RAPT | イスラム過激派「ボコ・ハラム」が「イスラム国」に忠誠を誓った時点で、「イスラム国」が天皇派の傀儡であることを立証したも同然です。
24442
post-template-default,single,single-post,postid-24442,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

イスラム過激派「ボコ・ハラム」が「イスラム国」に忠誠を誓った時点で、「イスラム国」が天皇派の傀儡であることを立証したも同然です。

イスラム過激派「ボコ・ハラム」が「イスラム国」に忠誠を誓った時点で、「イスラム国」が天皇派の傀儡であることを立証したも同然です。

78942CDF-E7A2-478D-8001-C6B9BCD09DB3_cx0_cy1_cw0_mw1024_mh1024_s-2
 
今やネットに溢れる陰謀論を見てみると、イスラム国はアメリカとイスラエルの傀儡であるという説でほぼ固まりつつあるようですが、この説を多くの人が鵜吞みにしているのであれば、完全に裏社会の術中にはまってしまっているとしか言いようがありません。
 
とにかく、私がこの「イスラム国」騒ぎについて言いたいことはただ一つ。「イスラム国」はアメリカとイスラエルの傀儡ではなく、「天皇派」の傀儡だということです。これについては前から何度も書いてきた通りです。
 
実は「イスラム国」と「イスラエル」は天皇派の傀儡だった。改めて陰謀論の再構築を試みます。
 
もっと詳しく言えば、「イスラム国」騒ぎは「日本財団」がでっち上げたものであり、この「日本財団」は「イエズス会」の下部組織。で、この「イエズス会」は「イルミナティ」そのものであり、「イルミナティ」のトップは天皇です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
エジプトによるリビア空爆とその背後でうごめくイエズス会 (イルミナティ) について。
 
で、さらに今回、「ボコ・ハラム」というイスラム過激派が「イスラム国」に協力するとの声明を発表しました。これまた「イスラム国」が「天皇派」の傀儡であることがはっきり立証されたようなものです。
 
----------------(以下、朝日新聞より転載)
 
アフリカ西部ナイジェリアで勢力を広げるイスラム過激派「ボコ・ハラム」の指導者、アブバカル・シェカウ容疑者が7日、過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者、バグダディ容疑者に忠誠を誓うとする音声をネット上に公開した。AFP通信が伝えた。
 
シェカウ容疑者は声明の中で「カリフへの忠誠を宣言する」と述べた。バグダディ容疑者は、イスラム教の預言者ムハンマドの代理人を意味する「カリフ」を自称している。
 
ボコ・ハラムは2002年の設立以降、国際テロ組織アルカイダと連携してきた。だが昨年7月にISへの支持を表明。最近はネットで政府を挑発したり、支援者を獲得しようとしたりするなど、ISの手法を強く意識している。
 
----------------(転載ここまで)
 
「ボコ・ハラム」は、アフリカのダイヤモンド利権を強奪するために、ロスチャイルドが結成した組織です。そのロスチャイルドは「天皇派」であり、さらにこのアフリカのダイヤモンド利権には天皇家の経営する「日本赤十字社」も深く関わっています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。
 
したがって、「ボコ・ハラム」はどこからどう見ても「天皇派」の傀儡であるわけで、その「ボコ・ハラム」が「イスラム国」と手を組んだということは、「イスラム国」も「ボコ・ハラム」と同じ穴のムジナだということ。つまり「天皇派」の傀儡であるということです。
 
もっとも、「イスラム国」がイスラエルの傀儡であるという話は半分は正しいと言えるでしょう。なぜなら、イスラエルは「天皇派」と大の仲良しなのですから。
 
国連本部のイスラエル移転。CIA閉鎖。ワールドカップとオリンピックの開催国の偏り。何もかもが「天皇派」の思惑通りです。
 
なのに、有名隠謀論者たちはイスラエルとアメリカだけを悪者にしてバッシングしています。イスラエルの背後に「天皇派」がいることを一言も語ろうとしません。
 
「天皇派」こそが「イスラム国」騒ぎを起こした張本人であり、彼らは「イスラム国」騒ぎをでっち上げることで、中東にある「教皇派」の領土を奪い取り、石油利権を奪い取ろうとしているのです。
 
だから、アメリカなどの「教皇派」は目くじらを立てて「イスラム国」に爆撃を加えているわけですし、「天皇派」もまたそんなアメリカに目くじらを立てて、「イスラム国」を空爆する振りをして、「教皇派」に空爆を加えているわけです。
 
「イスラム国」を口実にした「天皇派」と「教皇派」の戦いのカラクリについて。
 
このように彼ら裏社会の連中(イルミナティ)は、世界各地で互いに領土争いをしていながら、その事実を我々庶民にずっと隠しつづけてきました。
 
彼らのやり口はいつもこうです。実際、第二次大戦でもこれと全く同じ手口が使われました。
 
第二次大戦も実は「天皇派」と「教皇派」の領土争いに過ぎませんでした。しかし、彼らはその事実を隠すために、「連合国」と「枢軸国(日独伊)」という二つの勢力をでっち上げ、まるでこの二つの勢力争いによって第二次大戦が起きたかのように見せかけてきました。
 
実際、「ソ連」は連合国ではなく、枢軸国(日独伊)と結託していましたし、その枢軸国を背後から操っていたのは「緑龍会」という「天皇派」の一派でした。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。
 
「天皇派」は先ず、ナチスドイツを使ってポーランドを侵攻し、ポーランドの領土を奪い取ろうとしました。さらに、「ソ連」もポーランドを守る振りをしてポーランドに侵入し、ドイツと戦っている振りをして、ポーランドの領土を強奪しました。その証拠が以下の地図です。
 
800px-Second_world_war_europe_1939_map_de
 
これはドイツがポーランド侵攻をした後の地図です(薄い「緑」と「青」の部分がポーランド)。ドイツとソ連がポーランドをきれいに山分けしていることがはっきりと分かります。
 
にもかかわらず、歴史の授業では、第二次大戦ではソ連とドイツが互いに戦ったと教えられます。そんなデタラメを教えられるため、我々はいくら第二次大戦について学んでも、全くその意味が理解ができず、頭の中がこんがらがるばかりだったのです。
 
これはウクライナ政変においても全く同じことが言えます。
 
今さら説明は不要かも知れませんが、ロシアは「天皇派」の国で、ウクラナイナは「教皇派」の国です。しかし、ウクライナの中にあるクリミア半島だけは「天皇派」。そのため、クリミア半島だけが無理やりロシアに編入させられました。
 
このカラクリは、それぞれの国旗と国章を見ればすぐに分かります。
 
ualarge

〈ウクライナの国旗〉
 

ukraine

〈ウクライナの国章〉

 
ウクライナの国旗には「赤色」や「太陽」を象徴するものが全く何もないですね。「赤」はロスチャイルドの色で、「太陽」は「天皇」を表しますが、これらが全くないということは、ウクライナが「天皇派」ではないこと、つまり「教皇派」であることを意味しています。
 
一方のクリミアはどうかというと……。
 
flagge-krim -
〈クリミアの国旗〉
 

Emblem_of_Crimea.svg

〈クリミアの国章〉

 
国旗はロシアと全く同じ配色ですね。国章に至っては「赤」と「太陽」。これこそまさに「天皇派」であることをはっきりと表しています。ちなみにロシアの国旗と国章は以下になります。
 
Scrn191
〈ロシアの国旗〉
 

iE59BBDE7ABA0Image4-4bae6

〈ロシアの国章〉
 

このように「天皇派」と「教皇派」はウクライナでも激しく領土争いをしているわけですが、マスコミはその事実を私たち庶民に知らせようとはしません。有名隠謀論者たちも「ウクライナ政変はロックフェラーによるロシアいじめ」とだけ言っていますが、それはあくまで事実の半分を語っているに過ぎません。
 
なぜなら、ロシアもまたウクライナの領土を強奪しようとしていることに変わりはないからです。
 
実際にロシアは、ウクライナの一部であるクリミア半島を、無理やり国民投票を行ってロシアに編入できるように仕向けました。そして、この国民投票でも不正選挙が行われたとの噂がありますが、有名隠謀論者たちはこの噂を単に「ロックフェラーの負け惜しみ」だと言って、全く相手にしようとしません。
 
2014年クリミア住民投票 – Wikipedia
 
もっとも、大手マスコミはなぜかずっとこのウクライナ政変に関してロシアを激しく叩いていますが、これは恐らく日本とロシアがグルであることを隠すための情報攪乱なのでしょう。
 
つい昨日も、鳩山由紀夫がクリミアに訪問しようとしているとのニュースがあり、マスコミはこれを激しくバッシングしています。ロシアに肩を持つようなことを日本の政治家がしてはならないというわけです。
 
鳩山元首相、また暴走 「クリミア訪問計画」に外務省が中止要請 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK
 
あるいは、「教皇派」が日本とロシアをこれ以上近づけないため、鳩山のような「天皇派」の傀儡を激しくバッシングしているのかも知れませんね。
 
とにかく我々は、この世で起きるどんな出来事についても、マスコミや有名隠謀論者の言うことを鵜吞みにすることなく、冷静に状況を分析していくべきでしょう。
 

17 Comments
  • 東海道
    Posted at 21:32h, 10 3月

    昨日ドイツのメルケル首相が来日しましたが、なぜかお台場の科学未来館に直行し HONDAのアシモと戯れたりアシモがサッカーに興じるのを見学してました。サッカーといえば安倍が昨年ドイツを訪問した時にはなでしこジャパンのユニフォームをプレゼントしてます。このブログではサッカー = 天皇のスポーツですから、戦後ドイツもやはりナチス同様天皇派なのでしょうか? それとも、もとは教皇派でロシア制裁で国内経済が悲鳴をあげているので天皇派にやむを得なく傾かなければならなくなったのでしょうか? ちなみに、ドイツの国旗にも赤が入っており、国章は八咫烏のような真っ黒な鳥になっています。

  • rapt
    Posted at 21:40h, 10 3月

    >東海道さん。
    ワールドカップの開催国がBRICS(天皇派)ばかりである中に、一つだけドイツが紛れている時点で怪しいとは思っていました。
    http://rapt-neo.com/?p=23335
     
    ただ、ドイツは第二次大戦後、東ドイツ(天皇派)と西ドイツ(教皇派)に分かれ、その後、東ドイツが西ドイツに吸収されるような形で統一したので、やはり「ドイツ=教皇派」と考えた方がいいのだろうと思っていましたが、ワールドカップの開催国になった2006年の時点で、「天皇派」になっていたと考えた方がいいのでしょうね。

  • メガデス大好き
    Posted at 21:46h, 10 3月

    こんばんは、今回は前回と内容が変わり、イスラム国とボコハラム、ロスチャイルドなどのつながりとそれらが天皇派に繋がっていると言う記事ですね。

    最近は陰謀論について知る人も増えてリチャードコシミズ氏に賛同している人も増えてきていますが、しかし、コシミズ氏は残念ながら教皇派しか叩かないですが、raptさんは天皇派や教皇派を両方叩いてくださるので本当にすごいなと改めて思いましね。

    これからはraptさんが真の陰謀論者として活躍なさることを願い、祈ります。

    今年の終わりにはraptさんが人気サイトになっているかもしれないですね。
    (そうなるように僕も努力します。)

  • ユンダンテ
    Posted at 22:30h, 10 3月

    今日、陰謀論ブログで検索したところ、RAPTさんのブログが2つめに出てきました。    メガデス大好きさんが大学生活を楽しめるように、祈ります。頑張ってください。

  • メガデス大好き
    Posted at 22:36h, 10 3月

    ユンダンテさん、ありがとうございます。

    また、raptさんも有名になっているんですね。

  • ル・クプラ
    Posted at 23:31h, 10 3月

    LUNASEAというバンドのSUGIZOというギタリストがいるのですが
    最近なにやら怪しげな活動や発言をしていますね。
    スピリチュアル系の団体で活動したり、陰謀論者と対談、また小泉進次郎など政治家に会っていたりしているようです。
    あと作品ですが「レプリカント・ルシファー」というアルバムやジャケットにトーラス体やカバラをあしらっています。
    また腕一面にタトゥーで生命の樹を彫りそれは年々増えていっているようです。
    それと驚いたのは彼のTwitterを確認した所、後藤健二は盟友で彼が亡くなった時は怒りまくっていたようです。
    あきらかに天皇派のエージェントです。
    それにしても、いつから洗脳されたのかそれとも家系なのかあまりにもあちら側に染まりきっています。

  • rapt
    Posted at 23:49h, 10 3月

    >ル・クプラさん。
    SUGIZOは今、X-Japanのギターやバイオリンも担当していますね。
    音楽業界(芸能界全般)は、暴力団とのつながりが強い世界ですし、ミュージシャンもまた神秘的なものに憧れる傾向が強いので、悪魔崇拝などに傾倒しやすいのだろうと思います。
    また、そういった悪の道に染まらないと、暴力団からも業界人からも睨まれ、音楽家としてやっていけなくなるので、どうしてもその道に入り込まざるを得ないという事情もあるのでしょう。
    このブログにもミュージシャンを目指している人がかなり見に来てくださっているようですが、そういった悪の道に染まらないためにも、安易にメジャーデビューを考えるのではなく、個人的に音楽活動をして道を切り開いていく努力をされた方が賢明ではないかと私個人は思っています。

  • Posted at 00:02h, 11 3月

    韓国人が韓米大使を切りつけたり、メルケル首相が慰安婦問題を口にしたり、皇太子が韓国で開催される水フォーラムを欠席する意向を示したり…何やら次の手を画策しているように見受けられます。

  • 楽器奏者
    Posted at 00:03h, 11 3月

    今回もRAPTさんの冷静な分析力に脱帽しました。
    私がRAPTさんのこのブログに辿り着いたのは政治の腐敗に対する怒りがありまして、RAPTさんの政治のブログの内容に強く共感して現在に至っております。
    搾取を善しとする思考・思想は悪魔崇拝者だから平気で出来る訳なのかと深く納得しております。
    >メガデス大好きさん
    実は私もメガデス好きなんですよ(笑)
    バンド活動頑張って下さいね!
    私も昔はバンドやってましたよ。
    誤解を受けたら困るのでこの場をお借りして説明させていただきますが、悪魔崇拝の音楽じゃないのか?とご批判もあるかと思いますが、私はロックと出会ったお陰で腐敗政治に対する反骨精神が生まれて世の中の洗脳に気付く事が出来ました。
    芸術もグルメもファッションも人間の欲の在り方次第で悪魔になってしまうと考えております。
    これ以上書くと皆様のコメントのお邪魔になりますので、ここで失礼させていただきます。

  • メガデス大好き
    Posted at 00:07h, 11 3月

    楽器奏者さん、ありがとうございます。

    ちなみにメガデスは反イルナミティの噂があるらしいですよ。

  • アモリフェラ
    Posted at 10:32h, 11 3月

    リチャードさんは初心者の私には分かりやすい先生でしたが、天皇は尊敬する対象であり、ロスチャイルド叩きはほとんど無く、ロック爺さんやCIA叩き、小泉竹中安倍叩き、統一創価叩き、司法叩き、在日叩きを主にされているような印象を受けました。ひどく偏っています。けれど話が熱っぽくて上手なので、つい引き込まれてしまいます。これは何か裏の大きな意図がありそうです。
    以前、日本財団をネット検索した事があります。驚くなかれこの財団、人類削減計画に多額の助成金を毎年出資していました。うちはイルミナティとみずから暴露しているようなものです。一般庶民をチェス駒扱いする連中を、一般庶民として許せないです。
    RAPTさんの記事で、全体像が見えて来ますね。ありがとうございます。

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 16:14h, 11 3月

    こんにちは、ちょっと話題がずれますが
    最近世界銀行から融資を受けたくない国が増えていると
    ニュースがあって、せっかく融資してもらえるのになと、思っていました。
    そしたら、たまたま、BSでドキュメント番組がやっていて、
    世界銀行の融資の条件に、人工削減計画や近代農業の導入などが条件らしいのです。
    そのドキュメント番組では、貧困国が先進国の為にさらに犠牲を強いられると言っていました。
    気になったので、世界銀行について調べたら、色々出てきました。ビルゲイツが北極海の地下で「ノアの箱舟計画」
    や、遺伝子組み換え穀物は穀物メジャーが儲かる為など断片的に知っていましたが、色々とつながってるのだと
    分かりました。
    ドキュメント番組の内容とはちょっと違ってますが、面白いサイトがあったので、リンクしときます。
    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
    こう考えると、北極圏には地下施設がいっぱいありそうですね。

  • ショコラ
    Posted at 18:23h, 11 3月

    メルケル首相は大のサッカー好きで、ブラジルワールドカップにも、公務そっちのけで現地観戦してましたね。
    まあ、裏社会的な公務があったからこそなんでしょうね。

  • かに
    Posted at 19:57h, 11 3月

    今日の記事はちょっと突っ込みをいれたくなったのですが1939年にドイツがポーランドに侵攻した時点ではソビエトと不可侵条約が結ばれてるので(表記をみたところ1939年時点の地図のようですが)ソビエトはポーランドを守るために侵入したわけじゃないですよ。この戦いはポーランドvsドイツ、ソ連、スロバキアであってソ連、ポーランドvsドイツ、スロバキアではありませんでした。最初から分割する予定だったはずです。事前に独ソ不可侵条約が結ばれています。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BE%B5%E6%94%BB
    —-ポーランドへの侵攻作戦はソ連外相ヴャチェスラフ・モロトフとドイツ外相ヨアヒム・フォン・リッベントロップの独ソ不可侵条約調印の9日後、すなわち1939年9月1日に開始され、同年10月6日にドイツとソ連は実質的にポーランド全域の占領を完了することとなった。—-

    ドイツとソ連が戦ったのは1941年になってイギリス侵攻を諦めたドイツ軍が320万もの兵力を集め突如ソ連領内に侵攻を始めたバルバロッサ作戦以降です。双方合わせて2000万前後の戦死者を出したと言われる独ソ戦が戦いでなかったというなら第二次世界大戦で戦った国はなかったことになりますよ。今日の記事はちょっと首をひねらざるをえないっす。

  • rapt
    Posted at 20:18h, 11 3月

    >かにさん。
    ですから、その話自体が歴史のねつ造だということが言いたいわけです。
    これは今まで何度も書いてきたことですが、信じるか信じないかはもちろん「かにさん」次第です。
    http://rapt-neo.com/?p=17901
    http://rapt-neo.com/?p=17932
    http://rapt-neo.com/?p=23967
     
    歴史について詳しく学んできた人ほど、信じられない話でしょうが。
     
    ソ連がポーランドを守ったという言い方は確かに語弊がありましたが、とりあえずソ連とドイツがポーランドの領土の取り合いをした振りをして、実はお互いにグルだったということです。

  • かに
    Posted at 20:49h, 11 3月

    むむむちょっとにわかには信じられないですが実際ドイツとソ連が戦ったところを見たわけじゃないし、
    ドイツとソ連みたいな独裁国家同士なら戦争映画を撮りまくって戦ったフリもできるような気もしますね。
    ここ数年で一番の衝撃です。
    もう一回記事読み直してみます。

  • rapt
    Posted at 20:59h, 11 3月

    今、ふと気付いたのですが、「独ソ不可侵条約」が結ばれていたのは、ソ連とドイツがボーランドで領土を取り合っていったとき、ソ連とドイツが対面しても互いに戦わないのを見て、ポーランド国民が「なぜ彼らは敵同士なのに戦わないのだろう」と疑問に思わないようにするための対策だったのではないかという気がします。

Post A Comment