RAPT | RAPT有料記事290(2018年7月2日)神様の愛が感じられないときに疎外感を抱いて心いじけることなく、最後まで神様を愛して、神様の愛をサタンから奪い取りなさい。
48112
post-template-default,single,single-post,postid-48112,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事290(2018年7月2日)神様の愛が感じられないときに疎外感を抱いて心いじけることなく、最後まで神様を愛して、神様の愛をサタンから奪い取りなさい。

RAPT有料記事290(2018年7月2日)神様の愛が感じられないときに疎外感を抱いて心いじけることなく、最後まで神様を愛して、神様の愛をサタンから奪い取りなさい。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
先月はサタンが私たち義人を総攻撃し、人によってはその攻撃によって精神的にダメージを受けたり、場合によっては肉的にも様々な実害を受けた人もいるかも知れません。
 
では、サタンはなぜ私たち義人にそのような様々な害を加えて、私たちを苦しめるのでしょうか。
 
それは、私たち義人がその苦しみによって神様の愛を疑うようにし、「お前が神様から愛されているわけがないだろう。だから、お前がいくら神様を愛しても無駄だ」と思わせるためです。
 
サタンが義人であるヨブに様々な害を加えて苦しめたのも、そうやってヨブを苦しめれば、ヨブがいずれ神様の愛を疑って、神様を愛さなくなるだろうと考えたからです。
 
しかし、ヨプはその苦しみを最後まで耐え忍び、最後まで神様の愛を疑うことなく、神様を愛しつづけました。
 
人は誰でも神様から祝福されて、神様の愛を感じられるときには、神様のことを愛することができます。
 
しかし、神様から祝福を受けられず、神様の愛を感じられないときにも、それでも神様のために愛し仕える人こそ、真に神様のことを愛している人だと言えます。
 
そして、神様もそのような人のことを真にご自身を愛する者だと認めて、さらに豊かな愛と恵みで包み込んでくださるでしょう。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月7月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年7月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment