RAPT | 世界中のレイラインを生み出したのは宇宙人ではなく、人工衛星「黒騎士の衛星」です。
25252
post-template-default,single,single-post,postid-25252,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

世界中のレイラインを生み出したのは宇宙人ではなく、人工衛星「黒騎士の衛星」です。

世界中のレイラインを生み出したのは宇宙人ではなく、人工衛星「黒騎士の衛星」です。

Tashilunpo_Monastery_18
 
やはり「天皇派」の方が「教皇派」よりも遙かに優れたテクノロジーを持っているということが明らかになりました。
 
以下、「日本や世界や宇宙の動向」さんより転載します。
 
----------------(以下、こちらより転載)
 
アメリカはエイリアン・テクノロジーで世界最強の兵器を造っていると聴いていますが。。。今回の事件は、アメリカに勝る兵器をイランやロシアが開発していることが分かりました。
 
(中略)
 
3月23日付け:
USS空母がロシアの潜水艦の磁気浮上式テクノロジーに恐れをなしてイギリスの沿岸に逃げ去ったと報道されましたが、このテクノロジーはイランが開発したEMPテクノロジーと同じものです。EMP攻撃を受けた敵の艦隊は完全に動作が停止します。
 
数週間前に、USSドナルド・クック空母にも同様のことが起きていました。クック空母は完全に動作が停止し全く動けなくなってしまいました。ルーズベルト空母はかろうじてイギリスの沿岸に逃げることができました。
 
イランがこのような兵器を開発していたために、オバマはイランと協力関係を結びたいと思ったののでしょうか。イランはアメリカとこのテクノロジーを共有するのを拒否したために、アメリカは、ロシア、中国、その他の国々に出向いていったのです。
 
----------------(転載ここまで)
 
かねてから某有名陰謀論者は、アメリカのロックフェラーたちがEMP爆弾を使って、銀行のシステムを破壊し、借金をチャラにしようとしている、あるいは我々庶民の預金をネコババしようとしている、などと話してきました。
 
しかし、この上の記事を見ても分かる通り、EMPを開発したのはロシアとのことです。そして、イランもまたこの技術を有しているとのこと。
 
で、ロシアもイランも「天皇派」の国ですね。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「イスラム国」と混乱した中東情勢を理解しようとして挫折した方へ。
 
で、アメリカはこのEMPの技術を喉から手が出るほど欲しがっている。ということですから、アメリカは未だにEMPを開発していないということになります。
 
ということは、この世のどこかでEMPによる攻撃が起き、我々の預貯金がネコババされるようなことがあったとしても、それはアメリカ・ロックフェラーの仕業ではなく、「天皇派」の仕業だということになります。
 
しかし、この世の陰謀論者たちはその辺のところをうまく煙に巻いて、実際にEMP攻撃が起きたときには、全てをアメリカ・ロックフェラーのせいにするつもりなのでしょう。なんとなくそんな気がします。というか、この予感は必ず的中するでしょう。
 
ちなみに、EMPとは日本語になおすと「電磁パルス」となります。「電磁パルス」とは「高高度核爆発や雷などによって発生するパルス状の電磁波のことである」とウィキペディアに書かれてあります。
 
電磁パルス – Wikipedia
 
要するに、電磁波を使った兵器ということですね。
 
しかも、上の記事にはロシアの「磁気浮上式テクノロジー」にアメリカが恐れをなして逃げ去ったと書かれてありますが、「磁気浮上式テクノロジー」と聞いて、何か思い浮かぶものはありませんか。
 
そうです。UFOです。もっとも、この「磁気浮上式テクノロジー」はリニアモーターカーなどにも使われている技術ですが、アメリカがこの技術に恐れをなしたということは、当然、リニアモーターカーを走らせる程度のそんな軽い技術ではないはずです。
 
で、この「磁気浮上式テクノロジー」の開発のキーマンとなっているのが「佐野千遙」という日本の科学者です。少なくとも私はそう睨んでいます。
 
実際、佐野氏は自ら「ロシア科学アカデミー」の会員を名乗っていて、ロシアと深い関係があります。(佐野千遙氏についての詳細は以下のリンクをご覧ください。)ですから、ロシアの有する「磁気浮上式テクノロジー」の開発に、佐野氏が関わっている可能性大です。
 
佐野千遙氏に関する調査結果のまとめ。またはこの世の超常現象が全て天皇派の科学技術によって引き起こされてきた可能性について。
 
で、「天皇派」がこの「磁気浮上式テクノロジー」を開発し、所有しているというのなら、彼らはやはりUFOを飛ばせる技術を持っているということになります。
 
実際に佐野氏は、自分たちがUFOを飛ばせる技術を持っていると主張し、アメリカにはその技術がないと言ってバカにしています。
 
しかしながら、「天皇派」はこういった技術を有していることをひた隠しにしてきました。
 
で、我々庶民には内緒でこっそりとUFOを空に飛ばし、バミューダ・トライアングルやらミステリーサークルやら、キャトルミューティレーションやらの騒ぎを起こして、全てを宇宙人のせいにしてきました。あるいは超常現象であると言い張ってきました。
 
そうやって我々庶民を欺き、その話を真に受けた人たちを密かに鼻で笑ってきたわけでしょう。
 
しかし、「天皇派」がこういった優れた科学技術を有するようになったのは、何も「佐野千遙」氏一人の力によるものではありません。
 
「天皇派」は有史以前から優れた科学技術を持っていて、その技術を何世紀にもわたって我々庶民に隠しつつ独占してきたのです。信じられない話かも知れませんが、それが事実です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
世界の支配層たちが高度な科学技術を密かに独占してきたという幾つもの証拠。
 
で、「天皇派」はその古代から伝わる高度な科学技術を「佐野千遙」氏のような天才科学者に密かに伝授し、その技術をさらに発展させてきたわけです。
 
また、この上のリンク記事には「黒騎士の衛星」と名付けられた人工衛星が登場しますが、この「黒騎士の衛星」は今から1万3000年も前に作られたものであることが分かっています。
 
この人工衛星についてさらに詳しく書かれた記事を発見しましたので、興味のある方は以下のリンクをご覧ください。いかにもコンピューターで和訳した感じの読みにくい文章ですが、なんとなく意味は分かると思います。
 
Old Alien Satellite – 嘘がまかり通る世の中 あなたは何を信じますか?
 
で、こうして1万3000年も前から人工衛星が作られ、宇宙に浮かんでいたとなると、「卑弥呼」がやけに精密な地球儀を持っていたり、「ダ・ビンチ」がやけに正確な地図を描くことができた理由も分かってきます。
 
つまり、彼らは天才でもなければ、神通力を持っていたわけでもなかったということです。彼らは人工衛星から送られた写真を基に地球儀を作り、地図を描いていたわけです。
 
で、この「黒騎士の衛星」の存在を知ったことで、世界最大の謎の一つ(?)レイラインの謎も一気に氷解しました。
 
レイラインとは何なのか。知らない方は、ひとまず以下の画像を見てください。これがレイラインです。
 

raylinenihon

1307_2

map

Scan10415

Scan10338

20101208_1633216
 
このように日本の各地に建てられた神社仏閣、山の頂上を一本のラインで結ぶと、きれいに一直線になったり、五芒星や六芒星の形になったりします。これらを総称してレイラインと呼ぶわけです。
 
で、私たちはこういったレイラインを、古代の人たちがどうやって描いたのかと不思議にずっと思ってきました。そして、なかなかその答えを見出すことができませんでした。
 
しかし、「黒騎士の衛生」の存在を知ると、その謎が一気に氷解します。
 
古代の人たちは「黒騎士の衛星」から送られる衛星写真をもとに、これらのレイラインをこの地上に描いていたのです。
 
で、くだんの「はやし浩司」さんもこのレイラインについて、かねてから世界的な視野で研究しておられるわけですが、ここで彼が「密教」のレイラインについて解説している動画を、皆さんにご紹介したいと思います。
 


 
この動画だけを見ると、なぜこうして世界中の宗教と「密教」とが密接につながっているのかと不思議に思う方もいるでしょうが、結局、これらの宗教はすべて同じ「悪魔教」です。悪魔を拝む宗教(カルト)です。
 
しかし、おおっぴらに「悪魔教」を布教しても誰からも受け入れてもらえないので、それぞれの国の人たちに受け入れられやすいように、様々な宗教の仮面をかぶせて「悪魔教」を布教していったわけですね。
 
で、その信者の中でも、特に教祖に対して忠実な人たち、あるいは悪魔と交信できる能力のあるとおぼしき人たちに、「悪魔教」の奥義をこっそりと教え、自分たちの仲間をどんどん増やしていったわけです。
 
〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。
 
で、この「はやし浩司」さんの動画では、ミトラ教と「菊花紋(天皇家の家紋)」と「密教」との関係についても触れています。
 
ミトラ教というのは世界最大の「悪魔教」です。
 
こんなことはネットを調べればすぐに誰でも分かることですが、なぜか「はやし浩司」さんはこのことについて一度も言及したことがありません。まるで「ミトラ教」を一つのごく普通の宗教であるかのように話しています。
 
私はここのところが実に不思議で仕方がありません。なぜ「はやし浩司」さんはこれほど詳しくミトラ教の研究をしていながら、ミトラ教が「悪魔教」であることをいつまで経っても理解できないのでしょうか。
 
しかも、「はやし浩司」さんは数々の「天皇派」のエージェントと同じく、UFOも世界の古代遺跡もすべてエイリアンが作ったものだと言いつづけています。
 
しかし、どこからどう見ても「はやし浩司」さんが目撃したUFOは、ナチスが開発したUFOと全く同じ形のものです。こんなことは、誰でも調べればすぐに分かることだと思うのですが……。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)
 
現代人にUFOを開発する技術がないという大嘘。
 
まして、はやしさんぐらいUFOについて日夜、詳しく研究しているような人が、ナチスのUFOのことについて全く知らないわけがありません。なのに、はやしさんはこれまで一度もこの点に触れようとはせず、相変わらず「UFOはエイリアンの乗り物だ」とばかり主張しています。
 
単に頭が固いだけなのか、それとも……。
 
と、ここ最近の私は、頭の中で色々な疑念を思い巡らせています。もしこの憶測が間違っていたら申し訳ないですが。
 
それはともかくとして、この上の「はやし浩司」さんの動画では、「密教」は「ミトラ教」であると言っています。「菊花紋」も「ミトラ教」と関係があると言ってます。
 
つまり、「密教」も「天皇」も悪魔教である「ミトラ教」深い関わりがあるということですね。
 
で、さらに「ルンビニ」と「タシルンポ寺」と「西安」と「矢田寺」とが一直線のレイライン上に並んでいると話しています。
 
「ルンビニ」とは、釈迦の生誕地とされている場所です。また、仏教の八大聖地の一つともされています。
 
ルンビニ – Wikipedia
 
で、「タシルンポ寺」とはチベット仏教の「ゲルク派」のお寺(最上の画像)です。
 
タシルンポ寺 – Wikipedia
 
前にも書きましたが、「ゲルク派」とは悪魔教そのものの宗教です。詳しくは「こちら」をご覧ください。
 
また、「西安」とは古代に「長安」と呼ばれた中国の古都です。
 
長安 – Wikipedia
 
で、このウィキペディアの記事にもある通り、平城京や平安京は「長安」にならって設計されたとのこと。つまり、天皇と深い関わりがあるということです。
 
また、古代の中国は「道教」という悪魔教を生み出しました。で、この「道教」がやがて「世界紅卍字会」という「天皇派」の組織を生み出すことにもなります。ここでもまた天皇とつながりますね。(詳しくはこちら
 
また、「矢田寺」は「高野山真言宗」のお寺です。「真言宗」とは悪魔教「密教」の宗派の一つです。
 
ということで、「悪魔教」とおぼしき宗教の拠点がずらりと一直線のライン上に並んでいることがこれでよく分かります。
 
では、なぜ古代の悪魔崇拝者たちがこうして世界的な規模で「悪魔教」の拠点を一直線のライン上に建てることができたのか。彼らは神通力のようなものでも持っていたのか。
 
普通の人ならそう考えるところでしょう。まさか有史以前から宇宙に人工衛星が浮かんでいて、歴史上の人物たちが代々そこから送られてくる衛星写真を受け取っていたなんて、誰も想像すらできないでしょうから。
 
特に空海のことを神様仏様のように信じている人たちは、「空海には神通力があった」と信じたがるかも知れません。
 
しかし、我々は空海が悪魔崇拝者であると分かっていますから、空海も「黒騎士の衛星」から何らかの情報を得ていたと考えるべきでしょう。だからこそ、彼は「矢田寺」を世界的規模のレイライン上に建てることができたのです。
 
もちろん、「チベット仏教」や「道教」の僧侶たちもまた然りです。彼らも「黒騎士の衛星」の存在を知っていたに違いありません。
 
「古代仏教」の僧侶たちの中にも悪魔崇拝者たちが混じっていたのかもしれません。だからこそ、釈迦の生誕地「ルンビニ」もこのレイライン上にあるのではないでしょうか。
 
実際、「はやし浩司」さんの別の動画を見てみると、「ルンビニ」が他の古代遺跡とも一直線上のレイラインで結ばれていると解説されています。
 
で、もしかしたら古代の悪魔崇拝者たちは、この高度な科学技術を使って、人々の前で様々な奇跡を起こし、人々の心に信仰を植え付けようとしてきたのかも知れません。だからこそ、「チベット仏教」も「密教」もこれほど広く世の中に普及したのではないでしょうか。
 
だとしたら、彼らはまさに詐欺師みたいなものです。歴史の授業ではまるで偉人、聖人のような扱いですが……。「チベット仏教」の最高指導者ダライ・ラマ14世はノーベル平和賞まで獲りましたし。
 
にもかかわらず、頭の固い人たちは未だに、レイラインなどのような不思議な事象を見るたびに、「宇宙人がこんなレイラインを作った」とか「空海はエイリアンだった」などと言って空虚なロマンに浸り、私たちにもそのロマンを押しつけようとしてきます。
 
正直なところ、その空虚なロマンを私たちに押しつけないでください、というのが私の本音です。
 
前から何度も言っていることですが、私は確たる根拠や証拠にもとづかない話は一切受け入れるつもりはありません。そんなことをしたら、まさに悪魔の思う壷だからです。
 
かといって、私は頭ガチガチの頑固者ではないので、確たる根拠や証拠さえ示してくれれば、どんなものでも素直に受け入れるつもりです。
 
そうしないことには、決してこの世の真実に辿り突くことできませんから。私が求めるものはただ真実、これだけです。
 
とにかく、その真実の追求から逸れて、ロマンばかり求めるなら、まさに愚の骨頂としか言いようがありません。
 
とにかく、世界中にあるレイラインの数々に「黒騎士の衛星」が関わっていることは先ず間違いありません。というか、「黒騎士の衛星」こそが世界中のレイラインを作った最大の立役者だと言っても過言ではないと思います。
 
で、この「黒騎士の衛星」を有しているのが「天皇派」で、この「黒騎士の衛星」をつい最近、「教皇派」のアメリカNASAが見付けて大慌て、というわけですね。
 
とにかく、「天皇派」は「教皇派」よりも百歩も二百歩も先を行っているということです。これでは「教皇派」が「天皇派」との戦いに負けてしまうのは無理もないかな、という気がします。
 
もっとも、未だに「教皇派」はしぶとく「天皇派」に向かって大声で吠えまくり、噛みつきまくっているわけですが……。
 
チュニジア襲撃テロ。ペルーのバス事故。ドイツ旅客機墜落。「八紘一宇」発言。「我が軍」発言。道徳の特別教科化。この世ももう末です。
 

9 Comments
  • メガデス大好き
    Posted at 22:21h, 27 3月

    こんばんは、raptさん。
    更新お疲れ様です(^^)

    天皇派が教皇派の百歩先の技術を持っているとは本当にびっくりしましたね。

    しかし、天皇派がnwo樹立させないようにしないといけないですね。そのためには祈り、情報拡散、デモだけではなく天皇派の弱点も必ず見つけないといけないですね。 また、それ以外の方法も使って天皇派のnwoも必ず阻止させるしかないですね。(もちろん、教皇派のnwoも必ず阻止しないといけないですね。)

    多分、教皇派も諦めてはないのでそのうち天皇派もヘトヘトなる可能性はありそうですね。(必ずそうなってもらいたいですね)

    raptさんに質問したいんですが、天皇派の弱点は見つけれたんですか?

  • のぶゆき
    Posted at 22:25h, 27 3月

    なるほど!はやし浩司さんが最近テレビに出演されてましたが、エイリアンの存在をちらつかせる為だったんですね。謎が解けました。はやし浩司さんは、人食いエイリアンのことを、人間が豚を食べるのと同じことだと、生贄を正当化するような発言もしていますね。
    これからは、天皇派の息がかかっているかもしれないというのを前提にyoutubeを見ようと思います。

  • アモリフェラ
    Posted at 22:58h, 27 3月

    素晴らしいです!NASA「教皇派」工作員が、今頃必死になって「黒騎士の衛星」を研究しているのでしょう。13000年も昔から「天皇派」の技術は凄かったのですね。細かいパーツを組み立てて壮大な仮説を立てられるRAPTさんも凄いです。ワクワクでした!はやしさんは天皇派エージェントだったのですね。リチャードさんと似ています。

  • つゆ草
    Posted at 09:37h, 28 3月

     私の場合、ずっと「近代化」概念にとらわれていました。(ソウカの司馬遼太郎の誘導にこそふしませんでしたが。)日本では、明治維新以降を「近代化」とするなら、我が国の歴史のメスはそこから、と思っていましたので、Rapt さんのこれまでの記事に、度肝を抜かれてきてはいました。
     しかし、「13000年」というのが出てきては。何とも途方も無い数値。
     「有史」とは歴史史料の指し示すものを根拠とするところから2~3000年を指す、と従来考えられているとはいえ、実際に天空には、はるか考古史料を上回る物(!)が・・・とは。しかも、何やら、知る人ぞのみ知る体制まで敷かれているらしい、と。
     またもや、ものの考え方を見事に転換させられました。人生観、歴史観、宇宙観、そして教育観も含め再検証を(などというと大袈裟ですが、個人内で)迫られました。

  • miori
    Posted at 12:34h, 28 3月

    どうも「紀元前」とか「紀元後」とう概念そのものが一種の騙しではないかと思います。起源というのはキリストの誕生日前後を元にしており、これは100パーセント別にイエスキリスト本人のせいではないですが、たかだか2000年くらい前のことを我々は古く考えすぎです。

    実際、私は今44歳ですがこの年になると120年前のことも「たかだか自分が生きた年齢の三倍」とも思います。

    これは歳を取ることの妙味ではないでしょうか?  笑

    なので数千年前どころか数百年前の事はもう大したカラクリにも思えません。

    しかし、13000年前の話になると、これは「カラクリを仕掛けるためのカラクリ」の段階ですね。

    そういった超技術が一体どこから来たか。あまり難しく考える必要はないと思います。

    科学の世界はシンプルな考え方をした天才が発展させてきました。私も最近シンプルに物事を考えるようになり物事をかなり深く理解出来るようになりましたが(かなりRAPTさんのおかげもあります)これは別に私が天才だからでなく、本質をみれば分かるような話だからです。

    この「本質を見る力」というのは誰でも知的能力を磨けば持てる類のものですが、恐らくそれを「一握りの人間にしか理解できない秘術」みたいに特権化し、幻惑した者達がいまの世界を支配しているのでしょう。

  • yum
    Posted at 16:58h, 28 3月

    こんにちは。レイラインとはそうやって出来ていたのですね・・・。
    またも興味深い記事をありがとうございます。
    古代に高度な文明があったと言われていても、歴史では教わらずにいる現代人達です。
    精神世界関係などでは取り上げているようですが。
    エジプトの高度な文明はアトランティス人が作ったとか宇宙人が作ったとか・・・書いてあったような。
    そういう内容になると、あまり読もうという気がしなくなって、ちゃんと読んだ事がない私でした。
    でも、今は知識を持ったいわゆる「人間」が築いたという事やその理由が、RAPTさんのブログから明らかになって来たように思えます。

    ところで、先ほどはやし浩司(Hiroshi Hayashi)さんの
    「1295
    This is our country, Japan.(7)
    For overseas Friends
    海外の友へ、これが私たちの国、日本です。」
    というyoutubeの動画を見ていたら、これまでのRAPTさんの記事の流れから・・・BGMのおだやかな歌「ふるさと」とは正反対の、偶像崇拝のドロドロしたこの国の歴史がむしろ分かり易くなってしまいました・・・。
    はやし浩司さんにはそんな思いはないようですが。
    そういう意味では、この方は天皇派かもしれないですね。動画はとても勉強にはなりますけど。

    ↓私の観たyoutubeはこれでした。

    1295 For Overseas Friends, みなさん、こんにちは! This is Japan. これが日本です。海外紹介版です。

    タヒボの精に関しては、早くて今月の終わりに届くようなので、まだ手元にありません。
    届いたら飲み方に気を付けて飲んでいきたいです。
    皆さま、色々とご親切にありがとうございました。m(._.)m

  • Posted at 23:52h, 28 3月

    ずいぶん前に、アメノウズメ塾さんのブログで知ったことですが、
    『マイケルジャクソンのアルバム「デンジャラス」のジャケットピクチャー』の
    下部右寄りの魔法使いのボウシに「7」が描かれていて、その「7」は神を現すと言うことを
    知りました。
    http://www.amazon.co.jp/Dangerous-Spec-Michael-Jackson/dp/B00005QGAV

    以来 「7」は神 「6」は悪魔の数字とおもってきました。
    はやし浩史さんは動画で、キリスト教はミトラ教のコピーといっておられ、「7」はミトラ教のシンボル
    であるなら、キリスト教で「7」が神様を現す数字と成っても不思議ではないなと思った次第です。

  • rapt
    Posted at 02:56h, 29 3月

    >鉾さん。
    キリスト教がミトラ教のコピーであるという話も、ちょっと調べれば、すぐにおかしいことが分かるはずですが、はやしさんはこれもまた無知な振りして、ずっとキリスト教はミトラ教のコピーであるとバカの一つ覚えのように連発しています。
    はっきり言って、ミトラ教にはきちんとした教典がないのですから、キリスト教と似ていると言ったところで、何の根拠もありません。
    単にミトラ教の遺品などから、キリスト教に似ているものを持ってきて、後から似ていると言っているだけです。
    しかも、ミトラ教徒(悪魔崇拝者)はキリスト教の教会の中にクリスチャンの振りをして潜伏していたわけですから、ミトラ教の遺品がキリスト教に似てしまうのは当然のことです。
    こんなことはちょっと調べれば誰にでも分かることですし、ましてはやしさんぐらい詳しく宗教について調べていれば、確実に分かるはずです。
    なのに、それを何年経っても分からないというのは、やはり何か裏があるとしか思えません。

  • Posted at 09:10h, 29 3月

    >raptさん
    何事も自分で調べ、裏をとってから発言しないと恥ずかしい結果を招いてしまいますね。
    有難うございました。

Post A Comment