RAPT | RAPT有料記事210(2017年9月25日)神様と一体になった人は、どんな祈りも叶えられる。
45158
post-template-default,single,single-post,postid-45158,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事210(2017年9月25日)神様と一体になった人は、どんな祈りも叶えられる。

RAPT有料記事210(2017年9月25日)神様と一体になった人は、どんな祈りも叶えられる。


 
今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
今回の啓示の内容は、大きく3つあります。
 
まず一つ目は、祈ることの重要性です。
 
祈りとは神様との対話です。そして神様は、私たち義人にとって恋人のような存在です。
 
そして、本当に神様を恋人として愛しているなら、その人は神様と対話すること、つまり祈ることを他のどんなことよりも大切に思うはずです。
 
したがって、祈ることを楽しみとし、祈ることを他のどんなことよりも大切に思う人は、それだけ神様のことを愛しているという証拠だから、神様もそのような人に大きな使命を任せると仰いました。
 
二つ目はタイトルにも書きましたが、「神様と一体になった人は、どんな祈りも叶えられる」という啓示です。
 
有料記事を読んでいる皆さんの多くが、もう既にいくつもの祈りが叶えられたという経験をしているはずですが、皆さんが神様と完全に一体になるなら、どんな祈りも叶えられるようになります。
 
これは紛れもない事実ですが、それではどうしてそんなことになるのか。
 
今回、神様は啓示を通してこの理由を誰にでもはっきりと理解できるように話をしてくださいました。
 
この啓示については、より皆さんの理解を深めるためにも、朝の祈り会で伝えた御言葉の音声をアップすることにしました。
 
三つ目は、私たち人間の霊魂はサタンにもなり得るし、神様のようにもなり得るという啓示です。
 
サタンに支配されたまま罪を犯して生きるなら、私たちの霊魂はサタンのようになりますが、神様の支配下に移って、神様の言う通りに従って生きるなら、私たちの霊魂は神様のようになります。
 
では、どちらの人生がより幸せな人生なのかと言えば、当然、後者ではないでしょうか。
 
今回も前回に引き続き、神様の愛に満ちた啓示ばかりです。
 
今回の啓示を読んで、皆さんが神様の愛をさらに深く悟り、神様をますます愛せる人になることを心から願います。
 
また、今回も読者の方から新たな賛美歌が届きましたので、皆さんもぜひとも聴いて歌ってみて下さい。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月9月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年9月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

2 Comments
  • トモ
    Posted at 20:46h, 25 9月

    私は今、仕事から解放され
    明日、仕事が忙しいからとか
    早く出勤しなくちゃとか考えなくてもよくなり
    好きな時に、好きなだけ祈れる時間を頂きました
    主よ、ありがとうございます!

    しかし、全く何もしなくてもいいくらい蓄えがある訳でもなく
    生活に困らないように仕事をしなければなりません
    出来れば、私が改めて好きだ!と実感した創作の仕事に絡んだ仕事を
    将来的には、それで自立出来ますように!
    主に、好きな時に好きなだけ祈れる生活が出来ますように!
    アーメン!

  • sinri
    Posted at 17:23h, 27 9月

    祈りはとても重要です。
    祈り無くして神の御旨は悟れません。
    神の御旨の真理を悟れなければ、真理を行えません。
    真理を行えなければ期待した聖霊は他へと竹先の様になるでしょう。
    まず、祈り神の御旨の真理を悟れる様に努めて行きます。
    人間はどこまでも高慢になったり、頑なになったり、愚かな性質を
    持っています。
    聖書研究と祈りを怠らない様に努めます。
    御言葉ありがとうございました。

Post A Comment