RAPT | ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。
JAL123便 ビル・ゲイツ トロン OS ウインドウズ
7937
post-template-default,single,single-post,postid-7937,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

ビル・ゲイツ 

前回の記事で、ビル・ゲイツが自らの作るワクチンによって人口削減が可能だと語ったYouTube動画をご紹介しました。 日航123便の墜落が無ければ、今のマイクロソフトは存在し得無かった !
 
この噂が真実かどうかは分かりません。しかし、私はどんな話でも、頭ごなしに信じることも、逆に頭ごなしに否定するつもりもありません。どんなことでも火のないところに煙の立つことはないからです。とはいえ、ビル・ゲイツがNWOメンバーの一人であることは多くの人々にとって周知の事実であり、NWOメンバーならどんな悪事も働きかねないこともまた誰もが知っている事実です。
 
しかし、この噂が真実であるにせよないにせよ、悪事を働いて巨万のお金を手に入れたところで、一体この人生にどれほどの幸福がもたらされるか、私には甚だ疑問です。お金が人に幸せをもたらすという考えは私から見れば単なる幻想であり、お金がなくてもこの人生はいくらでも豊かに生きられると思っているからです。
 
しかし、人々の多くは金がないと心豊かに生きられないと思い込んでいます。幼い頃からマスメディアによってそう洗脳されてしまったからでしょう。そのため、多くの人が経済的に窮してくると落胆し、自分で自分を追い詰めてしまいます。
 
日本は今後しばらくは現在の不況から脱することは不可能でしょうから、先ずは自らそんな心を変化させ、貧しい状態でもいくらでも幸せに生きられるし、その方法を真剣に模索するべきでしょう。いえ、もちろんお金を稼ぐことを否定するつもりはありません。むしろ、お金が欲しいなら欲しいで、新たな事業なりビジネスなりを立ち上げようと真剣に考えればいいのです。いつまでも他人におんぶにだっこで、誰かから雇ってもらおうとばかり考えず、自立してこの世の役立つような大事業を興せばいいのです。多くの日本人がそういう努力をすれば、この国はいずれ素晴らしい国家になっていくはずです。
 
日本人はもともと逆境に立たされたときこそ、その真の実力を発揮するところがあります。現在の政府が次から次へとおかしな政策を立ち上げ、日本の国民をどんどん窮地に追いやっていますが、こういうときだからこそ、日本人一人一人が自らの中に眠っている個性を発見し、その個性を最大限に発揮しながら、この日本のためになるような商品を開発し、新しいサービスを立ち上げていけば、この日本はいずれさらなる大国へと発展を遂げるはずです。少なくとも、私はそう信じて疑いません。21世紀の発展を担うのは私たち日本人なのです。

No Comments

Post A Comment