RAPT | RAPT有料記事113(2016年10月22日)千年王国はどのように実現されていくのか。
40525
post-template-default,single,single-post,postid-40525,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事113(2016年10月22日)千年王国はどのように実現されていくのか。

RAPT有料記事113(2016年10月22日)千年王国はどのように実現されていくのか。

imgp8155
 
今回の有料記事も、先週行った朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。
 
今回のお話を通して、「ヨハネの黙示録」の封印がさらに解かれることになりました。
 
今回は、「ヨハネの黙示録」で予言されている「千年王国」がどのように実現されるのかについてお話をしています。
 
ヒトラーを始めとしたイルミナティの連中も、「キリスト」と「ルシファー」を神として崇めているためか、聖書に書かれた「千年王国」を自分たちが実現するなどと言って人民を惑わしてきました。
 
しかし、当然のことながら、彼らイルミナティが言うような形で「千年王国」が実現することはありません。
 
「千年王国」は完全なる善の世界であり、悪が入り込めない世界です。
 
それなのに、イルミナティなる悪の組織が善なる世界である「千年王国」を作るというのは愚の骨頂で、絶対にあり得ないことです。
 
しかし、今現在のこの世の中を見ると、余りに悪が席巻しているので、本当にそんな善の世界が訪れるのだろうか、もしや「千年王国」が来るのはこれから数百年も先のことではないか、と誰もが眉をひそめることでしょう。
 
しかし、今回の対談を聞けば、「千年王国」がもうすぐ確実にやってくる、ということがはっきりと確信できるようになるはずです。
 
イルミナティに乗っ取られた私の教会では、昨年に「天国の門はもう閉じた」と言って、未来に希望が見えないような御言葉を伝えています。
 
異端どもは常にそのような話をして、我々から希望と喜びを奪い取ろうとしますが、私たちは絶対にそのような否定的な言葉に惑わされてはいけません。
 
神様は我々人間に対して、明るい未来をきちんと用意してくださっています。
 
これまでのように悪魔に支配された世界がいつまでも続くわけではありません。
 
これまでの時代と、これからの時代は全く違うのです。
 
また、私は以下の記事で「2016年6月19日」から神様の裁きが始まったとお話しましたが、今回はこの「2016年6月19日」という数字に隠された意味も解き明かしています。
 
RAPT×読者対談〈第102弾〉天皇の生前退位のカラクリ。
 
とにかく今回は、かなり多くの封印が解けた記念碑的な記事であると言えるでしょう。
 
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-1
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月10月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年10月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

9 Comments
  • K.
    Posted at 20:06h, 22 10月

    感動しました。我々ははるかに想像を超えたすさまじい転換の時代を生きているのですね。
    この話すべて僕は信じます。

  • Posted at 21:31h, 22 10月

    私も感動しました。
    祈り願い待ち望んでいた神様の御心を
    こうしてRAPTさんの声に託されて
    本日聞く機会を与えて下さり心から感謝です。

  • YUM(ヤム)
    Posted at 23:03h, 22 10月

    神様は完璧であり、本当に頼りがいのあるお方であることを認識させられました。
    かつては・・・。
    「何度も予言者を送りながら、今でまは殺されたりして、失敗して来た。」
    「もうそうは行かない。そうでなければ人類も地球も滅びるであろう。」
    という類いの話を目にして来たり、耳にして来た私だったと思います。
    多くの人類が死んで、僅かな者が残るという、そういう話ですね。
    なので、たとえそこで生きても、あまり希望のある話には思えないでいたのでした。
    しかし、今回のお話しで、やはりそんな低レベルな話ではなく、本当に希望のある、イエス様のお話しの時もそうでしたが、神様の計画には狂いはなく、イエス様もご自分の使命を「そのようになっている」と確信的に歩まれていたという、その事がもっと繋がって理解出来て来ました。イエス様の件も失敗であるはずもなく・・・。
    そのような神様の計画の中で歩む未来は、もっと深く、そして希望のあるものなのでした。
    本当に大きな愛に包まれました。有難うございます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ここからは個人的な話なのですが、
    月曜日の日の朝、身内が救急車で運ばれて、私も電話を受け、その後集中治療室の方へと行きました。心筋梗塞でした。
    幸い早くに病院に運ばれ、処置も出来、快復も順調に行っています。
    昨日の先生のお話しでも、2時間過ぎてから病院に運ばれて来る人が多いのに、救急車を呼んでから20分後には病院に入って処置へ・・・という形だったのは、もう奇跡的だったという事でした。
    しかし、恥ずかしながら、私はその日の朝のお祈りが十分ではありませんでした。
    最近の諸々の疲れが溜まっていたので、起きてからしっかり祈るという事が出来ずにいたので、後ろ目たい気持ちでしたが、調子が悪いのでまた寝る事にしました。短い祈りをして。
    しかし、その後消防署からの電話でたたき起こされました。
    もう6時半になっていました。あちら(消防署)には、5時50分ごろに電話があったとのことでしたが、あのまま起きて祈っていたら・・・。
    もしかすると、運ばれることもなかったかもしれません。そう思ってもしまいました。どうだったかそれは分かりませんが、それでも今は、順調に快復に向かい、先生にも奇跡的とおっしゃっていただいたのは、、やはり神様に守っていただいた力が大きくあったと痛感しております。このような私にも慈悲をいただき、感謝しかありません。
    神様にゆだねて生きる事。その時神様にすべてをゆだねる気持ちで病院に向かいましたので、動揺しながらもオロオロするという事はなくいられました。
    この先もやはり神様にすべてをゆだねながら、もっと祈りに満ちた自分へと成長して行かなければいけないと、今は痛感しています。こちらのブログに出合え、有料記事を、たとえ理解がまだ薄くとも、読んでいたことは幸いでした。
    医療の世界の事も話題になっていましたが、今は病院とのお付き合いの日々にいます。
    ただ、救急車で運ばれなければ命はなかったと思いますし、病院には必要な面もあるので、本当に良い医療が施されて行く世の中へとなって行くことを祈りたいです。
    そして、きっとその事も成就されて行くことだと信じております。
    神様の栄光が世界中に振り注がれて行きますように。
    皆様に大いなる恵みと祝福がさらにもたらされますように。

  • トモコ
    Posted at 01:30h, 23 10月

    現在も霊的攻撃されてますが
    又、録音出来そうですので
    送ります。
    いつもRAPTのせいで〜 と
    怒っています。

  • つむぎ
    Posted at 14:07h, 23 10月

    本当に感動して、涙が出そうでした。
    神の御国がこの世に現わされるように、日々祈ります。
    神様が創造したすべてのものは美しく調和しています、妙な手を加えたり破壊したりしないで享受して喜びたいです。
    この世界の神の創造物を共に「美しいね」と言い合えるような世界になって欲しいと願っています。
    そのときになれば本当に美しい音楽や絵などを楽しむこともできるのだと信じています。
    神様が与えてくださっているものを賛美し感謝していたいです。そのためにも自分のやるべきことをやろうと心を新たにできました。
    奇跡的な大きな希望を与えてくださり、ありがとうございました。

  • ユンダンテ
    Posted at 21:43h, 23 10月

    私も何か治めたいですね。たとえ私のやりたいこと、好きなことでなくても御心なら。

    そのレベルまで成長できるのか。

    頑張ります。

    イルミナティの敗北なんて死ぬまでに見られるのかな?って最初は思っていましたが、raptブログを読んでいたら確信できますね。

    この時代に産まれてきて良かったです。
    しかも大歴史を間近で目撃できるなんて最高です。

  • kazumetal
    Posted at 15:14h, 24 10月

    RAPT様 お疲れ様です。
    早速今日のニュースで神様の御言葉通り、物凄い人数の人間が老衰又は病死。恥を受けていてびっくりです。
    対談で2023年(足すと、7)とありましたが、今からだと7年後。6年後は2022年。サタンは6ですので2022年(足すと、6)。
    勝手に考えてしまいました。
    あと7年なんて一瞬です。 
    皆様に祝福がありますように。

  • サマンサ
    Posted at 00:27h, 27 10月

    神様は私達人間を深い愛で包み下さっている事、どれだけ深い愛なのかを解らせて頂き知る事が出来た事に、感謝してもしきれない程です。神様の存在をも解らないでいました。罪を悔い改めれば許すとおつしゃつてくださいました。どれだけ有難い事でしようか。
    神様のみこころが実現しますように祈ります。。1000年王國が造られるように祈ります。
    こんなに素晴らしい時に生まれ合わせて頂いた事に神様感謝します。
    RAPTさんのお陰で神様の啓示を聞くことが出来幸せです。
    2023年が待ち遠しいです。
    沢山の人々が神様の元にあつまりますょうに祈ります。

  • YUKO
    Posted at 05:02h, 28 10月

    エゼキエル書39:8〜10 「この事は到来し、実現すると主なる神は言われる。…彼らは もろもろの武器を七年間燃やし続ける。…野、森から薪を集めることもない。…彼らは戦利品を取り返し、略奪されたものを奪い返すと主なる神は言われる。」
    すでに 御言葉が武器になり 今までの武器(自分の?或いは敵の?)は燃料として燃やす、しかも7年間分あり、7年間が必要という意味でしょうか?
    そうして 全て奪い返して下さると神様が言っておられる。
    今日 この御言葉を読み 少し分からないところもありますが、 この記事とぴったり符合していて 感動しました。

Post A Comment