RAPT | RAPT×読者対談〈第12弾〉田布施システムから始まった天皇の陰謀。
27073
post-template-default,single,single-post,postid-27073,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第12弾〉田布施システムから始まった天皇の陰謀。

RAPT×読者対談〈第12弾〉田布施システムから始まった天皇の陰謀。

 
今回は、読者対談〈第九弾〉で対談してくださった方との対談の続きになります。
 
リチャード・コシミズ独立党の人たちは「アメリカ」を敵視していて、「アメリカ」を敵視しない人のことを悪く言ったりしていますが、そのような分析の仕方は非常に偏りがあるとしか言いようがありません。
 
今や「陰謀論」を囓っている人の多くが、アメリカかアメリカ以外か、またはリチャード・コシミズかリチャード・コシミズ以外か、というものの見方しかできなくなっています。これは余りに短絡的な考え方だと言うしかありません。
 
明治維新については「鬼塚英昭」氏が「田布施システム」という説を唱え、「落合莞爾」氏が「堀川政略とウラ天皇」説というものを唱えていますが、私の説は二人の説の掛け合わせと言ってもいいかも知れません。
 
田布施システムについての記事は以下になります。
 
日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。
 
明治維新の際に孝明天皇が殺されず、裏天皇となったという記事は以下になります。
 
ナポレオンがワーテルローの戦いに敗北し、ロスチャイルドが世界屈指の大財閥になったときから、日本中心のNWO計画は確定していました。
 
明治維新以降も「徳川家」は「貴族院」として力を持ちつづけたという記事は以下になります。
 
関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。
 
私が祈りの力、または「聖霊」の力によってこの世のカラクリを解いてきたという話は以下のリンクに書いてあります。
 
悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。
 
エリザベス女王とローマ法王が悪魔崇拝の疑いで逮捕されたという記事は以下になります。すべての始まりはここからでした。
 
〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。
 
イエス・キリストが偽善を厳しく戒めた聖書の箇所は以下になります。
 
----------------
 
そのときイエスは、群衆と弟子たちとに語って言われた、 「律法学者とパリサイ人とは、モーセの座にすわっている。だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行しないから。
 
また、重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうとはしない。そのすることは、すべて人に見せるためである。
 
すなわち、彼らは経札を幅広くつくり、その衣のふさを大きくし、また、宴会の上座、会堂の上席を好み、広場であいさつされることや、人々から先生と呼ばれることを好んでいる。
 
しかし、あなたがたは先生と呼ばれてはならない。あなたがたの先生は、ただひとりであって、あなたがたはみな兄弟なのだから。
 
また、地上のだれをも、父と呼んではならない。あなたがたの父はただひとり、すなわち、天にいます父である。また、あなたがたは教師と呼ばれてはならない。あなたがたの教師はただひとり、すなわち、キリストである。
 
そこで、あなたがたのうちでいちばん偉い者は、仕える人でなければならない。だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。だから、もっときびしいさばきを受けるに違いない。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。
 
盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。
 
また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。
 
祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。また、天をさして誓う者は、神の御座とその上にすわっておられるかたとをさして誓うのである。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの薬味の十分の一を宮に納めておりながら、律法の中でもっと重要な、公平とあわれみと忠実とを見のがしている。それもしなければならないが、これも見のがしてはならない。
 
盲目な案内者たちよ。あなたがたは、ぶよはこしているが、らくだはのみこんでいる。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。杯と皿との外側はきよめるが、内側は貪欲と放縦とで満ちている。盲目なパリサイ人よ。まず、杯の内側をきよめるがよい。そうすれば、外側も清くなるであろう。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死人の骨や、あらゆる不潔なものでいっぱいである。このようにあなたがたも、外側は人に正しく見えるが、内側は偽善と不法とでいっぱいである。
 
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは預言者の墓を建て、義人の碑を飾り立てて、こう言っている、『もしわたしたちが先祖の時代に生きていたなら、預言者の血を流すことに加わってはいなかっただろう』と。このようにして、あなたがたは預言者を殺した者の子孫であることを、自分で証明している。
 
あなたがたもまた先祖たちがした悪の枡目を満たすがよい。へびよ、まむしの子らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか。
 
それだから、わたしは、預言者、知者、律法学者たちをあなたがたにつかわすが、そのうちのある者を殺し、また十字架につけ、そのある者を会堂でむち打ち、また町から町へと迫害して行くであろう。
 
こうして義人アベルの血から、聖所と祭壇との間であなたがたが殺したバラキヤの子ザカリヤの血に至るまで、地上に流された義人の血の報いが、ことごとくあなたがたに及ぶであろう。よく言っておく。これらのことの報いは、みな今の時代に及ぶであろう。
 
ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。
 
わたしは言っておく、
『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』
とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。
 
(マタイによる福音書23章)
 
----------------
 
有史以前から人類が高度な文明を持っていたという記事は以下になります。
 
悪魔崇拝者たちが日本中心のNWO計画にこだわる理由。日本こそが世界最古の悪魔崇拝の聖地だったのでしょう。
 
有史以前に高度な文明があったのは確かな事実です。しかし、悪魔崇拝者たちがその調査をずっと妨害してきました。
 
日本が世界最古の悪魔崇拝の聖地であるという幾つもの証拠。
 
世界の支配層たちが古代から高度な科学技術を密かに独占してきたという幾つもの証拠。
 
世界中のレイラインを生み出したのは宇宙人ではなく、人工衛星「黒騎士の衛星」です。
 
 
今回の対談は、日本人が抱きやすい疑問に回答する内容になっています。私の説の概要を知りたい方はぜひご視聴ください。
 

4 Comments
  • HI
    Posted at 22:40h, 29 5月

    リチャード・コシミズ氏が、北朝鮮=アメリカCIAだと言っていますが、
    明らかに間違っていますよね。
    どうにかしてアメリカを悪者にしたいんだなと感じました。
    日本の皇族の血の繋がりの事も触れないし、天皇派のエージェント確定としか言い様がないです。

  • かつ
    Posted at 06:57h, 30 5月

    投稿編集ご苦労様です。
    いつも興味深く拝聴しています。

    対談の中で「祈り」というワードが出てきましたが、日本人の普通の感覚で考えれば迷信や効果があるかないかよく分からないものというような認識があるとあると思いますし、

    読者の方の中にも理解する事が難しい方もいらっしゃると思います。

    私が以前観た映画に、

    「祈り サムシンググレートとの対話」
    http://inori2012.com

    というものがあります。

    この映画は「祈り」という行為が現実にどのような効果があるかを検証した映画で、

    科学的にも「祈り」という行為があるという事が様々な実験(医学的、生物学的な実験)で立証されています。

    RAPTさんのブログを理解するには神様や悪魔など人によっては受け入れる事が容易ではない概念を取り入れる事が欠かせず、

    「祈り」という行為も同じように効果があることを信じる事が難しいかも知れませんが、

    新しい概念を取り入れる事が出来るようになるきっかけになればと思いコメントさせていただきました。

  • ユウサク
    Posted at 20:24h, 30 5月

    はじめまして。
    竹内文書に関して調べていたらこのブログを見つけました。
    私は23歳ですが、ここ数年で精神世界の本から宗教から歴史からいろいろ手を出すようになりました。
    最終的に音楽につなげたいと思い、数年間バンドをやったりもしてきました。今はバイオリンを練習中です。
    このHPを見つけ、自分のやりたいことや自分の知りたいことがたくさん詰まってると感じました。
    ブログの記事、毎日ちょっとづつ読ませていただきます。
    音楽活動も楽しみしています。

  • 納豆
    Posted at 22:43h, 02 6月

    こんばんは、raptさん。
    お久しぶりです。

    最近は大学の課題やサークル(バンド系です)などで忙しいので、raptさんと読者の対談は途中までしか視聴できていないですが、raptさんと読者の対談を聴くのはとてもわかりやすくて勉強になりますし、とても面白いです。
    これからも、raptさんと読者の対談を楽しみにしてます(^^)

Post A Comment