RAPT | RAPTブログ読者の証言〈VOL.29〉11月11日の祝祭の日に受けた主からの恵みについての証言1。(40代女性)
45769
post-template-default,single,single-post,postid-45769,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPTブログ読者の証言〈VOL.29〉11月11日の祝祭の日に受けた主からの恵みについての証言1。(40代女性)

RAPTブログ読者の証言〈VOL.29〉11月11日の祝祭の日に受けた主からの恵みについての証言1。(40代女性)


 
11月11日は、神様が私たちに祝祭の日として特別にお祝いするようにと定められた日です。
 
何をお祝いするのかというと、私たちが神様に出会って救われたことをお祝いする日だと主が仰いました。
 
しかも、この日は神様がサタンからの攻撃や妨害を完全にシャットアウトして、私たちが神様の愛をどこまでも豊かに感じて生きられるようにしてくださる日でもあると主は仰ってくださいました。
 
そのため、私たち義人はこの日、いつにも増して神様からの愛を豊かに受け、豊かな恵みで満たされることができました。
 
もっとも、これはあくまで平素から神様を豊かに愛していた人にのみ与えられる祝福であり、信仰を持っていない人、または信仰を持っていても適当に生きている人たちには、決して同じような祝福が与えられることはありません。
 
とはいえ、神様はどこまでも愛に満ちた方なので、適当な信仰生活をしている人に対しては、この日に特別に厳しい裁きを下し、その人がより神様のことを愛せるように導き、それによって神様の愛を豊かに感じられるように導かれたはずです。
 
少なくとも、そのようなメールを送ってきてくださった方が何人かいらっしゃいました。
 
そこで、今回の「読者の証言」シリーズからしばらくの間、有料記事を読んで神様を信じている読者の方たちが今年の11月11日にどのような恵み深い一日を過ごすことができたのか、数々の証言をご紹介していきたいと思います。
 
今回は、40代主婦の方からのメールです。
 
---------------------
 
昨日11月11日、大変恵み深い一日を過ごさせて頂き、感謝が止まらずご報告のメールをさせて頂きました。
 
昨日は土曜日で主人も休みの日でしたので、した事のない遠出も案に入れておりましたが、病気(膠原病の治療をしています)の影響で主人は全くその気にはならず、自宅界隈でお祝いさせて頂くことに決めました。
 
しかし、朝からの準備がうるさかったのか、煩わしい態度をされた事に気落ちしそうになりましたが、切り替え外出。
 
賛美のため、ハロウィンの翌日に恵みを受けた公園に、急いで向かいました。
 
行く道中、タバコを吸う人がいて通れなかったり、ゴミの収集日の袋が所々置いてあり、異臭が酷く苦しくなったり、いつもはほとんど空いている道が、何故か人や自転車が行き交ってぶつかりそうになったり。
 
1日の始まりからこんな感じで、また更に気落ちしそうになりました。
 
不要な考えを振り払う様に走って公園内に着くと、ほとんど人がおらず、とにかく主に感謝を込めて賛美し、賛美し、歌って祈りながら歩きました。
 
そのうち、山や森のような公園内の木々が色づき、また沢山の落ち葉の美しい事に気が付きました。
 
(註・最上の画像は、そのときに撮った写真です。)
 
一枚の落ち葉を拾い上げ、空気を思い切り吸って、また歌いだすと、急にとめどもなく涙が込み上げてきました。
 
1000%は神様の愛だけ…
 
突然の事に、なにが起こったのか驚きつつ、湧いてくる様々な感情をそのまま味わいました。
 
(この曲の力は本当にすごいです!
 
キュートな曲調なのに、人間の脳では理解できない愛がいっぱい詰まっているんですね。
 
頭で考えて歌っている訳じゃないのに、突然何かがブワーっと湧き起こるのです)
 
たくさん涙を流したら、胸いっぱいに嬉しさが湧き、収まりきらない喜びの感情に、大声で叫びながらジャンプしたい気持ちになりましたが、少しだけ人もいたので必死に抑えました(笑)。
 
歩き進むと、すずかけの木の前で珍しい木肌を手で撫でていると、熟年夫婦の方が近寄って来ました。
 
「珍しい木ですね。」
 
「お写真撮りましょうか。」
 
たわいもないやり取りだけなのに、こんな些細な出来事だけで、今まで味わった事のない幸福感に満たされました。
 
その日の東京地方は、大荒れの天気という予報で、晴れたとしても強風が吹き荒れるとのニュースが流れていました。
 
きっと、RAPT様や兄弟姉妹の皆様が一緒に祈って下さったのですね。
 
びっくりするぐらいの秋晴れの空が広がり、 心地良い空気と紅葉で彩られた木々の美しさ、人の温かさを通して、大きな大きな御褒美を頂きました。
 
その後、家で休んでいる主人もいるので、帰宅して初めてピザ作りに挑戦しました。
 
特別な日なので、奮発して体に良い素材を使いました。
 
主に感謝を込めるように生地から作りましたが、何故か分量が3枚分。
 
後に気が付きましたが、神様の分だったのです!
 
初めてとは思えないくらい、自分にしては良く作れて、美味しく戴きました。
 
午後になり夕方からは強風が強くなったので、聖書を読んだりして過ごしましたが、いつもと入り方が全然違います。
 
するすると読める上に、自分の問題として読める様な、そんな感じで入れるのです。
 
いかにそれまでの読み方が、他人事だったか分かりました。
 
そして、その夜(明け方)のお祈りの時間になり、その日は散々歩き回ったので、物凄く眠くなりました。
 
困ったなぁと思いながら、手元にあった聖書を読み出しました。
 
ふと箴言の、
 
「激しやすい人はいさかいを起こし、忍耐強い人は争いを鎮める」
 
という聖句に目が止まりました。
 
激しやすい…まさに自分の事なのではないか!とハッとし、眠気が吹き飛び覚醒しました。
 
都内に住み、狭いうるさいアパートに住み、波長の合わない人と仕事をしなくてはいけなかったり…etc……
 
数え切れない程の環境の劣悪さに、自らの波長が悪くなっても自分は悪くないと思い込んでいました。
 
そして、その事にハッキリと気付かなかったのです。
 
表面に浮かんでいない感じの罪。
 
“世の中を良くしたい、この地が聖霊で満たされますように…”
 
どんなに善い思いを抱いていたとしても、私自身が悪の波長を飛ばしていたのでは、何の意味もありません。
 
ワガママな性格だという事実も一気に露呈してきました。
 
思い通りにならないと、感情を人前でむやみに露わにしたり。
 
気がつくと、とんでもない性格です。
 
そして何より驚いたのが、自分の罪に気が付く事で、辛く落ち込むかと思ったら、その逆だったのです。
 
きちんと認めたら、嬉しくなったのです。
 
もっとどんどん気付いて、悔い改めたい!と。
 
最近聴かせて頂いている御言葉や、昨日配信された御言葉、レビ人の啓示によって、ぼやぼやしている場合でないと、身の引き締まる思いでおります。
 
自分はまだ信仰が浅いとか、そんな言い訳はもはやしません。
 
罪を全て洗いざらい表にはき出し、悔い改める事を懸命にします。
 
話は変わりますが、嬉しい事が最近ありました。
 
主人が私のお祈り用にと、ホットカーペットをプレゼントしてくれたのです。
 
その上、いつも大音量で垂れ流していたTVも、いつの間にか消音にしてくれる様になったのです!(今度は消してくれるようになれたら最高です)
 
主に求めることで環境を変えて頂き、心から感謝です。
 
知恵をもって、家族にも知人にも伝道出来る様になりたいです。
 
自分に出来る事から、精一杯実践していきます。
 
昨日一日、喜びから様々な感情、体験、気づきを戴きました。
 
罪深い私にも、神様は大きな祝福を与えてくださいました。
 
主は、私たち人類をどれほどしっかりと御覧になり、愛してくださっているのか、良く分かりました。
 
この感動を決して忘れたくありません。
 
これからどのような艱難苦難が襲ってくるか分かりませんが、どんな時もこの主の大きな愛を心に刻み込み、祈り求める日々をこれからも送り続けます。
 
必ずこの地上に、神様の御国な成されますように。
 
サタンとの戦いに打ち勝ち、この愛を全人類に伝わるよう、救われますように、祈り求めます。
 
これからもRAPT様の上に、兄弟姉妹の皆様の上に、神様からの祝福がありますように。
 
---------------------
 
私の住んでいる愛媛においても、明け方の一時に突如、激しい嵐が吹きすさびましたが、その後は空からどんどん雲が消えてなくなっていき、いつしかとても気持ちのよい快晴となりました。
 
まさに神様がどこまでも祝福してくださっていると感じるしかない一日でした。
 
この日は日本の各地で、主がこのような天気の祝福をも私たちに与えてくださったようです。
 
ということで、これからも引き続き読者の皆さんからの証言を募集いたします。
 
どうぞ奮ってご応募下さい。
 

2 Comments
  • あやこ
    Posted at 06:52h, 18 11月

    RAPTさん、証言者の方、素晴らしい証言をありがとうございました。
    最初に美しい写真に目が留まりましたが、本文を読んで更に感動が増しました。証言者の方の喜びと神様の祝福が感じられます。
    何故かピザを3人分作られたことの意味に目から鱗です。あれ、多く作っちゃった、という時は多々ありますが、神様に捧げる分なのだとは考えたこともありませんでした。
    毎日の小さなことにも神様を思って行なっていきたいと思いました。ありがとうございます。
    私も「1000パーセントは神様だけ」が大好きです。歌えば歌うほどどんどん好きになる不思議な歌ですよね。作られたKIIDOKOROさん、選んでくださったRAPTさんに、心から感謝致します。
    新しい証言者シリーズ、また次回が楽しみです。
    RAPTさんと証言者の方、兄弟姉妹の皆さんと教会に神様からの大きな祝福と恵みが注がれますように。心からお祈り致します。

  • ひろし
    Posted at 14:47h, 18 11月

    Raptさん、読者様の証言感謝致します。
    11月11日は、本当に特別な日だという事を実感致しました。
    いつもは何気ない事、見られる景色、食べるものすべて感謝の気持ちでいっぱいなり、遮るものが無く存分に神様の愛を感じられました。
    証言者様が仰るように、私も信仰が浅いからと言い訳ばかりしてましたが、この日に体験してもっと気を引き締めて生きなければと思いました。また、ご主人様からのプレゼントや、TVのボリュームを消音にして下さったなんて奇跡です。嬉しさが伝わってまいりました。
    Rapt様、兄弟姉妹、全国で祈りを守られる皆さまの祝福を心からお祈り致します。
    証言者様の更なる恵みと祝福がありますように。

Post A Comment