RAPT | RAPT有料記事247(2018年2月3日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。
46558
post-template-default,single,single-post,postid-46558,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事247(2018年2月3日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。

RAPT有料記事247(2018年2月3日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
この世の多くの人々は、誰もが愛を求めて生きています。
 
恋人の愛、友人・知人の愛、家族の愛など、様々な愛を求めてさまよい歩き、それらを手に入れれば喜び、手に入れられなければ失望し、落胆します。
 
しかし、いざそれらの愛を手に入れたと思っても、その愛で自分の心を本当の意味で満たすことはできません。
 
むしろ逆に傷付き、苦しむことさえあります。
 
はっきりと言いますが、私たち人類の心を完全に満たすことのできる愛を持っているのはただ全知全能の主・神様だけです。
 
そして、その神様の愛は、私たち人類が真実に正しく主を愛したときに、自分の心に深く感じることができます。
 
そして、その神様の愛を受けた者は、心の喜びが爆発し、どこまでも感謝感激してこの世を生きられるようになります。
 
そして、自然とますます神様を愛するようになり、人類を愛して生きられるようになります。
 
しかし、主を愛さない者は、いつまで経っても真実の愛を受けることができないので、この世で真の喜びを感じて生きることができず、いつまで経っても真実の愛が何なのかを悟ることができません。
 
これからこの世の中の人々は、今までにないぐらいサタンの激しい攻撃を受け、その心からどんどん愛が冷めていきます。
 
そのため、誰も彼もが互いの愛を感じられなくなり、信じられなくなり、それによって多くの人々の心がさらに冷徹になっていくでしょう。
 
そんな中で、私たちが真実の愛を受け、真の喜びの中で生きていくためには、何よりも主を愛して、主の愛を受けて生きていく以外に方法がありません。
 
今回の御言葉を通して、皆さんが真実の愛を悟り、実践していく人となることを願います。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月2月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年2月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

No Comments

Post A Comment