RAPT | 悪魔が一夜にして滅びることを望むよりも先に、あなた自身がこの世の改革者になることを私は望みます。
26034
post-template-default,single,single-post,postid-26034,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

悪魔が一夜にして滅びることを望むよりも先に、あなた自身がこの世の改革者になることを私は望みます。

悪魔が一夜にして滅びることを望むよりも先に、あなた自身がこの世の改革者になることを私は望みます。

music-and-focus

 
昨日は、同じ情報拡散をするにしても、悪魔どもをうまく騙しながら情報拡散しましょう、というお話をしました。
 
今まで我々は悪魔からさんざん騙されてきましたので、これからは我々が悪魔を騙しつつ情報拡散していきましょう。
 
しかし、私がこのような話をしたとたん、そんな方法では余りにも時間がかかりすぎるのではないか、とのメールを送ってきた方がいました。
 
私も何人かの方からはそのような反応が返ってくるのではないかと、あらかじめ予想はしていました。
 
しかし、はっきりと言いますが、結果を出すことを焦ってはいけません。
 
そもそも、早く結果を出したからといって、それが我々にとって真の幸福になるとは限りません。
 
確かに私もこの世から早く悪魔崇拝者が消えてなくなり、彼らによる支配体制が早く終わってくれればと思います。
 
特に悪魔崇拝者のトップが天皇であると分かった以上、天皇が早く現在の地位から引きずり下ろされればいいと思っています。
 
しかし、もし仮に天皇がこの世から消えてなくなり、悪魔崇拝者の支配体制が終わったとしても、あなた自身の人生が今のままであれば、一体どこにあなたの幸せがありますか、ということなのです。
 
このことは今まで何度もお話してきましたね。
 
そもそも私が思うに、もし仮に明日、悪魔崇拝者がこの世からいなくなったとしても、この世の中はそんなに大きく変わることはないと思います。
 
なぜなら、その後も相変わらず無能な政治家ばかりが政治を行い、強欲な企業家ばかりが経済活動をし、精神の死んだ芸術家ばかりが気味の悪い芸術作品ばかりを作り、私腹を肥やす宗教家ばかりが宗教を広めつづけるに違いないからです。
 
何しろ、この世のほとんどの人が、この世のカラクリを知りません。この世が悪魔崇拝者の支配を受けていて、それがいかにこの世を狂わせてきたかを知りません。
 
なので、この世の人々は今まで通りのやり方で、この世を動かしつづけるに違いないのです。
 
つまり、悪魔崇拝者がいなくなった代わりに、今度はごく普通の人たちが、自分たちの好き勝手に、自分たちに都合のいいように政治を動かしたり、経済を動かしたり、芸術や宗教の活動をやっていくに違いないのです。
 
しかし、それでは世の中には全く何の変化もありません。
 
なので、本当にこの世の中を変えたいと思うなら、このブログを読んでこの世の真実を知った皆さん自身が、この世を変え、この世を統治していくしかないと私は思うのです。
 
それに、何度も言うようですが、現在の悪魔崇拝者たちも、結局のところは、単なる「悪魔」どもの操り人形にしか過ぎません。
 
ですから、現在の悪魔崇拝者たちがすべて滅んだとしても、「悪魔」はまた別の人間たちを悪魔崇拝者へと仕立て上げ、彼らを使ってこの世を支配しようとするはずです。
 
今やこの世の中、文明はどんどん進化し、人々はそれぞれ、それなりに自由を手に入れて生きられるようになりました。
 
文明のない時代、人々は一日中狩りをしたり、農作業をしたりして、ただ食べるためだけに一日の全ての時間を過ごさなければなりませんでした。
 
しかし、こうして文明の発達した今では、食べることだけに全ての時間を費やす必要はありません。私たちは自由に使える時間を手に入れるようになったのです。
 
ならば、その自由な時間をできるかぎり有効に使って、自分の個性や才能を伸ばし、自分の活躍の場を広げていってはいかがでしょうか。
 
もちろん、昨日も言いましたように、そこに至るまでの道のりは大変です。本当に世間からの注目を集めようと思ったら、それこそ生半可な気持ちでは絶対に無理ですからね。
 
しかし、自分が好きなことなら、自分の個性に合っていることなら、毎日それをやっても余り苦にはならないはずです。むしろ、寝る暇を惜しんででもそれをやりつづけるでしょう。
 
はっきりと言いますが、毎日毎日、面白くもない会社に行って、朝から晩まで嫌な上司の下で、誰でもできるような退屈な仕事をしながら苦労して生きるのと、自分の個性や才能を生かしながら、寝る暇も惜しんで自分の好きなことに没頭して生きるのと、果たしてどちらが生き甲斐のある人生だと言えるでしょうか。
 
正直なところ、私は大学を卒業して社会人になったときから、サラリーマン生活を一生つづけるのは無理だと思いました。そんな人生はちっとも楽しくないと思ったからです。
 
とはいえ、自分の才能や個性では食べてはいけないから、仕方なく会社に行って働いていましたし、恐らくこの世の大半の人たちが、そうやって半ば諦めの気持ちで、嫌々会社勤めをしているのだと思います。
 
ならば、これからはアフターファイブに自分が趣味にしていること、自分が特技にしていることを徹底的に追求し、それをブログなどで発表してみてはいかがでしょうか。
 
例えば、プラモデルを趣味にしている人が、毎日少しずつプラモデルを作って、その製作過程を写真に撮ってネットで公開つづけてみるのです。
 
一週間、二週間では余り注目されることはないでしょうが、それを一年、二年と毎日欠かさず続けていれば、いずれ必ず多くの読者がつくようになりますし、当然、あなたのプラモデル作りの腕も上がり、場合によっては、プロモデラーにさえなれるかも知れません。
 
しかし、ほとんどの人がそこまで根気強くやろうとしないので、大抵の場合、読者が余りつかず、嫌になって道半ばでやめてしまうのです。
 
もちろん、それを一年も二年もやりつづけるには相当な体力と根気が必要ですが、それでも一年も二年もそういう生活を続けていれば、いずれそのような生活が体質となって、それを苦とも思わなくなるのではないでしょうか。
 
で、あなたがその分野の人気者になるならば、あなたの発信する情報にもそれなりに多くの人が振り向くようになります。
 
何の才能もない無名の人の話など、誰も耳を傾けようとはしませんが、才能をもった有名人の話には誰もが振り向き、注目します。そして、信用します。
 
そうすると、「天皇は悪魔崇拝者である」と一見、妄想のように見えなくもない言葉に多くの人が信憑性を感じてくれるようになります。
 
しかも、私のブログにはその証拠と根拠がこれでもかと言わんばかりに提示されていますので、あなた自身がその根拠を説明しなくても、私のブログを紹介しさえすれば、あとはその人自身が勝手に私のブログを読んで、「天皇は悪崇拝者である」ことを理解してくれるようになるでしょう。
 
で、その人がまた私のブログからヒントを得て、何かの専門家になって、情報発信者になって……ということが繰り返されれば、悪魔どもももう手の打ちようがありません。
 
しかも、私のブログを読んだ読者の方なら、例えどんなに有名になって、悪魔どもから買収されそうになっても、その手には絶対に乗らないはずです。
 
いえ。もちろん、中には悪魔の誘惑に負けたり、悪魔の罠に引っかかったりする人も出てくるかも知れませんが、それでも、世間一般の人よりは悪魔に負ける確率は低いはずです。(と、信じます。)
 
それに何より、我々には「神様」という全知全能の存在がついています。この「神様」に祈り、「聖霊」の力を受けて活動するなら、悪魔にも打ち勝ち、この世のどんな人たちよりも大きく活躍できる可能性があります。
 
悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。
 
しかも、幸いなことに、この世の人たちは常にそのような才能の登場を求めています。誰も彼もがそのような才能溢れる人物が現れるのを今か今かと待ち望んでいます。
 
これまで皆さんは、悪魔の支配を受けながら、なんとか歯を食いしばって辛抱するだけの人生を送ってきたかも知れません。そして、この世の誰かがこの世を変えてくれるのをただ漠然と待っていただけだったかも知れません。
 
しかし、今すぐそんな人生はやめましょう。
 
これからは、あなた自身がこの世の中を変えていく人になればいいのです。
 
今からでも遅くはありません。どんな年を取った人でも可能です。若い人なら尚更です。
 
しかも、そのような各分野の専門家が集まって、何か新たな事業やプロジェクトを立ち上げるなら、どれほど大きなことができるでしょうか。
 
例えば、私のこのサイトには「貴方に天国から降り注がれる音楽を」というサブタイトルがついているせいか、音楽を趣味とする人がたくさん読みに来て下さっています。
 
なので、音楽の才能を持った人たちどうし集まって何らかのイベントを開催するということも不可能ではありませんし、それだけでも何かしら大きな一歩を踏み出せるかも知れません。
 
私としては、いずれこのサイトがそんな風に才能と才能をつなげる橋渡し役みたいになればいいな、とも思ったりしています。
 
もちろん、音楽だけではなく、ありとあらゆる分野において。
 
とはいえ、私が理想としているのは、悪魔どもが脅威に感じるほどの才能がこの世に満ち溢れることです。
 
生半可な才能では、悪魔どもをぎゃふんと言わせることはできませんからね。
 
悪魔が買収したいと思うほどの才能あふれる人、しかし悪魔の誘惑には絶対的にノーを突きつける人が、皆さんの中からどんどん現れることを心から願っています。
 

5 Comments
  • やまちゃん
    Posted at 01:26h, 17 4月

    このサイトを知ってからというもの、毎日の睡眠時間が短くなり眠い毎日を過ごすことになっています。
    確かに、悪魔崇拝者がいなくなっても、おそらく世の中はそれほど変わらないでしょう。
    天皇を中心とした、過去の支配構造を多くの人が理解していなければなりません。
    そしてこの世の真実(いわゆる、あの世の存在。RAPTさんの言われる霊の世界)を知ることがスタートになると思います。
    本当の自分は肉体ではなく魂であるということ、死は終りではないということ。
    この世へは、何らかの目的を自分で決めて、親を選んで生まれてくると聞いています。
    死んだら終わりと思うから、この世の地位やお金に執着し、それこそ悪魔崇拝者の使いっ走りの脅迫に負けて従ってしまうのでしょう。
    肉体は死んでも魂は生き続けるとわかれば、自分の信念に従って生きることもできるでしょう。
    侍の切腹や第二次世界大戦の神風特攻隊を批判する声も多いですが、昔の人はあの世の存在を知っていたといいます。
    だからこそ、子供や家族の為に命を落とすことも出来たのだと聞いています。
    長くなりました。

  • rapt
    Posted at 03:21h, 17 4月

    切腹や特攻隊について、私なりの見解を述べさせていただきます。
    確かにあの世は存在していますので、肉体の死が我々の終わりというわけではありません。
    しかし、だからといって、この肉体の命を粗末にしてもいいということではありません。
    悪魔から迫害されて殺されたというのであれば仕方がありませんが、できる限り長生きをして、この世でたくさんの功徳を積むことがやはり重要です。
    この世で沢山の義を積めば積むほど、あの世でもより高い次元の天国に行くことができるからです。
    なので、皆さんにはぜひとも自分の命を大切にしていただきたいと思います。
    正直なところ、切腹や特攻隊というものは、私からすると悪魔的と言わざるを得ません。
    宗教的な思想を使って、人を地獄に突き落とす行為です。
     
    また、「聖書」の観点からお話しますと、自殺は神様から与えられた尊い命をなきものにするという行為であり、他殺と同じ「罪」とされています。自分の命を殺すことも、他人の命を殺すことも同じ罪悪だということですね。
    一方、悪人から迫害されてやむなく殺された場合、それは神様の前では大きな義と見なされます。
    それだけ命がけで義を行ったという証しでもあるからでしょう。

  • とんた
    Posted at 05:59h, 17 4月

    おはようございます。
    今回の記事とは話は違いますが、福島原発による放射能汚染がかなり酷いようです。東京はもう住むことのできない街。十数年で人口が半減するとまで書いてある記事もあったりします。神様にすがるしかないです。毎日お祈りしています。子供達を救って下さ。(涙)

  • アンフェア
    Posted at 11:29h, 17 4月

    千里の道も一歩から。ですね。

    とんたさんが載せていた記事が気になりました。
    http://zono0310.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html?sp

    == 以下引用 ==

    ・・・スカイツリーは絶対にこの伊勢と出雲の式年遷宮までに作らないといけませんでした。
    東京駅もその前に準備しました。

    天皇陛下が京都へ移る。

    もちろん今の今上天皇陛下ではなくて、新しい次の天皇陛下が京都に戻るという預言があるので、
    その通りになるのでしょうが、基本的には京都に行きつくでしょうね。
    それを今言うとまるで京都に都が遷ることがバレるから着々と祕密にして動いているのですが、
    これは物部の出雲大社が昨年式年遷宮した後に一氣に動いているようです。

    原発はいつ爆発するか分からないし、放射能はいつ漏れるか分からない状況があって、
    東京直下地震も必ず來るし、富士山は必ず爆発する。
    そういうところに天皇家の椅子置いとけますか?だからそういう意味では
    もう東京と言うのは東のただの大きな街。首都は京都へ。
    もともと首都は京都でしたから元に戻ります。

    == ここまで ==

    この行事の可能性が高いとして・・・
    こういった事を、マスコミが公にしないのであれば、
    皇居、又は天皇陛下が京都に移るよ。
    なぜかって・・・真実はこういったことだから。と言うように逆手にとって、
    情報を拡散していく事も、天皇制の廃止・意識・認知の一歩かなと思います。

    そんな事をしていると、上記のブログの管理人様のサイトが、
    削除若しくは閉鎖される事も有るかも知れませんので、情報はもう保存済みです。
    引用はしますが、私なりに拡散していきたいと思っております。

  • ネメシス
    Posted at 20:53h, 17 4月

    >とんたさん
    >福島原発による放射能汚染がかなり酷いようです。
     
    お言葉ですが、それ、本当なのでしょうか?最近、様々なブログ記事でそのようなことが言われ始めていますが。
    http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12014471364.html
     
    それらの論者たちが良く論拠として挙げているのが、飯山一郎氏がYouTubeにアップロードした福一原発のライブ情報カメラ映像を60倍の早送り(つまり一分毎に一枚の映像を撮り、それを一秒毎に映す)映像に編集し直した動画です。
     
    飯山一郎氏はその猛烈な早送り映像に映っている夜霧か雲のようなものをあたかも「原発の地下で水蒸気核爆発を起こしている・・・」などと大袈裟に言い立てていますが、実際には何も起こってはいません。
     
    水蒸気爆発だ。臨界状態だ。(飯山一郎編集・短編)2015.03.20.
    https://www.youtube.com/watch?v=LmPXnKWuphg
      
    その他、カメラのレンズについた水滴のようなものによって一部分がボケただけの映像を、これまた「立ち昇る水蒸気だ・・・」などと説明しています。
     
    東電福島原発3号機の大爆発。地下深くでの核爆発である。(飯山一郎)
    https://www.youtube.com/watch?v=XOrOrN-cu_s
     
    元映像
    2015.04.13_18.00-21.00.Unit1side
    https://www.youtube.com/watch?v=r9n_KhgSELQ
     
    残念なことには、あの佐野千遥博士もそれらの煽り文句に釣られてそれらの映像を良く吟味もせずに言及していましたが、実際には全くの平常通りの状況だと思います。
    http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12013183585.html

     
    ・福島第一原発 ライブ情報カメラ
     
    東京電力ふくいちライブカメラ
    http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html (1号側)
    http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html (4号側)
     
    TBS/JNN 福島第一原発 情報カメラ
    http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/ust/
    http://www.ustream.tv/channel/tbs-live-camera
    http://www.ustream.tv/channel/tbs-live-camera/pop-out(サイズ変更可)
     
    ふくいちビューワー for Android(上) for iOS(下)
    https://play.google.com/store/apps/details?id=net.hirozo.FukuichiViewerPkg
    http://itunes.apple.com/jp/app/id447030973?mt=8&ls=1
     

Post A Comment