RAPT | 少年Aの手記「絶歌」を出版させたのはロスチャイルド。ネットに広まった少年A冤罪説を火消しするための工作か。
28080
post-template-default,single,single-post,postid-28080,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

少年Aの手記「絶歌」を出版させたのはロスチャイルド。ネットに広まった少年A冤罪説を火消しするための工作か。

少年Aの手記「絶歌」を出版させたのはロスチャイルド。ネットに広まった少年A冤罪説を火消しするための工作か。

E5B9B4a
 
「神戸児童連続殺傷事件」の元少年Aの書いた手記『絶歌』がネットでも話題になっていて、出版社に対する激しいバッシングがあちこちで展開されています。
 
しかし、この「太田出版」に対するバッシングは、基本的には元少年Aが本当に連続殺人事件の犯人であるという前提に基づいています。
 
凶悪な犯人が今さらこんな手記を出版するのはおかしいし、それを出版した出版社も人道に反している、というわけですね。
 
しかし、私ははっきりと言います。「神戸児童連続殺傷事件」の本当の犯人は少年Aではありません。彼は濡れ衣を着せられたに過ぎないのです。
 
しかし、ネット上で「太田出版」バッシングが長々と続けば、当然、国民の多くが「神戸連続児童殺傷事件の犯人は元少年Aだ」と思い込むようになるでしょう。
 
一旦、「少年Aは犯人ではなかった」と思っていた人も、「少年Aの手記を出版するのは是か非か」という議論に熱中しているうちに、「やはり少年Aが犯人かも知れない」と思い込むようになるかも知れません。
 
実際、私の周りにもそんな人がぽつぽつと出てきましたので、これはマズイと思って、今日の記事を書くことしました。
 
そもそも、「少年Aは犯人ではない」ということが分かれば、「少年Aの手記を出版するのは是か非か」などとムダな議論をしなくて済むようになりますしね。
 
一応、今回この手記を出版したのは、表向きには「太田出版」ということになっています。しかし、この出版を最初に企画したのは、実は「幻冬舎」の社長・見城徹という人物です。
 
この見城徹が何者なのかというと、どうやら「安倍晋三」のブレーンのようです。(詳しくは以下のリンクを御覧下さい。)
 
少年Aの手記の仕掛人は幻冬舎・見城徹だった! 自社では出さず太田出版に押し付け!?|LITERA/リテラ 
 
つまり、今回のこの出版には「政治」が絡んでいる可能性が大いにあるというわけですね。
 
実際、元少年Aの父親は「川崎重工」の潜水艦の電気技師であり、彼は米国マグダネル・ダグラス社のつくった潜水艦発射型「ハープーン対艦ミサイル」を改良しました。
 
で、その噂を聞きつけたロスチャイルドが、ライセンス料惜しさにその機密を入手しようとしたところ、少年Aの父親に断られた。
 
そのため、ロスチャイルドは怒り狂い、「神戸連続児童殺傷事件」を起こしてその罪を少年Aなすりつけ、父親ならびにその関係者を恐喝した、というのが「神戸連続児童殺傷事件」の顛末なのです。
 
少なくとも、そのような噂があります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
川崎重工神戸が改良した、開発元の米国マグダネル・ダグラス社も驚く(?)潜水艦発射型ハープーン対艦ミサイル。
 
その機密を欲したロスチャイルド=イギリスがライセンス料惜しさに指示したと考えられます。
 
主犯格の男性はDIA(米軍国防情報局)または同時にCIAに所属する、マインドコントロールされた朝鮮系軍人です(米国籍:朝鮮戦争時の戦争孤児で米軍に育てられる)。
 
容疑者とされた少年の父親は川崎重工の潜水艦の電気技師だったのですが、「少年の無実を晴らしたいなら機密をよこせ」と脅すため、また川崎重工と他の社員、さらには日本政府を脅すために実行されましたが、犯人グループが防衛機密を手に入れたかどうかは不明です。
 
(中略)
 
【対艦ミサイルハープーン】
 
米国マグダネル・ダグラス社製の対艦ミサイルで、航空機、艦船、潜水艦から発射されます。射程は機密事項ですが、数百kmと言われています。
 
レーダー波が直進するのに対し、地球が丸いのを利用して海面すれすれを飛んで来るため、艦船レーダーの装備位置の高さに左右されますが、おおよそ30kmに接近するまで探知出来ず、時速970kmで飛ぶため1,8分から1,6分くらいの対応時間が無い為に、人力では迎撃不可能とされます。
 
これがイージス艦などに代表される全自動迎撃システムの登場を促しました。
 
しかし、目に見えない潜水艦から更に近い距離から発射されたなら、イージス艦でも迎撃出来るかどうかは米軍、自衛隊共にデータを公表していないのでタコにはわかりません。(>_<)   さて、自衛隊名物“魔改造”されたハープーンですが、潜水艦発射型は発射の際の機械的騒音が工場現場並に高く、的になる艦船や近くに潜んでいる敵潜水艦のソーナーに発射地点を特定され、撃沈される可能性が非常に高い状況でした。   それを、犯人にされた少年の父を含む川崎重工神戸の技術陣が改良して、無音発射システムの開発に成功。   はるしお型潜水艦の登場と相まって、ディーゼル型潜水艦としては世界最強の静粛性を海上自衛隊は手に入れたのです。
 
また、現代の軍艦は第二次大戦の時とは違い、装甲はペラペラの薄い紙同然と言っても良い程度でしかなく、更に、本体を狙わずに空中で爆発してレーダーやアンテナをぶっ壊せば、後からゆっくりなぶり殺しにできます。
 
更に、第二次大戦の大和型戦艦でも装甲の薄い15cm副砲の真上から突っ込ませれば、副砲弾薬庫に誘爆して、一発で撃沈可能という説もあります。ホントかどうかはわかりませんが(^_^;)
 
ちなみに第二次大戦時の駆逐艦は速度を追及したため、全くといっていいほど装甲が施されていませんでした。装甲があるのは巡洋艦からですね。
 
だからなのか日本の駆逐艦は軍艦に分類されず?船首に菊の御紋がついていません。
 
【はるしお型潜水艦】
 
平成2年(1990)から実戦配備。昭和61年度計画艦。
 
7翼ハイスキュド・プロペラを採用し、主機、電動機などの静震機構の徹底化により、西側先進国の水準を初めて超えた記念すべき潜水艦。
 
西側水準をはるかに超える高張力鋼NS110の部分採用や、高性能89式長射程魚雷の採用、前級ゆうしお型潜水艦から続く川崎重工による魚雷、対艦ミサイル発射機構の静粛化及びミサイル連続発射能力!!の付与など、通常型潜水艦としては世界一の能力を誇った時期もありました。
 
このはるしお型潜水艦とハープーン・ミサイルと神戸連続児童殺傷事件の関連性は・成りすまし日本人(?)の右翼団体の機関紙が、淳くんの遺体発見直後から指摘していました。
 
【事件の顛末】
 
二人組の事件の主犯は若い方の犯人が属するKGB経由で、ソ連、または中国、北朝鮮に技術情報を高値で売却しようと画策したため、ロスチャイルド一族の怒りをかって、新神戸駅裏手の山林で一週間の間を空けて、首吊り自殺を装って殺害されました(米国大使館員情報)。
 
なお、この首吊り自殺体に関しては、タコの知る限りでは神戸新聞と聖教新聞が報じています。
 
神戸新聞は地元ですから真犯人が任意同行で取り調べをうけ、ウソ発見器にかけられたことも知っているはずです。
 
そして、聖教新聞は朝鮮人新聞ですからね。ソン・テチャク=池田大作。

 
----------------(以下、上の記事から転載)
 
少年Aの父親が開発したミサイルはかなり高性能なもので、これを「はるしお型潜水艦」に搭載すれば、まさに怖い者なし。
 
で、ロスチャイルドがこの機密を欲しがったけれども、少年Aの父親に断られ、怒り狂って復讐に出た、というのが「神戸連続児童殺傷事件」の真相なのです。
 
とはいえ、これだけでは本当にロスチャイルドが犯人であるとは断定できない、と仰る方もいらっしゃるかと思いますので、さらに話を続けます。
 
先ず、少年Aが犯人ではないという証拠から見てみます。
 
これは少年Aが殺害に使ったとされる凶器「金ノコ」からはっきりと言えることです。
 
しかし、これについては既に多くの人たちが詳しく記事を書いて下さっていますので、改めてここで書く必要もないでしょう。(例えば以下のリンクなど。)
 
冤罪!【神戸少年事件】の真相 – アメニモマケズ
 
私がここで問題にしたいのは、少年Aが新聞社に送ったとされる挑戦状の筆跡と、少年Aの本物の筆跡の違いです。先ず、このブログでは以前、以下のような切り抜きをご紹介したことがあります。
 
ecriture-sakakibara
 
このように、犯行声明の筆跡と、少年Aの筆跡とは明らかに違うわけですが、さらに問題なのは、少年Aが新聞社に送った挑戦状と、かの「宮崎勤事件」の犯人の告発文が、どちらも似たような筆跡で書かれているということです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■ 今田勇子と酒鬼薔薇聖斗の共通項
 
ところで、酒鬼薔薇聖斗の挑戦状と今田勇子の告発文とを並べてみると、文体に類似性を見出すことができる。わざとらしい癖文字なのだが、よほど慎重に書かなければこのような極端な癖文字で長文は書けないのではないか。
 
b0018978_12451030

〈酒鬼薔薇聖斗の挑戦状〉

 
mseimei1
〈今田勇子の告発文〉

 
今田勇子と酒鬼薔薇聖斗は新聞社に犯行声明文を送りつけているのだが、その文面から察するに、犯行声明が正しく報じられないことに腹を立てている様が読み取れる。
 
酒鬼薔薇聖斗は被害者の口に咥えさせた犯行声明が正しく報じられていないことが神戸新聞社に犯行声明を送りつけた動機だとしている。
 
他方、今田勇子は捜査を担当する狭山警察署の署長が事実をちゃんと公表しないからと朝日新聞に告白文を送った。抗議は口実だろう。二人ともニュースが取り上げることを知った上で犯行声明文を新聞社に送っている。
 
さらに共通するのは犯行声明に欧米文化の匂いがすることだ。まず酒鬼薔薇聖斗の犯行声明だが、神戸新聞社に届いた封筒は宛名が上、住所が下に来ている。これは欧米文化の表れであり、日本では住所を上(先)に書くのが一般だ。
 
envelop
 
今田勇子の場合、犯行声明を書いた用紙がリーガルサイズというアメリカ政府の公文書に使われるサイズだったという。リーガルサイズは日本では一般的ではない。
 
もう一つ。両者に共通するのは、犯行声明文を当人が書いたのか証明出来ていない点だ。では一体誰が書いたのか。プロの犯罪集団が緻密に計算建てて作り上げたのでなかろうか。
 
今田勇子から酒鬼薔薇聖斗につながる系統は、脅威の流布を巻き起こし、良好な治安を維持する治安当局を増強させる役割をも担っている気がしてならない。
 
----------------(転載ここまで)
 
「少年A」と「今田勇子」の筆跡をよく見てください。全く同じというわけではありませんが、特徴がよく似ています。同じような遊び方をしている、というのでしょうか。そんな感じが伝わってきます。
 
で、私がここでもう一つ問題にしたいのは、「狭山事件」の犯人が書いたとされる「上申書」の筆跡も、これまた非常によく似ているということです。(出典はこちら
 
jyosinsyo
 
これは「狭山事件」で犯人とされている「石川一雄」が書いた「上申書」です。
 
しかし、この「上申書」が書かれた昭和38年には、「石川一雄」はきちんと文字を書くことができませんでした。彼はもともと文字の読み書きができず、昭和42年から独学で読み書きを学ぶようになったのです。
 
はっきり言って、文字の読み書きができない人間が、上のような文字を書くことは先ずもって不可能です。ですから、この「上申書」は本人が書いたものではありません。(実際、多くの人たちがこの「上申書」を見て、読み書きの出来ない人がよくこれだけのものを書けたな、と言って驚いています。)
 
しかも、この「上申書」の筆跡を見てみると、なんとなく「少年A」や「今田勇子」の筆跡と特徴が似ています。
 
一応、他の文字に比べて字体がひどく崩れてはいますが、「石川一雄」が読み書きできないので、わざと下手な文字を書こうとしたわけでしょう。わざと下手な文字を書いた、という雰囲気が伝わってきます。
 
こんなことを言うと、筆跡鑑定をしたわけでもないのに、似ているとか似ていないとか言うな、などという人が出てきそうですが、はっきり言って、筆跡鑑定など最初から当てにはなりません。
 
警察が専門家たちを使って筆跡鑑定をしているにもかかわらず、この世では幾らでも冤罪事件が起きているからです。
 
ですから、筆跡鑑定など全く何の意味もありません。結局、最後の最後には我々のような素人が直感に頼るしかないのです。
 
それにしても、このように三つの事件の犯人がみんな同じような文字を書いたということは、一体、何を意味しているのでしょうか。
 
これらの事件に、全て同じ人間が関わっているということを意味してはいないでしょうか。
 
実際、「狭山事件」も「宮崎勤事件」も「神戸連続児童殺傷事件」もすべては冤罪のニオイがプンプンします。(「宮崎勤事件」については過去に記事を書きました。)
 
「オタクは異常」の原点となった宮崎勤事件も冤罪だった。この頃から既にマスコミと警察による事件のねつ造は始まっていた。
 
恐らく、実際にこれらの事件はすべて同一の人間、もしくは同一のグループによって引き起こされたものなのでしょう。
 
で、さらにもう一つ。
 
少年Aが書いたとされる挑戦状には、なぜか用紙の隅に「9」という文字が書かれてありました。
 
chosenjo2_11
 
で、「こちら」の記事によると、この少年Aの書いた「9」が、以下の世田谷で起きた事件と何かしら関係があるのではないかと指摘されています。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
『9』を象徴した事件といえば世田谷「9」の字事件がある。
 
img_0013
 
1988年2月に世田谷区立砧南中学校に9人の男が乱入し、警備員を監禁。
 
机447脚(椅子9脚)を校庭に数字の「9」の形に並べただけで被害者はいなかった。世田谷9の字事件である。
 
この不可解な事件は、数日後「日本帝国主義革命連合軍・別動・黒い九月一派」と名乗る声明文が砧南中学校に届く。
 
内容はジャニーズ事務所への警告とも取れるものであったが、後に逮捕された9人の実行犯と声明文は無関係であることが分かり、誰が送ったかは不明であるという。
 
校庭に並べた『9』の右下脇に椅子9脚を円状に置いている。これは『9』を『6』に見せないためのピリオドであるという。大した工夫である。
 
なぜ9の数字を象ったのか。世田谷9の字事件の主犯格Aは「1桁では最大で一番好きな数字だから」とその動機を説明する。
 
少年Aと全く同じことを言っているとは驚きだ。
 
この単純な動機に比べて執拗なまでの9へのこだわりはなんなのか。つまり、背後に指揮者がいたということではないか。主犯格Aはその後地上げ屋となり六本木に住みベンツを乗り回すようになったという。
 
黒い九月はミュンヘンオリンピック事件を起こし、イスラエル選手とコーチ11人を殺害した秘密テロ組織。ようは暗殺実行部隊である。1988年の世田谷9の字事件は、日本で暗殺部隊・黒い九月の別働隊が結成されたことを表しているのではないか。
 
酒鬼薔薇聖斗が犯行声明に示した9と世田谷9の字事件の9は繋がっているのではないか。今田勇子が起こした事件も、足利事件も世田谷9の字事件で犯行声明を出した黒い九月一派が起こしたのではないか。
 
----------------(転載ここまで)
 
私もかつて「佐世保女子高生殺人事件」がフリーメーソンによる犯罪であり、逮捕された女の子は犯人ではないという記事を書きました。
 
佐世保女子高生殺人事件は紛れもない冤罪です。悪魔崇拝者による報復殺人でした。
 
なぜそんなことが言えるかというと、「佐世保女子高生殺人事件」は、過去に起きた別の事件と幾つもの共通点があったからです。
 
それと同じく、「神戸連続児童殺傷事件」も、実は他の事件との類似性がいくつもあります。この世田谷「9」の字事件もその一つです。
 
というのも、この世田谷「9」の字事件の犯人も「神戸連続児童殺傷事件」の少年Aも、「1桁では最大で一番好きな数字だから」と、全く同じ発言をしたとのこと。そんな偶然があるわけありません。
 
で、「黒い九月」というのは、上の転載記事にもあります通り、「ミュンヘン・オリンピック襲撃事件」を起こした犯人グループの名前です。
 
特別暗殺チーム「黒い九月」が起こした「ミュンヘン五輪襲撃事件」
 
恐らく世田谷の「机」事件の犯人は、この事件から自分の名前をつけたのでしょう。
 
で、「ミュンヘン・オリンピック襲撃事件」といえば、イスラエル人のアスリート11人が殺害された事件であり、この事件を起こした「黒い九月」は「日本赤軍」のメンバーでした。「日本赤軍」といえば、まあ、「赤」ですからロスチャイルドですよね。(詳しくはこちら
 
で、ロスチャイルドといえば、イスラエルとはかねてから犬猿の仲です。何しろ、ロスチャイルド(天皇派)がヒトラーを使ってユダヤ人を迫害したわけですから。
 
満州国へのユダヤ人移民計画が失敗し、パレスチナにイスラエルが建国されるまで。または「河豚計画」が声を大にして語られない理由。
 
なぜユダヤ人は全世界で差別されながらも、一部では好待遇を受けているのか。「天皇派」と「教皇派」によるユダヤ人獲得競争のなれの果て。
 
で、この「黒い九月」の名前を使った犯行グループが、世田谷区の学校で「9」の字を書いた。
 
で、「神戸連続児童殺傷事件」の少年Aも、また犯行声明に「9」の字を書いた。
 
で、この少年Aは「神戸連続児童殺傷事件」の本当の犯人ではなく、ロスチャイルドこそが本当の犯人である可能性が高い……。
 
さらに言うなら、少年Aの挑戦状の文字は「赤」でしたね。
 
切り裂きジャックを真似して「赤」にした、と少年Aは供述しているとのことですが、切り裂きジャックもまた「ロスチャイルド」だったということかも知れません。
 
ということで、見事に一本の線でつながりましたね。
 
日本赤軍 = ロスチャイルド = 黒い九月 = 世田谷「机」事件 = 「9」の文字 = 少年A = 川崎重工 = ミサイル = ロスチャイルド
 
このように、悪人はいつも自分の足跡を残していくものなのです。
 
ちなみに、切り裂きジャックも実は「フリーメーソン」のメンバーで、「フリーメーソン」の犯罪についてはこんなことが言われています。
 
----------------
 
「フリーメーソンは暴力、テロ、犯罪を称賛する。ただし、巧妙に実行されることが前提条件だ。
 
ユーモアは何にもまして重要であり、多くの凶悪犯罪がユーモアのある仮面をつけて実行された。
 
(中略)
 
そこにあるのは、面自半分に残虐な犯罪を完遂しようという意図だ。
 
もし、フリーメーソンの大権が危機にさらされるようなことになっても、力を誇示することで再興すればよい。
 
暴力犯罪をもって、フリーメーソンのカがどれほど広範に及び、世界中に浸透しているかを示せばよいのだ」
 
(ステファン・ナイト『切り裂きジャックー-最後の解決』グラナダ・ブックス)
 
----------------
 
まあ、この世で起きる猟奇犯罪で、冤罪の可能性が高いものは、すべて「フリーメーソン」による犯行と思えば間違いないということです。
 
で、今や「神戸連続児童殺傷事件」の犯人は実は少年Aではない、という噂がネット上で急速に広まってしまった。
 
そのため、ロスチャイルドがこの件を火消しようと、「安倍晋三」を使って少年Aの手記を出版させることにしたわけでしょう。
 
で、「安倍晋三」は自らのブレーンである「幻冬舎」の見城徹に声をかけることにした……というのが、「絶歌」の出版に至る経緯だったというわけです。
 
このように、この世で起きた怪しげな出来事はすべて一本の線で結ばれていくわけですね。
 

10 Comments
  • Satomi.C
    Posted at 22:30h, 21 6月

    真実かどうかはまだ分かりませんが、漫画家の小林よしのり氏が「現在、元少年Aは妻も子供もいるという」という事をブログにて話していますね。
    普通なら、こんな犯罪者と結婚したい人がいるはずがありません。酒鬼薔薇のファンの女性と結婚したという噂もありますが、この様な残忍な殺人者に共感出来る人がいる自体、おかしな話です。
    しかし冤罪となると、元少年Aは至って正常な感覚の持ち主の可能性が高いですし、元少年Aの詳細は未だに一般公開されていませんので、別に堂々と結婚しててもおかしくありません。何故なら、殺人など犯していないのですから。
    金融ユダヤという存在は、本当に悪魔そのものです。タイタニック号の捏造(オリンピック号とのすり替え)事故も、映画化する事で人々を騙しつつ、ついでに多額の収益を得るという汚い手段を用いたのですから。
    今回もまさしく同じですね。批判なんて知ったことではない。元少年Aの犯罪にしてしまおうという魂胆に加え、さらに金儲けまで考えているのでしょう。遺族の了承を得ずに出版した事が、正にこの事を証明していないでしょうか?
    こんな捏造本が出版される事で、傷付くのは被害者の遺族の方々です。本当に酷い話です。
    RAPTさんの読者のみならず、一般の方々も少しずつ、当事件や出版の件にもっと疑問を持って頂けると幸いです。こんな卑劣な本がベストセラーになっては、絶対にあってはならない事ですので。

  • あやこ
    Posted at 01:06h, 22 6月

    まさに私がRAPTさんのご意見を伺ってみたかった内容でした。
    Facebookなどで大いに騒がれていて、何か裏があるなと思っていましたが、
    その内容の抜粋を読み、目を塞ぎ耳を覆いたくなる描写に、私も思わず少年Aは本当に冤罪なのか?と憎悪がムラムラと湧き始めていた矢先でしたから。
    本当に良いタイミングで記事にしていただきました。感謝いたします。
    この世からこのような恐ろしい事件が無くなりますように。
    罪無き人々の人生が潰され奪われることがありませんように。
    心から祈ります。

  • 藍染蘭丸
    Posted at 01:24h, 22 6月

    幻冬舎は1994年に設立された新しめの出版社ですが、有名作家の作品を最初に次々と出版したことで、すぐに大手出版社としてのし上がりました。
    その創立にかかわったのが、件の見城徹です。
    彼はもともと角川の社員だったようですが、角川の社長がコカインで逮捕されたのを機に、幻冬舎を設立したようです。
    角川で培った人脈から幻冬舎がのしあがっていったのかと思っていましたが、もしかしたら安倍首相などの政治家が背後にいたのかも知れないと今回の記事を見て思いました。
    「絶歌」は明らかな国民洗脳の本であり、そんな本を国民を敵に回しても出版できるというのは、やはりそれなりの背後関係がなければ難しいでしょうね。
    つい最近では、神戸の小一女児バラバラ殺人がありましたが、このような猟奇殺人は間違いなくフリーメーソン等による組織犯罪だと私も確信しています。
    そして、その偽装工作のために出版社やテレビ局が使われるという構図は何十年と変わっていません。絶対に許されないことです。
    我々がそんな日本の状況を祈りと情報拡散で変えていくべきでしょう。
    更新ありがとうございます。

  • ユンダンテ
    Posted at 05:23h, 22 6月

    高槻市で、首と手首がない遺体が川で発見されたとニュースになっています。これも裏社会の絡んでいる事件だと思います。

  • HI
    Posted at 05:58h, 22 6月

    更新感謝致します。タイムリーな話題なので、真相が掴めて非常に助かりました。
    当時、確かに本当に少年にこんな犯行が可能なのかと騒がれていました。
    そして今、事件の真相を知り、無残に犠牲になった子供達と、少年Aが冤罪で可愛そうな気持ち、
    ロスチャイルドの残酷なやり方に心底許せない気持ちが混じり合っています。
    マスコミも警察も裁判所も全て繋がってると思うと本当に吐き気がします。
    この機会に出来る限り、多くの人に知らせたいと思いました。

  • 真実を知り行動する人
    Posted at 14:17h, 22 6月

    RAPTさん、タイムリーな最新の話題での更新ありがとうございます。
    私もこの事件は衝撃でした。当時、まだB層で在日の方の猟奇的な犯罪ぐらいの認識しかありませんでした。
    犯罪のエンターテイメント化、警察や新聞社に対する挑戦状の内容や、どう考えても中学生が一人で、金ノコで首を切って小学校の校門に置きに行くなど、合理的にもありえないことが多く、元少年Aは悪魔崇拝者の犠牲者でありながら協力者で、今回の本もタブーを売り物にしている、実質、たけしさんの会社の大田出版らしく、金の為に裏社会にとことんしゃぶりつくされながらも、でっち上げの冤罪事件で印税を稼いでいるのかと思っていました。
    しかし、RAPTさんの別の視点、Aの父親が川崎重工だと聞いた時は、神戸と言う場所との繋がりや因縁、銀行の統合もロック系の三菱に対抗する為に三井住友になったように、川崎重工と三井造船との統合話があった事や、それに抵抗する勢力、バイオエタノール技術利権、クーデターによる社長の解任劇を思い出されました。
    川崎重工のメインバンクは、殺された人もいましたが、りそな銀行で、今ではロスチャの三井住友寄りのようです。
    元々は大和銀行であったことから川崎は大和族で、出雲族の三菱と軍事、宇宙、航空産業においても争いながら、その間でお金を通したり、ライセンスで儲ける、秦氏、ロスチャイルドの思惑によって、両方の顔を伺ったり入り込みながら、日本国内における三つ巴のシノギが、行われていると考えると腑に落ちます。
    本当に嫌になりますが、世界最古の悪魔崇拝国だけに、相当な日本の闇の深さを感じます。
    しかしながら、我々は希望は失ってはいません!!
    悪を浄化し、蒸し暑さを吹き飛ばすよう、被害者の家族の方とみなさんに、お祈りいたします。

  • 匿名
    Posted at 14:34h, 22 6月

    RAPTさんこんにちは。

    そういうことで犯人をでっち上げ何の罪もない人を殺したりするなんて悪魔にしか考え付かないしできない諸行だと思います。そして事件がこんなにも繋がっていくことに驚いています。
    本の出版について分からないことがありましたので今回ブログに上げていただき感謝しています。
    ありがとうございました。

  • ひろ
    Posted at 00:43h, 23 6月

    サカキバラ事件では、白い不審な車の目撃情報が寄せられていた、と記憶していますが、少年A逮捕後に、白い不審な車の目撃情報が報道されなくなったことに、違和感を感じていました。世田谷一家殺害事件、島根の女子大生殺害事件(平岡都さん殺害事件)、2008年の秋葉原殺傷事件など、未解決の事件、冤罪替え玉の可能性がある事件の多くは悪魔崇拝儀式的な殺害事件ではないかと思います。ラプトさんの記事がアップされる数日前に、gooのwikiの人物検索を利用した際に、読まれている記事のランキング1位が「宮崎勤」で、なぜ今の時期に「宮崎勤」の記事が1位なのか??と思いましたが、宮崎勤(今田勇子)についてラプトさんが記事で言及されているタイミングがあまりにもタイムリーで、おそらく、ですが、ラプトさんの記事に呼応して「宮崎勤」の記事を読んでいた人々がたくさんいたのではないかと思います。

  • Blauerspeer
    Posted at 06:49h, 23 6月

    神戸は戊辰や西南の役の際、フリーメイソンやコミンテルンらが
    情報交換で集まり、賑わう場所でした。
    異人館界隈ですね。
    そして山口組はフリーメイソンとともに勢力を伸ばしている。
    札幌農学校のクラーク博士の教え子との手紙がありますが、
    明らかに暗号のやり取りでした。
    マサチューセッツか北海道大学で見たような記憶があります。
    北海道の開拓に関わった人物は行動履歴が追えない方が多いです。
    なお、神戸や宮崎勤がおかしいように、井の頭公園や祖師ヶ谷公園の事件も
    在日朝鮮人、中国人の米軍、自衛隊、警察関係者で調べているはずです。
    それも海から上陸する訓練に慣れた人物。
    港湾での動きに慣れた人物です。
    首、手首、足首は「人間の弱点のさんクビ」と言います。
    暴力団はじめ、特に軍人や警察の特殊部隊経験者が狙う場所です。
    山口組、港湾労働者、そして特殊部隊経験者。
    外事や公安も絞れるはずなんですがね。
    カルトで在日で軍人か警察の特殊部隊経験者。
    そして暴力団とつながりのある人物。
    身内の犯行なら、現場はわかっているはずです。

  • 弥次郎兵衛
    Posted at 22:01h, 26 8月

    大阪で起きた中一男女殺害事件の報道を読み漁っているうちに偶然こちらに辿り着きました。
    正直なところ報道を鵜呑みにしていたもので、
    両連続殺害事件の矛盾や他の事件まで跨いだ一貫性があることはおろか冤罪説があることさえ気付いておらず、
    少し前までの私ならむしろRAPTさんの寄稿こそ荒唐無稽な創作と受止めていたことでしょう。
    リンクを張られた「9の系譜 今田勇子から酒鬼薔薇聖斗に渡されたバトン」の忍者(=特殊部隊)説も驚きましたし、
    Satomi.Cさんが触れられたタイタニック号沈没事故が計画的な保険金詐欺であり
    かの有名な大財閥や英米政府まで暗躍していたという説にも驚いてしまいました。
    しかしこの数年でマスコミの偏向報道が露見し、
    また帝国時代から敗戦・戦後に至るまで学校では教わらなかった重大なタブーが幾つもあったことを知って、
    両事件も都合の悪いことは隠匿されている可能性が十分にあると理解できるようになりました。

    正直なところ私はまだRAPTさんの主張を100%鵜呑みにはできずにいるのですが、
    可能性のひとつとして今後もぜひ拝見させていただいて
    私なりの結論に導くための参考にさせていただきたいと思います。
    …さらに失礼を承知の上で申上げますと
    RAPTさんの寄稿はとても面白かった(=interesting)ので、
    これから過去の寄稿を拝見するのが楽しみです。

Post A Comment