RAPT | RAPT×読者対談〈第五弾〉フリーメーソンの儀式と報復の方法。
26985
post-template-default,single,single-post,postid-26985,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第五弾〉フリーメーソンの儀式と報復の方法。

RAPT×読者対談〈第五弾〉フリーメーソンの儀式と報復の方法。

 
今回もジャーナリスト「宮城ジョージ」さんとの対談の続きになります。
 
ちなみに、昨日もご紹介しましたが「宮城ジョージ」さんの公式サイトは以下になります。
 
フリーランスジャーナリスト&翻訳家 – 宮城ジョージ公式サイト
 
非常に残念なことですが、今日は「宮城ジョージ」さんに対する疑いを助長するようなコメントがいくつか見受けられました。
 
しかし、私は今のところそういったコメントはすべて真に受けないようにしています。
 
というのも、私がこうして他の方々と共演することを嫌がる人たちが多々出てきていることも十分に予想されるからです。
 
それを妨害するために、私にも共演者にもそれぞれ相手の悪口を書いたメールやコメントを送りつけ、相手に対する疑いを助長しようとする人が多々出てきているに違いありません。悪魔たちとしては、私が誰かとタッグを組んで情報拡散していくことを恐れているに違いないからです。
 
もしかしたら、今頃は「宮城ジョージ」さんのところにも私の悪口を書いたメールが沢山届いているのではないでしょうか。
 
ですから私は、共演した人のことを100%信頼することはないにしても、100%疑うこともありません。私はあくまでその人に対して中立の立場を貫きます。
 
もっとも、相手が私に対して何かしら危害を加えてきた場合は(例えその人が工作員であろうとなかろうと)、私もそれなりの対処をせざるを得ません。
 
「さゆふらっと」さんの場合も、彼がいきなり私のメールを勝手に公開したり、動画を勝手にアップしたりしたので、私もそれなりの対処をせざるを得ませんでしたが、そういったことがない限り、私も相手のことをあれこれと判断するようなことはしません。
 
それが悪魔に騙されないための知恵です。どうか読者の皆さんもくれぐれも誰かの書いた悪口などに騙されないようにして下さい。これについては、過去にも記事に書いています。
 
同じフリーエネルギーを開発する佐野千遙氏とケッシュ財団の違い。第三者の評価ではなく、その人自身の言動を見て人を判断すべきです。
 
有名陰謀論者とその支持者との戦いと、ネット上に書かれた悪口について思うこと。
 
さて、今回の対談では、宮城さんが悪魔崇拝団体「フリーメーソン」について、かなり深いところまでお話してくださっています。
 
今回の対談で、参考になる記事は以下になります。
 
「天照大神」と「スサノオ」の正体。またはルシファーの正体。彼らこそが悪魔の三位一体です。
 
アガルタについての記事は以下になります。
 
この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。
 
神社仏閣に潜む悪魔たち。またはアガルタから悪魔のメッセージを伝える人たち。
 
フリーメーソンに入会した人が秘密を漏らさないよう誓いを立てる、ということについては、私も過去に記事を書いています。
 
佐世保女子高生殺人事件は紛れもない冤罪です。悪魔崇拝者による報復殺人でした。
 
今回は宮城さんがさらに具体的な話をして下さっています。
 
なお、ウィリアム・モルガンについては以下のリンクをご覧下さい。
 
ウィリアム・G・モーガン – Wikipedia
 
フリーメーソンには「スコティッシュライト」「ヨークライト」などの派閥があって、それぞれの階級は以下のようになっているようです。
 
スコティッシュライト
 
ヨークライト
 
安倍晋三がフリーメーソンの高位であるということは、以下のサイトなどに書かれてあります。
 
安倍首相がフリーメーソンであることを示す写真と不正選挙との関わりについて 〜フルフォード週報12/11
 
この対談の中ではお話していませんが、陰陽道の観点から見てみても、「陰」と「陽」の関係がつり合うことが最も良いとされているわけですから、表に出てくる人と裏に隠れている人の力はどちらも同じ、と考えた方が理路整然とするような気がします。
 
ですから、裏に隠れている人の方が圧倒的に力が強く、表に出ている人は単なる操り人形、という今までの陰謀論の考えはすべてデタラメであると私は考えています。これについては、今まで何度も話してきましたが……。
 
安倍晋三の先祖はロスチャイルドの手先であり、麻生太郎の先祖はロスチャイルドそのものである可能性大。実は小沢一郎も……?
 
ワールドメイトの「深見東州」については以下のリンク記事をご参照ください。
 
クリミアを訪問した鳩山由紀夫が「宇宙人」なら、彼を批判した鳩山邦夫もまた「宇宙人」です。
 
今後も引き続き、対談者を募集しますので、こぞってご応募下さい。
 

3 Comments
  • HI
    Posted at 23:12h, 21 5月

    今回も深いお話有難う御座います。
    確かに表と裏で考えた時に、表に出ている人間の方がメリットが多そうですよね。
    宮城さんも悪魔崇拝に関する知識が豊富だったので初めて聞く内容ばかりでした。

  • yum
    Posted at 08:40h, 22 5月

    おはようございます。
    宮代ジョージさんとの対話も、ブラジルでの現状やまたフリーメーソンの掟のことなど、関心を持って聴かせていただいています。
    また違った視点からの対談で、今までのどの対談もそれぞれに意義深いものでした。
    昨日はちょうどさゆふらっとまうんどさんとの対談をまた観ていたのですが、対談そのものはそれなりに良かったとあらためて思いました。
    このような試みをRAPTさんがして下さることによって、こちらも色々と掘り下げて考える機会になっています。
    確かに外部からの思いが作用することがあって、それらがせっかくのこういう機会を歪めてしまう面があることについては、こちらも注意して見ていかないとならないと思いますが、それらを含め、こういう形式で得るものはやはり多いと感じさせられています。
    宮代ジョージさんも色々求めて歩き、そしてRAPTさんにも関心にもたれた若者のおひとりのようですね。
    今日もまた続きを楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • yum
    Posted at 08:46h, 22 5月

    申し訳ありません。訂正です。
    「宮代」ではなく、「宮城」ジョージさんでした。
    お名前を間違えて大変失礼致しました。
    m(_ _)m

Post A Comment