RAPT | RAPT有料記事264(2018年4月2日)悪人ではなく、義人がこの地を統治してこそ、千年王国が実現する。
47004
post-template-default,single,single-post,postid-47004,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事264(2018年4月2日)悪人ではなく、義人がこの地を統治してこそ、千年王国が実現する。

RAPT有料記事264(2018年4月2日)悪人ではなく、義人がこの地を統治してこそ、千年王国が実現する。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
今回は、悪なる者たちを滅ぼし、義人が自らの霊肉を成長させて、主の栄光を輝かせていくこと、それによって千年王国を作っていかなければならないという話をしています。
 
この世のカルトたちは、「人類は皆、一つになるべきだ」などと言って世界平和を唱え、善人も悪人も一まとめにした世界を作ろうとしています。
 
表向きにはその言葉はとても耳障りのいい言葉に聞こえますが、実際に悪人と義人がごちゃ混ぜになれば、義人が悪人から抑圧されて苦しむことになり、悪人が大手をふるって頭角を表すようになります。
 
そして、現実に今のこの世の中がそのようになっています。
 
だからこそ真実なる神様は、この世の終わりに義人と悪人を分けて、悪人を滅ぼし、義人を祝福して、義人たちの統治する世界、つまり千年王国を作ろうとされておられるのです。
 
神様が私を通してこのラプト理論を解き、悪人たちの悪事をことごとく暴いてきたのも、「悪人たちの悪を許しなさい」という意味で解いてきたのでしょうか。
 
そうではありません。
 
彼らの滅びを祈り、彼らを滅ぼすためです。
 
そして、主はこれからも私や多くの義人たちを使って、悪人たちの行ってきた全ての悪事をとことんまで暴き出していくことでしょう。
 
それによって、義人たちはますます悪人の滅びを祈るようになり、義人の統治する世界が到来することをさらに強力に祈り求め、自らもその世界を作るために実際に様々な働きを成すようになるでしょう。
 
主はそのような義人が数多く現れることを今も強く願っておられます。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月4月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年4月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment