RAPT | 神奈川で所在不明の子供44人。悪魔崇拝との関連性はないのか。
所在不明の子供 幼児虐待 虐殺 悪魔崇拝 暴力団 CIA
12056
post-template-default,single,single-post,postid-12056,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

神奈川で所在不明の子供44人。悪魔崇拝との関連性はないのか。

神奈川で所在不明の子供44人。悪魔崇拝との関連性はないのか。

IRAQ-WAR-10YEARS-US-SPY-FILES 

現在、世界中で行方不明の子供の数がどんどん増えていますが、つい先日、アフリカの子供たちが宗教儀式の目的で連行されている件について、国連がイギリスに警告したというニュースが世界中を駆け巡りました。
 
国連がはっきりと全世界の前で、悪魔崇拝などの儀式がイギリスで行われているということを認めたわけです。
 
国連がついに悪魔崇拝儀式のかどでイギリスに警告。世界中の悪魔崇拝者が追い詰められる事態に。
 
私自身もずっと以前からこの世には悪魔崇拝なる儀式を行っている人がいる、という疑いを抱いていましたが、エリザベス女王と前ローマ法王ベネディクト16世の逮捕を機にそれを確信するようになり、具体的にその実態を調べるようになりました。そして、その結果をこのブログにも書いています。
 
ユダヤ陰謀論者がよく使う「イルミナティ」という言葉の定義も、これまでは非常に曖昧なものでしたが、今では「悪魔崇拝者の集団」であると私個人は定義しています。
 
その「悪魔崇拝者の集団」イルミナティが、表向きは色々な宗教団体や政治結社などを装いつつ、裏では密かに世界中の子供たちを連れてきて、悪魔崇拝のための生贄として殺し、その肉を食べ、血を飲んでいました。そうすることによって霊的パワーを受けられると信じていた、ということも今回の裁判では証言されたようです。
 
バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかに。
 
この生け贄となる子供たちを世界中から誘拐し、集めてくるのがアメリカCIAの役目です。彼らは麻薬売買のルートを使って子供の人身売買を行っています。
 
アメリカCIAが悪魔崇拝のため幼児誘拐および人身売買のネットワークを構築。その調査報告について。
 
アメリカでは現在、年間で80万近くの子供が行方不明となっています。恐らくその子供たちの大半が悪魔崇拝の生贄とされているのでしょう。そして、その中の一部はイルミナティの一員として育てられているのではないかと思われます。
 
一方、この日本でも所在不明の子供が年々増えています。昨年は4000人近くの子供が行方不明になっていると読売新聞で報じられました。
 
日本の行方不明の子供。2011年には1000人、2013年には4000人にまで急増。
 
にもかかわらず、日本政府は所在不明の子供について実質的に調査をしたことがなく、今年の四月になってようやく重い腰を上げたという有様です。したがって、この問題については、日本国民のほとんどが調べたくても調べられなかった、というのが実情でした。実際、ネットを調べてもこの件についての情報はほとんど出てきません。
 
しかも、この日本には私のように幼児誘拐と悪魔崇拝とを結びつけて考えている人が余りいません。というより、ほぼ皆無に等しいのではないでしょうか。日本人は悪魔崇拝について余り情報を持っていません。そもそも、そんなことが実際にこの世で行われていると考えていた人すらほとんどいなかったはずです。裏社会からしてみれば、実に好都合な状況だったわけです。
 
国がこの件について実態の解明に乗り出して以来、神奈川県では早くも44人の所在不明の子供がいるとの発表がありました。このうちの何人かはやはり悪魔崇拝儀式の生贄とされたのではないかと私は考えています。
 
特に神奈川県は、日本の三大暴力団の一つである稲川会の本部があるところです。ヤクザというのはアメリカのCIAと強いパイプを持っており、CIAの手先となって動いています。
 
CIAが日本のヤクザを使って日本の子供たちを誘拐し、麻薬ルートを使って子供の人身売買をしている疑いは濃厚です。その取引に使われたお金は、やはり麻薬取引と同じように、どこかの宗教法人に預けられ、資金洗浄されているのでしょう。宗教法人には納税の義務がなく、どんな種類のお金が入ってきても、それを国に報告する必要がないからです。
 
もっとも、これらのことはあくまで私の推測に過ぎませんし、確かな証拠があるわけでもありません。しかし、もし今後、あなたやあなたの身の周りのお子さんの身に何かあった場合は、このことを念頭に置いて行動してください。下手に行動すると、自分までもが酷い目に遭います。
 
というのも、もし本当にこの件の背後にCIAが絡んでいるなら、警察も口出しは一切できないからです。つまり警察に訴えても全くの無駄だということです。そして、恐らくCIAが絡む問題だったからこそ、日本政府はこれまでずっとこの件に対して及び腰だったのではないかと思われます。
 
このようなわけですから、今後は所在不明の子供に関する報道にも規制がかかり、インチキな情報が飛び交うかも知れません。金融ユダヤ人は自分たちの知られたくないことは一切メディアに報道させませんし、むしろ情報を攪乱しようと工作するからです。
 
現に世界中のマスコミが、エリザベス女王とベネディクト16世の幼児虐殺事件について未だに一切報じようとしません。一応、バチカンの祭司800人が幼児虐待の容疑で退職したとの報道は流れましたが、この件についても詳しい実態はほとんど国民に知らされませんでした。
 
ですから私は、この件については国にもマスコミにも余り期待してはいませんし、個人的に調べるしかないと思っています。もし今後の調査で、何か新しく分かったことがあれば、その都度このブログでも公表していきます。
 
ちなみに、全国に点在する暴力団についての詳細は以下のサイトをご参照ください。あなたのお住まいの地域が安全かどうかが詳しく分かります。
 
全国暴力団情勢(事務所一覧)~全国暴力団勢力図・事務所所在地
 
(以下、読売新聞より転載)
 
所在不明の子ども、神奈川で44人 : 教育 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 
神奈川県内の市町村が把握している所在不明の子供(18歳未満)は16日現在、8市町の44人に上ることが、各市町村への取材でわかった。
 
厚生労働省は5月1日時点で所在が確認できない子供について、全国の自治体に報告を求める初の実態調査を行っており、今夏にも結果を公表する方針だ。各市町は追跡調査を進めており、11月1日時点でも所在確認できない人数を同省に報告する。
 
外国へ出国も
 
読売新聞が県内33市町村に5月1日時点で所在不明の子供の人数を聞いたところ、11市町で計66人に上った。横浜、川崎両市は調査中で、現在の判明分は所在不明が1年以上の場合。横浜市は小中学生分だけとなっている。大和、海老名、綾瀬3市では2日以降、入国管理局への照会を通じ、いずれも外国に出国したことを確認した。
 
最も多かったのは横須賀市の20人(小学生19人、中学生1人)。ただ、その後の市児童相談所の調査で、このうち12人の所在を確認。3人は過去に米海軍横須賀基地内に居住していたことから、現在は海外に住んでいるとみられ、残る5人を継続調査の対象としている。座間市で所在がわからないのは、16日現在で9人(2~10歳)。いずれも親は外国籍とみられ、入国管理局へ照会中という。
 
家庭訪問で確認
 
今回、5月1日時点で所在不明の子供を「2人」と回答した大和市。読売新聞が昨年11月、2012年度の乳幼児健診を受けず、所在が確認できない乳幼児数を聞いた際は、155人と回答していた。
 
市によると、当時は3歳児健診を受けていない家庭には、受診を勧める文書を送るだけで家庭訪問は実施していなかったが、全国で所在不明の児童の虐待死などが相次いで発覚したことを受け、13年度から未受診家庭に対する保健師の家庭訪問を始めた。
 
現在、保健師は10人。市内には、難民支援の施設が設置されていた影響で東南アジア系の住民が多く住んでおり、市の担当者は「外国籍の保護者とのやり取りに苦戦することが多い」と語る。スマートフォンの翻訳アプリや辞書機能を使って保護者とコミュニケーションを取るなど、試行錯誤しながら調査を進めているという。
 
県、20人の所在確認
 
県は10日、所管する児童相談所(政令市と横須賀市を除く)が把握している18歳未満の子供のうち、49人が「所在不明」と発表したが、16日夕までに20人の所在を確認、不明の子供は残り29人になっている。県の調査は、虐待や不登校、家出などの相談・通告があり、児相が対応中の子供のみ。引きこもりなどで家族以外が接触できないケースも含まれている。横須賀市の児相でも、5月2日以降に3人(0、1、16歳)の所在不明が判明している。
 
(転載ここまで)

No Comments

Post A Comment