RAPT | 現首相・安倍晋三のルーツが陰陽師「安倍晴明」であり、「出雲族」である可能性について。
26427
post-template-default,single,single-post,postid-26427,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

現首相・安倍晋三のルーツが陰陽師「安倍晴明」であり、「出雲族」である可能性について。

現首相・安倍晋三のルーツが陰陽師「安倍晴明」であり、「出雲族」である可能性について。

P1050946
 
昨日は日本神話に登場する「アマテラス」「スサノオ」「ツクヨミ」がそれぞれ「大和族」「出雲族」「縄文人」であり、そのうちの「出雲族」が悪魔「サナト・クマーラ」を崇める妙見信仰者であるというお話をしました。
 
空海も最澄も日蓮聖人も出口王仁三郎も深見東州も池田大作も同じ悪魔「サナト・クマーラ」を崇める妙見信仰者でした。
 
「大和朝廷」が開かれた際には、「大和族」も「出雲族」も「縄文人」もみんな皇室に入り込んだ可能性が高いわけですが、「日本書紀」と「古事記」には「ツクヨミ」の関する記述はほとんどありません。最初の誕生のシーン以外、彼はほとんど登場しません。
 
ツクヨミ – Wikipedia
 
「スサノオ」も岩戸開きのシーンと、八岐大蛇を退治したシーン以外、これといった見せ場はありませんよね。
 
「大和族」はこのように彼らの記述を削りに削って、「天照大神」だけをさも偉大な神であるかのように記述し、自分たちの権威の正当性を誇示しようとしたわけでしょう。
 
で、出口王仁三郞(大本教)や竹内巨磨(竹内文書)などが「天照大神」の正当性を疑うような書物を書いたとたん、激しい弾圧を行ってきたわけです。
 
大本事件 – Wikipedia
 
竹内巨麿(たけうちきよまろ)の不敬罪について、概略を知りたい
 
しかしながら、「大和朝廷」が開かれるまでの間、この日本は明らかに「出雲族」が支配していました。
 
なぜなら、その当時の日本には「白山信仰」が広く根付いていて、この「白山信仰」は「出雲族」の信仰と考えられるからです。
 
つまり、初代の天皇・神武天皇が即位した紀元前660年から、大和朝廷が開かれた三世紀頃まで、ずっと「出雲族」がこの国の実権を握っていたと考えられるわけですね。
 
なので、本来ならば「スサノオ」こそが日本の最高神とするべきなのですが、「大和族」は「スサノオ」ではなく「アマテラス」を最高神として信じていたので、記紀の中で「アマテラス」を最高神としてでっち上げたわけです。
 
では、皇室から追い払われた「出雲族」がその後どうなったのかというと、どうやら彼らは「エタ」と呼ばれる被差別民として日本各地に住み着くようになったようです。
 
要するに「エタ」の始まりは、落ちぶれた「出雲族」にあったというわけです。
 
なぜそんなことが言えるかというと、被差別部落には「出雲族」の信仰する「白山神社」が数多く建立されているからです。
 
ケガレから生まれ清まりへ/なぜ被差別部落に白山信仰が多いのか?
 
実際、被差別部落は「出雲族」の集落であるとの記事もありました。
 
被差別民の真実-彼らは出雲族だった!! – livedoor Blog(ブログ)
 
とはいえ、「エタ」のすべてが「出雲族」というわけではありませんし、「出雲族」みんなが「エタ」になったというわけでもありません。
 
実際、「出雲族」の末裔は今でもこの日本の政財界で大きな力を振るっています。
 
東京にお住まいの方なら分かると思いますが、皇居から北に向かって「白山通り」という大きな国道が伸びていますよね。
 
20.51.04_1
 
皇居はもともとは江戸城のあった場所ですが、その江戸城は「妙見信仰」をしていた徳川家康が建てたものです。
 
なので、江戸城の周りには「妙見信仰」と関わりのある人たち、つまり「白山信仰」をしていた人たちが多く住み着いていた可能性が高いわけです。
 
そのため、東京のほぼど真ん中に「白山通り」なんて名前の大通りができたわけでしょう。
 
で、今でもこの「白山」にゆかりのある人たちが巨大なネットワークを作って、日本の政財界を陰で動かしているようです。以下の「プロファイル研究所」というサイトで、私もそれを知りました。
 
白山の謎 ver3.9: 日本プロファイル研究所
 
ですから、「出雲族」みんなが「エタ」になったわけではありませんし、また逆に「エタ」と呼ばれる人たちみんなが「出雲族」だというわけでもありません。
 
まあ、これは当然のことですね。
 
「大和族」が天皇に即位すれば、そのときには「出雲族」が落ちぶれますが、「出雲族」が天皇に即位すれば、そのときには「大和族」が落ちぶれてしまうわけですから。
 
要するに、「大和続」であれ「出雲族」であれ、皇族や公家の身分から転落した人は誰でも「エタ」となってしまう可能性があるわけです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
日本には、「同和問題」というのが存在します。
 
実態がすごく奇妙で、誰も、ふれたがらない。
 
誰もがタブー視する。謎の階層の話。
 
因みに、「同和」「同和」と騒いでいるのは、実は、「非人」のことで、ただの犯罪者の家系です。(所謂、同和ヤクザ)
 
しかし、同じ賤民でも、「穢多」とは、実は、これと、まったく異なるんですね。
 
彼等「穢多」は、その昔、政治的に没落して行った人々の子孫で、元々は、「神官」であったんです。
 
神官というと、「天皇」は、神道の最高位の神官であるが、彼等と、関係があるのか...?
 
大いにあります。
 
親戚関係にあるし、「穢多」自体が、皇族と同等か、あるいは、それに次ぐ高貴な役職を担った一族です。
 
しかも、現在の皇室は、この「穢多」出身です。
 
「穢多」について、少し詳しく述べますと、神道には、昔、生贄をささげる風習が存在したのです。
 
“奴さん”って、アルでしョ . . . 人の身代わりになって、災いや罪を引受ける”人形”。あれは、この”生贄の儀式”の名残です。
 
実際に動物を捧げるんですけど、神様にそれを許された者だけが行える儀式なわけで、神が許すほどの高潔な人間でなければ執り行えないんですね。
 
(註: 多分、これは悪魔崇拝のことを言っているのでしょうから、動物のみならず、子供たちも犠牲になったのではないでしょうか。)
 
神官の中でも、かなり高位の者です。
 
神社の朱色の鳥居。あの朱色は、生贄の血の色です。実際に、血を塗って、神様に其処が”結界”である事の目印としたものの名残です。
 
ところが、仏教が入って来ると、殺生が禁止されて、この儀式も禁止。すると、これに抵抗して、彼等の弾圧→没落が、はじまったワケです。
 
. . . もっと言うと、”仏教の普及”自体が、こういう人達を貶める為の政治的な戦略だったワケです。
 
(註: 明治維新後、廃仏毀釈を行ったのも、仏教に対する憎しみからなのでしょうか。詳しくはこちら。とはいえ、仏教も同じ悪魔教なので、その後、仏教もすぐに公認の宗教となったわけでしょう。)
 
弾圧を逃れた彼等は、全国に散り散りバラバラ、日本全国に「穢多部落」が、点在するのは、その為です。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように、「エタ」には天皇と親戚だったり、皇族だったりした元「神官」が大勢混じっているということです。
 
実際、現在の天皇家も「エタ」出身です。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。
 
日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。
 
で、その天皇も「神官」のトップとしてちゃっかり「悪魔崇拝」を行っています。その証拠が以下になります。
 
天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。
 
では、「エタ」出身である田布施一族もみんな「神官」だったのかというと、やはり彼らのうちの何人かは明らかに「神官」だったようです。
 
なぜそんなことが言えるのかというと、実は皆さんもご存知の安倍晋三。驚いたことに、そのルーツは陰陽師「安倍晴明」なのだそうです。
 
要するに、安倍晋三の先祖は呪術師だったわけですね。紛れもない悪魔崇拝者だったということです。皆さんはご存知でしたか。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
だが北村家に頼らずとも、安倍家じたいが、もともと霊能師の血筋を引いているという話もある。安倍家は映画「陰陽師」で有名な、あの呪術師の安倍晴明とルーツが同じというのである。
 
奈良県桜井市に「安倍文殊院」という寺院がある。大化の改新(645年)創建という由緒ある寺院だ。
 
この寺院の一角に「安倍晴明堂」と安倍晴明に関係する資料の展示スペースがあって、平安時代に亡くなった安倍晴明を偲ぶ法要が定期的に行われているのだが、実は、この寺院には「第90代内閣総理大臣」と書かれた安倍氏の献灯碑もある。
 
寺院の説明によると「2010年頃に安倍氏がお参りになって寄進していただいた」という。
 
「日本書紀に出てくる大彦命が安倍氏の祖で、その後、大化の改新で初代の左大臣になった阿倍倉梯麻呂(くらはしまろ)が当寺院の前身・安倍寺を建立しました。
 
この倉梯麻呂が全国の安倍氏(阿部、安部などすべての『アベ』氏)の太祖で、安倍晴明も安倍首相の安倍家のルーツも倉梯麻呂です。
 
遣唐使の阿倍仲麻呂も一族。当寺院にはかつて阿倍仲麻呂の屋敷もありました」(同寺院の説明)
 
安倍文殊院は「御祈祷の寺」として知られ、陰陽師の安倍晴明はとくに大事にされている。
 
また同寺院で行われた法要に安倍首相の母の洋子さんが訪れ、「安倍晴明公を誇りに思います」と挨拶したこともある。
 
ちなみに阿倍倉梯麻呂の子孫に平安時代中期の東北の武将、安倍貞任、宗任の兄弟がいる。2人は前9年の役で朝廷軍と戦って敗北。
 
貞任は死んだが、生きのびた宗任の子孫のうち、山口県に落ち延びた一族が安倍家の直接のルーツとされる。
 
(註: 落ち延びて「エタ」になったということなのでしょうかね。)
 
13年7月の参院選で岩手県入りした安倍首相は演説の中で「安倍貞任の末裔が私になっている。ルーツは岩手県」と話した。
 
----------------(転載ここまで)
 
安倍自身、「ルーツは岩手県」と言っていますが、これは「蝦夷(えみし)」と縁の深い「奥州」のことです。で、この「蝦夷」とは何なのかというと、諸説紛々としていますが、やはり「出雲族」である可能性が高いです。
 
なので、安倍晋三もやはり「出雲族」の血統ではないかとの疑いが出てくるわけですが、実際、「安倍晴明」のような陰陽師たちは「北斗七星」を重視していました。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
「つまり、陰陽道でも北斗七星を基準にして天文観測をしていたのじゃな。
 
安倍晴明の師は、賀茂忠行(かものただゆき)といって、賀茂氏系の陰陽師じゃ。
 
秦氏も賀茂氏も、大和盆地に入植して山城の国を開拓した帰化人の系統じゃな。どちらも大和盆地を流れる川の氾濫には悩まされたのじゃよ。」
 
----------------(転載ここまで)
 
このように、「安倍晴明」もまた妙見信仰の「出雲族」だった可能性が高いわけです。
 
で、もし上の記事に書かれてあるとおり、本当に安倍晋三のルーツが「安倍晴明」ならば、安倍晋三もまた妙見信仰の「出雲族」の末裔ということになります。
 
実際、彼は同じ妙見信仰である「密教・真言宗」の僧侶・池田恵観に帰依していますから、その可能性はやはりどこからどう見ても高いですね。
 
天皇家と安倍首相と永田町の政治家が「密教」を信じる悪魔崇拝者であるという確たる証拠。
 
要する、彼もまた悪魔「サナト・クマーラ」を神として信じているというわけです。この日本はどこもかしこも悪魔だらけですね。本当に嫌になります。
 
せめて私たちだけでも、本物の神様を呼び求めて、日本各地を「聖霊」で満たしていきましょう。
 
悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。
 
いずれにせよ、この辺の話はとても奥が深くて、とても一日で語りきれるような話ではありません。
 
なので、これから日を分けて、少しずつお話ししていくことになろうかと思います。

4 Comments
  • レイズナー
    Posted at 22:51h, 01 5月

    今日はこの記事を書いたのですが・・・。
    http://blog.livedoor.jp/net_detective/archives/1026085159.html

    続きを書かないとダメですね。
    8号から27号にでて9号で出雲までですね~。
    それにしても27号って綾部を通るんですね。
    恐るべし、白山の謎です。

  • アモリフェラ
    Posted at 08:57h, 02 5月

    思い起こせば…第一次安倍内閣のころ、巷では「安倍清明ブーム」が起きていました。若い女の子がキャーキャー騒いでいました。私も稲垣吾郎くん主演の安倍清明ドラマを毎週見ていた記憶がありますが、今なら分かります。電通あたりがブームを仕掛けていたのですね。
    昨夜も、テレビ朝日の報道ステーションを見ていたら(ゴールデン・ウィークのためか、スタジオの代わりに高野山の真言密教寺を舞台にして放送しているのでした。)、金色のきらびやかな御堂に「天皇陛下」と大きく書かれた真っ赤な垂れ幕が2枚も掲げられていました。やれやれ!さゆふらっとまうんどさんの「テレ朝は天皇・ロスチャ派」という言葉を思い出し、気分が重くなりました。
    その後、なんとなくネットを見ていましたら、『伊勢―白山道』という人気ブログを見つけ、天皇家の心霊写真のようなものを見ました。ブログ主もコメント訪問者も大絶賛しており、「神々しい」「有難い」「彼らはお手本」の賛美の嵐でしたが。私にはこの写真のどこをどう見ても、彼らのいう白い光が「気味の悪い蛇のウロコや、怖い般若やドクロの面」のようにしか見えないのです。(??)
    http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/c5439b063fcbae3c841519b52f1a4b94
    それにしても、すごい人気で、この一族に「私付いて行くわ!」って人々は、おびただしくいらっしゃるものなのだなと思ったことでした。
    UP感謝です。

  • アモリフェラ
    Posted at 09:05h, 02 5月

    失礼しました。漢字を間違えていました。
    ×安倍清明 ○安倍晴明 でした。しょっちゅう間違い字で書いていて、すみません。

  • カシスオレンジ
    Posted at 18:25h, 02 5月

    更新有難うございます。
    いろいろつながって世間が完全に支配されているのが分かりますね。
    RAPTさんの言われるとおり、情報の拡散とお祈りしかないと思いました。
    聖霊さまにこの身に宿っていただけるよう、神さまをもっと愛し、その掟を行っていきたく思います。
    日々お祈りをしつつ、今後の更新を楽しみにお待ちしています。

Post A Comment