RAPT | 水面下で着々と進む関西への首都移転計画。天皇派が頼りにする呪術の効果はいかに。
19182
post-template-default,single,single-post,postid-19182,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

水面下で着々と進む関西への首都移転計画。天皇派が頼りにする呪術の効果はいかに。

水面下で着々と進む関西への首都移転計画。天皇派が頼りにする呪術の効果はいかに。

 

昨日は、旧約聖書に書かれた「バベルの塔」が実はNWOを表していること、また、数年前に建てられた東京スカイツリーが何かしら呪術的な意味合いを込めて建設されたことについてお話をしました。
 
「バベルの塔」がNWOの象徴であるという証拠。または日本に建設された「バベルの塔」について。
 
私たち一般庶民にとってみれば、建物の高さがどうであろうと、東京タワーとサンシャイン60と東京スカイツリーが三角形に配置されていて、そのど真ん中に「皇居」があろうと、はっきり言ってどうでもいいことです。
 
大体において、私たちが自分の家を建てるときやオフィスを建てるときに、いちいち呪術の力を借りようとして、その建物の高さを決めたり場所を決めたりするようなことはしません。
 
そんなことをするだけの費用対効果が見込めるとはとても思えないからです。そして、それが私たち一般人の普通の感覚です。
 
しかし、裏社会の連中は建物を建てる際にも、他にどんなことをする際にも、必ず呪術の力を借りようとします。しかも、そこに莫大なお金を投資します。彼らがそれだけ呪術の力を重視しているという証拠です。
 
ですから、彼らにとってみれば、呪術とはもはや単なる迷信や気休めなどではなく、完全な信仰であると言っても過言ではないかも知れません。いえ、科学と言ってすらいいのではないでしょうか。
 
私はこれまでこのブログの中で、彼らのこのオカルト的な側面について語ることをやや避けていたようなところがありましたが、裏社会のことを調べれば調べるほど、私たちが考えている以上に、裏社会がこういったオカルト的なものを重視しているということが分かってきました。もはやオカルトを語ることなしに裏社会のことを語ることはできないと言っても過言ではないぐらいです。
 
そのため、今年に入ってから私は「霊界」の奥義について連続的にお話してきたわけですが、恐らく今後も「霊界」についてさらに深く言及していくことになるでしょう。
 
とにかく裏社会の連中はことさら「霊界」の奥義、それも「悪魔」に関する悪戯をとても強く意識しています。それだけ彼らが「悪魔」に喜ばれようと必死になっているというわけでしょう。あるいは、「悪魔」の命令に従おうと必死になっていると言った方がいいのでしょうか。
 
何しろ、関西には巨大な五芒星と六芒星が書かれていて、それが書かれたのが何千年も前の話。(詳しくはこちら)恐らくこの図形を描いたのも悪魔の命令によるものなのでしょうが、「天皇派」の面々は今でもその五芒星と六芒星を拠点としたNWOを樹立しようとしています。
 
我々庶民から見ると、NWOの拠点を東京にしようが関西にしようがどちらでもいいような気がしますが、彼らにとってこれは避けては通れない問題なのです。恐らく悪魔の決めた場所でなければ、他のどこにNWOの拠点を建てても意味がないとでも思っているのではないでしょうか。
 
一方の「教皇派」にとってみれば、この「天皇派」の首都移転計画はなんとしてでも阻止しなければならない由々しき問題です。少なくともそう考えられます。だからこそ、彼らはわざわざ阪神淡路大地震を起こして、日本の首都移転を妨害しようとしてきたわけです。
 
阪神・淡路大震災は日本中心のNWO計画を阻止するためのロックフェラーによる攻撃でした。
 
長野県北部の大地震はロックフェラーから天皇家への恫喝である可能性大。天皇家もやや尻込みしはじめた様子です。
 
ちなみに、私がこのような説を唱えているせいか、ここ最近、3.11はロスチャイルドの起こした人工地震であるとのデマがネット上で流れているようです。裏社会の人間がそういった暴露話をしているとか何とか言って……。
 
はっきりと言いますが、天皇とロスチャイルドは同じ「天皇派」であり、彼らがわざわざ自分たちの手でこの日本を破壊するようなことをするはずがありません。むしろ、彼らはこの日本をできる限り魅力的な国にしよう、見せようと懸命になっています。
 
ですから、3.11を起こしたのは間違いなく「教皇派」の人間です。ロックフェラー側の人間です。もちろん、その根拠もあります。
 
3.11はこの福島原発で起きた三回の核爆発によって誘発されたものですが、このことは陰謀論好きな方にとってはもう既に周知の事実だと思います。まだご存じない方は以下のリンクをご覧下さい。
 
3.11東日本大震災はアメリカによる人工地震テロだった。
 
ということは、3.11を起こしたのは福島原発を作った人間である可能性が高いということになります。福島原発の内部構造を詳しく知らなければ、あんな致命的な事故をわざと起こせるわけがないからです。
 
では、福島原発を作ったのは誰なのかというと、「ゼネラル・エレクトリック(GE)」です。そして、この「GE」はロックフェラー財閥を代表する企業です。
 
「福島原発一号炉は米国GEの欠陥製品だった」という一節から始まる南丘喜八郎
 
ですから、福島原発で核爆発を起こしたのはロックフェラーだったということになります。3.11は「教皇派」が「天皇派」を叩き潰すための破壊工作だったのです。
 
ただし、「天皇派」の人々も、首都機能を東京から関西に移すために、敢えて東京に何らかの災いを起こすことがあるでしょう。東京で何かしら災いでも起きないことには、庶民が本気になって首都移転を考えることはないからです。
 
しかしその場合も、3.11のような致命的な災害を起こすことはないと思います。そんなことをしたらまさに自分で自分の首を絞めるようなものですから。
 
ですから、致命傷には至らないような災害、例えば昨年の夏に起きたデング熱騒ぎのようなねつ造パニックを起こすのではないでしょうか。
 
ちなみに私は、去年の夏に起きたデング熱騒ぎは、「天皇派」が首都機能の移転のきっかけを作るために起こした事件だったのではないかと今では疑うようになりました。
 
実際、デング熱騒ぎはどこからどう考えても、ロスチャイルド系の製薬会社「サノフィ」がでっち上げたねつ造パンデミックとしか思えません。これについては過去に詳しく調べていますので、以下のリンクをご覧ください。
 
デング熱騒ぎもやはり金融ユダヤの生物テロの可能性大。ワクチンを開発した製薬会社サノフィが怪しすぎる。
 
デング熱「陰謀論」に言いがかりをつけてきた人がいましたので、徹底的に論破します。
 
裏社会メディアのデング熱報道に完全に洗脳された人の思考回路に最後のトドメを刺します。
 
この記事を書いた当時は、裏社会がどうしてこんなことをしているのか、その理由がよく分かりませんでしたが、彼らが東京から関西へ首都機能を移転しようとしていると分かってからは、その理由がはっきりと分かりました。彼らは東京を人々の住めない街、住みたくない街にしようとしたのです。
 
しかし、本当に人の住めない街にする必要はなく、ただ我々庶民に「東京が人の住めない街になった」と思い込ませればいいのです。そうすれば、我々庶民も少しは本気になって首都移転について考えるようになるからです。
 
そして、人々をそのように誘導するためには、デング熱のようなパンデミックはうってつけです。何しろ、デング熱なんておたふく風邪と同じようなもので、一週間もすれば熱も冷めるし、ほとんど誰も死にもしないのに、死に至る病だと言ってパニックを煽ることができますから。
 
ですから、もしかしたら来年の夏辺りにも、また東京のあちこちでデング熱騒ぎが起きるかもしれません。そうやって「東京に住むのは危険」という風潮を作り上げようとするでしょう。
 
また、つい10日ばかり前の話ですが、公明党が維新の党に急接近し、「大阪都構想」をそのまま丸呑みすることにした、とのニュースも流れましたね。
 
「大阪都構想」とは紛れもなく首都移転計画の走りであり、公明党がその計画に手を貸したということは、創価内部で「天皇派」の勢力が強まったことを意味します。
 
----------------(以下、毎日新聞より転載)
 
◆大阪都構想:公明党の住民投票賛成「反維新」のはずが驚き
 
大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が掲げる大阪都構想について、対立する公明党が、都構想の是非を問う住民投票の実施に賛成する方針であることが26日、分かった。一転、歩み寄りを見せた公明党。大阪維新の会と対立しながら、急な方針転換に公明内部からも疑問の声が上がった。「反維新」で連携してきた自民など他党も慌ただしく対応に追われた。
 
大阪市西区の公明党府本部で26日、大阪府・市の議員団が集まった会議は荒れ模様だった。「都構想は反対だが、住民投票まで持っていく。民意をくむべきで、党本部の判断だ」。前日に維新の橋下徹代表(大阪市長)、松井一郎幹事長(大阪府知事)と会談した幹部が説明した。出席者からは「納得できない」「党幹部の国会議員が説明すべきだ」との反発が相次いだ。ある市議は「事前に知らされていなかった」と不満をあらわにした。
 
清水義人・府議団幹事長は記者団に「協定書の中身は無理があり、反対の見解は変わっていない。住民投票という住民の権利を尊重することだけ、今回は決めた」と説明した。
 
自民市議団も同日、対応を協議。公明側に問い合わせると「今のままの協定書は認められない」と回答されたという。柳本顕幹事長は「公明のスタンスが急変したとすれば、許されないことだ。橋下氏の衆院選の出馬騒動に絡み、裏取引があったと言われてもしかたない」と語った。
 
26日夜には、公明府本部幹部と自民・公明の地方議員が集まる会合があり、自民だけでなく公明の議員も、橋下代表に方針転換を伝えた公明幹部を責め立てたという。出席した自民議員は「最終的に支持者にそっぽを向かれるのは公明だ」と突き放した。
 
維新の府議団総会では、今井豊府議団幹事長が「衆院選の民意を受けて公明は判断したのではないか。一つの方向性の光が見え始めた」とほっとした様子。ただ、住民投票で過半数の賛成を得なければいけないため、「説明責任が問われ、大阪の将来像を説明しないといけない。気を引き締めて活動にまい進したい」と付け加えた。
 
橋下代表は同日午後の市長記者会見で、何度も水を口にしながら質問に答えた。公明との協議の経緯について「何で秘密話を言わないといけないのか」と明言を避け、「オープンの場(法定協議会)で議論の経過を見てもらったらいい」と繰り返した。
 
----------------(転載ここまで)
 
これまで何度もこのブログでお伝えしてきました通り、公明党の支持母体である創価学会の内部はずっと「教皇派」と「天皇派」という二つの勢力に分かれて争いを続けていました。
 
天皇家が今回の選挙に自信を見せている理由。創価学会内部での権力争いに勝利したせいかも知れません。
 
しかし、ここに来て、ついに「天皇派」の勢力が強まってきた。そのため、創価内部の「天皇派」が「教皇派」の反対を押し切って維新とタッグを組み、「大阪都構想」を丸呑みするとの方針を打ち出したわけでしょう。
 
しかし、「教皇派」の勢力もまだ完全に弱まったわけではないので、住民投票を行うことに賛成はするけれども、「大阪都構想」にはこれまで通り反対する、という訳の分からない、矛盾したことを言っているわけです。
 
創価の内部事情が分からなければ、こんなニュースを聞いても、公明党が何をやろうとしているのか、何が何だかさっぱり訳が分からないと思います。それこそ、公明党のトップが精神分裂でも起こしたのではないかと疑ってしまうのではないでしょうか。
 
しかし、このような動きは、公明党だけに限らず、政財界の大物たちもじわじわと見せはじめています。彼らはいずれ近いうちに関西に日本の首都が移り、ひいては京都がNWOの拠点になると分かっているので、着々とその準備を進めているのです。
 
ちょっとやり過ぎじゃないかと思うぐらいに……。
 
----------------(以下、ZUU onlineより転載)
 
2014年12月2日、森トラストグループは、世界的なホテルチェーン・スターウッド ホテル&リゾートの最高級カテゴリーブランド『翠嵐(すいらん) ラグジュアリーコレクションホテル 京都』を、2015年春に開業すると発表した。
 
敷地面積5,388.4 ㎡(約1,630 坪)の広大な敷地に、地上3階地下1階、延床面積2,999.9 ㎡(約907 坪)の低層ホテルが誕生する。スターウッドの最高級カテゴリーホテルは日本初進出となる。客室数は39室、その内訳は露天風呂付スイートルーム4 室、露天風呂付特別室2室、露天風呂付和客室12室、標準客室21室。亀山公園と宝厳院に隣接し、保津川からの絶景が楽しめる。
 
■京都もし烈な高級ホテル競争へ
 
東京で繰り広げられるし烈なホテル戦争が、京都でも起こり始めている。京都は、外国人観光客にも人気のスポットを多く有する観光地だが、高級ホテルは多くない。適した不動産が出なかったことや、京都府・市による景観を保護するための建築に関する規制が大きく影響していたからだ。ところが最近、この状況に変化が見られるようになった。
 
経営不振で閉鎖したホテルの跡地が出てくるなど、新たなホテル事業者が進出しやすい用地が出てきたことに加え、同市が「京都観光振興計画2020」及び(ビジネスなどでの集客を目指すための)「京都市MICE戦略2020」を策定。
 
外国人宿泊客数年間300万人、観光に関連する消費額年間1兆円、コンベンション開催件数の世界35位、国際会議の外国人参加者比率の国内主要都市順位1位の堅持を目標に、観光事業・外国人訪問客誘致に本腰を入れ始めた。これまで同市は10年3月に「未来・京都観光振興計画2010+5」を策定し、「京都で感動した観光客数5,000万人」を目標としてきたが、これをさらに推し進めたものとなる。
 
■ハイアットリージェンシー、リッツカールトンなど海外勢の進出目立つ
 
2006年にハイアットリージェンシー京都が開業した後、高級ホテルの進出は見られなかったが、2014年2月にはザ・リッツ・カールトン京都が京都市中京区に開業した。2015年には2012年まで椿山荘を運営していたフォーシンズンズ・ホテルズ・アンド・リゾーツが同市東山区に進出予定。フォーシーズンズ京都は、同市が建築基準法の例外規定を使ってまでも建設を認めるほど、行政側の意気込みも感じられる。
 
■星野リゾート、リーガロイヤルホテル…国内勢も攻勢
 
2014年2月には星野リゾートが手掛ける「星のや京都」がリニューアルオープン。さらに、リーガロイヤルホテル京都が大規模改修工事を検討し始めるなど、国内勢も攻勢をかけている。
 
京都には観光資源が豊富だ。これを有効に活用すれば世界の富裕層を上手く取り込むことができる。同市が外国人宿泊数年間300万人を目標としているだけでなく、政府は20年までに外国人旅行者数を2,000万人にすることを目標としている。
 
政府観光局(JNTO)によると、14年1月から11月の累計外国人旅行者数は1200万人となり、13年の年間数を上回り順調に増加している。東京にばかり目が行く中、観光資源を豊富に持つ京都が観光都市として、これからどのように変わっていくのか目が離せない。
 
----------------(転載ここまで)
 
「森トラストグループ」といえば、フクロウの形をした六本木ヒルズを建てたことからも分かる通り、完全に悪魔崇拝者たちの仲間です。彼らは京都がいずれどんな街になるかをあらかじめ分かっているので、こうして着々と京都の開発に勤しんでいるのです。
 
もちろん、ここに出てくる他の連中もみんな同じような輩なのでしょう。
 
で、これを「教皇派」が邪魔しようとして失敗したのでしょうか。お正月からこんなニュースが流れていました。
 
天気:京都で61年ぶり積雪22センチ 各地で事故、遭難 – 毎日新聞
 
これからしばらくの間は、このように東京や大阪、京都あたりで色々と騒がしい事件が頻発することになりそうです。「天皇派」と「教皇派」の対立がさらに表面化していくことになるでしょうから。
 
しかし、こんなことばかりやっていたら、日本中心のNW計画なんていつまで経っても絶対に実現しないでしょうね。やはり悪魔の計画などうまくいくわけがないのです。
 
そのため、「天皇派」たちはいつも内心ヒヤヒヤしていて、必死になって呪術の力を借りなければならないわけでしょう。そうしないと不安で不安でたまらないのです。だからこそ、金に糸目を付けることなく、悪魔の力を受けようと躍起になっているのではないでしょうか。
 
ですから、彼らが何か変なおまじないを使っていたら、それは彼らの不安の表れ、それも強烈な不安の表れであると思って間違いないと思います。ある意味、哀れですが……。
 
次回は、この呪術が一体どんなものなのか、どれほどの効果があるのかについて探ってみたいと思います。
 

Tags:
,
2 Comments
  • アモリフェラ
    Posted at 21:28h, 06 1月

    2日にテレビで天皇一般参賀を見ていましたら、寒いから早く終わらないかなあ~てな顔の、いかにも嫌々ながら仕方無しに参賀しているていのおばさんが何度も画面に映りました。なんか不思議に感じたので、ネットで調べてみたら、バイト代をもらって旗振りに来ている人も少なからずいるというのです。ちょっと驚きました。天皇派の人達がバイト代を出しているのでしょうね。そういうお芝居みたいな事もうやめようよ、とは思わないのでしょうね。こんな変な抗争みたいなものに巻き込まれて、戦争なんかに借りだされたり、人工災害に遇ったりするのはゴメンです。一般大衆を巻き込まないでほしいと願うばかりです。いつもアップしてくださり、ありがとうございます。次回も楽しみにしています。

  • モダンガエル
    Posted at 02:40h, 07 1月

     違う視点から気になることがあります。いささか文脈とはずれますが、ご容赦ください。
     rapt さんのお陰で、事の信憑性がくっきりしてきました。
     最大、遷都は、そちら様の自由である、として。でも、都民が魔の手に巻き込まれるのはご遠慮いたしたい、というのが一つ。つくずく何でもアリで迫ってくるということが、よく分かりました。
     さらには、今の千代田区千代田の江戸城跡の広大な都心のど真ん中の自然体系が、例えば三◯地所辺りに「再開発」などと銘打たれてそのまま更地にされビル化するなど、想像するだにぞっとします。樹木も相当保存され、珍しいチョウも生息する他、銀座でハチミツが採取出来るほど、花々もあの敷地には豊かに咲いているらしいです。環境の保全には、四百年以上に渡って機能してきた面があると思います。
     というのが、電通ビル一帯が、浜離宮(元 将軍様のお狩場・現 都立公園)から眺めると解る通り、海風を遮っています。内陸の熊谷市付近がヒートアイランド現象で夏に暑過ぎたり、昨年の調布市の真夏の雹の襲来など、海辺のビル群が気象に変化をもたらしているのではないかといわれています。築地市場移転後にも、デベロッパーとやらがまた海に立ち塞がる恰好でどのようなものを建造するのか、穏やかではありません。
     呪術によって事を動かし、誰かが莫大な利を懐にし、都心の貴重な自然が破壊されるのを我々はただ見ている、などというのも、まっぴらです。

Post A Comment