RAPT | 東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。
JR中央線 人身事故 多発 多い 自殺 謎 国会議事堂 駅 地下鉄 皇居 悪魔崇拝
19396
post-template-default,single,single-post,postid-19396,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

 

昨日は、東京の中央線沿線でなぜか自殺者が多発しているというお話をしましたが、今回は予告通り、その謎を解明していきたいと思います。昨日の記事は以下になります。
 
宇宙人を否定する人間を裏社会の人間と決めつける前に、もう一度、我々の敵が宇宙人なのかどうか深く考え直してみましょう。
 
私も数年前まで東京にかなり長く住んでいたので、中央線の人身事故の多さはよく知っています。はっきり言って、その多さは尋常ではありません。
 
中央線を使って通勤している方は、ほとんど毎日のように「人身事故で電車が遅れている」というアナウンスを耳にし、何度も会社に遅刻したという体験があるはずです。そして、中央線では実際に多くの人が自殺しています。以下の表を見れば、それが一目瞭然です。
 
chuosen 

中央線の次に自殺者が多いのが「京浜東北線」で、その次が「山手線」となっていますが、東京にお住まいの方ならお分かりの通り、これらはすべて皇居を取り囲む「太極図」を構成している路線です。その「太極図」とは以下のものです。
 
1223_mark
 
20090816221436dce
 
自殺者数・第四位の「東武東上線」も、「山手線」の走っている池袋から出発する電車ですから、これもまた「太極図」と何ら関係がないとは言えません。
 
しかし一体、どうしてこうもこの「太極図」の近辺では自殺が相次いでいるのか。しかも、中央線に関しては、自殺に至らないにしても、ほぼ毎日のように人身事故が起きています。
 
普通の人は、このような疑問が頭に浮かんでも、単なる偶然だと言って片付けてしまうことでしょう。その謎にきちんとした答えが出せるわけがないと思うからです。
 
しかし、私は昔から「霊」の存在を信じていましたから、何かしら霊的な作用が起きているのだろうということだけは漠然と考えていました。悪霊どもがこの辺りをうろうろしていて、人々の心に何かしら悪い影響を与えているに違いない、と。
 
しかし、それではなぜ中央線沿線にはそんなに沢山の悪霊がいるのか、と考えたときに、やはりその疑問を解くことができませんでした。いくら考えても、真っ当な理由が見付からなかったのです。
 
しかし、今ではその理由が分かります。天皇が悪魔崇拝者であると分かって以来、私の頭の中でその答えが明確に見えてくるようになりました。
 
天皇が悪魔崇拝者であり、この日本にたくさんの悪魔崇拝者が存在しているなら、彼らは日夜、この日本のどこかで悪魔崇拝の儀式を行っているはずです。バチカンと同様、悪魔どもに子供たちの命を生贄として捧げるというおぞましい儀式をどこかで行っているはずです。
 
しかし、それではどこでそれを行っているのか。天皇はあの狭い皇居の中にいて、ちょっと外に出るだけでもすぐに人目につきます。天皇がちょくちょくと外に出かけて行って、誰かと一緒にどこかで悪魔崇拝の儀式を行うというのは先ず不可能なことです。
 
ならば、皇居の中で悪魔崇拝が行われているのではないかとも思ったのですが、もちろんこれも不可能でしょう。宮内庁の人間がすべてグルならば問題はありませんが、恐らくそうではないはずですから。
 
それに、この日本は恐らくかなりの数の悪魔崇拝者たちがいます。彼らが日夜、皇居で悪魔崇拝を行っているなら、当然、皇居にはいつも相当な人が出入りしていることになりますが、そんな話もとんと聞いたことがありません。
 
ということは、もしや皇居の地下には何か秘密の施設でもあって、そこで悪魔崇拝が行われているのではないか。私はふとそんな想像をしてしまいました。他の悪魔崇拝者たちもどこかから地下ルートを通って、皇居までゾロゾロと集まってきているのではないか、と。
 
もちろん、私自身も最初はこの想像の余りのバカバカしさに自分でも思わず苦笑してしまいました。そんなマンガみたいな話があるわけがない、と思いました。しかし、このことについてあれこれと深く調べていくと、実はこの想像がそれほど突飛なものではないことが分かってきたのです。
 
その理由は、以下の二つの動画を見ていただけばすぐにお分かりいただけます。全国民、必見の動画です。
 

 


 

特に二つ目の動画では、地下鉄の「国会議事堂駅」についての話が出ていますが、この駅には「丸ノ内線」と「千代田線」という二つの地下鉄が走っています。しかし、「丸の内線」のホームが地下二階の深さにあるのに対し、「千代田線」のホームは地下五階の深さにあります。
 
この事実に気付いたナレーターの秋庭氏は、これはどう考えてもおかしいと発言しています。「丸ノ内線」が地下二階の深さにあるなら、当然、「千代田線」は地下三階の深さに作られるはずだからです。なのに、なぜか地下五階の深さに作られてしまった。それは一体なぜなのか。
 
当然、その理由として考えられるのは「丸ノ内線」と「千代田線」のホームの間に何らかの施設が眠っているからではないか、ということです。というか、それ以外に考えようがありません。
 
しかも、この「国会議事堂駅」は皇居のすぐ近くにあります。というか、皇居のお隣ですね。
 

 
しかも、上の動画では「国会議事堂」の隣にある「国会図書館」の地下にも昔から不可解な地下の施設があると言っています。そして、この「国会図書館」もまさに皇居に隣接しています。
 
したがって、皇居の地下に何らかの秘密の施設が眠っている、という私の想像もあながち間違いではないということになります。皇居の地下には何らかの秘密の施設があり、皇族たちは日夜、そこで人知れずコソコソと悪魔崇拝の儀式を執り行っているかも知れないというわけです。
 
さらに秋庭氏が言うには、東京の地下鉄網は戦前にはもう既にほとんど完成していたのではないかということです。
 
では、なぜ戦前にそんなものを作ったのか。普通の人なら、防空壕として地下鉄を作ったのだろうと考えるでしょう。皇族たち、政府要人たちが空襲を避けるために巨大な地下施設を作ったのだ、と。実際、秋庭氏もそう推理しています。
 
しかし、防空壕を作るなら、単に防空壕を作ればいいだけの話です。何もわざわざ地下鉄なんかを造る必要はありません。しかも、こんなに沢山の路線など絶対に必要ありません。
 
そもそも、一つ目の動画にもあるように、東京ドームの地下にも東京ドームと同じ広さの地下空間があるというのですから、それだけでもかなり大勢の人を収容できます。他の施設を作る必要はないと言ってもいいぐらいです。
 
しかし、東京には皇居や東京ドームの地下だけでなく、他にも無数の地下施設が眠っている可能性があるのです。その根拠が以下の画像になります。
 
 

これは東京の地下鉄網の3Dモデルです。見ての通り、どの路線も上下にくねくねと蛇のようにくねっています。
 
地下に何も存在してなければ、一つの路線をほぼ同じ深さに作ることができたはずです。しかし、なぜかそれができなかった。わざわざこんな上下にくねくねと曲がった線路を造らなければいけませんでした。
 
ということは、東京の地下にはやはり数多くの地下施設があちこちに眠っているということです。そして、それを避けて地下鉄の線路を造ったため、全ての路線がこんな奇妙な形になってしまったに違いありません。
 
さらに奇妙なのが、「東西線」です。この「東西線」は地下鉄です。それなのに、なぜかこの「東西線」は「中野駅」よりも西側の地域では、地下ではなく地上を走っています。JR中央線とほぼ同じルートを「三鷹駅」までほぼ並行して走っているのです。これは一体なぜなのでしょう。なぜ地下鉄が地上を走らなければならないのでしょうか。
 
しかも、荻窪より西側の地域には、他にも一本たりとも地下鉄が走っていません。東京にお住まいの方ならご存じのことと思いますが、一応、東京にお住まいでない方のために、「中央線」の停車駅を貼っておきます。クリックすると拡大できます。
 
 

この上の図のほぼ中央に「荻窪駅」がありますが、この荻窪より西側(左側)の地域には地下鉄は一本も走っていません。それはなぜなのか。
 
一説によると、その周辺には第二次大戦中に落とされた不発弾がたくさん眠っていて、地下に穴を掘るのが危険だったから、という話になっているようです。しかし、それを言うなら、銀座や浅草や渋谷もみんな空襲を受けていますが、今では銀座も浅草も渋谷もきちんと地下鉄が走っています。
 
したがって、不発弾のせいで中野から西側では地下鉄が作れないという話は眉唾にしか聞こえません。
 
しかも、この中野から西側にはJR中央線の「三鷹駅」と「武蔵境駅」があり、実はこの二つの駅の間で人身事故が多発しています。
 
そして、この「武蔵境駅」の近くにはかの有名なICU大学があります。皇室の佳子様がつい最近、合格したことで話題になった大学です。また、このICUにはかのジェイ・ロックフェラーも留学していたという経緯があります。
 
まさに全ての役者が出揃ったという感じです。「武蔵境駅」と「ICU」と「皇族」と「ジェイ・ロックフェラー」。そして「皇居」と「国会議事堂」と「地下施設」。
 
これらのキーワードを統合して考えてみると、やはり天皇をはじめとした悪魔崇拝者たちは、秘密の地下施設でコソコソと悪魔崇拝儀式を行っている……。そして、その秘密の地下施設は、東京の「太極図」を構成している山手線内と中央線沿いに乱立している……。
 
で、悪魔崇拝者たちは日夜、その秘密の地下施設で悪魔崇拝を行っていて、そのため、その近辺にはたくさんの悪魔、悪霊がぞろぞろと集まってきている。そして、その霊物たちがその近辺を歩いている人たちに群がり、取り憑き、彼らの心に色々と悪影響を及ぼしている……。だから、中央線沿線では人身事故が絶えず、自殺者が絶えない……。
 
実際、「太極図」とは陰陽道で使われるシンボルであり、この陰陽道はまさに悪魔崇拝から派生してできた宗教です。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
「有名陰謀論者と大手マスコミ」は「陰と陽」の関係。しかも、彼らが隠すことは共通して「天皇の陰謀」です。
 
また、悪魔や悪霊といった霊物たちが、人間の心にどんな影響を与えるかについては、以前に記事を書いていますので、詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
悪魔が人の心を破壊し、その命を生贄として捧げる二つのパターン。
 
この上のリンク記事を見ればお分かりの通り、悪魔が人の心を破壊するパターンは大きく分けて二通りあります。一つ目は人を失望させ、絶望させ、自暴自棄させるパターン。もう一つは人をギャンブルやアルコールなどの中毒にさせるパターン。どちらも人を廃人同様にしかねない恐ろしいものです。
 
そして、天皇家はかねてから「失望」「絶望」「自暴自棄」というパターンを多用してきました。彼らはまさしく人を自殺に追い込むプロ集団です。
 
実際、日本の年間自殺者数は先進国でもぶっちぎりトップで、毎年3万人を軽く超えています。死因不明といわれる変死者の数を合わせると11万人にも上り、この変死者はそのほとんどが自殺者だとも言われています。
 
これはどこからどう見ても異常な数です。人々はこの数字を見て、日本の国民性のせいだとか何とか、色々と適当な理由を付けるかも知れません。もちろん、それも一理あるかも知れません。しかし、本当にこれを単なる国民性の問題として片付けてもいいものなのでしょうか。
 
この話はさらに次回へと続きます。
 

14 Comments
  • トラ次郎
    Posted at 20:52h, 10 1月

    今日の記事を読んで、以前私が読んだ下記サイトの事が思い出されました。
    http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/09/blog-post_10.html
    raptさんはこのブログを、お読みになっておられたのでしょうか。
    ご参考までに。

  • rapt
    Posted at 21:12h, 10 1月

    >トラ次郎さん。
    このブログの管理人の方はかつて私の天皇の記事にリンクを貼っておられましたね。
    それで、この方のブログを知るようになりました。
    この方がかねてから「宇宙人が地下で活動している」という記事を書いていることも知っています。
    ですから、この方の記事にリンクを貼っても良かったのですが、私は天皇が宇宙人であるとは思いませんし、あくまで霊物を呼び込む悪魔崇拝者であると考え、確信しています。
    地下施設も単なるカニバリズムのためのものではなく、悪魔崇拝のためのものであると思っています。
    ちなみに、秋庭さんの本は何年も前に読んでいて、今も手元に一冊だけあります。
    それで皇居の地下に何かあるという想像をずっとしてきたわけですが、「太極図」と「中央線の自殺」と「悪魔・悪霊」と「ICU」というキーワードがつながったことで、やっと今日の記事を書いた次第です。

  • メガデス大好き
    Posted at 21:18h, 10 1月

    トラ次郎さん、確かにこのブログは参考にはなりますが、普通の人を簡単にレプティリアンと断定していることもかなり多く
    たまに気持ち悪く感じることもあるのでよく吟味して読んだ方がいいと思いますよ。

  • 上村
    Posted at 23:27h, 10 1月

    「なぜかこの「丸の内線」は「新中野駅」よりも西側の地域では、地下ではなく地上を走っています。JR中央線とほぼ同じルートを「荻窪駅」までほぼ並行して走っているのです。」

    お疲れさまです。
    上記の文章が良く解らないのですが、新中野より西側とはどういう意味でしょうか?新中野駅の次の東高円寺駅から荻窪駅まで全て地上ということでしょうか?

  • rapt
    Posted at 23:39h, 10 1月

    >上村さん。
    すみません。この間、地上を走っているのは東西線でした。
    東西線が中野から三鷹まで地上を走っています。
    丸の内線は荻窪まで地下を走っています。訂正しておきます。
    一応、荻窪から西はもう地下鉄は走っていません。

  • 上村
    Posted at 23:50h, 10 1月

    お忙しい中、速やかな対応感謝です。良かった、すっきりしました。(笑)

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 00:11h, 11 1月

    こんばんは、
    自分も昔、秋庭さんの「 大東京の地下400年 99の謎」読んだことがあります。
    二見書房では99の謎シリーズがあって暇つぶしに読んでましたが
    もっと深読みしてればと思ってしまいました。

  • ネメシス
    Posted at 00:22h, 11 1月

    >トラ次郎さん。
     
    自分も、あそこのブログ記事の必要以上にセンセーショナルに煽り立てには、
    思い切り、眉に唾を付けて読まなければと思っています。
     
    メガデス大好きさんの仰るとおり、最近ではもう誰でも彼でも 「レプティリアン認定」 し捲っていて・・・
    TVからのキャプチャー画像と思われる極端に解像度の低い映像を元に、
    やれ 「瞳孔が変化した」 だの、「指が6本ある」 だの・・・
    「そんなの画像編集ソフトでちょっと弄くっただけだろ?」 としか思えないようなものばかりで、
    最近はもう殆ど読みに行っていません。
     
    しかしそれでも昨年でしたっけ、 「日本版FEMA」 に関するブログ記事のリンクをを見付け、
    久しぶりにクリックしてみたら・・・
    http://reptilianisreal.blogspot.it/2014/09/fema.html
    米国版FEMAよろしく 「白い」 棺桶が並べられた画像と、センセーショナルな煽り文句と共に
    御丁寧にもそれを空から撮ったと思わせる為のグーグル・マップの衛星写真を添えてあったのですが、
    自分もそのあたりをグーグル・マップで探して、問題の映像を拡大してみたら、
    何のことはない、ただの太陽光発電のためのパネル群でした。
    http://urx2.nu/fa4d
    一気に拍子抜けしてしまって、もう笑うことすら出来ませんでした。
     
    確かに 「安倍の進める 『日本版FEMA』 への警笛」 という記事自体の重要性は解かるけれど、
    もう少し資料を吟味してから記事にしないと、信用度を落とすから気をつけないと、とコメントしたけれども、
    残念ながら採用されませんでした。
     
    そして同時に、「桜島噴火ウェブカム またまた青白い光の物体(UFO?)が!」 という記事にも、
    http://reptilianisreal.blogspot.co.uk/2013/10/ufo_16.html
    「ただの土石流防止用運河の定期しゅんせつ(メンテナンス)工事のための照明」 だと
    説明したのですが、彼女の 「レピュテリアン(宇宙人)」理論の趣旨に反するためか、
    このコメントもまた日の目を見ませんでした。
     
    まあ、あのブログの全ての記事が、そういった調子で書かれていると分かった上でのことならば、
    それはそれで、かなり楽しめるのではないかと思いますが・・・
     

  • トラ次郎
    Posted at 08:37h, 11 1月

    raptさん、メガデス大好きさん、ネメシスさん、お気遣いを有難うございます。
    私もあのブログは、全てを信じ込んで読んではおりません、「そんな事もありなのかな?」と言った半信半疑で楽しんでいる程度です。
    でも、raptさんのブログに対しては知り合いにも拡散依頼したり、かなりシリアスです。
    私は、自分自身で神に善き世になる事を祈るだけでなく、この物質次元の世界では具体的に拡散する行動の方が、さらに効果的だと思ってやっております。

  • 加藤
    Posted at 09:03h, 11 1月

    Raptさん、いつも貴重な情報の数々ありがとうございます。
    今回の記事で僕も思うところがありましたので投稿させていただきました。
    まず、統計的に中央線がとりわけ自殺者が多いのは偶然ではなく、明らかになんらかの因果関係が無ければおかしいと思います。

    たとえば、全国の交通事故死亡者数なんかを見ても年々減少傾向にあっても毎年近似値になってます。
    これって深く考えないと当たり前の話しに聞こえますが、よく考えると、ごく一部の人間を除いて誰も事故なんか起こしたい人は
    いないんですよね。
    なのに毎日全国の道路を沢山の車が行き交うと年間で見事なまでに近似値になる…つまり世の中には偶然と言う概念は存在せず、大局的にみると人の意思とは関係ない因果関係が働いているということが言えると思います。(事故の場合は交通ルールや車自体の性能などが主)
    僕ははっきりとした霊体験はありませんが、昔からそう言ったものは存在すると思っていたので今回の中央線の話は、もちろん諸説言われている原因もゼロとは思いませんが直接的な原因はraptさんが指摘される陰陽道、悪魔崇拝の話を考えるといちばん合点が行きます。

    僕自身最近いろいろな方のブログ等を拝見したりして裏社会の事を学んでいますが、raptさんの記事はいつも気づかされることが多く本当に感謝です。
    寒い日が続きますがお身体に気をつけてください。

  • アモリフェラ
    Posted at 10:59h, 11 1月

    以前赤坂見附駅を利用していて、何でここは2階建てになってるのかと疑問だったのですが、今回納得できました。それにしても東京はまさに魔界都市。人身事故の名を借りた自殺の多さは異常です。弱った人間が、悪霊をキャッチしてしまったのだと考えても全然おかしくありません。なるべく清い生活を心がけ、祈りも忘れずにいたい昨今です。貴重なお話に感謝いたします。RAPTさんの引用からの自説展開のブログを昨日は3件見かけました。情報源のしっかりした良心的ブログなのだと改めて感じた次第です。

  • モダンガエル
    Posted at 16:17h, 11 1月

     旧新約聖書から知る悪魔のやり方
     ① だます   →偽りの力をふりかざす 神の愛の否定
     ② 恐怖を与える (死・苦痛・中傷・・・  )  
              ⇔ イエスは死を超克 勝利 = 信仰
     ③ 誘惑   → 信仰を否定する誘惑 ・・・神はいない 偶像(金銭 名誉心~ )を拝め

     Yahoo 知恵袋に驚きました。いくつもいくつもです。ブログ主さんの“名前”まで出し「raptさんの(以下本文のコピペを並べて~)という件に関してはどう思いますか。」というのの列挙です。ルール違反では、と思いました。このブログには、管理者の権限において、相互交流の機会が設定されているのにも拘わらずです。
     どうか十字架につけられた主イエスの祈りが、あまねく悪魔や悪霊に憑かれている人々に届きますように。
     ルカによる福音書 23章 34節
     ;そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。

  • rapt
    Posted at 17:20h, 11 1月

    >モダンガエルさん。
    悪魔たちが私の記事についてあれこれ騒げば騒ぐほど、私のブログに多くの人が集まってきます。
    ある意味、彼らが勝手に情報拡散してくれているわけです。
    そうすると、真実を求める人は私の書いたことにピンと来て、これこそ真実だと悟りますが、もちろん、この世の中についていい加減にしかものを考えていない人は、なんてひどい眉唾だと思ってバカにするでしょう。
    そうやって、より真実な人とそうでない人とに振り分けられるわけです。
    もちろん、その場合、真実な人の方が圧倒的に数が少ないでしょうが、今の時代はそのようなことが往々にして起きる時代だと私は思っています。
    しかし、あと一年か二年もすれば、真実を悟る人がどんどん増えてくるのではないかと思っています。

  • モダンガエル
    Posted at 17:27h, 11 1月

    rapt さま
     並々ならぬ熱意を傾注された上で、毎日の更新のご労にある中、つまらない事を申し上げてしまいました。申し訳ありません。
     全てを益として働かせ給う主の み力に、私も依り頼みます。たちまちのご返信をどうもありがとうございました。
     

Post A Comment