RAPT | ロックフェラー家の内部抗争について。またはジェイ・ロックフェラーと小沢一郎と橋下徹の奇妙なつながりについて。
17414
post-template-default,single,single-post,postid-17414,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-9.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

ロックフェラー家の内部抗争について。またはジェイ・ロックフェラーと小沢一郎と橋下徹の奇妙なつながりについて。

21 11月 ロックフェラー家の内部抗争について。またはジェイ・ロックフェラーと小沢一郎と橋下徹の奇妙なつながりについて。

63065831f5db4b2c1126982ffe699c2f 

ついに解散総選挙の運びとなりましたね。
 
これはアメリカ中心のNWO計画を目論んできたロックフェラー家が敗れ、日本中心のNWO計画を目論んできた天皇家が勝利したことの現れであり、今回の選挙ではロックフェラー派の議員がほとんど排除され、天皇派の議員たちの多くが当選し、その中から首相が選出される運びになる、と私は予測しています。
 
ただし、ここで一つ注意しておかなければならないのは、天皇を擁する田布施一族が決して一枚岩ではなく、ロックフェラー派と天皇派とに分かれてしまっているように、ロックフェラー一族もまた決して一枚岩ではないということです。
 
以前からずっと噂されてきたことではありますが、実はロックフェラー家の頭首であるデイビッド・ロックフェラーとその甥のジェイ・ロックフェラーは、これまでずっと殺し合うほど激しい身内争いをしてきた経緯があります。
 
投資小僧の金相場日記 ロックフェラー VS ロスチャイルド
 
ただし、このような噂話はあちこちで流れていても、彼らがどうして争い合っているのか、その理由をはっきりと説明できる人が一人もいませんでした。そのため、私はこの話をずっと眉唾ではないかと思っていたのですが、今となってはこれが眉唾ではなかったことが分かります。
 
ジェイ・ロックフェラーは以前からずっとロスチャイルドとねんごろな関係にあると噂されてきましたが、このロスチャイルドは天皇家とともに日本中心のNWO計画を進めようとしてきました。一方のディビッド・ロックフェラーは、あくまでアメリカ中心のNWO計画を推進しようとしてきました。要するに、自分を中心にしたかったわけですね。
 
このため、双方が互いに対立してきたわけですが、私がこの両者の対立をはっきりと確信するようになったのは、つい最近、中川昭一氏の暗殺された理由が分かってきたことにあります。
 
中川昭一氏の死については、これまで誰一人としてきちんと納得のできる説明ができる人がいませんでした。有名陰謀論者たちもこの点にはずっと触れようとはしませんでした。多分、わざと触れなかったのでしょう。彼の死を深く掘り下げてしまうと、ロスチャイルド家とロックフェラー家の他に、実はもう一つ、天皇家という巨大財閥が存在していることがバレてしまうからです。
 
中川昭一氏の死は、建前上は病死とされていますが、これは紛れもない暗殺です。彼が殺されたのは、2009年のG7において中川昭一氏とフランスのストロス・カーン氏とが米国債についてある取り決めをしたことが原因だと考えられます。
 
このときこの二人は、日本に溜まったアメリカ国債を使って、IMF経由で諸外国にお金を融資できるという決定を下しました。この決定は、アメリカに巨大な損を被らせる一方、日本政府をボロ儲けさせることになりました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
日本は世界一の金貸し国家。長引く円安で日本政府と日銀が密かにボロ儲けしています。
 
しかし、この取り決めの裏に隠されたカラクリに気付いた人はこれまで一人もいませんでした。いえ、有名陰謀論者たちはこのカラクリをちゃんと分かっていたはずですが、この点に触れてしまうと、やはり天皇家という巨大財閥の存在がバレてしまうので、わざと触れなかったのでしょう。
 
中川昭一というと、アメリカの最大の飼い犬であった小泉内閣の下で、経済産業大臣、農林水産大臣を務めた人物です。ある意味、ロックフェラーの傀儡として働いていた人物だったわけです。ところが、この人物がアメリカに損を被らせ、日本に利益をもたらすような決定を下した。つまりロックフェラーを裏切ったわけです。
 
もちろん、彼が一人でそんな決定を下せるわけがありませんので、彼の背後には何か大きな勢力があったはずです。では、その勢力とは何なのか。言うまでもありません。天皇家です。
 
中川昭一は天皇家の指図に従って、わざとアメリカが大損をし、日本政府もしくは日銀がボロ儲けするような取り決めをしたのです。で、ロックフェラーがこれに怒って、中川昭一を暗殺した、というのが事の真相でしょう。
 
また、一方のフランスのストロス・カーン氏も2011年にニューヨークのホテルで家政婦を強姦したとの濡れ衣を着せられた上、2012年には売春斡旋容疑で逮捕。もちろん、これもロックフェラー家による報復に違いありません。
 
IMFの前専務理事ドミニク・ストロスカーン、売春斡旋容疑で逮捕
 
要するに、このG7の取り決めがあったときから、アメリカIMFも既にロックフェラーの傀儡ではなくなり、天皇家もしくはロスチャイルド家の傀儡に変わっていたということです。そして今では、アメリカという国家自体が、ディビッド・ロックフェラーの傘下を離れ、ロスチャイルドもしくはジェイ・ロックフェラーの傘下に移ってしまったと考えて先ず間違いなさそうです。
 
また、日本でもロックフェラーの飼い犬となりきった小泉内閣の後、安倍内閣、福田内閣、麻生内閣へと変わっていきましたが、中川昭一氏がこのG7の取り決めをしたのは、麻生内閣のときのことです。
 
ということは、麻生内閣もまたロックフェラーの手から離れ、天皇家の傀儡になっていたということです。確かに今から考えてみると、アメリカの飼い犬だった安倍内閣はつるし上げられ、福田康夫もすぐに首相を嫌になって辞任。
 
福田首相の場合、天皇家とロックフェラー家の対立の狭間に立たされるのが嫌になったのでしょう。この頃はまだロックフェラーと天皇家の勢力とがそこそこ拮抗しあっていたのではないでしょうか。
 
で、その次の麻生内閣は、アメリカへの売国政策をほとんど行いませんでした。当時は私も、そんな彼の姿を見ながら、日本の国益を守ろうとしているのだと思って感心していたのですが、なぜか大手マスコミは彼のことをこぞってバッシング。漢字が読めないとバカにしたり、毎日ホテルのバーで酒を飲んでいるといって叩いたり、凄まじいバッシングの嵐でした。
 
つまり、この当時はまだロックフェラーの勢力がそれだけ強かったという証拠です。そのため、麻生内閣はすぐにロックフェラーに叩きつぶされてしまったわけですが、その後もまだ天皇家の勢いは衰えず、民主党が与党に変わったものの、その首相であった鳩山と菅内閣は完全にアメリカとは縁を切る方向で進んでいきました。
 
しかし、ロックフェラーがこれに怒って3.11の人工地震を起こし、日本の国力を削ぎ落とすと同時に、菅内閣を失脚させてしまいました。で、この次に野田政権が誕生し、アメリカ売国政策を次々と成立させていったわけです。何しろ、消費税増税やTPPを言い出したのは彼ですからね。しかし、野田が全く国民からの支持を得られなかったので、ロックフェラー家はやむなく安倍晋三に首をすげかえることにしたわけでしょう。
 
しかし、安倍内閣が次から次へとアメリカ売国政策をとっている間に、ロックフェラーの勢力はどんどん弱体化。まあ、当然です。何しろ、デイビッド・ロックフェラーはもう99歳です。いつ死んでもおかしくないような状態です。しかも、彼の看病をしていたと思われる医者のリチャード・ロックフェラーもヘリで墜落死。
 
ロックフェラー家に下った数々の天罰。やはり悪人は地獄の生を送っていた。
 
この事故があった当時は、私もこれを単なる事故死ではないかと思っていましたが、今になって考えてみると、やはりデイビッド・ロックフェラーの弱体化を狙った暗殺であると見て間違いないような気がします。多分、ジェイ・ロックフェラーの手先がこの暗殺に関わっているのでしょう。
 
こうなってくると、デイビッド・ロックフェラーの勢力が衰えるのは当然です。ロックフェラー一族の大半がデイビッド・ロックフェラーのお膝元を離れ、ジェイ・ロックフェラー側についたことは疑いようがありません。
 
で、このジェイ・ロックフェラー。実はかねてから小沢一郎とはねんごろな関係にあります。小沢一郎は自民党を離党する前、「日本改造計画」という本を出版しているのですが、この本の英語版になんとジェイ・ロックフェラーが序文を寄せているのです。
 
そして、この小沢一郎が今、解散総選挙の始まる直前に、小泉純一郎、細川護煕と一緒になって何やらこそこそと動きはじめています。細川は完全な天皇の傀儡であり、小泉もまたディビッド・ロックフェラーからジェイ・ロックフェラーの傘下に乗り移ったものと考えられます。
 
政界では早くも関西遷都と天皇礼賛キャンペーンが本格始動しようとしています。橋下・小泉・細川・小沢の動きに要注意。
 
さらに、この小沢一郎。今年の7月に橋下徹率いる「日本維新の会」と会合を開き、意見交換をしたとか。その上、「橋下君は国政に出るべき」とまで叱咤激励。これだけ見ても、小沢一郎と橋下徹がつながっていることは明らかです。
 
○【動画アリ】小沢一郎氏「橋下君は国政に出るべき。都構想が上手くいかなくても気にする必要ない」 : 橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ
 
言うまでもなく、この橋下徹もまた完全な天皇家の傀儡です。大阪都構想、君が代の強制など、すべて天皇家の思惑通りに事を進めてきたからです。したがって、この橋下徹と小沢一郎がつるんでいるということは、小沢一郎もまた天皇家の傀儡であると考えて先ず間違いありません。
 
しかもこの小沢一郎。先週もまた橋下徹と密会し、密談しあった模様。さらには前原誠司とまでも……。
 
———————————-(以下、ZAKZAKより抜粋)
 
先週11日、永田町の一部で「小沢氏が、維新の橋下徹共同代表(大阪市長)と会ったようだ」という情報が駆けめぐった。橋下氏はこの日、平日にもかかわらず「公務が休み」だったため、真実味を帯びた。
 
双方の事務所などは否定したが、小沢氏に近い財界人は「名古屋で会ったはず。選挙協力の形や、今後の新党構想などを幅広く話したはずだ。まだ、手の内を明かす時期じゃない」と語っている。
 
さらに、永田町には「小沢氏が臨時国会中、民主党の前原誠司元代表とも会合を持った」という情報もある。小沢氏と前原氏は天敵に近いが、「野党がバラバラの現状に危機感を持ち、接触した」というのだ。
 
民主党地方組織幹部は「京都で会ったという情報だ。2人に近い財界人が『ここは知恵を出し合い、原点に返って非自民勢力の再建に手を結ぶべきだ』と口説いたと聞いている」と語る。
 
小沢・前原会談の真偽について、当人たちは口を閉ざしているが、関係者は返答が微妙だ。
 
「知らない。ないと思う」(小沢氏側近)
 
「答えられない」(民主党の前原氏側近議員)
 
小沢氏の野党共闘のシナリオについて、小沢氏側近はいう。
 
「もちろん、新党が望ましいが、それが無理なら『オリーブの木』でも『選挙区ごとの共闘』でもいい。とにかく、野党が1つにならなければ、自民党には勝てない。小沢氏は各党の主要幹部と精力的に会って話し、流れを作ろうとしている」
 
そして、これまでの小沢氏と違うのは「捨て身」だという。
 
「小沢氏は、誰と会ったとか、これまで以上に一切言わない。それは、小沢氏が動いても、その存在が知れた段階で『小沢はノーだ』という声が出て、共闘話が壊れることを避けるためだ。小沢氏はそれでもいいと思っている。野党が新党などでまとまるとき、もし『ノー』といわれたら、自分だけ離れて無所属になってもいいと思っているようだ」(同)
 
小沢氏にとっては「最後の仕事師」の覚悟かもしれない。
 
———————————-(抜粋ここまで)
 
これまで天敵と言われていた者同士がタッグを組み、何かを一つになってやろうとしているわけですね。しかも、小沢一郎が捨て身になっていると……。というか、彼には自信があるのでしょう。天敵であるデイビッド・ロックフェラーの勢力がゼロになりつつあるわけですから。
 
今のところ、小沢一郎が腹の底で何を考えているのか、何をやろうとしているのか、また自分をどんな立場に置こうとしているのかよく分かりませんが、今後、彼が天皇中心のNWO計画を推進していく上で大きな舵取り役をしていくことは間違いありません。
 
また、一方のジェイ・ロックフェラーも、かつて日本のICU(国際基督教大学)に3年ばかり留学した経験があります。彼はかねてから親日の立場をとってきました。要するに、天皇家とはかなり近い関係にあるわけです。
 
そして、つい最近、天皇家の佳子様もまた学習院からICUへと転校しましたね。なぜかはよく分かりませんが、ここにジェイとのつながりを疑うのは私だけではないはずです。
 
こうして見てみると、ロスチャイルド家もロックフェラー家も天皇家も、裏社会の面々がみんな水面下でタッグを組み、一つの目的に向かって進んでいることが分かります。その目的とは言うまでもありません。天皇を中心としたNWO計画です。そして、そのために彼らは先ず大阪への首都移転を始めようとするはずです。
 
したがって、これからはロックフェラーの傀儡すらも、天皇中心のNWO計画を成就するために動き出すに違いありません。実際、村井宮城県知事(ロックフェラー系の松下政経塾出身)と橋下大阪市長(天皇の傀儡)が、タッグを組んで道州制を画策する、という動きも既にあったようです。
 
村井嘉浩宮城県知事が進める新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)|SAKIKO’S IDEA
 
もっとも、ディビッド・ロックフェラーの勢力が完全にゼロになったとは考えられませんので、今後も彼らはしぶとく天皇家に噛みついていくはずです。でなければ、政界が今みたいにややこしい動きをするはずもありませんし。
 
いずれにせよ、今回の選挙がどう進んでいくのか、皆で祈りつつ注視していきましょう。
 

7 Comments
  • プル14
    Posted at 20:32h, 21 11月

    こんばんは。更新お疲れ様です。
    慌ただしくなってきましたね。母とも解散について会話していましたが、もう解散後の内閣メンバーはもう決まっているのではないかなんて言い合ったりしてました。たしかにロックフェラーも黙ってはいないでしょうが、果たして天皇側の出来レースか、それともロックフェラーの邪魔立てで多少の歪みを生じるか・・・・いずれにせよ悪魔の手先という点に変わりはありませんがね。

    そういえば、聖書の話を家族にしたところ、『旧約聖書物語』 犬養養子 (新潮社) 『新約聖書物語』 犬養養子 (新潮社)の二冊が祖母の家にありました。物語とついていますので何か脚色があるかもわかりませんがとりあえず読んでみようと思います。機会があれば、『新共同訳』も読んでみようと思います。

  • 立石
    Posted at 20:55h, 21 11月

    これまでバラバラに見えていたものが、ここに来て一つに結びついてきました。
    こうなってくると、もう野党も与党とか、親米派とか親中派といったくくりも無意味ですね。
    何しろトップにいる親分が変わりつつあるわけですから。
    某陰謀論者は、親米派とか親中派といったくくりで政治家一人一人を説明してきましたが、どうもいまひとつしっくりと来ませんでした。
    これは中国か米国かの戦いではなく、日本か米国かとの戦いだったわけです。

  • カオス
    Posted at 21:37h, 21 11月

    昨日小沢一郎と杉並へのコメントがありました。 小沢はカタという(かなり癖はありますが 事実だと思っている)音声動画にて 天皇が政府の言うことを聞くようにしたいということを シュウキンペイに頼んだ そして天皇との会談がなされたと言っており また他の記事でも創価のなりたち 今の天皇指令の殺害などを把握している人だと書かれており それで少し信じたのです。 今もまだ私は黒とか白とか認識できないかもしれません。 杉並は 横田めぐみさん死亡説を発信 また田布施ということも発信 それだけでも一つの役目ととらえています。  今日の記事にて これではだれ一人この流れを止める人はおらず 世界で一つだけ 異常な国になる ・・・
    今は ただ呆然。 祈る元気もでないような。 ・・・・・

  • 上村
    Posted at 22:16h, 21 11月

    今回の選挙がどう進んでいくのか、祈りつつ注視することにします。

    以前にもこのブログのコメント欄にて記載した小沢氏の件について2点ほど参照先のURLを記しておきます。

    ◆小沢氏著作の「日本改造計画」は、英文が親本であるということ。(もっとも副島氏の言説なのでどこまで信用したら良いのか・・・)

    http://goo.gl/JSrTUk

    一部転載始め)
    『ブループリント・フォー・ア・ニュー・ジャパン』は、小沢一郎著『日本改造計画』の翻訳本ということになっている。しかし真実はその逆でこの英文書の方が親本であり、先に書かれた。その日本語訳が『日本改造計画』である。書いたのはルイーザ・ルービンファインというハーバード大出て、小沢事務所に女性日本研究者である。このルイーザの母親が、中学生の頃の小沢一郎に直接、英語の家庭教師をした。国王教育である。
    一部転載終わり)

    ◆小沢一郎氏・驚きの直立不動!

    http://goo.gl/kSqzgD

    一部転載始め)
    すぐ近くに小沢一郎さんが立っておりまして、“ただ立っているだけ”ではなくて、天皇陛下がいらっしゃるおそらく30分以上前から…私は30分弱前ほどに到着しましたので、その時には既に直立不動の状態で立っておりまして、わたくしもちょっと“異様な張りつめた空気”を小沢氏の周りに感じ、ずっとその後ろで立っておりましたが、天皇陛下がやっていらっしゃったPM2時45分ほどでしょうか、それまでの間30分以上その場で“コチコチになったような”本当にもの凄い直立不動のままで立っていらっしゃった、というところが印象的でございました。
    一部転載終わり)

    いやぁ、このような方を支持、応援するようなことは出来ませんね。小沢一郎氏は、まさに悪魔崇拝者という証左ではないでしょうか。

  • 通りがけ
    Posted at 22:29h, 21 11月

    @今度のイスラエル国営鬼畜NHK不正選挙は橋下徹ヒットラー偽総理を作るのが目的

    安倍廃物廃人偽総理がニュースで白痴っぷりを晒しましたがこれすべてイスラエルユダヤフリーメーソンの予定通りです。先の沖縄県知事選と密接に連動しています。
    総理にしてもらった安倍はユダヤフリーメーソンにとって最も大事な沖縄全島米軍基地要塞化を実行できなかった。
    なので安倍はもう用済みで廃棄処分です。テレビでどんどん醜態を晒していることで明らかですね、もちろん鬼畜NHK電通マスゴミも悪魔イスラエルの鬼畜手下だからそれを知っています。マスゴミの安倍バッシングはイスラエルの命令です。

    今度の解散で自公政権は終わり。先立つ沖縄知事選で中居間敗北は8時にNHKが報じたから予定通り。新知事は自公政権に協力しないで今度の解散選挙で誕生する非自公政権に協力する。

    いま選挙に向けて野党が大同団結の猿芝居を打っていますねw次の予定で、ここであの橋下徹が衆議院に立候補して当選する。野党の第一党は維新となるよう選管NHK共犯内乱罪不正選挙で調節する。そうすれば新政権は橋下徹首相を選出する。

    橋下は戦争したがりの狂人ヒットラーだから新総理になった途端沖縄の新知事へ向かって直ちに沖縄の米軍基地を拡充するよう要求する。で新知事は非自公政権だから全面的に橋下徹へ協力してヘノコ移設も何もかも米軍の望むとおりに沖縄全島を献上する。

    こういう筋書きですよ(笑)丸見えですがw

    ね、地上げ屋さん消費税0%公約一本やり電車道政党「民のかまど」党作って白痴あほ安倍オカマ総理の後釜総理になってくれませんか?息を吐くように嘘を吐く悪徳弁護士戦争犯罪偏執狂の橋下折るためにw

    ・・・・・・
    と、「気弱な地上げ屋」さんのラ・ターシュに魅せられてブログエントリー
    <解散総選挙! 「不満もありますが・・大義のため、大同団結することにしました」 民主 維新 みんな 生活 社民・・次世代も?>
    http://latache1992.blog56.fc2.com/?no=699
    へ投稿しましたw

  • あんこぱん
    Posted at 01:40h, 22 11月

    明治天皇は田布施システムによって、作られましたが、
    昭和天皇がしこたま金塊を奪って隠し持って、大金持ちになったのですから、
    政治家に従えているはずないです。普通に考えてもあり得ません。
    明治では天皇は明らかに、カイライでしたが、今は権力は上にあると思って
    間違いはないと思います。
    民主主義は見せかけだけでしょう。
    天皇と皇族とそして、京都の一族やらで、大きく日本を動かしているのだと
    いわれているのも、事実だと思いますよ。

    私も、中川氏の死にも不可思議なものを感じていました。
    隣にいた、官僚は中川氏が泥酔状態でも、知らん顔でしたし、
    その後昇進までしています。ありえませんよね。

  • ぽんた
    Posted at 13:00h, 22 11月

    白洲次郎みたいなのが沢山いる筈です。

Post A Comment