RAPT | 悪魔崇拝者たちが北朝鮮の権力を握りたがる理由。実は北朝鮮は世界有数の資源大国なのです。
北朝鮮 天皇 ロックフェラー 北朝系 天皇 金正恩 横田めぐみ 世界有数の資源国 
17569
post-template-default,single,single-post,postid-17569,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

悪魔崇拝者たちが北朝鮮の権力を握りたがる理由。実は北朝鮮は世界有数の資源大国なのです。

悪魔崇拝者たちが北朝鮮の権力を握りたがる理由。実は北朝鮮は世界有数の資源大国なのです。

1de3d705 

昨日は、北朝鮮のトップである第一書記・金正恩が、実は日本の天皇家の血を引いているというお話をしました。
 
北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。
 
要するに、北朝系の天皇の子孫が金正日と結婚していたというわけですが、この記事を読んだ方の中には、「それではすり替えられた南朝系の天皇よりも、北朝系の天皇の血筋の方が大事にされているのか」と疑問に思われた方もいらっしゃったようです。しかし、決してそういうわけではありません。
 
これまで私は、「大室虎之祐」が偽天皇として担ぎ出された後、孝明天皇がどうなったのかについてははっきりとした言及を避けてきました。
 
明治維新の際、孝明天皇が伊藤博文によって暗殺されたという説もありましたし、その後も生き残って裏天皇として権力を握りつづけたという説もありましたので、果たしてどちらが真実なのかと、ずっと判断に苦しんでいたからです。
 
しかし、こうして北朝系の天皇の子孫と北朝鮮のトップとが縁結びしていたとなると、実は北朝系の天皇もまた裏社会ではかなり重宝されているという証拠です。ですから、孝明天皇は決して暗殺されてはおらず、その後も裏天皇として権力を握りつづけたと考えて間違いなさそうです。
 
そもそも、大政奉還の際には徳川家に対してロスチャイルドから何らかの根回しがあったことが分かっています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
 
関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。
 
したがって、徳川家と同様、孝明天皇にもロスチャイルドから何らかの根回しがあったと考えてもおかしくはありません。つまり、明治維新という日本転覆クーデターは、南朝系と北朝系と徳川家とがグルになって興されたものだったというわけです。
 
しかも、悪魔崇拝者の世界では「表」の天皇よりも「裏」の天皇に実質的な権力があると言われています。
 
孝明天皇からしてみれば、徳川家といがみあったまま、何の権力もない形だけの天皇の座に留まっているよりは、民衆の前から姿を隠すことになっても、実質的な権力を手に入れた方がずっとありがたかったはずです。ですから、彼もまた意外にすんなりとロスチャイルドからの根回しを受け入れたのではないでしょうか。
 
そして、この権力絶大な北朝系の天皇の子孫が、実は北朝鮮のトップと結婚して子供を生んでいたというわけですから、天皇家が今後、北朝鮮で自らの支配体制を固めたいと思っていることは間違いありません。
 
しかし、なぜ彼らはこのような緻密な裏工作までして北朝鮮の権力を握りたいと思っているのでしょうか。やはり悪魔崇拝者による世界政府の樹立のためなのでしょうか。
 
もちろんそれもあるでしょう。それに、北朝鮮のような何から何まで「ないない」づくしの貧しい国でも、権力を握れるならそれに超したことはありません。日朝間を冷戦状態をして、軍需産業を潤すためにも、北朝鮮の権力をコントロールできる状態にしておいた方が望ましいからです。
 
あるいは、ロックフェラーに北朝鮮を乗っ取られないために予防線を張ったという可能性もあるでしょう。
 
北朝鮮のトップが日本の皇族の親戚になっていれば、ロックフェラーからどんなに大金を積まれても、殺すと脅されても、天皇家を裏切ることは絶対にあり得ません。それこそ、天皇家を裏切ることは肉親を裏切ることと同じなのですから、最後まで天皇家に忠誠を尽くすはずです。
 
つい数ヶ月前のことですが、北朝鮮の幹部が50人ばかり処刑されるというニュースがありました。
 
【北朝鮮情報】幹部ら50人銃殺か 韓国国家情報院が報告 金正恩氏は左足首手術 – 産経ニュース
 
ある有名陰謀論者の話によると、実はこの処刑はロックフェラーによる金正恩に対する脅しだったとのことです。少なくともその可能性が高いとのことです。
 
実際、金正恩もなぜか左足首を負傷しているわけですから、その可能性は否定できないでしょう。一応、肥満が原因とされてはいますが、果たして肥満で左足首がそうそう簡単におかしくなるものでしょうか。
 
しかし、もしこれが本当にロックフェラーからの脅しだったとしたら、金正恩にとって相当なショックだったはずです。何しろ、処刑された幹部の中には彼の血縁関係者もいたようですから……。金正恩の健康不安説が流れていたのも、このときのショックが大きかったせいかも知れません。
 
では、金正恩はこの脅しに屈したのでしょうか。恐らく屈しなかったでしょう。決してロックフェラーの言いなりにならず、天皇家を裏切ることもしなかったはずです。何しろ、彼の体には日本の皇族の血が流れているのですから。
 
このように、政略結婚というのは、人の忠誠心を植え付けるのに極めて大きな効果があります。何ら教育せずして、忠誠心というものを人の心に植え付けることができるわけですから。
 
しかし、もしあの処刑が本当にロックフェラーによる脅しだったとしたら、それだけロックフェラーもこの北朝鮮に目をつけていたということになります。一体、北朝鮮の何が彼らをそれほどまでに引きつけるのでしょうか。悪魔崇拝者の目には、北朝鮮の何がそんなに魅力的に映るのでしょうか。
 
私にはそれが疑問に思えてならなかったので、ここ数日、北朝鮮について色々と調べてみたのですが、その結果、驚くべきことが分かりました。
 
実は、北朝鮮という国は私たちが考えているような貧乏国ではありませんでした。北朝鮮には、私たちが想像もできないような莫大なお宝が眠っていたのです。
 
————————————————————————(以下、ライブドアニュースより転載)
 
韓国与党・セヌリ党所属のキム・ウルドン議員は19日、北朝鮮には開発競争力のある地下鉱物資源が約20種類あり、潜在的価値は韓国の22倍にあたる推定6986兆ウォン(約640兆円)に上ることを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
 
韓国国会の調査期間である立法調査所の資料を基に発表した。資料では、韓国の地下資源の潜在的価値は推定310兆ウォン(約28兆円)とした。
 
北朝鮮が保有する主要鉱物は、石炭、銅、金、黒鉛、マグネサイト、亜鉛など約20種類。マグネサイト(40億トン)は世界2位、黒鉛(200万トン)は世界3位、タングステン(16万トン)は世界6位の埋蔵量があるとされる。調査は米国の地質資源調査局が行った。
 
キム議員は北朝鮮の鉱物資源の開発進出現況も発表し、韓国鉱物資源公社など韓国の公共企業が2003年以降に推進した事業は7件、民間では3件に留まることを明らかにした。現在は、民間が行う石材事業1件を除きすべてが中断しているという。
 
キム議員は、北朝鮮が保有する地下資源には、韓国が100%海外から輸入しているマグネサイトや亜鉛などの鉱物が含まれていると指摘。「南北で地下資源を共同開発するため、活路を模索し、対話の窓口を開ける必要がある」と主張した。
 
――――――――――――――――――――――――(転載ここまで)
 
驚きましたね。実は北朝鮮には、レアメタルなどの貴重な鉱物資源がその地下にたくさん眠っていたのです。しかも、その潜在的価値は推定で約640兆にも上るとのこと。
 
金融ユダヤがこんな巨大な利権をほおっておくわけがありません。何しろ、彼らは天然資源でボロ儲けしてきたような連中です。特にロックフェラーは、石油を掘り当てて巨万の富を得てきたような連中です。全く頭を使うこともなく、ただ地下を掘り返せば出てくる天然資源は、彼らにとって非常に魅力的に見えたに違いありません。
 
ところが、これほどの膨大な鉱物資源を、これまではずっと中国のみが独占した状態が続いていたようです。
 
北朝鮮の豊富な鉱物資源、このままでは中国に掘り尽くされて…:レコードチャイナ
 
この記事が書かれたのが2011年のことなので、つい最近までずっと北朝鮮の鉱物資源は中国に独占されていたと考えてよさそうです。したがって、中国からしてみれば、逆にこの北朝鮮の鉱物資源に目を付けはじめた金融ユダヤや天皇家が煙たくて仕方がなかったはずです。
 
先日の日中会談の際、習近平が安倍と握手したときに全く笑顔を見せなかったのは、もしやこのせいだったのではないかと思わず勘ぐりたくなります。
 
一応、今でも北朝鮮と中国との間ではこの鉱物資源の取引が盛んに行われているはずですが、天皇家が北朝鮮を完全に乗っ取ってしまえば、今後はもしかしたら中国一辺倒の取引をやめてしまうかも知れません。
 
いや。そんなわけがない。北朝鮮とまともに取引してくれる国が中国以外にあるわけがないからだ。実際、北朝鮮はどこの国ともまともに国交していないではないか。そう思う方もいらっしゃるかも知れません。しかし、もしそう思う方がいるなら、その方は完全に日本のメディアに騙されています。
 
実際のところ、北朝鮮は多くの国と国交を持っています。国交がないのは、日本、韓国、イスラエル、アメリカ、フランス、サウジアラビア、ボリビアぐらいのもので、あとの国とは普通に外交を有しています。
 
 

上の図が、北朝鮮の国際関係図です。緑色で塗られた国とは国交を有し、赤色で塗られた諸国とは国交が終結。灰色で塗られた諸国とは国交を有していません。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
朝鮮民主主義人民共和国の国際関係 – Wikipedia
 
このように北朝鮮はほとんどの国と国交を持っています。我々日本人はまんまとマスコミのプロパガンダに騙されているのです。「井の中の蛙……」とはまさにこのことです。
 
しかも、ロシアに至っては、北朝鮮とルーブルでの取引決済を行うことを今年の10月に取り決めています。
 
ロシアと北朝鮮 銀行間のルーブル決済を開始 – News – 経済 – The Voice of Russia
 
有名陰謀論者がやたらとプーチンのことを讃えているのは、もしかしたらこの辺のことが理由なのではないかと勘ぐってしまいます。きっとロシアなら、北朝鮮の鉱物をかなり大量に、しかも高値で買い取ってくれるはずですからね。そうすると、天皇家は潤い、天皇家サイドの悪魔崇拝者たちも潤います。まさにプーチン様々です。
 
このように、北朝鮮という国は私たちが考えているような貧乏国家ではありません。下手をすれば日本以上の富を抱えた富裕国家なのです。
 
これでは天皇家が北朝鮮のトップにわざわざ自分たちの血族の血を混ぜてまでして、自分たちの支配を固めたがるのも頷けるというものです。もっとも、これだけが理由ではないはずですが、少なくともこれも一つの理由ではあるでしょう。
 
もしかしたら、ここのところ急速にロックフェラーが劣勢になってきたのも、この北朝鮮での利権争いに敗れてしまったのが原因なのかも知れません。
 
この話はさらに次回へと続きます。
 

14 Comments
  • yoshi yamaguchi
    Posted at 19:52h, 30 11月

    こんばんは、
    ちょっとブログの展開が急で追い付いていませんが
    北朝鮮は、世界有数のウラン鉱脈があります。
    ウランの取引が先物取引に上場する話しが持ち上がったころから
    外資系の金融機関の話題でした。
    資源の先物取引とは、現在採掘可能な鉱脈などによる供給サイドと需要サイドで
    値段が決まるので、世界のどこにどのような鉱脈があるかなどいち早く把握することが
    重要です。最近は衛星からなど把握できるらしいですが。。
    ちょっとそれましたが、北朝鮮には膨大なウランが眠っています。
    それは、ブッシュジュニアもかつて悪の枢軸と言って北朝鮮に戦争を仕掛けてウランの利権を手に入れたいはず。
    ただ、中東と違って、ロシア、中国、日本も狙っていて裏で誰が先に手に入れるかバトルしているでしょう。
    ルパン三世のヘミングウェイ・ペーパーの謎という映画が場所は地中海ですが、ちょっと思い出してしまいました。

  • カオス
    Posted at 21:23h, 30 11月

    初歩的なことですみません  大室天皇とは 大室家に養子としてはいりこんだ 従って ただの海賊だと
    思っているのですが  南朝天皇といわれるゆえんはあるのでしょうか?
    また 女性の明治天皇のひ孫と称する論客(名前は忘れてしまいました)が 南北統一は
    北主導で行なわれると もう決まっているのですと言っています。
    正当性はあるのでしょうか?

  • 通りがけ
    Posted at 21:33h, 30 11月

    日本の天皇家の北朝と南朝について。
    鎌倉時代後期に南北朝に分かれて北朝はのち足利義満のときに坂東(いまの栃木)足利家に乗っ取られました。孝明天皇は北朝ですね。
    公武合体のときに徳川家茂の孝明天皇の妹和宮降嫁要請に対して偽者(下女)を和宮と偽って徳川家に嫁入りさせたことを薩摩藩から家定に嫁いだ天彰院篤姫に見破られ、武士の統梁徳川家と北朝穢多の頭梁孝明天皇の関係は完全に決裂しました。
    南朝明治天皇が即位したときかつての南朝の忠臣楠正成を討った北朝の祖足利尊氏の木像の首が刎ねられた事件が起こりましたが、これが明治維新のときの南北朝が決裂関係だったことを如実に物語っています。
    鬼塚氏が調べたとおり孝明天皇は田布施非人(忍者)伊藤博文によって雪隠で下から刺し殺されたというのがただひとつの歴史の真実です。

  • rapt
    Posted at 21:37h, 30 11月

    とりあえず伊藤博文暗殺が事実であるとする証拠はありません。
    いずれ近いうちに、孝明天皇が生きていたとする説について、記事にしたいと思っています。
    一言では話しきれませんので。
    こちらの説の方がより整合性がとれていると私は考えています。
    北朝の天皇家の血筋が北朝鮮に入った時点で、もう既にこちらの説の方が信憑性がありますが。
    とにかく、証拠がない場合は、より整合性がとれた説を正しいとするしかありません。

  • 通りがけ
    Posted at 22:05h, 30 11月

    万世一系は明治新政府初代総理大臣伊藤博文が自らの悪事悪行を隠蔽するためにでっち上げたカルト国家神道の捏造教義です。
    邪馬台国以前から日本の統治者大王~天皇は万世一系どころではなく頻繁に易姓革命を繰り返してきておりその本当の系図はずたずたです。久留米地名研究会と東京の都立高校国語教師福永晋三氏が膨大なフィールドワーク(渋沢敬三常民研究所門下宮本常一氏に倣った)の積み重ねで万世一系が明治廃仏毀釈非人伊藤博文の捏造であることを証拠の遺跡をあげて立証しています。
    邪馬壹國こそなかった【九州王朝論の再構築に向けて】福永 晋三
    https://www.youtube.com/watch?v=lq1vCSSXD6w

  • 上村
    Posted at 22:17h, 30 11月

    私も孝明天皇暗殺については、鬼塚氏の説を採用していました。孝明天皇の母親であると言われている中山慶子氏の墓の扱いの問題などを含めてその信憑性を感じておりましたが、北朝鮮と北朝系との結びつきを考慮すると確かにRaptさんが書かれているように裏天皇(北朝系)の存在説には一段と信憑性が出てきます。鬼塚氏が天皇家に関する秘密を暴いた書物を多く出版されているにもかかわらず暗殺されずにここまで生きながらえていれるのは、これらの史実調査に誤り・誤認があるからなのかもしれません。
    つまり、孝明天皇の系列は今も「裏天皇」として存続し続けているという理解で良いのでしょうか。
    引き続き、ブログの更新を期待しております。

  • rapt
    Posted at 22:19h, 30 11月

    >通りがけさん。
     
    全くその通りです。「古事記」や「日本書紀」から始まって、岩倉具視の「王制復古議」も全ては天皇のニセ権力を正当化するための裏社会によるねつ造です。
     
    だからといって、伊藤博文が孝明天皇を暗殺したということにはなりませんけれども。
     
    それに、陰陽道の観点からしても、天皇に裏と表がいることは間違いないことですし、だとしたら当然、北朝と南朝が裏と表になるとしか考えられません。それが自然な考え方です。ごく普通に考えれば、そういう結論になるしかありません。
     
    やはり悪魔崇拝者は、正当な悪魔崇拝者の血筋でないと、表の天皇にも裏の天皇にも権力を渡さないと思うからです。
     
    いずれにせよ、議論はここまでにして、いずれ近いうちにきちんとした記事にしようと思います。

  • 通りがけ
    Posted at 22:58h, 30 11月

    あとひとつ、穢多(エタ)という伝統日本語について。
    これは黄泉の国から帰ったイザナギが海に潜って穢れを禊ぎ落とした故事から、大王(後に天皇)の位に就く者は禊ぎをして穢れを落とさねばならぬとしたものです。皇位継承資格者は数多くあっても大王位に就く者はただ一人であり、福永晋三氏が考証したとおり大王天皇になれなかった有資格者は当時の慣習では手足を引きちぎられて葬られる。ヤマトタケルノミコトの兄も雪隠から出たところを弟に取り押さえられて手足を引きちぎられて殺されたと記紀にあります。天皇位に就いて禊を行わなければ穢れ多き者でしかありえないのです。天皇は一人だから他の者は必然的に禊ぎを受けられない穢れ多き者、すなわちエタとなるのです。みんなおとなしく手足を引きちぎられて殺されるなんていやだから、新しい天皇になれなかった前の天皇の血縁者は人里離れた山の奥深くへ逃げ込んで、サンカや修験者や鬼や非人の仲間に身を窶していまの天皇の御世が早く終わって自分が人里に復帰できるよう陰陽道の呪文を唱え続ける、というわけです。
    すなわち天皇家や貴族の家の血筋こそが江戸時代に確立した身分階層士農工商エタ非人のうちのエタ階層というわけです。これがエタという伝統日本語の正しい語義由来です。

  • rapt
    Posted at 23:18h, 30 11月

    >通りがけさん。
     
    エタ・ヒニンの差別は江戸時代までであり、今現在では、エタ・ヒニンといって差別される人は見かけません。同和差別もあってないようなものです。少なくとも表向きは。陰ではあるのかも知れませんが。
     
    では、なぜ今はエタ・ヒニンと呼ばれる人がいないのか。明治維新以降、北朝系も南朝系も権力を持ったからであり、北朝・南朝関係なく天皇に近い人は差別されなくなったからではないでしょうか。
     
    橋下徹のような同和出身者が持ち上げられているのも、そういう影響からでしょう。
     
    特に橋下のような才能のある人は裏社会から買われると思います。横田めぐみさんもきっと何かしら買われたのでしょうね。多分、天皇家は、天皇家の血筋の者たちの個人情報をすべて集めて、精査しているんじゃないでしょうか。
     
    彼らは何よりも血筋、血統を重んじますし。
     

  • ARMD
    Posted at 00:32h, 01 12月

    北朝鮮に沢山の資源があることについては実は私の中学時代の地歴教科書にも触れられていたのを覚えています。
    「・・・沢山の鉱物が眠っており、やはり統一されてこそバランスの良い国になる・・・」という感じです。

    半島には資源が豊富で、福島や軽井沢は過ごしやすい気候。
    やはり連中にとってここ一帯は重要なのでしょうね。

    RK独立党田舎暮らし計画
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/201411/article_185.html

    ・・・リチャードさんのこのような所は良いと思うのですが、結局心身ともに自立できていない人の寄せ集めになってしまっているのが現状です。あのねあのねさん、正義さん、JOTX-TVさん・・・
    本人もそれを分かっていて別のブログを作成したのに機能していません。
    http://richardkoshimizu.main.jp/

    このブログもそうですが、得た情報を元に自らができることを日々行うのが「生きる」ということです。依存してはいけません。

  • アモリフェラ
    Posted at 12:49h, 01 12月

    素晴らしいご研究ですね。習近平さんの仏頂面の意味も分かります。考えてみれば、北朝鮮くらいNWOっぽい国もないです。最下層の人々は食うや食わずで、軍事力ばかり大きい。ロックフェラーが、幹部50人処刑したとは!!北朝鮮も日本以上にアメリカの属国だったのですね。驚きました。いつも面白い記事をありがとうございます。

  • yoshi yamaguchi
    Posted at 16:54h, 01 12月

    こんにちは、昨日北朝鮮のウランについてコメントしましたが
    かつて、日本のチッソが北朝鮮でモナザイトを発掘してたみたいですね。
    モナザイト自体もレアアースですが、ウラン成分を含んでいる事でも知られています。

  • ぽんた
    Posted at 19:03h, 01 12月

    自分の目で見た限りでは九州、山口、徳島、結構未だに同和の純度の濃い地域があるのはありますね。
    ですが一昔程の世間の見方程では無いでしょうね。その地域には近づくのが本当に怖かったです。
    当然、その現代の同和の中にも支配階層が出来上がってるんでしょうね。
    武家階級と公家のやり取りは大昔から普通にあったんだと思います。各々家紋も持ってる所とかありますもんで
    そうかと思ってます。例えば武家の分家に宮家の口減らしを預けられたとか。そんなパターンです。
    北の金剛山には色々と厄介なモノが捨ててあるようです。台湾は産廃のお得意様ですね。
    プーチンを誉めるという事は一部、利害の一致があるんですね。もっと頼むよという所かもですね。

  • 774
    Posted at 18:27h, 03 12月

     「大宇宙連合からの啓示」 田村珠芳著 徳間書店だそうです。。

    http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-3b42.html

Post A Comment