでしています。
 
一応、「カレルギー」のNWO構想は以下のようなものでした。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■世界連邦
 
世界の5ブロック – 著書『パン・ヨーロッパ』の世界地図におけるブロック構成。
 
1919年のある日、クーデンホーフ=カレルギーは地球儀を眺めて世界のブロック化に思い至った。
 
欧州の統合を目指したクーデンホーフ=カレルギーが、欧州統合の先に目指すところは世界が1つになること、世界連邦である。
 
世界連邦に至る過程において、世界の諸地域は5つの地域国家群(ブロック)に分けられ、それは「ヨーロッパ」(植民地含む)、「南北アメリカ」、「東アジア」、「イギリス連邦」、「ソビエト連邦」であり、最終的に世界連邦を形成するのである。
 
クーデンホーフ=カレルギーは世界連邦運動をアインシュタインやバートランド・ラッセルらとともに提唱し、世界連邦建設同盟(World Federation Movement)が発足した。
 
----------------(転載ここまで)
 
ごく普通の庶民がこんなことを思いついたとしても、このように世界中の要人たちから注目を集めることは先ずあり得ません。
 
例えば、あなたが地球儀を見ているうちに、これと同じような構想が思い浮かび、それをブログやツイッターに書いて情報拡散したとしても、世界の政治家や天皇から注目を浴びることは絶対にないでしょう。
 
要するに、この上の記事に書かれた出来事は、すべて単なる茶番劇であり、何らかの巨大な組織がこの「カレルギー」という男を使って、「NWO」の賛同者を集めていったということです。
 
そして、その賛同者たちも、当然のことながら、そのほとんどがグルに違いありません。
 
では、その巨大な組織とは何なのか。
 
言うまでもありません。フリーメーソンです。現実に「カレルギー」も「鳩山由紀夫」の祖父もフリーメーソンのメンバーだったわけですから。
 
とはいえ、「カレルギー」がこんな大役を任されたということは、彼がそんじょそこらのフリーメーソンでないことは明らかです。よほどの重要人物に違いありません。
 
では、この「カレルギー」とは、一体どんな人物だったのでしょうか。
 
一応、ウィキペディアには以下のように書かれてあります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーは、クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。
 
----------------(転載ここまで)
 
見ての通り、「クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家」の一人だそうです。
 
では、「クーデンホーフ家」と「カレルギー家」とはどんな一家なのでしょうか。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■クーデンホーフ家
ブラバントのフランス系の貴族で十字軍にも参加したジェラール1世・ドゥ・クーダンノヴに遡り、その後八十年戦争の端緒となったネーデルラントの反乱(英語版)をハプスブルク家の側について戦い、ハプスブルク家とクーダンノヴ(クーデンホーフ)家が共にその戦争によりオーストリアへ追いやられる以前にフランドルへ移動した。1790年以来帝国伯(英語版)の称号を持つ。
 
■カレルギス家
10世紀前後からのヨーロッパ最古の貴族家系。東ローマ帝国のニケフォロス・フォカスの末裔でクレタ島の一地域の領主になった。13世紀に「カロン」(καλόν:美しい)と「エルゴン」(ἔργον:行為)に由来するカレルギス(Καλλέργης)の姓を創始し、後にカレルギーに改めた。
 
----------------(転載ここまで)
 
一言で言えば、「クーデンホーフ家」は「ハプスブルグ家」と深い関わりがあり、「カレルギー家」は「東ローマ帝国」の王様と深い関わりがあったということです。
 
そして、「ハプスブルク家」も「東ローマ帝国」も、どちらも「ロスチャイルド」と深い関わりがあります。
 
「東ローマ帝国」についての詳細は省きますが、まあ、その国章を見れば、一目で「ロスチャイルド」と関係があることが分かります。
 
Palaiologos-Dynasty-Eagle.svg

〈東ローマ帝国の国章〉

 
一方の「ハプスブルク家」も、陰謀論を齧ったことのある方なら、「ロスチャイルド」と密接な関係にあることはもう既にご存知のことと思います。
 
例えば、以下は「ロスチャイルド家」の紋章ですが、この紋章はオーストリアの「ハプスブルク家」から授けられました。(出典はこちら
 
s_スクリーンショット 2015-12-06 15.59.44
〈ロスチャイルド家の紋章〉

 
また、以下は「クーデンホーフ家」の家紋ですが、「ロスチャイルド家」の家紋とそっくりです。(出典はこちら
 
s_Coudenhove_-_Tyroff_HA
このように、どこからどう見ても、「カレルギー」が「ロスチャイルド家」と関わりがあることは明白です。
 
で、昨日の私の記事を読んだ方の中には、「カレルギー」のウィキペディアの記事を詳しく読まれた方もいるかも知れません。
 
で、その記事を読めば、この「カレルギー」こそが日本に「原発」をもたらした真犯人ではないかと疑われたことでしょう。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
鹿島(守之助。鹿島建設の祖。)は1957年、クーデンホーフ=カレルギーの思想に則し、汎アジア構想の具体化のため、国際的平和と安全の研究機関「鹿島研究所」(1966年から財団法人「鹿島平和研究所」)を設立した。
 
1967年、財団から第1回鹿島平和賞がクーデンホーフ=カレルギーに贈られることになった。
 
その時クーデンホーフ=カレルギーは、日本が世界平和を担う運命にあり、それは世界唯一の平和主義的な「日本国憲法」がそのようにしていると謝辞で述べた。
 
(中略)
 
■日本の原子力エネルギー政策と福島第一原子力発電所
 
日本における最初の原子炉となる日本原子力研究所第1号原子炉を建設したのは鹿島建設である。
 
1957年7月に鹿島は北海道開発庁長官の辞任に伴い鹿島建設取締役会長に就任し、1か月後の1957年8月に第1号原子炉は初臨界を成功させた。
 
1956年鹿島建設に設けられた原子力室の初代室長に就任したのは鹿島の娘婿石川六郎であった。
 
鹿島の役員たちは揃って原発への参加に反対していたが、鹿島守之助は原発に熱心であり、鹿島建設は福島第一原子力発電所事故が発生した2011年において日本に54基ある原子炉のうち20基以上を手掛けるまでに至った(廃止等を含めると38基)。
 
鹿島守之助の孫・渥美直紀(鹿島建設役員)は、中曽根康弘の次女・美恵子(NHKアナウンサー)と1974年に結婚した。
 
中曽根康弘は原子力予算提出(第5次吉田内閣)・原子力基本法(第3次鳩山一郎内閣)・第7代原子力委員会委員長(第2次岸内閣)など原子力の導入に関与した。
 
クーデンホーフ=カレルギーの来日する前月の1967年9月29日に福島第一原子力発電所1号機の建設は着工した。
 
福島第一原発への鹿島建設の参加には鹿島建設会長で国会議員の鹿島守之助による建設大臣への働きかけがあり、鹿島会長は会社に「赤字でもやれ」と指示した。
 
さらに鹿島守之助は12月に『電気協会雑誌』において、原子力の平和利用により核兵器の製造能力をも有する日本は、中華人民共和国に対抗すべく、技術力、科学力、経済力を絶えず養わなければならないのであると言っている。
 
また鹿島守之助は佐藤栄作元首相の核武装論者の変節という批判もある非核三原則による1974年ノーベル平和賞受賞の画策に一役買っている(鹿島は1972年には鳩山一郎夫人の鳩山薫の受賞を働きかけた)。
 
福島第一原発1号機はクーデンホーフ=カレルギーが存命中の1971年3月26日に運転を開始した。
 
----------------(転載ここまで)
 
この記事では、「カレルギー」が直接、日本の原発に関与したとは書かれてありません。
 
しかし、原発がもともと「ロスチャイルド家」の専売特許であることは有名な話です。
 
一応、メディアなどの報道では、アメリカからの外圧によって当時の首相・中曽根康弘が、正力松太郎とともに日本に原発を導入したということになっています。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)
 
何から何まで奇妙な原発利権。日本の原発は「天皇派」と「教皇派」の核軍拡競争のために建造されました。 
 
しかし、それはあくまで政治的な方面から見た話であって、実際にお金の動くところでは、「カレルギー」と「鹿島建設」との間で何らかの裏取引があったに違いありません。
 
でなければ、どうして「鹿島守之助」がここまで「カレルギー」を崇敬するでしょうか。
 
要するに、「ロスチャイルド」が「鹿島守之助」に何らかの根回しをして、日本に原発を建てさせたということなのです。
 
しかも、驚くなかれ。
 
原発を建設した「鹿島守之助」と、原子力室の初代室長になった「石川六郎」、そして日本に原発を誘致した「中曽根康弘」はみんな親戚どうしでした。
 
その証拠に、以下のリンクの「系図1」をご覧ください。(このサイトの管理人さんは、この系図を他のサイトに貼り付けることを禁止されておられますので。)
 
中曽根康弘 近現代・系図ワールド~中曽根弘文
 
つまり、日本の原発は、日本のある小さな一族によって誘致され、建設され、運営されてきたということなのです。
 
しかも、このリンク記事の「系図2」をよく見ると、「中曽根康弘」が「福田康夫」とも親戚であることが分かります。
 
で、この「福田康夫」は「安倍晋三」や「麻生太郎」や「天皇」などと親戚でしたよね。
 
k_fukuda_yasuo_asou_tarou
〈系図A〉

 
で、この「安倍晋三」と「麻生太郎」は、見ての通り「佐藤栄作」とも親戚です。
 
ということは、「鹿島守之助」もまた「佐藤栄作」とは親戚ということになります。
 
で、その「鹿島守之助」の後押しによって「佐藤栄作」がノーベル平和賞を受賞した。(上の転載記事の太字部分)
 
ということは、「佐藤栄作」のノーベル賞受賞は、単なる親戚どうしの根回しに過ぎなかったというわけです。
 
さらに、「鹿島守之助」は「天皇」とも親戚にあたるわけですが、自ら尊敬する「カレルギー」を「鳩山由紀夫」の夫人「鳩山薫」とともに日本に招待し、「天皇」に謁見させた……。
 
ということは、これまた単に親戚が親戚に引き合わせたというだけの話に過ぎません。
 
「鳩山由紀夫」「鳩山薫」も天皇の親戚ですしね。上の「系図A」を見れば分かります。
 
なのに、「鹿島守之助」と「鳩山薫」は「カレルギー」を日本に招待したからという理由で、天皇から「勲一等瑞宝章」を授与。
 
しかも、「カレルギー」まで同じく「勲一等瑞宝章」を授与。
 
で、その「鳩山由紀夫」もまた「カレルギー」を崇拝し、彼の構想を元に「東アジア共同体」を作ろうとしている……。
 
どうやら彼ら親戚一同は、とても仲がヨロシイようです。
 
このようなわけですから、我々のような普通の庶民が「ノーベル賞」やら「勲一等瑞宝章」をもらおうと奮闘しても、全ては無駄な足掻きに終わります。
 
彼らが我々のような部外者に、何らかのおこぼれを与えてくれるとは到底思えないからです。
 
なので、そんな努力をするぐらいなら、もっとこの世の役に立つような努力をした方がいいでしょう(笑)。
 
ちなみに、「中曽根康弘」の系図を見てみると、その息子の「中曽根弘文」の娘・文子(あやこ)と、「タクシー王子」こと日本交通社の社長「川鍋一朗」が結婚していることが分かります。
 
ph01
〈川鍋一朗〉

 
で、「中曽根康弘」は「安倍晋三」の親戚であり、「安倍晋三」はトヨタの歴代社長と親戚でしたね。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)
 
トヨタと天皇と安倍晋三はとても近い親戚です。現在も日本経済を支配しているのは、大室寅之祐に与した「田布施一族」です。
 
で、「安倍晋三」はトヨタの開発している「自動運転車」を、東京オリンピックが開催される2020年までに実現し、普及させようとしています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「イスラム国」に資金援助したトヨタが、軍用ロボットを密かに開発しているという恐るべき現実。
 
で、もしこの「自動運転車」が現実に普及するようになれば、タクシー会社はタクシーの運転手を雇う必要がなくなりますので、人件費がかなり浮きます。
 
そうすると、日本交通社の「川鍋一朗」はボロ儲けすることになるでしょう。
 
要するに「自動運転車」の開発と普及により、これまた天皇の親戚一同が潤うことになるというわけです。
 
さらに言うなら、「中曽根康弘」の次女・恵美子は「NHK」に入社。
 
で、この恵美子は「鹿島守之助」の孫である「渥美直紀(鹿島建設役員)」と結婚しています。(上の転載記事の太字部分。)
 
で、「鹿島」と縁のある「カレルギー」は、「NHK」とも実に密接な関係にあります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■NHK会長・前田義徳
 
1964年、アジア太平洋地域の放送関係団体からなるアジア太平洋放送連合は、第10代NHK会長前田義徳が学生時代に読んだ『汎ヨーロッパ』のイメージが元で設立された。
 
前田は鹿島守之助、鳩山薫とともに、クーデンホーフ=カレルギーを日本に招待した(1967年10月26日-11月8日)。
 
NHKはリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーが死去した翌年の1973年に、母・光子(役: 吉永小百合)と次男リヒャルトの伝記を『テレビ開局20周年記念 ― 海外取材特別番組 国境のない伝記 ― クーデンホーフ家の人びと』としてTV放映した。
 
(3月7-28日: 第1回「牛込区納戸町」、第2回「ボヘミアの城」、第3回「実説・カサブランカ」、第4回「ECとウィーンの墓」)
 
この番組は前田会長がNHKプロデューサー吉田直哉に依頼したものである。前田は同1973年7月16日に会長職を退いた。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、この「アジア太平洋放送連合」の会長に「海老沢勝二」がちゃっかりと就任。
 
アジア太平洋放送連合 – Wikipedia
 
この「海老沢勝二」は、「安倍晋三」や「佐藤栄作」と親戚でしたよね。(詳しくは以下のリンクの「系図3」をご覧ください。)
 
系図でみる近現代 第7回 安倍晋三・昭恵・晋太郎、岸信介家系図
 
これまた何もかもが一族の儲け話になっているというわけです。
 
しかも、「アジア太平洋放送連合」のロゴマークは、以下のように完全なフリーメーソン(ホルスの目)。
 
logo
 
まあ、「カレルギー」がフリーメーソンなのですから、当然のことではありますが。
 
いずれにせよ、マスコミのロゴマークがどれもこれもフリーメーソンばかりなのは、この「カレルギー」に全ての元凶がありそうです。
 
19.20.56
 
いずれにせよ、このように天皇の親戚たちは、互いに互いが潤うように一族の利権を(国民の誰にも知られないように)巧妙に守り合っているというわけですね。
 
これでは当然、国民のほとんどが貧しくなり、一部の人だけが富める社会になりますよね。実にありがたいご時世です。
 
最上の画像のように、日本の全国民が天皇を崇めたくなるのも当然のことと言えますね。
 

7 Comments
  • AIRSCAPE
    Posted at 23:02h, 06 12月

    今日もまた、目を開かせるような話をありがとうございます。
    一方で、巷に流れる情報はさらにフィルタリングが強化され、まさにマトリックスの中にいるようです。
    例えば、過去ではTED(アメリカの有名なプレゼンサイト)等でも、統計データ等も活用したわかりやすい陰謀論がプレゼンされていました。以下は、日本語字幕も選べます。
    ・誰が世界を支配しているか?
    http://www.ted.com/talks/james_b_glattfelder_who_controls_the_world
    ・選挙の支配構造について
    http://www.ted.com/talks/lawrence_lessig_we_the_people_and_the_republic_we_must_reclaim#t-7181

    これらのプレゼン、RAPTさんのyou tube再生数と同様に、再生数が上がらない、または過去より再生数が若干下がっている?と思われる事象が生じています。また最近のTEDでは、マララ(ノーベル平和賞受賞)のプレゼンや「テロへの対応」等、向う側に受けの良いプレゼンが増えています。またキレのあるプレゼンが減り、面白くなくなっています。

    恐らく、上記のような傾向は全ての分野において強化されつつあるのでは、と考えています。とはいっても、悪魔は何処か抜けていますので対処は出来そうですが。一人ひとりが善と悪を正しく理解し、善を取込み発信することが、今後はさらに大事になるな、と考えています。本日も、ありがとうございました。

  • @joe
    Posted at 23:32h, 06 12月

    RAPT様

    日々の更新、核心に迫る記事をありがとうございます。

    本日の記事で「日本交通」が出てまいりましたが、
    都心にて日本交通と争っている(とされている)km(国際自動車)、
    「国際」と言えば「国際興業」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%88%88%E6%A5%AD

    繫がりが尋常じゃあないです。

    それを創りあげたのが、創始者小佐野賢治
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BD%90%E9%87%8E%E8%B3%A2%E6%B2%BB

    更に「もう何もかもが」状態です(^_^;)

    失礼致しました。

  • @joe
    Posted at 23:57h, 06 12月

    追記、失礼致します。
    こんなのも出てまいりました。
    ~ジャニー喜多川の家系図~
    http://ekusoy0421aglo0131akiv0410.jp/blog-entry-260.html?pc

  • アモリフェラ
    Posted at 09:14h, 07 12月

    私も2年前までは、この皇居前旗振り国民のお仲間だったのですが、今見ると異様な光景に映ります。聖書に「金持ちが天国にはいるのは、ラクダが針の目を通るより難しい。」という言葉がありますが、今回の記事を拝読しこれを思い出しました。洗脳教育されて1%の支配層を崇めるよう仕向けられ、理由も理解できずに苦しんでいる国民が大半です。「日本はものすごいカルト国家」っていうことを機会があるたびに伝えたい、そんな気持ちになりました。ネットがある現在、もう隠せないっていう気がします。有難うございます。

  • Posted at 11:51h, 09 12月

    いつも確たる証拠を見つけ出して衝撃的な事実が提示されることに、驚きの連続です。
    多くの日本人は、見ようと思えば見えるのに目をつぶりたがります。自分が生まれ育った国を

  • Posted at 11:58h, 09 12月

    すみません。途中で送信してしまいました。
    自分が生まれ育った国を知り、国の中枢に深刻な闇があると多くの国民が知って大きな声をあげきれるようになれば

  • Posted at 12:14h, 09 12月

    変わりたい、変えて欲しい、良い国、強い日本人に戻すには、
    大転換がなされなければ変わらないと感じますが、
    大きな流れが出来てこないと、悔しいことに
    周りは説得させられません。
    日本人の大半はことなかれ主義で、まだまだ多数派に流される弱さがあり、また新奇な話は受け入れる素地がありません。どうすれば広くここで言われている話を拡散させられるのか。
    それを考えないと国民に広がっていかないと思います。
    何度も書き込み申し訳ありませんでした。

Post A Comment