RAPT | ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。
30573
post-template-default,single,single-post,postid-30573,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。

ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。

1024-768
 
今日は日本ではお盆休みの真っ只中なので、多くの人たちが神社仏閣に行って偶像を拝んでいることでしょう。その偶像が、人間の生贄を要求する「悪魔」であることも知らずに。
 
京都の「祇園祭」はもともと牛頭神バアルに幼子を生贄として捧げる悪魔崇拝儀式でした。
 
「秦氏=ロスチャイルド」は日常的に虐殺と人身供養を行っていた「秦の始皇帝」の末裔です。
 
ということで、今日もまた悪魔への「生贄」をテーマに記事を書きたいと思います。
 
ここ最近は、日本でも「ハロウィン」を盛大にお祝いするようになりました。特にディズニーランドでは10月31日には華やかに「ハロウィン」をお祝いするそうです。
 
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、「ハロウィン」とはもともと古代ケルト人の行っていたお祭りです。
 
そして、そのお祭りは明らかに「悪魔崇拝」でした。
 
京都の「祇園祭」がもともと悪魔崇拝だったという話はなかなか信じにくいかも知れませんが、「ハロウィン」が悪魔崇拝だったというなら、少しは頷けるかも知れません。何せ、「ハロウィン」では魔女とかお化けとか怪しげなものばかりが登場しますからね。
 
では、なぜ「ハロウィン」が悪魔崇拝儀式だったと言えるのか。今日はその理由をざっと簡単にお話したいと思います。
 
先ず、以下の記事をご覧下さい。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
 
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
 
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
 
古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン、サワーン、サーウィンまたは、サウィーン、サーオィン、サムハイン)祭であった。
 
ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。
 
したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。
 
アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように「ハロウィン」とは、古代ケルト人たちが行っていた「サウィン祭」、「サムハイン祭」に起源があると言われています。
 
で、この「サムハイン祭」を執り行っていたのが「ドルイド」と呼ばれる祭祀一族でした。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
「サムハイン祭」とは「サウィン (Samhain) 」と書き、本来は古代ケルトで生まれた「ドルイド教」と呼ばれる宗教の暦で、新年の始まりである「冬」の季節の一日目である十一月一日を迎える祭なのです。
 
ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、「サムハイン」は日が長い「夏の終わり」を意味する言葉で、日没は新しい日の始まりを意味していました。
 
そのため、この十月三十一日は一年の終わりと共に夏の収穫を祝う意味もありました。
 
そうして始まる「サムハイン際」はドルイドの祭司達が、火を焚き、収穫された作物や動物などを与えてくれた神様に捧げたり、火の周りで踊って、今から太陽の季節(夏)が過ぎ去り、暗闇の季節(冬)が始まった事を示すのです。
 
そのため、祭典では火が大きな役割を持っていました。
 
村民達は牛の骨を炎の上に投げ込んで火が燃え上がると、村人達は他の全ての火を消して、各家族は厳粛に、この共通の炎から炉床に火をつけました。
 
アイルランドでは今でも、世俗的なハロウィンに参加するとともに、伝統的な方法で「サウェン祭」を祝って毎年ハロウィンの夜には何百もの火が点けられている所もあります。
 
----------------(転載ここまで)
 
「火」とか「牛の骨」とか、どこかで聞いたことがあるようなキーワードがいくつも出てきましたね。
 
そうです。この「ドルイド教」は明らかに「ゾロアスター教」や「バアル(牛頭神)」などと共通点があります。しかし、これについてはまた後ほどお話します。
 
先ずはこの「ドルイド」と呼ばれる人たちが、どんな人たちだったのかを見てみましょう。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
本日はそのケルトで祭事を始めとして、多くの役割を担っていた「ドルイド」について紹介したいと思います。
 
スピリチュアルな世界では、ドルイドというと祭祀(さいし)を行ったり、呪術を使ったりしている人…というイメージが強いのですが、実はドルイドの仕事というのはかなり幅広く、天文学や医学、さらには政治的な指導をしたり、争いごとの調停までしていたと言われているのです。
 
現在の仕事にするとヒーラー兼占い師兼天文学者兼医者兼政治家兼裁判官兼弁護士といった感じでしょうか? 
 
ドルイドという名前は「Daru-vid」から来ており、Daru が「樫の木」を、vid が「知識」をあらわすことから、「樫の木の賢者」とも言われていますが、ドルイドが行っていた多くの役割を見ると、賢者と呼ばれるのも納得できます。
 
それだけの知識があったためか、ドルイドは非常に強い権力を持っており、多くの人たちの憧れだったそうです。しかしながら、ドルイドになるためには最低でも 10年以上はかかる長い修行が必要なだけでなく、適正が無い者はすぐに家へ帰されたと言われていますので、とても狭き門だったのです。
 
ドルイドは森や植物を特に重要視しており、樫の木の下で儀式を行ったりしていたので、ドルイドの神殿は森自体だったという説もあるほどですが、以前にも紹介したようにヤドリギは、そんな植物の中でも特に重要なシンボルだと考えていました。
 
森や木々を重要視するというのは、日本人的な感覚に近く、その宗教観も魂が転生したり、因果応報があったりと、比較的馴染みやすいものが多いのですが、そんな森と調和した癒しに溢れた雰囲気のドルイドにも怖い面は存在しています。
 
それは生贄(いけにえ)の儀式。ドルイドはいくつかの儀式で生贄を捧げたり、敵の首を切り落としたりするなども行っていたといわれています。
 
ドルイドの生贄の儀式は、犠牲者をじわじわと殺していくようなものが多く、生贄が倒れたときの姿勢や、こぼれた血の量などで吉凶を判断したとされています。
 
ドルイドの生贄の儀式で最も有名なものが「ウィッカーマン」と呼ばれるもの。これは、木で作られた巨大な人形の檻の中に、多くの犠牲者を詰め込んだ上で火にかけるというもの。そのインパクトある姿は2度も映画の題材にされるほどでした。

 
すでにドルイドとその信仰はほとんど失われてしまっていますが、ケルトの神秘的な知識はスピリチュアルな人の間では多く伝えられ、森や木々といった大自然のエネルギーを扱うことから好まれていますが、その裏には、非常に原始的な儀式も行われていたことを忘れてはいけないと思います。
 
ケルトの聖地などを訪れた際はそういったことにも少し注意を向けてみると、新しい何かが見えてくるかも知れませんよ。
 
----------------(転載ここまで)
 
はい。出ました。このように「ドルイド」とは、生贄儀式を行うカルト集団だったというわけです。ちなみに、「ウィッカーマン」とは以下のようなものです。
 
WickerManIllustration
 
このように人間の形をした檻をつくり、その中に沢山の人を詰め込んで火をつけて焼き殺し、悪魔の生贄として捧げていたわけですね。とても人間のやることとは思えません。
 
さらに、「サムハイン祭」では「火」が大々的に使われるわけですが、その理由はやはり「ドルイド」たちが「火の神」を崇めていたからです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ドルイド教には元々悪魔凶的要素があり、火の神エルフィンが大地から出てきて犠牲を欲しています。
 
ドルイド教の音楽を現代のロックなどの起源だとする人もいますが、これはあながち間違いではないでしょう。
 
トリートは要求ですがその真の姿は生贄になり、ニンゲンの脂肪で作られたジャックオーランタンを使用します。
 
ドルイド僧の要求が彼らの気に入ったものを要求するのは、サタニズムへの傾倒であり、ハロウィンの姿とは悪魔大感謝祭に他ならないんですよね・・・これは欧米の歴史と欧米人がなにをしてきたかを省みれば一目瞭然です♪。
 
----------------(転載ここまで)
 
「火の神」が出てくる時点で、またしても拝火教の「ゾロアスター教」との接点が思い浮かびますね。で、「ゾロアスター教」といえば、「秦氏=ロスチャイルド」「聖徳太子」「空海」「密教」、そして日本の歴代首相……。
 
天皇もロスチャイルドも日本の歴代首相もみんな実はゾロアスター教徒です。
 
「聖徳太子」も「平清盛」もゾロアスター教徒であり、ロスチャイルドの先祖です。
 
しかも、「ドルイド」なる悪魔崇拝者は、ご多分に漏れず、一神教ではなく、多神教を信じていました。なので、彼らはこの「火の神エルフィン」だけでなく、他の神々も崇めていました。
 
その神の一つに「ベル」という神がいます。現代でも「ドルイドベル」なんてものが売られていますが、その「ベル」のことです。
 
Exif_JPEG_PICTURE

〈ドルイドベル〉

 
「鈴」だから「ベル」というわけではなく、「ベル」という神様の名前が、その後、「鈴」という意味を持つようになったと考えるべきでしょう。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
5月1日は、古代ケルト人達が、女神とその子ベルを祝うベルテーンの祝祭日です。
 
この日には、村娘の中から一人、女王が選ばれます。それをメイクイーンと言います。イモの名前にもなっていますね。
 
★ベルテーンとは「ベルの火」という意味です。
 
ベルとは、カナン(フェニキア)人の信仰する最高神バアルの事です。
 
ユダヤ・キリスト教では悪魔とされ、ベルゼブブなどと呼ばれたりします。角を持つその像を拝む儀式は、キリスト教徒からは悪魔の儀式に見えたでしょう。
 
古代ローマ人によると、南仏のプロヴァンス、ブルゴーニュ、北イタリアに、ベル神を祭る社があった。
 
なぜ、中東の神バアルが西欧まで祭られていたかと言うと、カナン人達が、ギリシア・ローマが栄える以前に、地中海全域に植民地を持っていたからです。彼らはそこの土着民達に、バアルを信仰するように広めました。イギリスなどにも伝わったと思われる。
 
ベルテーン祭の、前夜の4/30から【ヴァルプルギスの夜】という前夜祭が行われます。これは秋に行われるハロウィンと同じく、春に行われる魔女のお祭り(サバト)です。
 
この夜は かがり火を焚き、一晩中(乱交など)乱痴気騒ぎをします。儀式の為に、子供をさらったり、それを殺して食らったりもしました。

 
印象悪いですが‥古代の習慣として、世界中に見られた事です。アステカ文明でも、生贄を捧げ、内臓を食らったりしていました。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように「ベル」というのは、実は「バアル」のことでした。ウィキペディアにもこうあります。
 
「バアルは、カナン地域を中心に各所で崇められた嵐と慈雨の神。その名はセム語で「主」を意味する。バールや、バビロニア式発音のベール、およびベルとも表記される。」(出典はこちら
 
つまり、「ドルイド」もまた「バアル」を崇めていたというわけで、これまた「秦氏=ロスチャイルド」との接点が浮かびあがってきます。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
京都の「祇園祭」はもともと牛頭神バアルに幼子を生贄として捧げる悪魔崇拝儀式でした。
 
さらに、以下のような記事も見付けました。やはりどこからどう考えても、「ドルイド教」と「ゾロアスター教」は全く同じ宗教のようです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ドルイドとピュタゴラス派(ギリシャの哲学者集団。詳しくはこちら)には類似点が数多い。
 
(その類似点として)、霊魂不滅観、数学的知識に基づく幾何学文様の多用、人身御供でなく動物の供犠、天文学の知識、学問の体系化と教団的組織的教育、口伝による長期間教育、白衣の着用、政治家・司法家としての役割などがあげられる。
 
こうした宗教・知識・行政司法の三重の権威は強大で、おそらく古代メディア王国(ペルシャ前8~前6世紀)の「マギ=賢者」だけがこれに匹敵するだろうという。
 
(註 :マギとは「ゾロアスター教」の神官のこと。詳しくはこちら
 
「マギ」は英語などでの魔術・呪術(マジック)の語源だが、こうした博学が魔術と結びつくのは、後で見る“偽ドルイドとしての呪術者”の存在を考えても分かりやすい。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、この「ドルイド教」や「ゾロアスター教」を信じるプロの悪魔崇拝者たちが、その後「秦氏」と名乗って、この日本にも「バアル」などの悪魔を持ち込み、「スサノオ」などの日本名をつけて普及させていったというわけです。
 
さらに言うなら、「ハロウィン」が催される「10月31日」は「大正天皇」の誕生日です。
 
といっても、「大正天皇」の本当の誕生日は「8月31日」。
 
しかし、なぜか夏休みを祝日にするのは相応しくないという話になったらしく、無理やり「10月31日」を祝日としたそうです。(もちろん、この日が祝日とされたのは大正時代だけです。)
 
天皇誕生日 – Wikipedia
 
なんだか意味がよく分かりませんね。なぜ夏休みに祝日を作ってはいけないのでしょうか。しかも、なぜ一ヶ月でなく、二ヶ月も後に移したのでしょうか。
 
きっと悪魔崇拝者どもが「サムハイン祭」の日にどうしても悪魔崇拝儀式を行いたかったので、「大正天皇」の誕生日を無理やり「8月31日」から「10月31日」に移したわけでしょう。
 
ちなみに、「大正天皇」が死んだのは「12月25日」のクリスマス。
 
これまた悪魔「ミトラス」の誕生日と言われる日です。実はクリスマスはイエス・キリストの誕生日なんかではないのです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
FIFA幹部の逮捕劇は、「教皇派」から「天皇派」への反撃である可能性大。
 
このように「大正天皇」というのは余りにも怪しすぎます。このような点から見ても、天皇と悪魔崇拝には密接なつながりがあることは明らかです。
 
ということで、「ハロウィン」がアメリカからやってきた最近流行のお祭りだと思ったら大間違いです。「ハロウィン」とは古代から伝わる由緒正しき「悪魔崇拝儀式」なのです。
 
そして、そんな邪悪なお祭りを、彼ら悪魔崇拝者どもは我々庶民の間にまで広く滲透させようとしているわけですね。
 

5 Comments

Post A Comment