RAPT | RAPT有料記事234(2017年12月18日)自分の存在価値を発揮したければ、全人生を懸けて主につながる努力をしなさい。
46135
post-template-default,single,single-post,postid-46135,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事234(2017年12月18日)自分の存在価値を発揮したければ、全人生を懸けて主につながる努力をしなさい。

RAPT有料記事234(2017年12月18日)自分の存在価値を発揮したければ、全人生を懸けて主につながる努力をしなさい。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
今回の御言葉は、大きく分けて3つの内容になっています。
 
先ずは次元を上げて成長していくことの重要性についてです。
 
これまで主は、私たちに何度も現状維持に留まってはいけない、常に上の次元を目指して成長していかなければならないと仰ってきました。
 
今回はこのことについて、今までとはまた別の角度から分かりやすく話をしてくださいました。
 
二つ目は、人間の存在価値についての御言葉です。
 
この世の中には存在価値のない人間は一人もいません。
 
しかし、この世の人々はほとんど誰も自分の存在価値をきちんと発揮できておらず、自分の存在価値を実感できていません。
 
そのため、「自分なんかこの世で生きていても仕方がない」などと思って自暴自棄してしまう人が数多くいます。
 
では、どうすれば自分の存在価値をきちんと発揮することができるのか。
 
その答えを一言で言うなら、主と一つにつながり、主の体となって主の御心を成すことです。
 
それによって、自分の存在価値を100パーセント発揮できるようになるのです。
 
三つ目は、異性の罪を犯しながらも愛媛に移住してきた人に対する御言葉です。
 
この人はこの御言葉を信じて間もない頃、異性の罪について全く知らないときに異性の罪を犯してしまいました。
 
しかし、今では自分の罪をきちんと認めて私に告白し、どこまでも謙虚に悔い改めようとしています。
 
そのため、主はこの人のことを憐れみ、情状酌量の余地を残して、特別な御言葉を宣布してくださいました。
 
真に悔い改めようとする人には、主がこのように憐れんでくださることもあるということです。
 
今回もまた、いつものようにレビ人の受けた啓示も併せて掲載しています。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月12月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年12月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment