RAPT | RAPT有料記事316(2018年10月1日)聖書は神様の書いた書物だから、聖書を面白いと思って読める人が、神様の頭脳に近い頭脳を持った人だと言える。
48879
post-template-default,single,single-post,postid-48879,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事316(2018年10月1日)聖書は神様の書いた書物だから、聖書を面白いと思って読める人が、神様の頭脳に近い頭脳を持った人だと言える。

RAPT有料記事316(2018年10月1日)聖書は神様の書いた書物だから、聖書を面白いと思って読める人が、神様の頭脳に近い頭脳を持った人だと言える。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
前回の有料記事でもお話しました通り、この世の支配者たちは独裁政治を復活させようとし、本気で戦争を起こそうと計画しています。
 
毎年のように史上最高額を更新する防衛費が、何よりもそのことを如実に物語っています。
 
彼らは「国民主権・基本的人権・平和主義」をなくさなければならないと、人々の前で本気でスピーチするような気の狂った連中です。
 
そして我々は、そんな彼らの悪なる支配を一刻も早く阻止しようとして、様々な活動をしてきました。
 
私たちだけでなく、今ではこの世の多くの人々が現安倍政権を批判し、安倍政権のやろうとしていることを阻止しようとしていますが、我々がやろうとしていることは、この世の人々がやろうとしていることとは全く次元が違います。
 
我々は人間の考えで事を成そうとしているわけではなく、神様の考える通りに事を成そうとしているからです。
 
そして、我々のやっていることは驚くほどに効果を上げていると言っていいでしょう。
 
しかし、RAPT理論を通して分かった通り、この世の支配者たちはサタンを拝み、サタンから知恵を受けているので、私たちが人間の知恵で彼らに対抗しても勝てるわけがありません。
 
彼らの悪巧みを完全に阻止するためには、私たちがサタンに勝る知能、つまり神様と同じ知能をもって行動していかなければなりません。
 
では、どうすれば神様と同じ知能を持てるようになるのかというと、神様の書いた書物、つまり聖書を何度も読むしかありません。
 
しかも、その書物を面白いと思って、どこまでも深く感銘を受け、そして手に汗握りながら読めるほどにならなければなりません。
 
そうなってこそ、我々は神様と同じ知能を手に入れたと言えますし、そのようになった者こそが、いずれ必ずサタンのすべての計画を阻止できるようになるのです。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月10月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年10月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment