RAPT | RAPT×読者対談〈第21弾〉言論界にはびこる工作員と工作員予備軍。
30730
post-template-default,single,single-post,postid-30730,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第21弾〉言論界にはびこる工作員と工作員予備軍。

RAPT×読者対談〈第21弾〉言論界にはびこる工作員と工作員予備軍。

 
今回も「東出融」さんとの対談になります。
 
先日、「東出融」さんと対談した際、バラ業界の大御所である「村田晴夫」兄弟の不審な死についてのお話をしましたが、その対談をした翌日、工作員とおぼしき人から私のところにメールが届きました。
 
その詳細について書いた記事が以下になります。
 
バラ業界の大御所・村田晴夫氏の不審な死は、工作員によって揉み消しにされてしまいました。その確たる証拠をお見せします。
 
で、私がこの記事を書いた後、この工作員とおぼしき人物は「東出融」さんのところにも電話をかけ、「自分は工作員ではない」と泣きながら訴え、私の悪口をさんざん言ってきたそうです。
 
私としては、未だにこの人物は工作員ではないかと疑っていますし、この人が「東出融」さんのところに電話したのも、私と「東出」さんとの関係を叩き壊すためではないかと疑っています。
 
私の悪口を「東出融」さんに吹き込んで信じ込ませ、私たちが協力しないようにしようとしたわけです。
 
しかし、最大の問題はこの人が工作員なのかどうかではありません。
 
例えこの人が工作員であろうとなかろうと、この人自身、自分のやっていることがいかに無益で、いかにこの世の害になっているかということを全く自覚していないということが最も大きな問題なのです。
 
自分が訴えたいことだけを(根拠もないのに)一方的に訴え、それを認めてくれなければ、怒り狂ってさんざん陰で誹謗中傷する……。
 
そんな工作員、および工作員予備軍とも思える人物がこの世には余りにも多い。
 
今回はこういった問題を含め、今現在、言論界にはびこっている様々な問題について対談しています。
 
なお、有名陰謀論者に対する私の考え方は以下の対談で詳しくお話しています。
 
RAPT×読者対談〈第10弾〉有名陰謀論者たちは天皇派の工作員なのか?
 
RAPT×読者対談〈第15弾〉我々庶民がイルミナティに勝利する日。
 
RAPT×読者対談〈第16弾〉真言宗とロスチャイルド。高野山はイルミナティの聖地である。
 
RAPT×読者対談〈第19弾〉イルミナティが我々庶民を取り込む具体的方法。
 

2 Comments
  • トモコ
    Posted at 00:41h, 20 8月

    東出様との再対談良かったです。
    お二人の目指すことに違えど、人間味溢れる
    素敵な、対談でした。
    お声の質感やトゲトゲ示唆がなく、
    耳障りな感覚を感じませんでした。

    失礼ながらも、お二人とも、年配の方かな?
    と思いましたが、私と同年代に近い!

    実力と才能を発揮して知恵をだし、
    益々、盛り上がる雰囲気を感じました。

    最近、うわべだけのチヤホヤされたい、目立ちたい世の中に、スッと、
    清涼感を与えてくれる、
    RAPT楽しみにしてます。

    進化論打破楽しみにお祈りしてます。
    ハレルヤ‼︎

  • ちえ
    Posted at 09:33h, 20 8月

    再対談の実現、うれしく拝聴しております。
    ものすごいことを、からりと語ってくださるお二人に正気づけられ、元気が出ます。
    ありがとうございます。
    対談とブログを通して、お二人から受け取る言葉は、ときに自己愛を打ち砕いてくれます。
    最初は痛くて心が大暴れするけれども、それはサタンのまやかしで、自己愛の牢獄からの解放を待ち望んでいたわたしへの神さまの救いなのだと、考えを神さまのほうに合わすと、サタンは消えます。
    悪魔の誘惑に何度もおちいり、頭が悪くなってしまいましたが、それでも変わりたいと心が叫ぶ者のひとりです。
    有料も一般も、ブログの更新を楽しみににしています!

Post A Comment