RAPT | 天皇家と安倍首相と永田町の政治家が「密教」を信じる悪魔崇拝者であるという確たる証拠。
24333
post-template-default,single,single-post,postid-24333,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

天皇家と安倍首相と永田町の政治家が「密教」を信じる悪魔崇拝者であるという確たる証拠。

天皇家と安倍首相と永田町の政治家が「密教」を信じる悪魔崇拝者であるという確たる証拠。

kouyasan-garan01b
 
これまでの数日に渡って、日本の文化・伝統の中にいかに悪魔崇拝の要素が紛れ込んでいるかについてお話をしてきました。
 
この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。
 
神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。
 
恐らく日本人のほとんどが、悪魔崇拝というものがこの世で日常的に行われているとは思ってもいなかったでしょう。
 
ですから、ここ数日の記事を読んで、随分と気が抜けてしまった方もいらっしゃるかも知れませんが、こうしてきちんと臭いの原因を分かっていれば、後はその臭いの原因を除去すればいいだけです。
 
もちろん、その除去作業がとても大変なわけですが、臭いの原因が分からないままでいるより分かっていた方が作業もはかどります。
 
ですから私は、これからも徹底的にその臭いの原因を暴き出していくつもりです。
 
ということで、今日もまたダメ押しの一撃を加えます。
 
昨日は、日本の神社仏閣に淫乱なものがサブリミナルのように散りばめられているというお話をしましたが、実はこの神社の作りそのものが淫乱なサブリミナルだったということをご存じでしょうか。
 
もっとも、悪魔崇拝者たちは「性的」なものを「聖」なるものとして崇めているようですので、これまた「聖」なる目的で神社が「性的」に設計されたと屁理屈をこねているようですが……。
 
----------------(以下、鑑定日記110905より転載)
 
女性の体(主に子供を産む器官)を元にして、神社は創られています。
 
まず、神社には森があり、鳥居がをくぐると、参道があり、その奥にお宮があります。
 
同じく女体には、まずアンダーヘア(森)があり、女性外陰部(鳥居)があり、産道(参道)があり、その奥に子宮(お宮)があります。
 
参道(産道)、お宮(子宮)・・・、呼び名やニュアンスがそのままですよね。
 
お宮の前に金の玉(ガラガラ)があり、それに長い紐(男性器)がついていて、それを前後に揺さぶって刺激し、賽銭箱にお金を投入して(精子?を投入して)一生懸命に祈願します。
 
そしてお参りが済むと、また参道(産道)を戻り、鳥居(女性外陰部)を出る、という手順です。
 
お宮には神が宿り、子宮には子供(神の子・・人の先祖は神という日本神道よりの伝え)が宿ります。
 
ですから、もっと女性は、自分は神を守る(神の宮を宿す)身である、という崇高な精神を持って生活する事が必要です。
 
誰とでもセックスをするような考えでは、本来の女性の生き方と外れてしまいます。
 
女性は結婚して奥さんになると、上(かみ)さんといいます。神さん(神様)と同じ発音になっています。
 
奥さんも、奥(奥宮)の座にまします”神の化身”という扱い。
 
----------------(転載ここまで)
 
笑っちゃいますね。ここまで淫乱なサブリミナルを散りばめておいて、この世の女性には淫乱な生き方をするなと説くわけです。しかも、自分たちは陰でこそこそと「余りにも奥深い」淫乱な行為を夜な夜な行っているというのに……。
 
さらにもう一撃。
 
一昨日の記事で、天皇家の「菊紋」は「菊門」を意味しているのではないか、という読者の方からのメールをご紹介しましたが、これが何ら根拠のない話ではないということをここではっきりと証明しておきます。
 
なお、「菊門」の意味が分からない方は、ネットで検索してみて下さい。そうすれば、すぐに分かります。余りに下品なのでここでは書きません。
 
「菊紋」を天皇家の家紋として決めたのは「後鳥羽天皇」だと言われています。
 
名字と家紋_column(菊)
 
で、この「後鳥羽天皇」は「真言宗」の僧侶である「長厳」なる人物に帰依していました。
 
長厳(ちょうげん)とは – コトバンク
 
「真言宗」というと、「空海」の開いた「密教」の教えを取り入れた宗派ですね。で、この「密教」がいかに淫乱かつ邪悪な宗教であるかはもう既に記事にしました。「密教」とは「悪魔教」そのものです。
 
〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。
 
ということはつまり、「後鳥羽天皇」も「密教」に深く関わっていたということになります。となると、当然、「後鳥羽天皇」はあちらの道にも精通しておられたはずですよね。
 
となると、「後鳥羽天皇」が採用した「菊紋」にもやはりそれなりの意味が込められていて然るべしというものでしょう。で、こうして考えてみると、もはやこの「菊紋」は「菊門」にしか見えませんよね。
 
img_5
 
しかも、この「菊紋」を今や最も大々的に使っているのは、やはりあちらの道に精通しておられるヤクザの皆さんですし……。となると、「菊紋」にはやはりその手の意味が隠されているのではないかと勘繰るしかありません。
 
このように天皇家と「密教」は実に密接な関係があるわけですが、それでは現代の天皇家はどうなのかというと、もちろん現代の天皇家とて負けてはいません。
 
何の因果か分かりませんが、私が「密教」の記事に書く前に、こんなサイトを紹介して下さった方がいらっしゃいました。
 
----------------(以下、敵国降伏・大元帥法の秘密より転載)
 
西暦939年、朝廷に反旗を翻した平将門は天皇に即位して、「新皇」と名乗ります。朝廷の意を受けて、京都・東寺の高僧泰舜は、将門調伏の秘法を執り行いました。
 
修法のさなか、壇上にはおびただしい血がしたたり、さらに秘印を結ぶと、独鈷杵(とっこしょ)という法具が半分に折れてはるか東に飛んでいくではありませんか。まさにこの瞬間、平将門は藤原秀郷、平貞盛らにより討伐されたといわれています(東寺文書『真言伝』による)。
 
いったい、将門を討ち取ったこの「秘法」とは何でしょうか?
 
これこそ「大元帥法」(たいげんのほう。「帥」は発音せず、大元明王の法とも書くようです)で、国家最高の密教秘術です。
 
『続日本後紀』によれば、840年、唐に入った僧・常暁が法琳寺に持ち帰ったとされています。
 
法琳寺は密教の根本道場でしたが、江戸時代に廃寺になりました。戦前まで瓦製造の跡が残ってましたが、今は何も残っていません。
 
この秘術は毎年正月8日から14日までの7日間、宮中の治部省で、国家鎮護のために行われました。
 
最高の法術なので、朝廷以外で行われることは固く禁じられていました。ところが995年、藤原伊周がひそかに執り行い、大事件となりました。これが長徳の変(ちょうとくのへん)と呼ばれる政変で、これをきっかけに藤原道長が大権勢をふるうことになったのです。
 
このとき、どうして大元帥法が問題になったかというと、この秘術は正月以外に臨時で行われることもあるんですが、それは敵国折伏のためにやるのです。つまり国家の敵を潰すため。要は、藤原伊周の行為は、大げさでなく天皇家への革命と見なされたわけです。
 
ではいったい大元帥法とはどんな秘術なんでしょう?
 
実はこれに関する資料があんまりなく、詳細は調べきれないんですが、どうやら次のような感じです。(註:要するに、余りにも淫乱かつ邪悪な秘術なので、容易に明らかにできないわけでしょう)
 
まず本尊は6本の手を持ち、炎のような髪に憤怒の表情をした夜叉(やしゃ)神である大元帥明王(太元帥明王とも書きます)。
 
天皇の御衣を箱に入れて、緋色の綱で結んで封印。さらに秋篠寺(奈良市)の閼伽井(あかい、またの名を香水閣)から香水をくんできて、三角形の炉で護摩木などを燃やしながら、600巻ある「大般若波羅蜜多経」(大般若経)すべてを黒い服を着た僧が読誦します。その際、南を向きながら、すべて1人で通読しなければなりません(「真読の大般若」といいます)。
 
これを繰り返すのか、さらにほかの教典を読むのか不明ですが、結願後、御衣を元に戻して終了。
 
う〜ん、正直言って、こんな単純だとは思えないんですが、これ以上はよくわかりませぬ。(註:もちろん、こんな単純なものではないでしょうね。もっとずっと奥深くいものだと思います。何のことか分からない方はこちら
 
ちなみにこれは不動護摩の一種で、炉の形や衣服の色など違いはあれど、北を向くと「息災」、西は「敬愛」、東が「増益」、そして南が「調伏」とされています。
 
さて、この敵国降伏の秘術が次に大々的に行われたのが、元寇でした。
 
(中略)
 
さて、元寇から600年以上経った1904年、福岡市東公園に亀山上皇の銅像が立てられました。時まさに日露戦争が勃発した年だけに、ここでも「敵国降伏」が祈られたわけですね。
 
日清、日露戦争のときは大元帥法の記録はありませんが、実は太平洋戦争では大元帥法が執り行われたと言われています。(註:要するに、昭和天皇もこの秘術をしっかりと受け継いでいるわけです。となれば、当然、今も……。)
 
高野山で護摩を焚き続け、フランクリン・ルーズベルト大統領を暗殺したというんですね(1945年4月12日に死亡)。
 
これはネット上ではよく見る記述ですが、「昭和天皇実録」には記載されていないので、残念ながら、後世作られた伝説です。(註:当たり前です。こんな秘術に力があるわけがありません。)
 
----------------(転載ここまで)
 
これにて、現代の天皇家と「密教」とが密接な関係があることがはっきりとお分かりいただけたかと思います。
 
恐らく密教にはこういった「秘術」が他にもいくつもあるのでしょう。先ほど出てきた「後鳥羽天皇」もまた「十五壇の秘法」など、真言の秘法・大法を尽くしての祈祷を行ない、王政復古をめざしたとも言われています。
 
ただし、この「十五壇の秘法」は、一時的には「後鳥羽天皇」に大勝をもたらしたものの、結局、最後の最後に「後鳥羽天皇」は鎌倉幕府に倒され、島流しの刑にされてしました。それがかの有名な「承久の乱」ですね。
 
承久の乱 – Wikipedia
 
まあ、当然でしょう。淫乱・邪悪な祈祷をいくら唱えたところで、どうして「神風」が吹いたりしますか。例え吹いたとしても、その「神風」がかえって自分を倒してしまうことでしょう。
 
上に出てきた「大元帥法」にしても、結局、第二次大戦では何の効果もなく、むしろ天皇に天罰が下ったわけですし。
 
しかし、皆さん。これだけで驚いてはいけません。実はこの「密教」に深く関わっているのは「天皇」だけではないのです。
 
実はこの日本の政治家のほとんどが「密教」に深く関わっています。日本の現首相・安倍晋三とて例外ではありません。
 
「真言密教」の世界に、最高位の「伝燈阿闍梨」「大僧正」の位を持ち、「法主」などと自称する怪しげな祈祷師がいます。
 
その祈祷師とは、知る人ぞ知る「池口恵観」という人物なのですが、実は安倍晋三はこの「池口恵観」に心酔し、その祈祷に頼っているというのです。果たしてどんな祈祷なのか、気になるところですが……。
 
池口恵観 – Wikipedia
 
----------------(以下、カレイドスコープより転載)
 
鹿児島県にある最福寺の池口恵観法主(76)。
 
今回、競売にかけられていた朝鮮総連ビルを落札した人物ですが、報道によると、かねてから、安倍晋三総理とは深い付き合いがあり、安部のほうも大いに影響を受けてきた人物とのこと。
 
週刊誌には、安倍晋三の再登板を5年前に予言していた“永田町の怪僧”と紹介されています。
 
女性自身には、このように書かれています。
 
—-
 
安倍晋三の未来は池口恵観の「予言」どおり。これは神のお告げか、それとも洗脳か
 
「私の脳裏にハッと浮かんできたんですね、『5年後』と。なぜと言われてもそうとしか言えないです。
 
これはきっと“天”が安倍さんのことを求めていたんだと思います」と語るのは、鹿児島県にある最福寺の池口恵観法主(76)だ。
 
自民党が圧勝し、再び返り咲くこととなった安倍晋三新首相(57)。一度辞任した首相が再び返り咲くのは、吉田茂元首相以来64年ぶりのこと。
 
そんな誰も 予想しなかった快挙を、前回、安倍氏が総理を辞任した07年の時点ですでに“予言”していた人物がいる。それが池口法主だ。(註:これまた例の如く、預言したのではなく、裏社会の予定だったわけでしょうね。)
 
写真週刊誌『FLASH』 2008年1月1日・8日・15日合併号で、彼は安倍氏に伝えた言葉についてこう明かしている。
 
《一度禅譲すれば、5年くらい後に、また大きな潮がくる。そのときに再登板されたらいい。よっぽど胃腸がきつかったようで、突然の辞任になってしまいましたが、5年後にもう一度潮はくる。晋三さんにはまた出てもらわないといかんと思っています。日本の行く末を考えるとね》
 
2007年7月29日の参議院選挙で自民党が大敗した後、池口法主は体調不良に苦しむ安倍氏へこう辞任を進言。その12日後の9月12日、電撃辞任となった。
 
そして今回、安倍氏が自民党総裁選出馬会見を行ったのが、ちょうど5年後の今年9月12日!まさに池口法主の言葉どおりになったのだ。
 
36年11月15日、鹿児島県の柏原高野山西大寺で6人兄弟の末っ子として生まれた池口法主。
 
室町時代から500年以上続く修験行者の家系で、彼は18代 目。行と呼ばれるつらい修行を重ねるうちに不思議な力が宿った法主のもとには、多くの人が訪れる。
 
「現代医学に見放された患者を祈祷したところ悪性腫瘍が 治った」などの評判も広がっているという。
 
政治家と繋がりも強く「永田町の怪僧」と呼ばれたこともある池口法主。
 
歴代首相の指南役とも評されており、森喜朗元首相、小泉純一郎元首相など彼を慕う政治家は多い。安倍氏の父・晋太郎氏もその一人だ。
 
池口氏は安倍氏の辞任後も彼と会い、体調を気遣った。
 
転機となったのが、今年9月の自民党総裁選挙。石破茂、石原伸晃、町村信孝など多くの有力候補者が自民党総裁選に出馬を表明。
 
安倍も早々に出馬を決意した が、周囲はみな反対した。そんなとき、後押ししたのが池口法主の言葉だった。9月1日、彼は安倍氏にこんなメールを送ったという。
 
《予想される人を見て来ましたが運気は負けません。自信を持って進んでください。長期政権を祈ってます》
 
すると安倍氏は見事、自民党総裁に当選。
 
11月には、野田佳彦氏が民主党敗戦確実のなか衆議院を解散するなど、次々と追い風となる出来事が起こったのだ。
 
今回の自民党の勝利について、池口法主はこう語る。
 
「前回、安倍さんはまだ総理の器になっていなかったんだと思います。しかしあれから5年間、しっかり体調を整え、勉強をして力を蓄えてきた。その結果、“天”が彼を求めたんじゃないでしょうか」。
 
yahoo!ニュース (ソース:女性自身 2012年12月25日(火)
—-
 
先週、こうしたことがテレビで報道された後、すぐにyoutubeに動画がアップされましたが、即刻削除されてしまいました。
自民党は、こうしたときだけ対応が素早い。
 
当時の週刊文春も、安倍晋三が小泉純一郎の“ご指名”によって総理大臣になることが決まってから、池口恵観との「深い関係」についてトップ記事で扱っています。
 
----------------(転載ここまで)
 
安倍さんて、統一教の信者ではありませんでしたか。なのに「密教」にも心酔しておられたんですね。しかも、随分と昔からこの「密教」のお坊さんとご親密だったようで……。(さらに詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)
 
安倍晋三と池田恵観がズブズブなのはネット右翼の常識だよね?
 
いやはや。北朝鮮とここまで深く関わりのある大物が安倍とつながっていたとなると、やはり私の推測通り、安倍がアメリカの飼い犬だという有名隠謀論者たちの話は全くのデタラメだったという証拠です。
 
何せ、北朝鮮はアメリカの敵ですから。その北朝鮮とズブズブの「怪僧」と安倍がずっと親しくしていたというのに、どうしてその安倍がアメリカの飼い犬だったりするものですか。
 
やはり安倍はアメリカ売国奴ではなく、アメリカに送り込まれた「天皇派」のスパイだったのです。これについては先日も記事にしましたね。
 
安倍晋三も岸信介もアメリカに利用されていたのではなく、実はアメリカに送り込まれた天皇のスパイだったのではないか。
 
しかも、この「池口恵観」は安倍だけではなく、数多くの永田町の政治家たちと陰でつながっているようです。この国のトップたちはほぼ全員、「密教」と深い関わりがあるというわけです。
 
これだけでも日本の政界、ならびに天皇家が「密教」を信じる悪魔崇拝者であると証明されたも同然ですね。彼らにはもう弁解の余地がありません。
 

30 Comments
  • yoshi yamaguchi
    Posted at 21:13h, 08 3月

    こんばんは、池口恵観
    朝鮮総連ビルで、話題になった人物ですね。
    政界どころか、ヤクザとも交流が深い人物ですね。
    小泉純一郎の遠い親戚みたいですね。
    結局田布施システムに戻るのかー

  • ユンダンテ
    Posted at 21:56h, 08 3月

    今日のニュースで安倍さんが憲法改正スピーチをしていましたが、日本の国旗の隣に菊紋がありました。クールジャパン政策のアニメから、ラブライブというアニメがあります。さすが、サンライズですね。1話見ればわかります。天皇派の要素がふんだんに盛り付けられています。 神社の記事なので、こちら麻です。http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5  たしかに、やたらとパワースポットだなんだ言って神社をすすめられましたね。

  • レイズナー
    Posted at 22:00h, 08 3月

    池口恵観
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%8F%A3%E6%81%B5%E8%A6%B3

    池口恵観といえば戦後初のクーデター事件、三無事件ですね。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%84%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    なのに医師なんですよね~。何なんでしょうねこの人?密教で悪魔に祈ってがんを治してもらうんでしょうね。
    私なら、食品添加物を抜いて、体を温めて自力で直しますがね。
    http://www.gekkan-gan.co.jp/index05.26.html

  • アモリフェラ
    Posted at 22:31h, 08 3月

    リチャードさんの動画では、池口氏は小泉氏のいとこだと言っていたように記憶しています。また池口氏はデヴィ夫人と懇意です。よく二人で北朝鮮で講演したりしているみたいです。デヴィ夫人は対インドネシアのスパイで、天皇の金塊の隠し場所を知っているという話も聞いたことがあります。世界の王室皇室と国際金融家はすべて仲間内で、戦争をする事でますますお金儲けをするようです。
    ところで、うちの近所に大国主命の小さな神社があるのですが、有名どころでは出雲大社でも大国主命を奉ってあるそうです。なんかもうガッカリですね。神社本庁が安倍氏を推しているところからして、神社の背後に戦争屋の存在をにおわせますが、まさか天皇が中心的存在だったなんて。日本の神様、イロいし怖いし戦争も好きなのでしょうかね。笑 詳しいお話をいつもありがとうございます。

  • のぶゆき
    Posted at 22:37h, 08 3月

    日蓮大聖人の四箇の格言に「真言亡国」とありますが、非常に納得がいきました。
    チベット仏教も真言密教も、すでに仏教ではないですね。

  • メガデス大好き
    Posted at 22:54h, 08 3月

    こんばんは、raptさん。

    まさか神社の構造が女性の体の構造を元にして作られていたとは本当にびっくりしましたね。

    さらに天皇家が密教と密接な関係にあったことや、安倍などの一部の政治家も密教と密接な関係にあり、それを利用していたことも驚きましたね。

    しかし、これ以上、このような恐ろしい悪魔の儀式をさせないようにしないといけないですね。

    その為にも祈り、情報拡散などの行動をしないといけないですね。

    最近、安倍などを含む政治家やnhkの籾井の不祥事がばれていて天皇派が一層弱くなっていると感じていることもあるので天皇派を含む悪魔崇拝者が滅亡するのが加速しているかもしれないですね。(天皇家の不祥事がばれるのも近いかもしれない?ですね。)

    なんか少し希望が湧いてきているような気がします(^^)

    今年の終わりにはさらにたくさんの人々が覚醒していて裏社会の悪い奴の一部が降伏しているかもしれないですね。

  • 楽器奏者
    Posted at 23:41h, 08 3月

    いつの時代も権力者のバックに怪しげな祈祷師が付いているのも悪魔崇拝の証しなのでしょうね。
    本当に洗脳って恐ろしいですね。
    神や仏を騙ればみんな良いものだと信じてしまいますから。
    我々が当たり前に信じてしまう神や仏ぐらいに洗脳されているのが「お金」です。
    お金が無くなって困るのは権力者なのです。
    お金という価値観を我々に刷り込んでお金が無いと生きて行けないと信じこませています。
    悪魔崇拝がお金というものに力を与えて世界を支配しているわけですから。
    RAPTさんのブログを読んでいて支配の本質にまで気付けました。
    人類がお互いに助け合い分かち合う世界を築けないのもお金中心のこの世界のあり方が問題だと思います。
    経済学者の屁理屈に騙されていてはいつまでも悪魔崇拝者の支配の操り人形のままです。
    お金は権力者と支配される側を作る悪魔の道具に思えるのですよ。
    お金の支配が無くならない限りはブラック企業も戦争も無くならないと思います。
    これからもRAPTさんのブログで学ばせていただきます。
    長文失礼しました。

  • ぽんて
    Posted at 00:26h, 09 3月

    うろ覚えで申し訳ないんが、以前警察OBの方と一緒に仕事していて、皇居の近くを通ったとき

    「皇宮警察は一般の警察官と違う」と言ってたのを思い出しました。

    能力ではなく血筋や家系など選ばれた者だけがなるとか、そいうニュアンスだったと記憶しています。

    当時の自分は洗脳されてたで、何の疑問も無く軽く流してしまいました。

    警察組織に詳しい方など、何かのヒントになれば幸いです。

  • yum
    Posted at 00:45h, 09 3月

    最初に失礼致します。
    名前が似ている方がいらっしゃいました。初投稿の時は全てに目を通していなかったので、知らずにおりました。
    私の方は一文字少ないですが、紛らわしくなってしまい、申し訳ありません。
    m(_ _)m

    ・・・本題へ。
    今日見ていた“第二章「バアル崇拝と日本神道」” というサイトに 
    ※ http://kurodakango.web.fc2.com/02.html
    ギリシャ神話と日本神話との類似性、古代日本と古代オリエントの関係、神殿淫行― 神殿売春がなされていたという類似点などが書かれてありました。
    このところの内容から、とても興味深かったです。

    * * * * *

    「このような迷信的風習がオリエントの 一民族、一国家、一文明全体に蔓延していたのが紀元前のオリエント世界であり、それゆえにイスラエルの神は  『イスラエルの女子 は一人も神殿娼婦になってはならない。男子は一人も神殿男娼になってはならない』(申命23/18)と厳しく諌められたのである。
    しかし北イスラエル10部族はこの戒めを守らず、彼らの先祖であるアブラハム・イサク・ヤコブの神を捨て、バアルとアシタロテの祭壇を立てた時、 この悪習に染まり始めたのである。

    「それゆえにその血統下にある古代日本においても神殿淫行、神殿売春はいたる所でなされていたのであった。」

    「イエスを直接に試練したと言う悪魔ベルゼブルの名前は『高い家のバアル』と言う意味である。そのバアルを始めと する神々を祀る日本の神社は悪魔を神々として祀っているのである。
     すなわち日本民族は長くサタニズム(悪魔崇拝)を行ってきたのである。
     これでは幸福になれる訳が無い。」

    「日本では悪魔を神として祀(まつ)っている。
    そのため日本民族の精神は測り知れない影響を受けているのである。
     日本民族の能力は高い水準にある。
     また日本民族は道徳的にも優れた側面を多く持っているのである。
    しかし日本の国内には悪魔の礼拝所がたくさんあり、そこで礼拝行為をするのが先祖伝来の風習であるがゆえに、ただそれだけ の理由で悪魔を神として礼拝している。ゆえにこの国は霊的に狂わされている。」

    * * * * *

    上はほんの一部ですが、RAPTさんのブログを読ませていただくようになってから、こうして神道の根底にある問題も考えるようになりました。

    仏教系、キリスト教系、そして神道系と、本当に本来の道へと立ち返って行かなくてはいけない時代です。

  • 五輪の書
    Posted at 02:10h, 09 3月

    私も地球上に存在する最高権力宗教はお金だと思ってます。
    未開の土地の人々または自給自足の人々はお金の神様モロク神には騙されないでしょう。
    これ程までに隅々まで行き渡ったお金という宗教は子供でも知ってます。
    だから本当の意味での自立している人々はコントロールが効かないので力で持って環境破壊し迫害し洗脳し奪ったものを世界に高利で売りつけると言う一石何鳥ものシステムを使う。
    事実どんなに尊い教えでもお金がないとあっという間に立ち行かなくなり地上から姿を消すでしょう。
    これは大変由々しき問題です。全くお金とは関係無いことなのに。
    ジレンマですが今の大半の人々の人間性や霊性が高くないとお金の無い他者貢献の世の中はなかなか厳しいと思います。
    しかしこれを達成することができれば本当の幸せがわかると思うのです。お金の為に理不尽な我慢がそこかしこに落ちている気がしてなりません。

    ウン、やっぱり究極の幸せは他者貢献だな。

  • rapt
    Posted at 03:13h, 09 3月

    >yumさん。
    ご紹介くださったサイトの内容は、ほぼ真実ですね。
    やはり知っている人は知っているということでしょうか。
    これまでは、こういった真実の書かれたサイトも誰からも注目されずにきたわけでしょうが、これからは違います。
    このブログがそのサイトに書いてあることを傍証してきたようなものですし、これからもさらに明確に立証していきます。
    貴重な情報ありがとうございます。

  • qetesh
    Posted at 04:55h, 09 3月

    RAPTさんが「神風」のことを書いているから、私の疑問も書いておく。
    —–
    大阪・神戸大空襲の中、少年Hは湊川神社が神戸を護ってくれると信じていた。
    しかし、湊川神社は集中爆撃され、倒壊した。全くの無力だった。
    熱風渦巻く中、身体にククリつけて持ち出したのは、食糧ではなく日の丸だった。
    それが当時の市民の一般的考え方だった。しかし、市街地は焼土と化した。
    逞しい少年Hは日の丸を風呂敷に代えて、焼け跡や闇市からの運搬用具とした。
    こうして、敗戦後の街で生き抜いた。
    (ここまでは当時を経験した人々によって、小説とかでよく書かれている事実だ)
    —–
    「神風」なんてない、湊川神社の楠木正成もない、ナイナイナイ!
    「日の丸」はタダの布… と一般市民は考えただけだろう。
    だから、焦土の街で逞しく生き延びれた。
    しかし、同時にふと疑問も残った。京都はなぜ空襲を免れたか?

    http://www.amazon.co.jp/日本の古都はなぜ空襲を免れたか-朝日文庫-吉田-守男/dp/402261353X
    『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』(朝日文庫)

    文化財の残る古都が米軍の空襲を免れたのはその価値を認めてくれたからだ、
    という「定説」は、タテマエ上、市民はそういうことにした。
    市民にとって、そんなことより日々の暮らしが重要だった。
    焼け出された市民はその日の糧のため、働き先を探さねばならなかった。
    多くの町工場も市場も焼けて消滅していた。
    空襲で全滅を免れた工場に職を求めて殺到した。
    だから、多くの神戸市民にとっては、そこが希望の星となった。

    話がここで終われば、偶然、焼け残ってラッキー、
    MITSUBISHIワッショイで、オワタかも知れない。
    http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/network/randd/#area=06

    ところが、阪神大震災のときも、ソコは被害を免れた。
    別の「神風」のような力が存在した。
    実際に震災被災地を目撃した多くの人々が知っていることだが、
    爆撃されたかのような甚大な被害にあった地域の中で、
    被害に遭わなかった地域がライン状に際立っていた。
    ソレがあの星のラインである。
    それまで時代遅れの伝説的風水が、不動産屋情報になって浮上した。
    コレは一体何か???
    —–
    念のため、私は星のラインに護られた勢力を正当だとは考えていない。
    集中爆撃された湊川神社の星も、護られた星もどっちもどっちだろw
    ただ、そういう星々の勢力が21世紀も存在しているんじゃないか?
    そういう疑問である。

  • rapt
    Posted at 05:16h, 09 3月

    >qetesh
    これについて今のところ考えられるのは、京都には裏天皇がいて、この裏天皇を滅ぼしてしまうと、イルミナティそのものが存続できなくなるからでしょう。
    それは「教皇派」にとっても都合が悪い。
    彼らもイルミナティがあってこそ、富や権力が得られるわけですから。
    これについては、前にもちょっと触れました。
    http://rapt-neo.com/?p=23777
     
    今のところ、私は裏天皇が最高位の悪魔ルシファーを召喚する「奥義書」を持っていて、その「奥義書」の在処を知っている(あるいは実際にルシファーを召喚する力を持っている)のは裏天皇(と天皇)のみ、と考えています。
     
    なので、京都を攻撃して、裏天皇を殺すようなことはできなかった……。
    と考えていますが、いずれこの辺のこともはっきりと解明できるようになるでしょう。
    ある一つの問題を解明していくには、その問題そのものを解決しようとしても解決できず、むしろ他の問題を解決しているうちに、その問題まで芋づる式に解けていくという場合があります。
    プーチンの謎も、プーチンについていくら調べても分かりませんでしたが、創価学会について調べることでその謎が解けたように。
    今回の、密教のことにしてもそうです。
    ナチスのこと、チベットのことを調べていったら、密教の謎が解けました。
    ですから、今のように一つ一つの謎を丹念に調べていけば、いずれそれらの謎もはっきりと解けていくでしょう。
    ですから、今は焦らずに、目の前にある謎を一つ一つ丹念に調べていくことですね。

  • qetesh
    Posted at 06:10h, 09 3月

    >> raptさん
    私の戯言に、レスを感謝。お礼にもう一つ不完全情報を書く。
    —–
    中央新幹線(リニア新幹線)が、昨年12月に着工した。
    http://ja.m.wikipedia.org/wiki/中央新幹線

    ①首都機能移転論
    ②東海道・山陽新幹線が兵庫県南部地震の被害で長期間不通になった
    ③東海地震の予想被災地域を通過する東海道新幹線の代替路線が必要…とか
    というのが一般的に公開された情報である。

    ところが、まだ、京都か奈良かイマイチわかららん。
    でも、まぁ、なんとなくアレだw
    なんて言ったって、リニア新幹線の制御はアノ星がやっているんだ。
    そのうち公開サイトも、うpされるだろ。
    ほとんど、地下トンネルw 地下鉄仕様だ。
    http://www.mitsubishielectric.co.jp/business/public/traffic/index.html

    車両本体は川崎重工。たぶんこちらの公開の方が早いかも。
    http://www.khi.co.jp/product/railway/japan/
    —–
    > 目の前にある謎を一つ一つ丹念に調べていくことですね
    raptさんが言うとおり、幾つもの事実を繋ぎ合わせ、
    偶然ではなく、仮に、星のライン上に膨大な税金を投入して、
    これらの事業をやっているとしたら、その背後の勢力も考えたいw

    尚、北の結界はフクシマは破られた。鬼門封じアボ〜ンである…
    鹿島が寝返ったのか、もともと、どっちでもその時次第なのかw
    まぁ、彼らのキャラは、臨機応変、変わり身が素早く、
    地元民を棄てることに躊躇なしということだ。「神風」はきまぐれw
    それを肝に銘じておこうw

  • rapt
    Posted at 06:19h, 09 3月

    >qeteshさん。
    三菱率いる「岩崎家」は皇室と四重の親戚関係を結んでいます。
    これは前にも少し触れました。
    http://rapt-neo.com/?p=23385
     
    一方の川崎重工も、皇太子様がわざわざ視察。
    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007497893.shtml
     
    背後に誰がいるかはおおよそ想像がつきますね。

  • qetesh
    Posted at 06:45h, 09 3月

    《ご報告》サイト表示が安定しない。
    上部見出しだけが表示され、本文が真っ白となる。
    再読み込みを繰り返しても改善しない。
    その場合は、一旦、全部閉じて、新たに開く…
    という作業を繰り返すと表示される。
    ビジィー状態である。F5アタックかも知れない。
    尚、サイトを閉じると書きかけ途上のコメントも消えるため、
    別途メモ帳に書いて、最後にコピペ書き込みした方がいいかもw

  • qetesh
    Posted at 06:58h, 09 3月

    >> raptさん

    > 一方の川崎重工も、皇太子様がわざわざ視察。
    > http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007497893.shtml

    ほへぇ〜〜w 知らんかったw 偶然偶然かのぉw w w
    あとは巨大地下トンネルの施工会社だ… そのうち、情報をgetするぉ。
    ってか、今、関西ではリニア新幹線特需w リクルート満載w
    書いてみてヨカッタ(^∇^)

    http://kyoto-linear.com/files/pdf/yosan_25_6.pdf
    あと、京都駅がどうひっくり返えるかwktk…

  • rapt
    Posted at 08:08h, 09 3月

    >qeteshさん。
    普通に考えて、偶然ということはないでしょうね。
    お忙しい皇太子様のことですから、何かしら意味があっての視察でしょう。

  • qetesh
    Posted at 08:12h, 09 3月

    >> raptさん

    > 一方の川崎重工も、皇太子様がわざわざ視察。
    > http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007497893.shtml
    大ヒットだぉ! 記事は農業視察メインで、本命はさりげなくw w w

    私は車両本体が川崎重工とまでワカッタけれど…
    生産拠点で行き詰まったw
    http://www.khi.co.jp/company/base/office_jp/index.html

    はいはい、ココも星のラインに護られているのか。胸熱…
    http://www.khi.co.jp/company/base/office_jp/hyogo.html

  • rapt
    Posted at 08:18h, 09 3月

    >qeteshさん。
    プーチンのときと同様、急所を攻めてダメなら外堀から、ですね。
     
    あと、農業視察も何か意味があるのでは……?

  • yum
    Posted at 14:31h, 09 3月

    RAPTさん、お答えいただきありがとうございました。
    しかし。申し訳ございません・・・。

    先のコメントに書いた件ですが、第二章については興味深い記事でしたが、その後の第三章を読んでいたら、どうも統一教会の教えが反映されているような内容になっているようでした・・・。
    第二章はともかく、第三章はどうなってしまったのか。
    ?マークになってしまいました。
    第三章に書いてある事は、結局、だから日本は苦しまないといけない「摂理」だという事のようです。
    だから、信者(統一教会)は苦しい道を歩まなければいけないのに脱会した者達がいる等。
    統一教会がここに来て出て来ました。※第一章はまだ読んでいないのですが。
    この辺を読んでいたら、迷路に入ってしまった気がしました。
    ちょっと気を付けたいです。

    第三章では、やたらと「摂理」という言葉が出て来ました。
    「摂理」という韓国の新興宗教が日本でも問題になった事がありましたね。
    確か教祖がたくさんの若い女性信者と関係を持っていて、日本でもそのような事があり問題になって、失踪していた教祖がその後逮捕されたと思います。

    統一教会も皆さんご存知のように、色々問題が多い宗教団体です。

    ですので、第二章をご紹介してしまいましたが、そのような事情から再検討がもっと必要なサイトに思えました。
    妙なコメントになってしまい、大変申し訳ないです。
    ご迷惑ですが、何卒どうかよろしくお願い申し上げます。
    取り急ぎ失礼致しました。

  • rapt
    Posted at 16:04h, 09 3月

    >yumさん。
    多分、統一教のまじめな一般信者の方が、統一教に疑問を感じて書いた記事なのではないかと思います。
    ですから、プロパガンダなどを意図して書いたものというより、真面目に物事を考察して書かれた記事だと思いますので、一部、真実が混じっていることは確かなようです。
    ですから、そんなに気にすることはないと思います。

  • 迷子のひよこ
    Posted at 16:41h, 09 3月

    http://www.buddhist-summit.com/
    証拠にもなく、昨年の12月にまた、仏教サミットなる物をやっているみたいです。

  • 迷子のひよこ
    Posted at 16:47h, 09 3月

    説法の続きです。

    「相撲」
    相撲の土俵には4つの大きな俵と、32の小さな俵がある。
    4+32=36で、2つに割ったら18になる、これは弥陀の十八願を表している。
    軍配には太陽と月が書かれている。 それは日想願(表)と水想願(裏)つまり表裏一体を表している。
    軍配の下に何かついている。その数は18個であり、もちろんこれは弥陀の十八願を示している。
    理想の立会いは「阿吽の呼吸」をもって行われるとされる。阿吽=神社の狛犬=仁王像である。
    満員御礼の垂れ幕というのは花札の桜と同じで日想願。

    「浦島太郎」
    亀を助け(前世で善行をつんだ)、竜宮城に行った。
    乙姫様に玉手箱をもらった(正法をもらったということ)。
    玉手箱を開けたらおじいさんになった(「人に言ってはいけない」という教えを守らなかったため、法の力が消えたということ、他言無用)。
    つまり、正法誹謗してはいけないということ。

  • 迷子のひよこ
    Posted at 16:56h, 09 3月

    ここから儀式に入ります。

    ①  白装束に着替え、儀式での作法を覚えさせられる。 「南無阿弥陀仏」と10回唱え、独自の拝み方を覚える。信貴山朝護孫子寺の張り子の虎のように、首を振って頭を打ち付け眉間(白毫)の第三の目を開く儀式の練習。
    ②儀式は仏間で行われる。手を消毒薬で洗い、口を塩水でゆすぎ 再び手に塩をつけて流す。一人ずつ順番に並び、仏間に入る。目をつむり、胸元で死人の様に両手を組み、襟をつかむ。合図で前にある打敷きに頭を打ち付ける(オツムてんてん)。スポンジの様な感触で痛くはない。「よし」と言われ、信心決定となる。お礼で、五体投地と「南無阿弥陀仏」を唱える。
    ③ 仏間は暗い布で囲われ、祭壇と阿弥陀如来の掛け軸がかかっている。 日光菩薩、月光菩薩と一体になる儀式。善知識と対面して座り、片手を合わせる。善知識の「南無阿弥陀仏」を復唱した後、強く息を吹きかけられる。口をつけた盃の水も飲まなければならない。日光菩薩は10回、月光菩薩は5回行う。
    ④このことは絶対に他言してはいけないと宣誓させれれる。順番に、鈴を鳴らし、「絶対に他言致しません」と誓約。
    ⑤ 次の日は、朝早くから白装束で仏間に入る。その後、菩薩となった証を見せるとのことで、黒法衣で外に出る。太陽を直視することができるようになったとのことで、太陽の輪郭がはっきりと見える。太陽を見た後でも足元の暗いところがはっきり明るく見える(日想観という)。
    ⑥. 儀式を受けたので、死して六道輪廻に入らず、阿弥陀のもとに行ける身となったと説明。そして、これから誓約を守らないと六道輪廻に逆戻りになる。
    ⑦もうひとつの証は、化仏化菩薩を見ることができる。また外に出て、黄法衣の方に見方を教えてもらう。方法は、青空を見上げ、眉間の20cm程前に焦点を合わせていくと、空中に白い小さな光が飛び回るのが見える。眼鏡をかけても見える。、背景を白い壁に移しても見られる。
    ⑧このほかに月を見ること(水想観)もある。 日想観・水想観・化仏化菩薩、この三つが重要である。最後に「南無阿弥陀仏」と写経した紙を仏間に供え、線香をあげて経を唱える。そして、写経した「南無阿弥陀仏」の紙は、家に帰り、夜中12時前にへその上に貼って眠った後、早朝、近くの川に流しに行く(御六字)
    以上が私の受けた儀式です。 この儀式を他人に話せば地獄に落ちますと言われました。

  • 夏雪
    Posted at 17:24h, 09 3月
  • yum
    Posted at 18:57h, 09 3月

    RAPTさん、ご回答ありがとうございました。
    そういう事だったのですね。
    そういう事ならばと、その内容も少し分かり易くなりました。
    確かに色々研究され、考えられていらっしゃる方のようですね。

    書かれた方には、かえって失礼をしてしまった気が今はしています。

    お陰様で混迷から早くに抜け出せました。
    ご丁寧にありがとうございました。
    そして、お手数をおかけして申し訳ございませんでした。
    m(._.)m

  • rapt
    Posted at 23:36h, 09 3月

    >迷子のひよこさん。
    お忙しいところありがとうございました。
    地獄に堕ちることなく、むしろ大きな祝福があるよう本物の神さまにお祈りしますね。

  • 迷子のひよこ
    Posted at 12:52h, 10 3月

    >RAPT様、ありがとうございます。
    あのまま教壇に残っていたら何を言われ何をされていたのか、考えるだけでも怖いです。
    教壇の幹部に私と僧侶を結婚させようとされた事も有りました。
    RAPT様のブログに出会えて改めて脱退したのは間違えでは無かったと、しみじみ思います。
    RAPT様、このブログに集う皆様の祝福を日々、お祈りいたします。

  • たっくん
    Posted at 07:18h, 24 6月

    僕には難しい内容でよくわからないけど、神社が女性の性器を表してるのは衝撃的で、なるほどな~って思いました。

Post A Comment