RAPT | 神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。
24282
post-template-default,single,single-post,postid-24282,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。

神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。

img_3
 
ここ一連の私の記事に裏社会の皆さんがかなりご立腹のようで、怒りを露わにした悪口メールやコメントが殺到しております。
 
批判メールやコメントではなく、単なる悪口メールやコメント(もちろん、全て削除しました)が来たのには驚きましたが、それだけここ一連の私の記事が彼らの急所をついているという証拠でしょう。こちらとしても、ブロガー冥利に尽きます。
 
しかも、私もこれだけきちんとした証拠や根拠をずらりと並べていますから、彼らとしてはもう反論の余地がないはずです。
 
なので、最初から悪口を言って私を萎縮させ、口封じするしか打つ手がないわけでしょうが、悪口はすべて最初から無視すると言っていますので、これからも無視しつづけます。
 
ということで、昨日は「ゾロアスター教」と「ヒンズー教」と「仏教」と「神道」にはなぜか同じ神様が名前を変えて登場していて、その神様は実のところ淫乱かつ邪悪な悪魔である、というお話をしました。
 
この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。
 
で、昨日はその中でも特に「シャンバラ」を作ったとされる「サナト・クマーラ」の話をしたわけですが、この「サナト・クマーラ」は、ゾロアスター教の「アフラ・マツダー」でもあり、ヒンズー教の「第一クマラ」でもあり、仏教の「大黒天」でもあり、神道の「大国主」でもあるとのこと。
 
しかも、ヒンズー教は淫乱な神々のオンバレードで知られる宗教であり、かつ「大国主」も人々を乱交させる淫乱な「縁結びの神様」です。
 
しかし、聖書ではこの「サナト・クマーラ」をはっきりと悪魔であると断定しています。つまり聖書だけが真実を書いているわけです。だからこそ私も聖書を読むことで、この世のカラクリが色々と分かってきたわけです。
 
で、この悪魔「サナト・クマーラ」が作ったとされる「シャンバラ(またはアガルタ)」のことを、なぜか多くの人々が人類の理想郷であるかのように口を揃えて宣伝しています。
 
要するに、彼らも皆、悪魔の手先だということですね。
 
さらに、この「シャンバラ」を作った「サナト・クマーラ」は、あろうことか、日本の「鞍馬山」に最初に降臨してきたのだそうです。
 
それが今から1850万年前とのことで、さらに今から100万年前には、この「サナト・クマーラ」はゴビ砂漠上空のエーテル界層(?)に拠点を移したとのこと。
 
さらについ最近のことですが、1998年にはその拠点をアメリカ合衆国のある山(カリフォルニア州の聖山・シャスタ山)に移したそうです。
 
(詳しくは以下のリンクをご覧下さい。なお、このリンク記事では「サナト・クマーラ」の降臨を250万年前としたり、ややウィキペディア等と違う記述も見られます。この人の勘違いでしょうか。)
 
ウエサク祭とは?: 今この時&あの日あの時
 
こうして見てみると、どうやらこの「シャンバラ」は、単なる地底都市というより、霊的な場所を指しているようですね。
 
そもそも「アガルタ」そのものが四次元の世界だと言われていますし、「チベット仏教」や「密教」の信者はその四次元世界にいる悪魔どもと交信するために様々な儀式をしているとも考えられますので、「シャンバラ」は単に地下に降りていけば辿り着くような場所ではないのかも知れません。
 
となると、この「シャンバラ」はますます「地獄(冥界)」に他ならないということになりますが、今でもこの「シャンバラ(アガルタ)」からメッセージが届いたと言って、実に多くサイトでそのメッセージが伝えられています。
 
その内容がどんなものなのか見てみると、有名隠謀論者たちの言っていることとほとんど同じで、ロックフェラー(およびロスチャイルド)こそがこの世の悪の根源であり、彼らはもうすぐ滅び去るだろう、というもの。
 
しかも、彼らは「シオニスト」がもうすぐ滅びるだろう、とも言っているようですが、残念ながらその「シオニスト」は今や日本の安倍や天皇ととても仲良しになっています。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)
 
実は「イスラム国」と「イスラエル」は天皇派の傀儡だった。改めて陰謀論の再構築を試みます。
 
しかも、彼らが仲良しになった背景には、「ナチスドイツ」を作った「世界紅卍会」が関わっています。(ナチスと紅卍会の関係についてはこちら
 
「世界紅卍会」の会員の中に、「大本教」教祖である「出口王任三郎」と「出口なお」がいるのですが、この「出口なお」は京都府綾部市の出身。
 
で、この綾部市は2000年2月9日にエルサレム(イスラエルの首都)と友好都市宣言をし、さらに「大本教」の五代目教主である「出口紅」の父親・広瀬静水は「世界連邦日本宗教委員会会長」を務め、「世界連邦運動」を促進しています。
 
「世界連邦運動」については、前にも記事にしました。天皇中心のNWO計画を推進している団体です。(詳しくはこちら
 
このように、ナチスドイツを作ったのと同じ組織が、日本とイスラエルの友好関係を作っているわけです。実に気味の悪い話です。
 
で、この「紅卍会」の一会員である「笹川良一」の作った「日本財団」がイスラム国騒ぎを起こし、同じく「紅卍会」の一会員である「大本教」が、イスラム教の敵であるイスラエルと友好関係を結んでいるというわけですね。
 
「イスラエル=紅卍会=イスラム国」
 
ものすごい茶番劇です。もっとも、陰謀論にはよく出てくる図式ですが、有名隠謀論者たちもこのことには一切ノータッチですね。なぜでしょうか。
 
しかも、隠謀論者たちの話では「シオニストがイスラム国を作った」ということになっていますので、そのイスラム国騒ぎを日本が鎮めたということにすれば(実際、安倍が大金をばらまき、その大金でイスラム国を空爆しています)、ますます日本の地位は向上し、天皇の地位が向上するでしょう。
 
しかも、安倍は極右組織「日本会議」のメンバーであり、同じく極右組織「神社本庁」の懇談会の会長ですから、いずれ天皇を大きく持ち上げはじめることは先ず間違いありません。
 
安倍晋三と小沢一郎が天皇派の最重要人物であるという幾つもの証拠。
 
ですから、「シオニスト」を悪者だと言い、「シオニスト」がもうすぐ裁かれるなどと言って騒いでいる人たちは皆、天皇を崇拝する「天皇派」であると考えて先ず間違いないでしょう。
 
ちなみに、ここ一連の記事によって、日本の神道ならびに仏教がいかに淫乱かつ邪悪な悪魔どもに汚染されきっているかがお分かりいただけたかと思いますが……。
 
ロスチャイルド系列の「ディズニー」映画も、子供向けの映画でありながら、実は数多くの淫乱なサブリミナルが差し挟まれていることが分かっているように、実は日本の神社仏閣にも様々な淫乱物がまるでサブリミナルのように陳列されています。
 
当然です。何しろ、お坊さんたちが普段読んでいるお経(理趣経など)には、人間の性欲を肯定するばかりか、むしろ奨励するようなことが書かれているからです。(詳しくはこちら
 
そのためでしょう。日本全国には、男女の生殖器を御神体として恥ずかしげもなく奉っている神社などが多数あり、ときにその御神体をお神輿(みこし)にして担ぎ回ったりしています。昨日もこんなサイトを紹介してくださった方がいました。
 
金山神社 (川崎市) – Wikipedia
 
しかし、こんなのはまだ序の口です。こんなお祭りがこの日本には他にも山のようにあります。(興味のある方はこちらをご覧ください。)
 
警察は普段、「公然わいせつ」や「わいせつ物陳列罪」にはやたらと目くじらを立てますが、なぜかお祭りになると、こういったわいせつ物を全て容認しています。
 
なぜなら、日本のお祭りはそのほとんどに地元のヤクザ(テキ屋)がかかわっていて、警察もそのヤクザと水面下で手をつないでいるからです。ギャンブルであるパチンコが容認されているのと同じ構図です。
 
どうして祭りに出ているお店はやくざがしきっているのでしょうか?- Yahoo!知恵袋
 
では、なぜお祭りにはヤクザや暴力団が関わっているのか。もちろん神社仏閣の中枢に、悪魔崇拝者たちが潜伏しているからでしょう。
 
もちろん、全てのお祭りがそうであるとは限らないでしょうが、健全なお祭りの中にそのような確信犯的なお祭りがぽつぽつと混ざっていることは確かな事実です。
 
さらに、ある読者の方から寄せられた情報によると、神社にある「しめ縄」にも何やらいかがわしい意味が隠されているようです。
 
----------------(以下、注連縄)より転載)
 
学習院女子短期大学講師 吉野裕子氏によると注連縄の形は『蛇の交尾』を擬したものだと云う。
 
氏は著書『蛇 日本の蛇信仰』(講談社学術文庫)で、蛇の形体・生態から各地の信仰・風習を説き、蛇信仰が如何に日本人のなかに浸透しているかを述べている。 以下にその一部を紹介します。
 
日本の蛇信仰は縄文時代の昔より引き継がれており、縄文人が蛇に寄せた思いの源は
 
蛇の形体が男根を思わせること
 
蝮などの強烈な生命力と、その毒で敵を一撃のもとに倒す強さ
 
脱皮により生まれ清まる再生力
 
性に対する憧れ、崇拝、畏怖、歓喜、それらが凝集して神与のものと考えられ、その象徴が『蛇』として捉えられた。
 
縄文土偶の女神の頭に蝮を戴き、有頭(亀頭)石棒を崇拝はその象徴である。
 
蛇がトグトを巻いた形姿から円錐形の姿をした山が信仰へ結びついた。
 
常陸風土記・ヌカヒメ伝承、箸墓伝承など、蛇神と交わる各地の伝承、蛇の古語『カカ』から類推し、鏡(蛇の丸い目)、カカシ(田を守る)等は蛇を見立てたもの。
 
正月の『鏡餅』は蛇がトグロを巻いた形であり、関西に多い丸餅は蛇の卵の造型。
 
----------------(転載ここまで)
 
蛇がどのように交尾するかについては、以下のリンクをご参照ください。
 
蛇の交尾の様子が愛し合い過ぎている。 – NAVER まとめ
 
「蛇」とは「悪魔」のこと。(詳しくはこちら)そして、その「蛇」の交尾をデザインしたものが「しめ縄」だったとは、さすがに私も愕然としました。
 
あと、私が気になったのは、仏教の「ヤブユム」と呼ばれる仏像です。
 
この「アブユム」は男女が性交している姿をそのまま仏像としているもので、こんなものが作られている時点でもう既に意味不明なのですが、さらにウィキペディアの記事にはこんなことが書かれてありました。
 
----------------(以下、ウィキペディアより転載)
 
ヒンドゥー教にとってのヤブユムはやや違えた意義を持つ。というのも、男性原理と女性原理の意味が逆転している。
 
ヒンドゥー教にあっては抱擁の姿勢こそが神の創造力を表している。
 
この考え方によればヤブユムとは、受動的な男性神の一人が、その能動性や力強さを表す配偶者を抱きしめることを意味している。
 
シヴァには白の精摘のイメージが、その伴侶たるパールヴァティーには赤の卵(もとは血液を意味するラクタ)のイメージがあてられるように、ここに強い性的な連想を読み取れることは明らかである。
 
----------------(転載ここまで)
 
「白の精摘」と「赤の卵」が「強い性的な連想を読み取れる」とあります。これを読んで、私はすぐにあることを連想しました。これです。
 
img56350634
 
これが単なる私の思い過ごしであればいいのですが、こうして色々と調べてみると、日本の伝統・文化にかかわる全てに「悪魔」の要素がぎっしり詰まっているということが分かりましたので、この推論もそこそこ的を射ているのではないかという気がします。
 
我々はこれまで、日本の文化・伝統には色々な意味が隠されていると言われながらも、その本当の意味を全く教えられずに生きてきました。
 
しかも、日本人はみんな形式的なものが大好きで、その中に込められた意味を特に深く追求しようともしませんでした。これは裏社会にとっても実に好都合だったことでしょう。
 
しかしながら、これからはそうはいきません。彼らの化けの皮をすべて剥がして、彼らに大いに恥をかかせてやりましょう。
 
私がこうして日本のことをあれこれ悪く言うからと言って、私が日本を破壊しているとか何とかバカなことを書いてくる工作員(電通に時給2000円ほどで雇われた皆さん)が未だにいますが、日本の汚れを徹底的に綺麗にすることが真に日本を愛することです。
 
日本が一番と叫んだり、韓国や中国と戦争しろと叫んだりすることが愛国心ではありません。戦争は他国だけでなく、自国をも滅ぼしますから。
 

19 Comments
  • レイズナー
    Posted at 20:03h, 07 3月

    昨日の記事での気付き。
    レインボーマンって思いっきり悪魔崇拝。
    昔の漫画(私が見たのは実写版TVシリーズ)なのでご存じない方は下記で。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

    ダイターン3は太陽崇拝=天皇派 必殺技 サンアタック!
    ザンボット3は月信仰=教皇派   必殺技 ムーンアタック!
    そうかサンライズは創価系。会社の名前は太陽崇拝=天皇派。
    つまらない気付きで済みませんw

  • rapt
    Posted at 20:11h, 07 3月

    ずっと記事にしようと思って忘れていたのですが、「初日の出」を見にいくのも日本独自の文化で、これまた「太陽崇拝」ですね。
    外国には「初日の出」を見にいくという習慣はほとんど(全く?)ないようです。

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118441029

  • レイズナー
    Posted at 21:05h, 07 3月

    今日の気づき。
    江戸時代のお伊勢参りで遊郭で遊ぶのは、悪魔崇拝だったんですね。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%B8%82_(%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%B8%82)

    天皇家=伊勢神宮=遊郭=悪魔崇拝

  • アモリフェラ
    Posted at 21:48h, 07 3月

    子供の頃に担任教師に聞いたのですが、マツダ自動車はゾロアスター教のアフラマズダーから取ってあるのだそうです。悪魔会社??かもしれないですね。笑 それにしても、金星・ルシファー・サナトクマーラ・大黒天・日の老いたる者・鞍馬山の魔王・大国主が、同じものだったとは知りませんでした。そういえば、3年くらい前までご近所の大国主命を祀った神社に週1くらいでお参りしていたのですが、すっかり止めた現在の方がむしろ幸せなのです。笑 悪魔相手に余計なことで時間を使っていました。 ウィキの金山神社の破廉恥としか言えないピンクのお神輿には吹きました。笑 川崎は不良が多いという噂があるのですが、子供の頃からこんなお祭りを見させられていたら…想像がつきますね。これ性的児童虐待に当たりませんかね??本当に日本って、変な国です。お祭りもよく考えてから参加しないとなあと考えさせられました。upありがとうございます。

  • ひま主婦
    Posted at 23:42h, 07 3月

    はじめまして。毎日学ばせて頂いてます。
    少し前から思っていた古事記やギリシャ神話の神々の気持ち悪さの原因がわかりました。
    皆悪魔なんでしょうね。
    ただ古事記の国創造やギリシャ神話などが表す太陽系創造話(イマヌエル・ヴェリコフスキの『衝突する宇宙 』説)は何を狙ってあのような表現がされたのか理解しかねています。

  • yumi
    Posted at 00:02h, 08 3月

    裏社会はこういった悪魔崇拝なんかしている暇がよくありますね。我々ほとんどの一般庶民は毎日汗水垂らして働いているのにその税金を元に無駄金をつぎ込むなど言語道断です。例えば一部の悪魔崇拝神社に支給される補助金がもし悪魔崇拝に利用されてるのであれば許されるべきではないです。もっとまともに働いてやる事やれと言いたいです。
    あまり実質的な仕事をしているとは思えない一部の官僚とか一部の政治家、一部の宗教関係者などが汚職に手を染めてきたのはまともに仕事をしない暇人だからじゃないかと思えてきます。暇だと余計なことを考え犯罪に手を出す。人から搾り取ったカネだから湯水のごとく遊興費に使いまくる。

    日本人なんだからとマスゴミが正月に初詣に初日の出とかの行事をしろとばかりに一斉にやる正月番組に嫌悪感をずっと持ってましたがこれは本能的に悪魔崇拝に加担させる魂胆を受けつけられないからかもしれないですね。日本の伝統行事で本来の邪悪な意味合いが薄れ形骸化したものであればまだ可愛げがあったのに、意味が大有りとなると一般人もよくよく考えずに祝うなど危険なのだと気づかされました。
    また、最近の日本人はこれこれこうだとかいう日本人を別格化した報道が過ぎるとかえって洗脳目的がバレると思います。後藤健二と川﨑の事件をかなり執拗に報道してたのも異様ですし。わざとらしいとうか。
    もっとも、私は初詣もしませんし正月番組も見ず、神社に願掛けもせず、神道的な生活はありませんが大病もせず生活でき神様のおかげ様だと毎日感謝しています。こうしてRAPTさんのブログに出会えたのも神様のお計らいだと感謝です。

  • メガデス大好き
    Posted at 00:14h, 08 3月

    yumiさん、

    もっとまともに働いてやる事やれと言いたいです。と言うことは僕も多いに共感します。

    確かに悪魔崇拝者は本当は邪悪な意味を持つものなのにそれを隠して庶民にお金をつぎ込ませて、庶民にはそれを良いイメージだと言って洗脳させる、それは本当にひどいとしか言いようがないですね。

  • 百軒
    Posted at 00:37h, 08 3月

    テキ屋を主にしているのは、極東会や国粋会ですよね、これも何か関係があるのではないでしうか?

    稲川などは、博徒団体です。

  • じげもん
    Posted at 00:49h, 08 3月

    私の住んでいる地元・長崎にも通称『お諏訪さん』と呼ばれている『諏訪神社』があります。
    10月7日~9日の『長崎くんち』の舞台になる神社と言えば、ある程度おわかりになるでしょうか。
    境内に至る参道の途中に『男根石』『女陰石』というのがあります。
    最初は『なぜこんなものが神社に?』と思ったのですが、そのうち気にしなくなっていました。
    最近のブログの記事で事実を知り、『そういうことだったのか!』と、納得しきりです。
    さらに、私は知らなかったのですが、今ネットで検索したら『男女結合石』というのも神社内にあるそうで…。
    情報拡散云々の前に、まず自分の地元からよく調べなければいけないと反省しきりでした。

  • 五輪の書
    Posted at 01:18h, 08 3月

    メガデス大好き様

    若さっていいですよ。w
    私は3.11の被災者です。もともと不思議なことは興味津々でした。
    何かもう忘れたけど311の半年ちょい前からなんかおかしいと思い始め調べ始めました。
    311以降は自宅が原発の近隣の町で子供がいるのでもう必死であらゆる情報をかき集めてました。
    すると出てくる出てくる世の中の欺瞞。最初は情報がありすぎてどれを信じていいのか‥‥
    しかし自分をオープンマインドにして全てありえるかもと一旦受け入れ精査していると以前誰かが言ってたことが点でつながり線になってくるんです。そしてその線が交差して厚みのある場所がでてきます。おそらくそこが及第点になります。この時点で毎日3時間ほどの睡眠で私は約3年かかりましたw
    その後先鋭的と思われる陰謀論者のブログをくまなく見てましたがなんか気持ち悪いんです。みんな拍手喝采でwイヤイヤそれおかしいでしょまだ攻め切ってないでしょと。
    ワザとあまり触れないコメントと質問したら出禁でした。w
    そこで出会ったのがraptさんです。ウォーなんだこのブロガーはどう見ても自分より後から来たのに最先端の答え持ってるしーwということです。もうね脱帽です。そしてコメント載せてる人たちのコアな博識ぶり。自分コメント載せるの気後れすると今でも思ってます。
    ただね最後の判断は直感だよwあっこれなんか臭うという一番説明に困る部分で自分もここまで来ました。
    がんばれ❗️

    皆様、長々とコメントすいません。
    そしてこの場所を作ってくれたraptさんに感謝します。ありがとうございます。
    でもこれからが大事ですよね。本当に悪魔を退治し、安堵したいです。

  • ゆかい
    Posted at 02:45h, 08 3月

    悪魔崇拝者どもは世界中で同じようなことばかりしているのですね。今日テレビでブラジルのリオのカーニバルについて放送されているのを見ました。カーニバルは謝肉祭ですが、なんの肉ですかね。カニバリズムと通じるのでしょう。また、カーニバルの夜には人々は開放的になり、ほとんど裸になって踊りまくり、たくさんの人たちが交わって妊娠するため、その10ヶ月後にはシングルマザーがたくさんできて困っているとのことでした。これって縁結びの神と同じですよね。ほんと同じことばっかりですね。

  • ゆかい
    Posted at 03:04h, 08 3月

    しめ縄についての記事がありましたが、しめ縄のしたにぶら下がっている白いギザギザの紙と、その紙の間にあるわら(?)は、雷のイナズマと雨を表しているそうです。なんで神社は神様がいるところなのに、嵐を意味するしめ縄がしてあるんだろうと不思議に思っていました。また、赤い鳥居ははやし浩司さんの動画では、穴あきドルメン(神?悪魔?に対する生贄の人間を閉じ込めていたと思われる石造りの構造物)にも赤い鳥居のような模様描かれており、鳥居はそこから来たのであろうという推測をされていました。赤は血の色だそうです。これも「まさかなー」と思って見ていたのですが、なんだかraptさんの分析をみていると本当のことのように思えてきました。そう考えると、神社は悪魔的意味をもつもので埋め尽くされているのですね。本当に恥ずかしいことです。神社仏閣の関係者はわかってやっているんでしょうかね。人々の信仰心を利用して金銭を騙し取り、さらに宗教法人で税も優遇され、贅沢な生活を送りながらさらに乱れたことをコソコソとやっているのでしょうか。恥を知ってほしいです。

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 04:41h, 08 3月

    こんばんは、
    先日のRAPTさんのブログで空海が金剛杵(密教やチベット仏教における法具)を
    持っているのが気になって、色々調べました。
    大黒天は、ヒンドゥー教三神一体ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの中の破壊の神をシヴァの事だそうです。
    で、ヒンドゥー教のもとは、バラモン教なのですが、そこに登場する神がインドラ(雷を操る雷霆神)
    漢訳では帝釈天・天帝釈・天主帝釈・天帝・天皇などとされ仏教に取り入れられる。
    そのインドラが持つ武器が金剛杵。
    金剛杵は、インドラがヴリトラ(蛇の形をした悪魔の首領)を倒すために、偉大な聖仙の骨から作ったそうです。
    ここでも、蛇と悪魔が同一なのが、どこの世界も一緒ですね。
    で、このインドラですがゾロアスター教では魔王とされています。(インドとイランで、善と悪が逆転してるから?)
    インドラはフェニキア人のダゴン神と同一とされ、その子供が牛頭神バアル(日本ではスサノオの尊)
    毎回の事ですが、コンパクトにまとめようとして、うだうだになってしまいました。
    結局、密教をたどると悪魔信仰につながると言う事ですね。

  • rapt
    Posted at 04:56h, 08 3月

    >yoshi yamaguchiさん。
    スサノオノミコトがバアルというのは驚きました。
     
    バアルは、旧約聖書の中で最もたくさん出てくる悪魔教の神です。
    神様ヤハウェは、このバアルを拝む者たちをことごとく裁きました。
    それぐらいメソポタミア地方ではバアル信仰が栄えていたわけです。
    そのバアルとスサノオノミコトが同じということは、神道の神々がすべて悪魔であると証明されたも同然です。
     
    色々と調べてみましたが、確かに「スサノオノミコト=バアル」というサイトは幾つも見付かりました。
    これでまた色々なことが分かりました。
    貴重な情報ありがとうございます。

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 07:17h, 08 3月

    おはようございます。
    スサノウ 8つの頭を持つ八岐大蛇
    バアル  7つの頭を持つ竜・ロタン
    ヘラクレス 9つの頭を持つヒュドラ
    スサノウ=ルシファー (天界から追放)
    や、パルミラの三神と日本のアマテラス、ツクヨミ、スサノウ
    太陽神、月神、荒(嵐)神という三神の属性が共通。
    などなど、スサノウについて、ちょっと調べると色々出てきます。
    最初から悪か、もしくは最初は、本当に神だったのに、悪魔崇拝者に悪にすり替えられた
    かもしれませんが、その他にも色んな事が色んなホームページに書かれたり研究されています。
    逆に量が多くて、どれが真実か精査するのも大変かもしれません。
    もともと、自分はスサノウは出雲族で大和族によって、古事記が作られ悪名を負わされたと
    思ってましたが。。。大和族が悪魔崇拝なのか???もう少し時間をかけて調べたいと思います。

  • rapt
    Posted at 07:29h, 08 3月

    >yoshi yamaguchiさん。
    日本人は基本的に、悪魔=ルシファーと思っていて、ルシファー以外にもたくさんの種類の悪魔がいることを知りません。
    なので、スサノオ=ルシファーなどと言う人がいるわけでしょうが、スサノオがバアルであることは間違いないと思いますし、そう考えた方が全てに筋が通ります。
    このことについては、いずれ近いうちに記事にしたいと思います。

  • Cat
    Posted at 13:58h, 08 3月

    日本における衆道(僧・武士等の同性愛)なんて、民俗学では当たり前の史実だし、ネットで少し調べればわかることです。
    しかも、誇ることであるかのように書いてあるというw
    今さら、悪口等の反応を示すということは、支配層が分断して流している情報を、RAPTさんが体系的に全ての繋がりが理解できるように書いていることが驚異なんだと思います。

  • つゆ草
    Posted at 14:40h, 08 3月

     昔、新共同訳聖書の訳・編纂にも参画された旧約学(神学の一つのジャンル)の牧師先生との聖書研究会があり、そこでも、バールの話は出ていました。ですからバールと聞くだけで、おっと、と思います。
     その時は、しかし、大昔の異国の出来事としての、旧約聖書のお話の「知識」止まりでした。
     まさか今生きるこの日本のそこかしこに、知らずに拝む対象とされて点在していたとは。これからバールとこの辺りを、rapt さんが一刀両断してくださるというのですから、向こうの思惑に騙されない・お金をむざむざとむしり取られない・魂まで持って行かれない構えを呼びかけていただいているのだと私は思っています。
     つけこむ、とか、つけいる、とか。人の弱み、不安、悩みにつけこんで、そして特に人生の岐路などで迷った時などまんまとつけいられてしまう実態にも、警鐘を鳴らしていただいいているのだ、とも受け止めています。
     

  • まちぼうけ
    Posted at 13:27h, 24 6月

    今の寺院は、お布施を多額に要求してくる。
    悪魔はお金を沢山寄付しなければ僧侶のはなしだと、障りの対象になるそうです。

    http://blogs.yahoo.co.jp/youkenn1966/36385402.html

Post A Comment