RAPT | RAPT×読者対談〈第39弾〉日本を支配しているのは島津家と毛利家である。
32928
post-template-default,single,single-post,postid-32928,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第39弾〉日本を支配しているのは島津家と毛利家である。

RAPT×読者対談〈第39弾〉日本を支配しているのは島津家と毛利家である。

 
今回の読者対談も、前回の対談者との対談のつづきとなります。
 
この日本を「島津家」と「毛利家」が支配しているということについては、先日も記事にしています。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
「明治維新」は北朝から南朝へのすり替えではなく、北朝の国造りのための基礎固めだった可能性大。
 
今回の対談では、この「島津家」と「毛利家」による支配の構造を隠すために、これまでの陰謀論があったのではないかという話から始まっています。
 
なお、「広瀬隆」さんが調べた「島津家」の系図とは以下になります。
 
acedia_006
 
この系図があったお陰で、現在の「天皇家」が「島津家」の末裔であった、ということが私にも分かるようになりました。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
日本の歴代首相も天皇もみんな古代ケルトの悪魔教「ドルイド教」の僧侶の末裔です。
 
つまり、「広瀬隆」さんのお陰でRAPT理論が完成を見るようになったというわけで、「広瀬隆」さんの存在は私の中でとても大きなものです。
 
ところが、最近の「広瀬隆」さんの本はどれを読んでもいまいち核心から逸れたものばかりになっています。
 
私からすると、彼もやはりイルミナティ側に取り込まれたとしか考えられません。
 
これは「天皇財閥」という本を書いた「吉田祐二」さんについても同じことが言えるようです。
 
天皇財閥―皇室による経済支配の構造
 
要するに、「天皇」の秘密を本に書いたような人は必ず何らかの形でイルミナティに取り込まれて、「天皇」のことは二度と書かないように誘導されてしまうわけでしょう。
 
あるいは、「天皇」をネタに本を書いても、出版社に何らかの圧力がかかるのではないかと考えられます。
 
なので、「天皇」のことについて書きたければ、私のようにブログで書くのが一番なのです。
 
また、ロシアや中国などのBRICS諸国に「創価学会」が深く関わっている、ということについては以下のリンクをご参照ください。
 
BRICS諸国に創価学会が深く喰い込んでいるという現実。
 
鈴木宗男は創価票で政治家に。習近平も創価大卒の可能性あり。BRICSはどこまでもクロと判明。
 
そもそも、今回の対談の中でもお話していますように、「BRICS」という名前はゴールドマン・サックスが作ったものです。
 
以下、ウィキペディアの記事です。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
BRICs(ブリックス、英: Brazil, Russia, India and China)は、2000年代以降著しい経済発展を遂げているブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国の総称。BRIC(ブリック)とも呼ばれる。
 
投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった。
 
----------------(転載ここまで)
 
ゴールドマン・サックスはロスチャイルド系の企業です。
 
なので、「BRICS」の背後には紛れもなくロスチャイルドがいると考えられるわけです。
 
また、「満州国」については以下の記事をご参照ください。
 
ヒトラーによるユダヤ人大量虐殺はなかった。その背後に隠された誰も語らぬ「河豚 (フグ) 計画」とは。
 
満州国へのユダヤ人移民計画が失敗し、パレスチナにイスラエルが建国されるまで。または「河豚計画」が声を大にして語られない理由。
 
なぜユダヤ人は全世界で差別されながらも、一部では好待遇を受けているのか。「天皇派」と「教皇派」によるユダヤ人獲得競争のなれの果て。
 
なぜ第二次大戦中に、日本軍がこうして「満州国」を作ろうとしたか。
 
それは、「満州国」に全世界のユダヤ人を押し込めて、ユダヤ人の国家を作るためでした。
 
しかし、日本が戦争に負けてしまったので、この「満州国計画(河豚計画)」は頓挫。
 
代わりにユダヤ人は「イスラエル」に押し込められることになったわけですが、どうやら「天皇家」は今でも諦めずに「ネオ満州」なるものを作ろうとしているようです。詳しくは以下の動画をご覧ください。
 


 
で、この動画でも出てきますように、「満州国」の国旗は以下になります。
 
nc30419
 
日本が本当に「ネオ満州」を作ろうとしているのかどうかは謎ですが、日本の皇族が「北朝鮮」に食い込んでいること、「満州」を中心に「国際ハイウェイ」を作ろうとしていることなどから考えると、大いにあり得る話ではないかと私は考えています。
 
今後、北朝鮮は悪魔崇拝者たちの経済拠点となるかも知れません。
 
世界を一つにつなぐ「国際ハイウェイ構想」とは。世界統一政府はもう既に現実となりつつあります。
 
あと、「源義経」もフビライ・ハンとなってモンゴルを占領しましたが、このことから見ても、「天皇・ロスチャイルド」が満州国の周辺地域を狙っていることは明らかです。
 
「源義経」がロスチャイルドの傀儡となり、その孫のフビライ・ハンが元寇を起こしました。
 
ちなみに、「満州国」は以下の地域のことを指します。
 
729739ae56a1da3f0e3d9b93dd4cd963
 
また、たった2時間の間に「BAD」の評価が11個もついたという「読者対談」の動画は以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第36弾〉関ヶ原の戦いと明治維新の本当のカラクリ。
 
以下の動画も、公開した後、すぐに幾つもの「BAD」がつきましたが、結局、今となってはこの対談の内容がかなり核心をついていたものであったことが分かっています。
 
RAPT×読者対談〈第二弾〉秦氏と神社とロスチャイルド。
 
つまり、イルミナティの核心をつくと、「BAD」をつける工作員がどこからともなく現れてくるということです。
 
また、リチャード・コシミズが自ら集めた「独立党員」を使ってネット上で工作活動をしている可能性については、先日も記事にしました。
 
〈ご注意〉私のブログは基本的にリンク・コピペは自由です。私のブログの情報拡散を阻止しようとする動きにご注意ください。
 
で、この記事自体、またしてもかなり核心をついていたらしく、この記事に対してあれこれとイチャモンをつけてくる人がいました。その人は本当に下品な悪口をたらたらと書いてきました。
 
で、このように悪口コメントがたくさん殺到すると、それだけその記事が核心をついているのだということが、こちらとしても理解できます。
 
また、フリーメーソンが現実に存在しているということについては、以下のリンクをご参照ください。
 
フリーメーソンの情報を知りすぎた者も暗殺されてしまうそうです。本当かどうか確かめてみましょう。
 
このように「フリーメーソン」はごく普通にこの世に存在しているわけですが、なぜかリチャード・コシミズは「フリーメーソン」は存在しないと何度も講演会などで繰り返し話してきました。
 
また、ハリウッド映画「アバター」に出てくる技術は、「トヨタ」と「島津製作所」が開発しているものと同一です。
 
スクリーンショット 2015-10-25 17.31.56
 
映画「アバター」では、人間が上のような装置の中に入って、「脳波」を使って宇宙人の体を操作するのですが、「トヨタ」や「島津製作所」もまた「脳波」を使ってロボットを操作する技術を開発しています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「イスラム国」に資金援助したトヨタが、軍用ロボットを密かに開発しているという恐るべき現実。
 
要するに、映画「アバター」は「トヨタ」や「島津製作所」の技術を宣伝・告知するための映画だったと考えられるわけです。
 
ということは、この映画を作ったジェームズ・キャメロンは、「トヨタ」や「島津製作所」とつながっている可能性が高いということになります。
 
で、このジェームズ・キャメロンは「ターミネーター2」という映画も作っています。
 
ジェームズ・キャメロン – Wikipedia
 
で、この「ターミネーター2」には「9.11」を予告するシーンが出てきます。
 
20130911_438044
 
「ターミネーター2」が公開されたのは1991年で、「9.11」が起きたのは2001年。つまり、10年も前から「9.11」が起きることを映画の中で告知していたわけです。
 
このようにイルミナティの連中は、どんな悪さをするにも必ず事前に告知しなければならないという掟があるわけです。
 
で、この「ターミネーター2」を作ったジェームズ・キャメロンが「トヨタ」や「島津製作所」などの「島津家」とつながっている……。少なくともその可能性がある……。
 
で、その「ターミネーター2」で「9.11」が告知されていたということは、「9.11」にも「島津家」が関わっていた可能性が大いにあるということになります。
 
まあ、その可能性はとても高いと言えるでしょう。何しろ、島津家は「秦氏」でありながらも「出雲族」でもあるわけですし、「出雲族」はいつも「月派」のアメリカと仲良しですから。
 
「3.11」にも天皇が関わっていたことが分かってきたわけですし、そうなると、「9.11」に天皇が関わっていても何ら不思議なことではありません。
 

5 Comments
  • HI
    Posted at 02:34h, 26 10月

    更新有難うございます。
    対談動画でリチャード・コシミズの話題が出たので書き込ませて頂きます。
    以前、独立党員と思われる人とyoutube上でコメントのやり取りをした事があるのですが、全然会話になりませんでした。
    余程、頭が悪いのか、既に取り込まれているかのどちらかだと感じました。
    (天皇や小沢について話しましたが、聞く耳を持ってくれませんでした。)

    ちなみにやり取りの内容は下記の画像です。hoho1231100というアカウントは自分です。
    http://www.fastpic.jp/images.php?file=2854246091.jpg
    そして、このコメントが載っている動画のURLは下記になります。
    https://www.youtube.com/watch?v=3eOTiQdFE0s

    参考になるか分かりませんが、一応書き込ませて頂きました。寒くなってきましたが体調を崩されない様、御自愛下さい。

  • hiyorigeta
    Posted at 15:52h, 26 10月

    孫文の名前、中山は中山忠能のお屋敷の表札を見て気に入り、自分の名前に取り入れたようです。生きていた時代を考えると、直接の接点はなかったと思います。頭山満や犬養毅とは知り合っていたようです。
    孫文の妻と、蒋介石の妻は姉妹ですね。宗家の三姉妹の長女は孔子の子孫と結婚。

    河豚作戦ですが、マックスウェル・クライマンという人物が、鮎川義介に、満州をヨーロッパの難民に開放したら、自分はクーン・ローブ商会と人脈関係があるので、クーンローブ商会からの対満州投資の回旋を試みるという話をしていたようです。この人物は日米戦争回避のためとして、セオドア・ルーズベルトの親族と一緒に、ニューヨークで平和運動を展開をしていたこともあるようです。

    この人物と日本との関わりは、1930年代の始めに、各務健吉と仲良くなったのが切っ掛け。鮎川とクライマンの出会いは大蔵官僚の石綿荘太郎の紹介。クライマンは日本の政財界といろんなパイプを持っていたようです。

    そして終戦後すぐに(1945年10月)日本に乗り込んできます。(戦略爆撃調査団の一員として)
    主な目的は、日本の財閥の凍結在米資産を日本に返すという事だったようです。
    各務は日本郵船の人物であり、木内 信胤(岩崎弥太郎の孫、妻は福沢諭吉の孫)等も関わっていたようです。木内は統一教会とも関わりがあったとか。

    戦争前は平和運動をやっていたとか、かなり怪しいですね。戦争させる工作ではないかと勘繰ってしまいます。
    その後、資産凍結解除がどうなったのか知りませんが、今考えると、財閥は別に何の痛手も負っていないような・・・逆コースは成功で、マッカーサーは失脚ですもの。

    一体、何のための戦争だったのか?初めからそういうことだったのでしょうか?

  • アモリフェラ
    Posted at 17:03h, 26 10月

    本日の回とは関係がありませんが、「エリザベス1世と徳川家康」との関係を、先日NHKで放送していました。この頃には相当にヨーロッパの武器が日本に持ち込まれ売られていたようです。このことは日本の歴史家の間では認知されているようです。学校でももっと教えてくれても良さそうなものですが…。ここでは、カトリックとプロテスタントの代理戦争のようなことを言っていました。(雑用をしながら聞いていたので、あまり詳しく説明できませんで、すみません。)
    http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/60017/422273/
    この放送の中で、スキンヘッドのイギリス男性の評論家が(名前分からなくてすみません。)「武器は、我々の生活になくてはならないものです。」と、したり顔で言っていたので嫌な気持ちになりました。スキンヘッド→悪魔崇拝者、のRAPTさんの話を思い出しました。なんだかNHKも昔とはずいぶん違うな~と今更ながら思いました。up有難うございます。

  • スズキヨシヒロ
    Posted at 15:44h, 27 10月

    するどい情報ありがたく読ませてもらってます。私は、宇野正美という人の、講演に行った事があります。動画も見ています。聖書を軸に、ユダヤ問題を説明し、世の中の真実をかたっています。raptさんの情報と照らしあわせながらきいています。

  • ひろ
    Posted at 19:29h, 29 10月

    トヨタの車にIsIsという車種がありますね。IsIsはまさにイスラム国のことを指していると思いますが、やはりトヨタとイスラム国は無関係ではなさそうですね。

Post A Comment