RAPT | 人工地震3.11を引き起こした真犯人は、国常立尊とスサノオを神と崇める「出雲族」だった可能性大。
32185
post-template-default,single,single-post,postid-32185,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

人工地震3.11を引き起こした真犯人は、国常立尊とスサノオを神と崇める「出雲族」だった可能性大。

人工地震3.11を引き起こした真犯人は、国常立尊とスサノオを神と崇める「出雲族」だった可能性大。

1363805808MBqnhngc9Hg0EjFc
 
昨日は、「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」が、みんな「国常立尊」を信じる仲間どうし、親戚どうしであるというお話をしました。
 
「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。
 
で、「国常立尊」というのは「JAL123便」を撃墜して、520人もの乗客を殺した悪魔中の悪魔です。これについては、これまで何度もこのブログで書いてきました。例えば、以下の記事などです。
 
JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。
 
JAL123便を撃墜して520人もの乗客を殺した「国常立尊」とは何者なのか。3.11と御嶽山噴火にもなぜか垣間見えるこの神の正体。
 
で、この「国常立尊」というのは、別名「サナト・クマーラ」と言って、「サナト・クマーラ」は「出雲族」の崇める神様です。
 
「天皇派」の中で代々続いた内輪争いは「出雲族」と「大和族」の争いだった可能性大。「サナト・クマーラ」は「出雲族」の神様なのか。
 
つまり、「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」は、みんな「出雲族」である可能性が高いということになります。
 
ただし、「皇室」には北朝(出雲族)と南朝(大和族)が混在している可能性がありますので、「皇室」のすべてを「出雲族」だと断定するわけにはいきませんが、いずれにせよ、彼らがみんな同じ仲間であることに変わりはありません。
 
で、彼らがみんな同じ仲間だったということになると、実にとんでもない事実が浮上してきます。
 
先ず、「大本教」の開祖である「出口王仁三郎」は、数多くの予言を的中させてきたとして、一部の人たちの間ではかなり有名になっています。例えば、以下のリンクなどをご参照下さい。
 
的中率95%の予言者「出口王仁三郎」氏…ロンバード氏の予言と類語。日本、改心なされよ。
 
なぜ「出口王仁三郎」がこんなに多くの予言を的中させてきたのかというと、一応、表向きには彼が「国常立尊」から啓示を受けていて、その「国常立尊」がこの世を思うとおりに動かすことのできる神様だから、ということになっています。
 
しかし、このブログの読者の皆さんは、「国常立尊」が神様なんかではなく、ただの悪魔に過ぎないことをご存知です。
 
なので、「国常立尊」が未来をぴたりと予言できるわけがありません。
 
ということは、「出口王仁三郎」の予言が次々と的中してきたのは、アルバート・パイクの予言とか、イルミナティ・カードの予言などと同じく、単に自分たちのやろうとしている今後の予定を話していただけ、という可能性が出てきます。
 
日本がイスラム国の標的になったという現実。イルミナティカードの予言はどこまで実現するのか。
 
アルバート・パイクが予言した第三次世界大戦について。
 
また、彼のみならず、「出口なお」にしても「岡本天明」にしても、「大本教」の信者たちは皆、次々と未来を予言して的中させています。
 
一厘の仕組  百発百中だった大本の予言
 
予言書「日月神示」が的中した? 日本の創造神「国常立尊」がついに始動、富士山噴火・日本壊滅の危機|TOCANA
 
さらに、2011年の一月、諏訪大社(出雲系の神社)の行事においても、「東日本大震災」が起きることがあらかじめ予言されていたようです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
2011年3月11に起きた3.11テロと福島原発の事故による放射能汚染・・・
 
実はこの恐ろしい事態を予言していた神社があったのです。
 
東日本大震災が起きた年の1月、長野県諏訪郡の諏訪大社下社春宮で行われた神事で占われた結果が、
 
「今年は怖い1年。過去20年間で最も悪い結果が出た。春は早めに訪れるが途中で予想外のことが起き足をすくわれる」
 
と出たのです。
 
この神事は、毎年1月14日の夜から15日早朝にかけて1年の世相や農作物の豊凶を占う神事で「筒粥神事」と呼び、よく当たることから「諏訪大社七不思議」のひとつとされています。
 
そして、この年は農作物については、秋蚕、里芋、晩稲の3品目が大豊作で、インゲン、茄子が不作という結果が出たそうです。
 
問題は世相についての結果です。
 
出たのは「三分五厘」という数字。
 
これは「五分」を最高とする中では厳しい数字らしいのです。
 
神事を終え、北島権宮司は
 
「今年は怖い1年。過去20年間で最も悪い結果が出たのです。春は早めに訪れるが途中で予想外のことが起き、足をすくわれる相」
 
と語り、地元紙などに掲載されました。
 
3月11日の東日本大震災と、その後の暗い日本の世相を見事に言い当てたというわけです。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように「出雲族」の神様は次から次へと未来を予言して、ぴたりと的中させてきました。
 
しかし、何度も繰り返すようですが、「出雲族」の信じる神様は本物の神様ではなく、ただの悪魔です。なので、未来をきちんと予言できるわけがありません。
 
彼らが自分たちでこれからやろうと計画していることを話していただけ、と考えた方がいいでしょう。
 
例えば、ある泥棒があなたの前に占い師として現れ、あなたの家に今夜、泥棒が入ると占い、その日の夜、その占い師があなたの家に泥棒に入って、あなたの大切なものを盗んだようなものです。
 
で、その泥棒はあなたのものを盗んで得をした上に、未来を言い当てたということで世間からも注目されるわけですから、まさに一石二鳥です。
 
悪魔ならば、こういうことも平気でやりかねません。
 
ということで、「3.11」は「出雲族」による自作自演だったのではないかという疑いが出てくるわけですが、この疑いがあながち間違いとは言いきれないということを今日はきちんと証明したいと思います。
 
先ず、上に出てきたメンバーの中に「イエズス会」がありますよね。
 
で、この「イエズス会」には、かつて「ペーター・ハンス・コルヴェンバッハ」という人物が総長として就任していました。
 
そして、この「ペーター・ハンス・コルヴェンバッハ」は、自らの口で「おれが3.11を引き起こした」とあちこちで自慢しまわっているそうです。
 
ザ・エデン 311の黒幕『ピーター・ハンス・コルベンバック』(バチカン・イエズス会)
 
もし彼の言うことが本当だとしたら、「出雲族」が3.11が起きると予言しておいて、同じ「出雲族」が3.11を引き起こしたということになります。つまり、自作自演をしたということです。
 
では、「イエズス会」は本当に「出雲族」なのでしょうか。
 
厳密に言うと、「イエズス会」は「出雲族」ではありません。
 
ただし、「出雲族」が崇める神を、「イエズス会」も同じように崇めていることは確かな事実です。
 
なぜそんなことが言えるのか。
 
「イエズス会」は、もともとヴェネチアの「黒い貴族」によって結成されたと言われています。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
嘘八百のこの世界:イエズス会を組織したのはヴェネチアの「黒い貴族」だった
 
で、「イエズス会」のメンバーたちは、「黒い貴族」という名の通り、昔からいつも黒い衣服を身にまとって活動してきました。(出典はこちら
 
20100428_1837435
 
上の絵のうち、黒い服を着ているのが「イエズス会」、ねずみ色の服を着ているのが「フランシスコ会」です。
 
日本で最初にキリスト教を布教した「フランシスコ・ザビエル」もイエズス会のメンバーでしたが、見ての通り、彼も同じように黒い服を着ています。
 
image55

〈フランシスコ・ザビエル〉

 
日本人で最初にザビエルの弟子となった「ヤジロウ」も、その後、「クロ宗」という名の人肉食信仰を広めました。
 
イエズス会と真言密教と浄土真宗と人肉食信仰「クロ宗」の奇妙な接点。フランシスコ・ザビエルを日本に招いた「ヤジロウ」から分かる悪魔教の現実。
 
イエズス会とキリシタン大名が行った数々の悪行。彼らの信じる神は悪魔教の神「太陽神」と「八岐大蛇」でした。
 
なぜ「イエズス会」だったはずの「ヤジロウ」が人肉食信仰を広め、それに「クロ宗」という名前をつけたのか。
 
イエズス会がもともと悪魔崇拝組織だったので、その弟子であった「ヤジロウ」も悪魔教を広め、かつイエズス会が「黒い貴族」だったことから「クロ宗」という名前をつけたわけです。
 
また、上に出てくる「ペーター・ハンス・コルヴェンバッハ」も、現在のイエズス会の総長「アドルフォ・ニコラス」も、いつも黒い服を着ています。
 
2008-03b
〈左・前ローマ教皇ベネディクト16世、右・アドルフォ・ニコラス〉

 
現在の教皇であるフランシスコも「イエズス会」の出身ですが、教皇になる前は、以下のように黒い服を身に付けていました。
 
i320
〈左・前ローマ教皇ベネディクト16世、右・現ローマ教皇フランシスコ〉

 
このように、「イエズス会」の人たちはいつも黒い服を着ていますが、それは彼らがもともと「黒い貴族」と呼ばれる人たちだったからです。
 
で、この「黒い貴族」は、もともとの出身が古代ケルトの宗教「ドルイド教」の僧侶でした。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
イルミナティという悪魔崇拝組織が、現実に存在しているという確固たる証拠。
 
イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。
 
で、この「ドルイド教」は、古代ケルトにおいて、公然と人身供養を行っていた恐ろしい悪魔教です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。
 
この「ドルイド教」は、多くの神々を信じる「多神教」の宗教だったのですが、その神々の中に「ベル」という神様がいて、「ベル」とは「バアル」のことであり、「バアル」とは日本名で「スサノオ」と呼ばれています。ご存じない方は、以下のリンクをご参照ください。
 
京都の「祇園祭」はもともと牛頭神バアルに幼子を生贄として捧げる悪魔崇拝儀式でした。
 
ですから、「イエズス会」もまた「スサノオ」を崇めていたということです。
 
といっても、「イエズス会」はあくまで悪魔教(ドルイド教)の僧侶ですから、「出雲族」のように「スサノオ」を最高神として崇めていたわけではなく、あくまで「スサノオ」と「出雲族」の間を取り持っているだけと考えられます。
 
とはいえ、「イエズス会」なしには「出雲族」が「スサノオ」に近付くことができないわけですから、「イエズス会」と「出雲族」が互いに仲良くしていることは間違いありません。
 
なので、一見、「大本教」と「イエズス会」が違うもののように見えても、その本質は同じものなのです。彼らはどちらも同じ神様を信じている者たち同士なのです。
 
例えば、「大本教」の開祖「出口王仁三郎」も、「日本財団」の笹川良一もどちらも「世界紅卍会」のメンバーです。
 
世界紅卍字会 – Wikipedia
 
で、現在の「日本紅卍会」の名誉会長は「ワールドメイト」の深見東州(半田晴久)です。(以下のリンクの一番下に書かれてあります。)
 
日本紅卍字会
 
で、この深見東州はもともとは「大本教」の信者であり、今では「イエズス会」ともくっついています。
 
15.36.27
 
さらに言うなら、「日本財団」の二代目会長・曽野綾子は、笹川良一の隠し子とも言われていて、「イエズス会」の出身。
 
イエズス会は軍事諜報組織である:日本のイエズス会人脈 HAARP
 
このように、「大本教」と「イエズス会」は、一見、違う宗教のように見えて、実は本質は同じものなのです。彼らはみんな「出雲族」の神々を拝んでいる人たちなのです。
 
なので、「出雲族」の「諏訪大社」が「3.11」が起きると予言しておいて、「イエズス会」の「ペーター・ハンス・コルベンバッハ」が「3.11」を起こしたということは、明らかな「自作自演」に他ならないということになります。
 
さらに言うなら、「3.11」は福一原発の核爆発によって引き起こされたと言われていますよね。
 
これは私が言っていることではなく、有名陰謀論者たちをはじめ、多くの陰謀論マニアがこれまで何度も力説してきたことです。
 
3号機が即発臨界による低レベル核爆発というのは今や常識~それが地下で起こる可能性も!?|wantonのブログ
 
で、福一原発のセキュリティは、イスラエルの「マグナBSP」という会社が担当していたとのこと。これもまた有名な話です。
 
嘘八百のこの世界:311=KKK、そしてマグナBSP
 
で、このイスラエルにある「エルサレム市」と、「大本教」の教祖である「出口なお」の出身地「京都府綾部市」が、2000年に友好都市宣言を出しています。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
綾部市がエルサレムと友好都市に 日本の自治体で初めて (京都新聞)
 
イスラエルの首都エルサレム市と友好都市宣言を締結することになった京都府綾部市は九日、駐日イスラエル大使を招いて署名式を行い、四方八洲男市長が「世界の恒久平和を実現する」との宣言文書にサインした。
 
エルサレム市と日本の自治体が友好都市宣言を結ぶのは初めてで、宗教法人・大本が仲介した。
 
署名式は午前十時から同市西町のI・Tビルで行われ、モシェ・ベンヤコヴ大使夫妻、大本の出口聖子教主、ヘブライ大学の辻田協二理事、地元各界の代表ら二百人が出席した。
 
綾部市は一九五〇年に日本で最初に世界連邦都市宣言をし、今回の友好宣言のキーワードは「平和」。エルサレム市のエフード・オルメルト市長がすでにサインし、綾部市に送付してきた宣言文書には「世界平和実現の共通目的を持って、友情の絆(きずな)を強める」と記されている。
 
両国の国旗が掲揚された会場で、宣言文書に署名した四方市長は「二〇〇〇年という大きな節目の年に、エルサレム市が平和へのパートナーとして綾部市を選んでいただいたことは日本、世界にとって意義がある」と喜びを語った。
 
[京都新聞 2000年2月9日]
 
----------------(転載ここまで)
 
見ての通り、この友好宣言を仲介したのが「大本教」。
 
で、この友好都市宣言から11年後、「3.11」が起こりました。
 
しかも、「11年後」と「3.11」。どちらも「11」です。単なる偶然でしょうか。
 
この話はさらに続きます。
 

2 Comments
  • パンダ
    Posted at 06:19h, 02 10月

    今日も更新ありがとうございます。
    今日の記事も目からウロコでした。あっぱれです。
    これだけ色々なものを点と線で結んでくれるのは、ラプトブログだけです。他に誰もいません。
    有名陰謀論者もただ幾つもの点を提示するだけで、点と点を線で結ぼうとはしません。
    最初は私も、彼らが知らずにそうしているだけかと思っていましたが、彼らがあれだけ沢山の点を見付け出せるなら、線も見付け出せるはずですよね。
    よそでラプトさんのことを悪く言っている頭の悪い人たちが大勢いますが、本当、自分の無知をさらけ出していて見ていて情けなくなりますね。嫉妬と劣等感丸出しで(笑)
    これからも応援しています。

  • Posted at 08:33h, 02 10月

    出雲大社の本殿の
    うしろのしょうめんだぁれ?

    …素戔嗚社です。
    つまり出雲大社の本殿に参拝するということは、
    大国主とそのうしろの素戔嗚にも参拝するということ。
    何も知らずに拝まされているのです。

Post A Comment