RAPT | 何をどう祈ればいいのか、具体的な方法をお教えします。自分の人生も世界の運命も変える鍵がここにあります。
祈りの方法 祈りの秘訣 祈りは叶えられる 祈り 自己実現
25977
post-template-default,single,single-post,postid-25977,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

何をどう祈ればいいのか、具体的な方法をお教えします。自分の人生も世界の運命も変える鍵がここにあります。

何をどう祈ればいいのか、具体的な方法をお教えします。自分の人生も世界の運命も変える鍵がここにあります。

4775029983_9598d339c2_b
 
昨日は悪魔が人間に対してどのように誘惑するかについて、聖書から具体的にお話しました。
 
一人一人が悪魔の誘惑に打ち勝つことが、この世界を変えることになります。先ずは自分のためにお祈りしてみてください。
 
悪魔というのは、ある意味、我々人間よりも人間の本質を知っていて、どうすれば人間を騙し、悪に誘導できるかを我々以上に熟知しています。
 
だからこそ、これまで多くの人々が悪魔に倒されてきたわけですが、とりあえず私は若い頃から聖書をたくさん読んで、悪魔の攻撃する手口を熟知していたので、今の今まで騙されることなくやってくることができました。
 
この一年、このブログに寄せられた攪乱、批判、悪口、嫌がらせ、脅迫コメントやメールは数多(あまた)に上りますが、もし私が悪魔の手口を分かっていなかったら、絶対にここまで来ることはできなかったと思います。
 
ということで、今日はさらに次元を上げて悪魔を打ち倒す方法をお話しましょう。
 
先日、お祈りをすると聖霊を受け、その聖霊の力で悪魔に打ち勝つことができるというお話をしましたが、それでは一体、具体的にどんなことを祈ればいいのかとご質問される方が数多くいらっしゃいました。
 
なので、今日は具体的に何をどう祈ればいいのかについて、ざっと簡単にお話ししたいと思います。
 

1.自分の心が悪に流されず、より良く変わっていくための祈り。

 
これが何よりも神様が我々人間に求めている祈りです。心からこのような祈りをする人を神様は喜び、限りなく祝福してくださいます。
 
悪魔どもは人間が善を行うことを嫌がりますが、神様は人間が善を行うことを喜びます。そこが悪魔と神様の一番の大きな違いです。まあ、言うまでもないことだとは思いますが。
 
また、自分の心から悪が消え去り、善で満たされるように祈ることが、自分の心を天国に作り替え、自分の人生を幸せにすることにもつながります。
 
一度、祈りによって心から全ての邪念や苦悩が消えた状態を体験すれば、それがいかに素晴らしく、心地よいものであるかが分かるはずです。
 
しかし、この世で生活していると、色々と邪念が溢れてくるので、そのときにはまた祈って心を清める、ということを毎日のように繰り返していくわけですね。
 
ある意味、これが宗教の本質とも言えます。
 

2.自分の健康のための祈り。

 
どんなに心が善良になったとしても、健康が損なわれれば、善を行うことができません。
 
いくらこの世を変えたいという志を持っていたとしても、健康でなければどんな目的も達成することができません。なので、常に健康でいられるように祈った方がいいでしょう。
 
もう既に健康を害している人、病気や怪我で苦しんでいる人は、早く回復するように祈ってみてください。
 
祈りで癌を治した人もこの世にはたくさんいます。病は気からと言いますが、これは本当の話です。
 
このような祈りを捧げた上で、タヒボ茶やだし&栄養スープをとったり、健康に良い食事をしたり、運動したりすることで、その効果も倍増するでしょう。
 

3.自分の天命(天から与えられた使命)が何なのかを尋ねる祈り。

 
人にはそれぞれ持って生まれた天命(天から与えられた使命)があるはずです。
 
自分にしかできないこと、自分ならば他人よりも百倍うまくできることがあります。その天命が見付かるように祈ってみてください。
 
それが見付かるか見付からないかで、自分の人生も、自分の存在意義も大きく変わります。
 
神様もあなたがその天命を早く見付けることを強く願っています。
 
神様はあなたを何の意味もなくこの世に生み落としたわけではないからです。
 
何かしら大きな目的をもってあなたをこの世に生み落としたはずなのです。
 
それを信じて、見付かるまで祈ってみてください。人によっては何年もかかるかも知れませんが、その祈りは決して無駄にはなりません。
 

4.自分の天命が大きく成し遂げられるための祈り。

 
自分の天命が何なのか見付かったら、その天命を大きく成し遂げられるように祈ってみてください。
 
そして、そのために必要な才能、能力を最大限に神様に求めてみて下さい。
 
また、どうせやるなら、より大きな野望(こころざし)を持った方がいいでしょう。
 
政治家になりたいなら、世界一の政治家になれるよう、起業家になりたいなら、世界一の起業家になれるよう、芸術家になりたいなら、世界一の芸術家になれるよう祈ってみてください。(若い人は特に。)
 
自分の力ではとてもそんな大きなことは達成できないでしょうが、我々が祈る相手は、全知全能な神様なのです。全知全能である以上、神様はどんな祈りも全て叶えることができます。
 
例えば、蟻が100kmの道のりを歩くのは夢のまた夢ですが、人間に頼んで車に乗せてもらえば、あっという間に実現できます。
 
これと同じく、人間には不可能に思えることでも、神様にとってはいとも簡単だったりします。
 
その代わり、大きな祈りを成就するためには、それなりの代価を神様に支払わなければなりません。
 
平素からたくさんの善行を積み、どんな試練をも耐え忍び、打ち勝たなければなりません。(神様は人を大きく使う場合、厳しく練達しますので。)
 
ある意味、神様は公平な方なので、大きな願いを叶えるためには、より大きな代価を求めるのです。そして、それを乗り越えた場合のみ、その大きな祈りは実現します。
 
しかし、本当に大きな野望を成し遂げたいと思うのなら、その人はどんな試練をも乗り越えていけるでしょうし、神様もあなたの祈りに応じて、それを乗り越える力を与えてくださいます。
 

5.自分の家族や身近な人のための祈り。

 
自分のために祈ることが習慣づいてきたら、自分の周りの人のためにも祈ってみてください。
 
周りで悩んでいる人、健康を壊している人、問題にぶつかっている人のためにも祈ってみてください。
 
他人のための祈りは、私利私欲が入り込みにくいので、かえって簡単に叶えられる場合があります。
 

6.この世のための祈り。

 
このブログを読んでおられる方の多くは、この世を変えたいと思っている方が大半だと思いますので、もう既この世のために祈っておられる方が多いかも知れません。
 
しかし、ここで問題なのは、あなたの願う通りにこの世の中が変わったとしても、本当にそれが人類にとって幸せであるとは限らないということです。
 
神様は我々以上に、人類にとっての最善の道を知っています。
 
なので、仮に悪魔崇拝者を一夜にして滅ぼしてくださいと祈ったとしても、神様がそれを最善と思わなければ、その願いが叶えられることはありません。
 
なので、この世の中がよりよく変わるように祈るならば、神様が最も最善と思われる方法でこの世を変えて下さいと祈るのがいいと思います。
 
聖書の中では「神様の御心が成されますように祈りなさい」とありますが、「神様の御心が成される」とはこういうことを意味します。
 
そして、その「神様の御心」の中には、あなたの願いもすべて含まれています。あなたの願い通りにならなかったとしても、いずれあなたの願いはもっとよい形で実現するでしょう。
 

7.悪魔が滅びるための祈り。聖霊を受けるための祈り。

 
これについてはこれまで何度も書いてきましたね。
 
この世の悪魔崇拝者も、単に「悪魔」どもに利用されている容器に過ぎないので、悪魔崇拝者たち全員が滅んだとしても、「悪魔」はまた新たな人間を使うだけです。
 
なので、我々は「悪魔」そのものが滅びるように祈らなければなりません。
 
また、先日も書きましたが、「悪魔」はいつでもあなたのそばに近付いてきて、あなたの心を悪い方向へ誘導することができます。
 
なので、あなたの傍にやってくる「悪魔」がすべて滅び去るように祈ってください。
 
と同時に、「聖霊」を受けられるようにも祈ってみてください。そうすると、より容易に「悪魔」を滅ぼすことができるようになります。これについては先日も詳しく話しましたね。
 
悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。
 
これだけでも、人によっては大きく心が変わったり、人生が変わったりするかも知れません。
 

8.天国に行くための祈り。

 
ここまで来ると、もはや敬虔なクリスチャンの域に達しますが、参考までにお話しておきます。
 
人は「霊」「心」「肉」の三つから成り立っているという話をずっと前にしたことがあります。聖書にもこう書かれてあります。
 
「どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。」(テサロニケ人への第一の手紙5章23〜24節)
 
神様に祈って、神様を愛して、神様の言葉に聞き従う……。これらを行う究極の目的は、自分の「霊」を天国に連れて行くためだと言えます。
 
そもそも、このような目的がなければ、この邪悪な世の中で最後まで善良に生きていくのはとても難しいとも言えるでしょう。
 
なので、自分の霊が救われて、天国に行けるようにぜひとも祈ってみてください。
 
もちろん、この辺の話になると、信じるか信じないかはあなた次第ということになりますが、自分の祈りがいくつも叶えられるようになれば、神様が存在していることも自然と実感できるようになるでしょうし、神様の存在が実感できるようになれば、自然と天国が存在していることも実感できるようになるはずです。
 
で、本当に天国に行きたいと願うのであれば、1〜7までの祈りを徹底的に行うことをお奨めします。
 
これを行えば、神様は確実に皆さんを天国に連れて行ってくださるでしょう。
 
ということで、今日はお祈りについての基本的なお話をしました。
 
お祈りというのはとても奥の深い世界なので、今日一日ですべてを話し尽くすことはできませんが、機会があれば、これからもさらに具体的にお話していこうと思います。
 
ちなみに。
 
私個人としては、今のところ「天皇制の廃止」もかなり真剣に祈っています。
 
天皇制が廃止されても、天皇以外の悪魔崇拝者がこの世を牛耳ってしまう恐れは十分ありますが、それでも悪魔崇拝者のトップが権力を失えば、悪魔崇拝者たちの間で一時的(あるいは半永久的?)にも混乱が生じ、しばらくの間は再起不能となるはずです。
 
そうなれば、この日本が本当の意味で「神の国」になるチャンスが到来します。
 
森喜朗が言うようなインチキな「神の国」ではなくて……。
 
私はその日が一日も早く来ることを願っています。
 

9 Comments
  • JILLE
    Posted at 00:37h, 15 4月

    先日はコメント欄でご回答いただきありがとうございました。

    その後の記事も、まさに私の知りたい内容でした。

    「祈り」についてきちんと解説してくれた文章を見たのは初めてな気がします。
    聖書は奥が深いのですね。

    私はカトリック幼稚園に通っていたために、知ったような気になってずいぶん周り道をしたように思います。

    でも、今回の記事を読んで、あながち私の祈りのようなものは間違ってなかったのかもと思いました。
    私は自分が何をしたいのか、できるのか、どうしたら良いのかがわからず、どうにか世の中が良くなることに役立てる人になれますように、とずっと願っていたように思います。

    今の世の中をそのままにして、天国に行くことを解く宗教は、民衆支配の道具だと思っていましたが、
    それだけでもない…ようですね。

    瞑想と祈りをごっちゃにしてましたが、
    祈りをやってみようと思います。

  • rapt
    Posted at 01:02h, 15 4月

    >JILLEさん。
    今までの宗教のほとんどが、一つの妄想世界のようなところに人を閉じ込めて、宗教の世界の中でのみ生きていくように仕向けてきました。それは確かな事実だと思います。
    しかし、それは単に宗教が悪魔に乗っ取られてきたせいだけではなく、信じる側の責任も大きいと思いますね。
    どんなに良いものを与えられても、使い方を誤れば何にもなりません。
    宗教を信じて宗教の世界にのみ埋没するのではなく、むしろ宗教によってこの世の中を治めていくべきだと私は思います。
    そして、それを実行できる宗教人がとても少ない……というのが私の実感です。

  • カシスオレンジ
    Posted at 01:03h, 15 4月

    いつもブログを読ませていただいています。はじめて投稿いたします。
    以前の記事で『自分で「聖書そのもの」を読んでみてください。』と書かれていたため、
    ものは試しにと聖書を読み始め、もう少しで通読が完了するところまできました。
    結果、わたしの世界観が変わりました(どう変わったかについては割愛させていただきます)。
    聖書を通して本当の神さまに辿りつくことができたと思っています。
    お祈りの時間が圧倒的に不足しているため十分と言えないかもしれませんが、今後じっくり腰を据えて聖書の精読とお祈りを行っていくことで確信したく思っています。
    何よりも大切なことを教えていただいたRAPTさんに心よりお礼申し上げます。
    真実の世界を知らせるだけでなく霊界の姿までも知らせてくれるとは何と素晴らしいブログでしょうか。
    一読者として誇りに思います。RAPTさんは真実を告げる方だとわたしは思います。
    お祈りについての更なるお話し、また、聖書のお話しを楽しみにお待ちしています。

  • 東海道
    Posted at 01:13h, 15 4月

    「天皇制の廃止」は日本人にとっての急務であり、世界にこれ以上「害(放射能、核兵器、ワクチン、etc)」をばら撒かないための義務でもあると思います。この早期実現に向けて、私も祈りたいと思います。そして、先日おっしゃっていた天皇霊(いるのかどうかもわかりませんが…)の除霊も祈らなければなりませんね。もし器としての天皇がいなくなっても天皇霊があれば、明治天皇のようにどこぞから連れてきた輩を天皇に仕立てることもできますし。

  • rapt
    Posted at 05:28h, 15 4月

    東海道さんが言うところの「天皇霊」については、以下の記事に書かれてありますので、まだお読みになっていない方はぜひご参照ください。
    多分、この「天皇霊」はかなり高等な悪魔なのだろうと思います。
    http://rapt-neo.com/?p=25690
     
    あと、ついに「カシスオレンジ」さんのように聖書を通読しつつある方が現れましたね。
    恐らく「カシスオレンジ」さんは私が大学時代に体験したような、価値観が180度ひっくり返るような体験をされているのだろうと思います。
    安易に聖書の解説書などを読んでも、こういう体験はできません。
    聖書の解説書には人間の考え、または悪魔の考えが混じっている場合が大半だからです。
    純粋なオレンジと、添加物まみれのオレンジジュースとでは、味は同じようでも、中身は全く違います。
    私たちは混じりけのない神様の言葉である「聖書」を読むべきなのです。
    すべて通読されたときには、またご一報いただければと思います。

  • とら次郎
    Posted at 10:03h, 15 4月

    rapt様、毎日浄化のパワーを送り頂きまして有難うございます。
    先日私はコメント欄で、悪魔の実態を赤裸々されましたがその次に「じゃ~どうするだ」が大事だ、とコメントしました。
    正に、その答えを詳しく記述されて頂きました。
    結局は、各個人個人が宗教と言うものを正しく理解し、教えに沿った生き方を毎日実践する事に尽きると言う事になりますね。
    私は、ここ数日のブログで示されている内容こそが、暴露記事よりも我々はどう行動すべきかの指南となっており、正に核心に迫ってきているように思え、わくわくしております。
    しかし、今までの闇や悪魔世界の暴露があればこそ、信仰の重要性が際立ったとも言えます。
    天皇制廃止への具体的方策が楽しみです。
    これからも、拝読させて頂きます。

  • ローズマリー
    Posted at 10:47h, 15 4月

    raptさん、初めまして。連日の更新は大変だろうなと思っておりましたが、raptさんの溢れるようなパワーの源は聖霊様のお助けだと知り改めて神様の力の凄さを実感しました。
    短期間ですが他国に住み、帰国して何故この国は異様に空気が重いのか、自殺が多いのか疑問に思っていました。やはりその強烈な邪気の根源がこの国には多数存在しますね。
    某象徴一族に関しては昔から無関心だったのですが、善良で人畜無害な人達だとばかり思っていたのですがとんでもないですね。raptさんのブログに出会う前から田布施システムを知り変だなとは感じていました。
    先日ホイットニー文書について初めて知りました。ヒロヒトファイルなるものも存在するようですね。明らかに天皇主導の戦争であったろうに、日本国民を馬鹿にしたような発言、マッカーサーへの媚びへつらいなど酷い内容に唖然としてしまいました。
    この国の闇の深さに絶望しそうになっていたのですが、raptさんが居てくださって良かった。感謝です。これからも色々と御教唆お願いいたします。長文ご免なさい。

    (先程一回てんとう虫という名で書き込みさせていただいたのですが、てんとう虫は太陽崇拝やイルミナティ(赤と黒)っぽいので名前を変えました。工作員ではありませんので、もし気味悪くお感じになったなら申し訳ございません。)

  • yum
    Posted at 15:22h, 15 4月

    今朝起きてすぐに聖書をぱっと開いてみたところ、ちょうど「知恵の書」の“偶像崇拝”のページでした。
    旧約聖書は途中までで、全部読み切ってないまま長年いましたが、今朝はそのまま少し読み進めて行ったら、大切なことが次から次へと書かれていて、目から鱗でした。
    そして、やはり聖書は、大変価値のある素晴らしい書物であることを実感させられました。
    木や石の像を造った者はもちろん、それを崇めて祈っていた自分の罪ということも指摘され、慣習の中で敬っていた行為が、神から離れ、間違った方向へと導かれる要素になることについて、その辺を深く考えることなく、特に像を拝んでいる訳ではなく・・・などと言い訳していたり、勘違いしていたりだったと思わされました。
    そして人を祀ってそれが神となり、儀式化する事への戒め。
    日本の神社には、人間が死んでから神となって祀られているところがたくさんあります。
    明治神宮もそうですね。
    明らかに聖書の教えに反することが、ここかしこ・・・。
    自然の美しさに感動をして、そこに神の息吹を感じてはいましたが、その方がまだ真理に近かった。
    しかし、それに感動しながらその創造主である神の素晴らしさを、もっと敬い、もっと感謝し、もっと求めることには疎かったことを、その前の「自然崇拝」13に書かれている内容から気付き、反省させられています。
    それと、「その昔、高慢な巨人たちが滅びたとき・・・」14.6~というのは、高度な文明を持っていた頃の人たちの事ですね。
    「偶像崇拝の結果」14には、神を知る点で間違ったこと、無知から生じた大きな戦いのうちに生きていることが書かれていますが、その結果が、さまざまな悪業へと繋がっていて、勘違いもしていて、偶像崇拝は諸悪の根源といった感じですが、その「高慢な巨人たち」同じことをしていたということですよね。
    それでは、真の救いとは程遠いものでした。
    書かれていることが、今の方が理解し易くなっているように思えています。
    それは、こちらのブログを読むようになって、整理されて来たからだと思います。
    あらためて感謝しています。
    ところで、話は変わりますが・・・。
    ビルゲイツ氏が軽井沢に建てたという別荘の地下がとてつもなく深いとか。
    テレビで偶然そんな話題を見ました。
    「80mあるらしい」と言ってたでしょうか。この辺は正確ではないので間違っていたらすみません。
    でも、地下室があるらしいですから。
    深いのは何ででしょう。
    また、たくさん木を伐採したらしく、軽井沢の自然 生態を破壊したと、住民からは怒りの声があがっているようです。⇒住民大激怒! 「ビル・ゲイツの軽井沢別荘」噂検証
    これからも少しづつでも、聖書を読んで行きます。そこに答えがたくさんありますね。

  • ネメシス
    Posted at 18:42h, 15 4月

    >ローズマリーさん
    >ホイットニー文書について
     
    ホイットニー文書についてグーグル検索を掛けると、
    「ホイットニー文書の信ぴょう性について – Yahoo!知恵袋」という
    否定的な記事が、かなりの上位(現在第3位)に示されます。
    Yahoo!知恵袋の、特に社会的・政治的な分野に於いての
    裏社会側の世論操作ツールとしての役割を考えれば、
    当然、予想される結果なんですけれどね。

    まあ、その事実をとってみただけで
    この「ホイットニー文書」が本物であるということを
    間接的に証明しているようなものです。
     
    実は、先日、馬渕睦夫氏の911に関するYouTube動画でコメントをしたら、
    すぐさま 「頭がイカれてる奴」 とのレッテルを貼られ、
    その反論の根拠として挙げられていたのが 「YAHOO!の知恵袋」 に
    長々と合計3本にも渡って綴られた 「反陰謀論」 説でした。
     
    【馬渕睦夫】「911」は誰が見てもおかしい?_事前に爆弾
    https://www.youtube.com/watch?v=6vFpkNMMaQo
     
    知恵袋の記事については、阿呆らしくて殆ど読まなかったのですが、
    その中で、ほんの一部、目に留まったのが、
    「ペンタゴンに開いた穴がたったの5mしか無かった・・・」というのは
    全くのデマで、多分「ZERO」という映画が嘘の出所なのだろう・・・
    などという回答がありました。
     
    これこそ嘘もいい所で、長年、911を追及している人間ならば、
    「ペンタゴンの5mの穴」の元となっている映像は、
    2001年9月11日当日に、CNNなどで世界中に実況中継された
    映像であったのは周知の事実であって、
    (ちなみに翌日からはいっさい流れなくなった)
    自分が興味を持ち始めた2006年以前の段階で、既に
    911真実追求運動では大々的に取り上げられておりました。
     
    それに対して公式説支持者(反陰謀論者)たちは、
    この 「ペンタゴンの5mの穴」といった、いわゆる致命的な問題には、
    これまでいっさい口を閉ざしてきたという事実があります。
     
    そうしておいて、
    年月が経って人々が911を余り意識しないような状況になってから、
    この様なあからさまな嘘をしれっと吐いて、
    911について予備知識のない若い世代や、
    最近になってこういった裏社会の構造といったものに
    ようやく目覚めたばかりの人々を騙してミスリードさせようという
    魂胆なのでしょう。
     
    で、こういう輩が自分たちの言い分の論拠に良く挙げるのが、
    件の「YAHOO!の知恵袋」です。
    ですから、世論を分けるような社会的な問題において、
    「YAHOO!の知恵袋で否定されていたら、それは本物である」という、
    ある意味、逆の指標として利用出来るとも言えますね。
     

Post A Comment