RAPT | RAPT有料記事202(2017年8月28日)この世からの誉れを求めず、主からの誉れを求めなさい。またはこの時代の十二弟子の選定について。
44711
post-template-default,single,single-post,postid-44711,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事202(2017年8月28日)この世からの誉れを求めず、主からの誉れを求めなさい。またはこの時代の十二弟子の選定について。

RAPT有料記事202(2017年8月28日)この世からの誉れを求めず、主からの誉れを求めなさい。またはこの時代の十二弟子の選定について。


 
今回も、朝の祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。
 
私たち主を信じる義人たちが、義の条件を立てて、自分に与えられた使命をきちんと成していくなら、いずれ主から必ず祝福されて栄えることは間違いのないことです。
 
しかし、実際に主から祝福されて栄えるようになるまでは、様々な困難にぶつかることは必至でしょうし、それこそ自分の理想通りに事が運ぶことはありません。
 
はっきりと言えることは、主の使命をいくら果たしたとしても、この世からは絶対に認められることはありません。
 
むしろ、この世の人々からはバカにされたり、悪口を言われたりすることの方が多いでしょう。
 
しかも、ときに自分が考えていたのとは違った使命を主から与えられることすらあります。
 
自分の理想通りの使命がなかなか与えられないので、その使命を放棄したくなることすらあるかも知れません。
 
しかし、私たちがこれまでずっと懸命に義の条件を立ててきたのは、主から与えられた使命を果たし、その使命を通して主の御心を成していくためです。
 
それなのに、私たちが主から与えられた使命をきちんと果たさなければ、私たちがこれまで立ててきた義の条件すら全てが無駄になってしまいます。
 
また今回、主は私に対して、この時代の十二弟子を選び出して育てていくようにと啓示を通して指示なさいました。
 
どのような人に十二弟子の使命を与えられるか、またその使命がどのようなもので、どのようにその使命を果たしていかなければならないのか、今回の御言葉を通して具体的に理解できることでしょう。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月8月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年8月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

5 Comments
  • KATSUYA
    Posted at 16:13h, 28 8月

    神様に100%全て委ねます。
    全てを捧げます。
    自分の理想を捨て、神様の理想に生きます。
    今まで何の為に育ててくれたのか、自分の使命を見つけ、果たしていきます。
    恩返しをします。
    感謝します。
    神様の望む最善の道に導いて下さい。もし間違った道に行く時にはどうか止めてください。
    神様の御心のままに、全てを捨てて、全てを委ね、任せ、捧げます。
    RAPT様、全ての兄弟姉妹の皆様が豊かに聖霊を受けられますように。
    感謝します。ありがとうございます。

  • トモ
    Posted at 21:32h, 28 8月

    受け身でいるだけでなく
    かと言って、自分中心でもなくーーー

    あぁ本当に難しいバランス!!
    レビ人の方は本当にスゴイなぁ!と改めて思います
    そして、啓示者の方も、主からの練達を受けていてーー
    私は、調子よく1時間軽く超え、2時間近く祈れて有頂天になれば
    次の日、5分祈るのも大変であったりーー
    いつか、お二人の話も聞いてみたいです

    教会も、かなり具体的になってきて嬉しく思います
    どうか愛媛に移住する兄弟姉妹達が嫉妬や驕り高ぶることが無いように
    かと言って、なあなあになって信仰が乱れることが無いように
    山羊の角が生えないように心から御祈り致します

  • まいき
    Posted at 22:10h, 28 8月

    何を言われても、どんなに小さなことでもすぐにやるようにします。
    エゴもプライドもいりません。捨てられるように祈り求めていますし
    気をつけてはいてもふとした拍子に顔を出してくる。。難しいです。

    どうか神様から使命や御心をもらった兄弟姉妹たち全員が
    その内容がどんなものであれ、実直に自分を捨ててやりとげることができますように。
    ここまで来て神様に捨てられるのは本当に辛いし嫌です。
    どうか羊のままでいられますように。

    兄弟姉妹全ての方が自分を完全に捨てられますように。
    愛媛の教会が神様の御心のままに無事に運営されますように

  • LINA
    Posted at 08:52h, 29 8月

    御言葉の内容が時に適って具体的で、読んでるだけで緊張してきます。全てが順調に運びますようお祈りいたします。
    RAPTさんの説教も毎回心に響きますが、今回の話を聞いて、RAPTさんが霊的には勿論の事肉的にも危険から守られるよう、私達も常に油断することなく全力で祈らなければならないことが改めて分りました。分かってましたが、更に心深く刻まれました。がんばります。
    啓示者の方の啓示内容のレベルがどんどん上がっていって、内容もちょうど自分が考えていたことと合致することばかりで驚きと畏れを感じます。ものすごい練達をされてる中努力なさってて、見習わなければなりません。
    数日前胃腸炎にかかり、激痛で吐き気もして全身汗だくで苦しむ中、RAPTさん兄弟姉妹、これから救われるべき人々への祈りも頑張りましたが、最後は痛すぎてまともに呼吸できなくなり「助けてください!苦しすぎます!気絶させて下さい」と自分への必死な祈りをして意識不明になりました(助かった…)。気が狂うほどに苦しい中だと、いくら頑張っても最終的には自分の苦痛を取り除いてもらう祈りになってしまうものなんだなと、現時点での自分のレベルに残念な思いがしていたところでした。
    それにしても、健康でないと最低限の条件さえ立てられず、他の事も悉くできなくなって本当に辛かったです。日常生活で色々と気をつけてはいますが、段々健康が当たり前だと思ってきていた自分への戒めだったのでしょう。油断と過信を突かれました。
    御心を成すためにも、今後一層心身の充実にも心を配っていきます。例え心身その他のトラブルが起きても条件を立てられる頑張りをお見せできるようにも努めます。
    RAPTさん、兄弟姉妹の心身が護られますように。大きなトラブルに見舞われることなく教会が発展し、素晴らしい十二使徒が選ばれ活躍できますように。

  • pacimon
    Posted at 23:43h, 29 8月

    毎日、RAPTさんの住む地をイメージして、サタンが近づかないように祈っています。神様の御心がなされますように。

Post A Comment