RAPT | RAPT有料記事318(2018年10月8日)例え主が我々の繁栄を約束されたとしても、我々が10やれば10栄え、100やれば100栄え、1しかやらなければ1しか栄えない。
48927
post-template-default,single,single-post,postid-48927,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事318(2018年10月8日)例え主が我々の繁栄を約束されたとしても、我々が10やれば10栄え、100やれば100栄え、1しかやらなければ1しか栄えない。

RAPT有料記事318(2018年10月8日)例え主が我々の繁栄を約束されたとしても、我々が10やれば10栄え、100やれば100栄え、1しかやらなければ1しか栄えない。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
主は今のこの時代にサタンを滅ぼし、イルミナティを滅ぼしてくださることを私たちに約束して下さっています。
 
しかし、主がいくらそのように約束して下さっていたとしても、私たち人間が主の御言葉に従って、それ相応の条件をきちんと立てなければ、主の約束が完全に成就されることはありません。
 
モーセの時代も、主はモーセを通してイスラエルの民たちをエジプトから脱出させてカナンに連れて行くことを約束しておられました。
 
ところが、イスラエルの民たちがモーセの言葉にあまりにも不従順だったため、かろうじてエジプトから脱出することはできても、カナンの地に到達することができず、その途中にあったシンの荒野で苦しみながら死ぬ羽目になってしまいました。
 
このように、主がいくら私たちに祝福を約束されたとしても、私たちが主の御言葉にきちんと従わなければ、主の約束は最後まで成就されることはなく、むしろ中途半端に終ったり、かえって我々の滅亡で終わったりしてしまうということです。
 
このことを深く悟って、主と心一つにして主の御言葉に従って生きる人は、主が約束されたとおりの祝福を豊かに受け、どこまでも限りなく繁栄の道を辿ることになるでしょう。
 
そして、主の御心通りにサタンもイルミナティも滅ぼして、この地に千年王国を実現していくことになるのです。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月10月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年10月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment