RAPT | RAPT×読者対談〈第11弾〉世界の支配者たちは精神疾患である。または一日一食のすすめ。
27065
post-template-default,single,single-post,postid-27065,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第11弾〉世界の支配者たちは精神疾患である。または一日一食のすすめ。

RAPT×読者対談〈第11弾〉世界の支配者たちは精神疾患である。または一日一食のすすめ。

 
今回も「宮城ジョージ」さんとの対談の続きです。今回はテーマをがらりと変えて「健康」と「悪魔崇拝者は精神疾患である」ということについて対談しています。
 
ここ最近、エホバの証人が正統な宗教であるとコメントしてくる人が増えています。私が過去に「エホバの証人」を悪魔崇拝であるとの記事を書いたのですが、それに対して反論のコメントを書いてくるわけです。(その記事が以下になります。)
 
ブラック企業ワタミ会長・渡邉美樹氏はエホバの証人。エホバの証人のルーツは太陽崇拝=悪魔崇拝。
 
はっきりと言いますが、「エホバの証人」は真っ当なキリスト教の団体ではありません。ご注意下さい。
 
エホバの証人が輸血をしない、ということについての詳細は以下のリンクを御覧下さい。
 
補足 – 輸血のリスク – エホバの証人研究
 
「船瀬俊介」氏は「輸血」はとても危険な治療法であると主張し、輸血をしない「エホバの証人」の姿勢を称賛しています。
 
輸血をせずに、食塩水を体に入れると血液に変化するそうです。しかし、こんな治療を受け入れる勇気のある人がどれぐらいいるかが問題ですね。
 
輸血は無意味だった!塩水で十分!! 医者も知らない輸血の有害無益性 てんさい(い)
 
カントンの犬 金の亡者にWikipediaから消された学者 – NAVER まとめ
 
「宮城ジョージ」さんは「船瀬俊介」氏の影響で「一日一食」を実践し、ダイエットに成功すると同時に、偏頭痛からも解放されたそうです。
 
1日1食でこんなに痩せました! – 宮城ジョージ公式サイト
 
確かに「一日三食」は食べ過ぎであり、栄養過多になります。私もこの意見には賛同しています。これについては過去にも記事を書きました。(その記事が以下になります。)
 
アマゾンに注文したタヒボ茶を一日飲んでみた結果、実に良い商品だと実感しました。
 
牛乳が体に悪いという記事は以下になります。
 
牛乳の飲み過ぎが乳がんを誘発する。欧米食が日本にもたらした弊害。
 
悪魔崇拝者が「聖書」に書かれてあることと逆のことをやっている、ということは以下の動画で詳しく述べています。
 
○RAPT×読者対談〈第六弾〉NWOが絶対にうまくいかない理由。悪魔が限りなく愚鈍な存在である証拠。
 
悪魔崇拝者は「聖書」の教えに反逆し、神を冒涜することを生き甲斐としているのです。
 
悪魔崇拝者たちはみんな精神疾患である可能性が高いです。でなければ、彼らのような壮大かつ残虐な悪事を働くことはできないでしょう。
 
プーチンがアスペルガー症候群だというニュースは以下になります。
 
----------------
 
【2月6日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領にはアスペルガー症候群(高機能自閉症)があると結論付けた米国防総省の2008年の研究報告書が5日、公表された。これが原因で、危機的状況に直面したプーチン氏は「極端な統制」を行使する必要に迫られるとしている。
 
同省の内部シンクタンク、総合評価局(Office of Net Assessment)がまとめたこの報告書は、プーチン露大統領の体の動きや表情を写した映像を分析した結果、同大統領は幼児期に神経発達障害が生じたため、体の不安定感や対人不安を抱えていると論じている。
 
報告書の執筆者、米海軍大学(US Naval War College)のブレンダ・コナーズ(Brenda Connors)氏は、「この顕著な行動障害について、一流の神経科学者らがアスペルガー症候群と判断した。これはプーチン氏が下すあらゆる決定に影響を及ぼす自閉性障害だ」としている。
 
これまでに各国首脳のボディーランゲージを研究してきたコナーズ氏は、「(プーチン氏は)危機的状況が起きた際、自分自身を落ち着かせ、また事態の進展に伴い理解を安定させるため、極端な統制へと転じる」と書いている。
 
これは米紙USAトゥデイ(USA Today)が情報自由法(Freedom of Information Act)に基づく情報公開請求を行い、4日に最初に報じていた。
 
研究では、2000年にバレンツ海(Barents Sea)で露原子力潜水艦クルスク(Kursk)が沈没した際に「プーチン氏が実際に示したように、社会からの刺激を閉ざしてしまう」ことが、症状の一つとして起こり得るとしている。
 
報告書では、プーチン氏にアスペルガー症候群があるという理論は、脳のスキャンを行わない限りはっきり確認することはできないとしている。しかし研究者らは、同氏の体の動きと「微表情」が、アスペルガー症候群を示唆しているとしている。
 
国防総省はこの研究について、国防長官やその他の政府高官の手元に送られたことは一度もなかったとして、重視しない姿勢を示した。
 
同省報道官のバレリー・ヘンダーソン(Valerie Henderson)中佐はAFPに対し、「総合評価局はこの報告書を長官に上げたことはなく、本省幹部からこれらの報告を見直すようにという依頼も把握していない」と話した。あらゆる点から判断するに、「同報告書は総合評価局内に残っていた」としている。
 
しかし執筆者のコナーズ氏は、各国首脳の体の動きを分析し、こうした動きが「行動や決断を予測する」のに役立つ可能性を吟味することは、「兵器システムの開発と同じくらいの効果を持ち得る」戦略だと主張している。(c)AFP
 
----------------
 
バチカンが幼児に性的虐待を行って、精神疾患の人間を育成している可能性について。
 
悪魔崇拝者たちの多くが多重人格者であり、幼少期から虐待を受けてきたという現実。
 
この世の闇は我々の想像以上に深いです。
 

7 Comments
  • かに
    Posted at 22:51h, 28 5月

    悪魔主義者の家系では子供を悪魔主義者にさせるシステム(教育)が存在してるそうです。
    以下のブログに出てくるような情報はにわかには信じがたかったのですが、やっぱりあるんでしょうねそういうの。
    http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/855.html

  • HI
    Posted at 23:14h, 28 5月

    今回も為になる動画を有難う御座います。
    自分も一日二食なのですが、三食より調子がいいです。
    そしてタヒボ茶を飲み始めてからまだ体調を壊したり、風邪を引いたりしていません。
    毎日飲んでいるわけでもなく、平均で週に1リットル程度ですが、かなり効果を感じています。

  • Posted at 00:03h, 29 5月

    こんばんは 2回目の投稿です。
    私は30年前エホバの証人の研究生で 自宅訪問 勉強会をしてもらってました。
    その際 教える人のことを「司会者」と言います。やはりハルマゲドンが到来するので
    はやく目覚めなさい。 といっておられました。それで心が疲弊している方々が 自分も含め
    かなり多く入信していた頃だと思います。
    少し慣れた頃 、雑談で自動車免許を持ってないから教習所に通うと話したところ
    「もうすぐ終わりが来るから無駄なことは辞めないさい」と諭されました。
    その後その司会者さんも免許をお持ちではなかったみたいで
    2ヶ月後に教習所に通い始めていました。即 脱会。愚痴で申し訳ありません。
    300円トークラジオ楽しみにしています。

  • つゆ草
    Posted at 01:49h, 29 5月

     聖書によると、断食は、祈りとの関連で用いられたもののようです。
     霊的に強く立てるようになるからでしょうか。
     あるいは、飲み食いしているどころではない、ということかもしれません。
     とりなしの祈り、というのをすることがあります。人のために祈るのです。手術中の家族のために祈る、などという状況では、食べている場合などではありませんから。

     ネへミアも、ダニエルも、自分の国の荒廃状態を神が哀れんでくださり、自分の国のために神にとりなしを、断食して祈ったとあります。
    ネヘミヤ記 9章 1節;
    「その月の二十四日に、イスラエルの人々は集まって断食し、粗布をまとい、土をその身に振りかけた。 」
    ダニエル書 9章 3節;
    「わたしは主なる神を仰いで断食し、粗布をまとい、灰をかぶって祈りをささげ、嘆願した。 」

  • シドニー
    Posted at 09:17h, 29 5月

    私の仕事柄、病院で働く事が時々あるのですが、輸血ではなく、食塩水を使われた方いましたよ。
    その人はエホバの証人の信者ではなく、ただの健康マニアな人でした。
    食塩水で大丈夫でしたよ。もちろん、病院からは同意書にサインをさせられていましたがね。
    私も健康オタクなので、輸血ではなく食塩水のほうが安全であることは、知っていましたし、実際にされた方を見たのでコメントさせて頂きました。
    失礼致します。

  • 美咲
    Posted at 22:22h, 30 5月

    癌はやまいだれに品+山と書きます。要するに食べ過ぎが引き起こす病気だ、とどこかで読みました。
    なので貧しかった戦前には余り見られなかったわけです。糖尿病も。
    飽食の時代の結果ですね。
    私は朝食抜きですが、全く問題ありません。
    風邪で熱が出たら1日断食して寝て治します。
    船瀬氏の「あぶない化粧品」を読んで以来化粧を殆どしなくなりました。
    そうしたらしていた頃より肌が綺麗になりました。

    世の経済活動に寄与しないほうが身体にいいって、皮肉ですね(笑)

  • ソフト
    Posted at 19:26h, 19 3月

    黙示録22:18この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。 22:19また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。

    22:20これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。

    エホバの証人(言い換えれば統治体)は聖書の文言を取り去っています。

    例 : 地獄は無い etc

Post A Comment