RAPT | RAPT有料記事201(2017年8月26日)私RAPTを妨害する者たちへの裁きと、兄弟姉妹どうしで守るべきマナーやルールについて。
44694
post-template-default,single,single-post,postid-44694,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事201(2017年8月26日)私RAPTを妨害する者たちへの裁きと、兄弟姉妹どうしで守るべきマナーやルールについて。

RAPT有料記事201(2017年8月26日)私RAPTを妨害する者たちへの裁きと、兄弟姉妹どうしで守るべきマナーやルールについて。


 
今回の有料記事は、大きく分けて3つのお話をしています。
 
先ず一つ目は、私の悪口を言ったり、私の活動を妨害しようとして工作活動を行う者に対して、主がはっきりと裁きを宣布なさいました。
 
主は昨年2016年の6月19日にイルミナティの裁きを宣布し、その後、実際に次々と彼らへの裁きが下されるようになりました。
 
そして今回、主は今月の8月15日の終戦記念日に、イルミナティであろうとなかろうと、私に対して悪事を働く者たち全てに裁きを行うことを宣布されました。
 
彼らはこれまでいくら私の悪口を書いても何の裁きも起こらないので、高を括って悪口を書きつづけていたと思いますが、これから順次、彼らのそれぞれの時に応じて裁いていくとのことです。
 
二つ目は、この世の法律やマナーやルールを守ることの重要性についてです。
 
今現在、愛媛に何人もの人たちが移住してきていますが、いざ移住して私と頻繁に会ったり話をしたりする人の中に、世間的に見て余りにも非常識な人たちが何人かいました。
 
私たちが勘違いしてはいけないのは、主の御言葉に聞き従っていれば、この世の法律やマナーやルールを守らなくていいというわけではありません。
 
なぜなら、この世の支配者たちは善人であれ悪人であれ、全ては主がお立てになった者たちだからです。(ローマ人への手紙13章)
 
そして、今の時代は悪人たちがこの世を支配しているわけですが、それも全ては神様の計らいです。(悪人が支配者として立つのは、人類に対する神様の裁きです。)
 
しかし、彼ら悪人たちが法律を作っているからといって、我々がこの法律をすべて無視してしまったら、この世の治安や風紀はさらに乱れてしまうことでしょう。
 
また、法律のみならず、人間としてのマナーやルールもきちんと守らなければ、兄弟姉妹どうしが互いに顔を合わせたときに、互いに傷付け合ったり、気分を害したりしてしまうことになります。
 
そんなことにならないためにも、日本人なら日本人としての(海外の人たちはその国それぞれの)マナーやルールをきちんと守らなければなりません。
 
三つ目は、お金の問題についてです。
 
愛媛に移住したいと申請してきた人たちの中に、お金に対して余りにもルーズな人たちが何人かいました。
 
しかし、お金にルーズな考えを持った人が教会の中に入り込めば、当然、教会の中でお金に関するトラブルが発生してしまいかねません。
 
特にこれから愛媛に移住したり、一時滞在したりする人は、今回のこの御言葉をきちんと心に留めて、兄弟姉妹の間で何らかのトラブルを起こさないように注意しなければなりません。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月8月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年8月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

1Comment
  • Omuhi
    Posted at 22:00h, 26 8月

    Raptさんこの度も新たな御言葉をありがとうございます。
    今回の御言葉を通して、改めて神様のご計画の綿密さと壮大さを感じ、感動して言葉が出ませんでした‥!
    そのような中で私たちが御言葉以前の問題に囚われてしまっていてはいけないと緊張の帯を締め直しました。
    神様が本当に具体的に御言葉を下さるので、いつも側にいて下さっていると一層感じます。これからもっと神様に寄り添って生きられるようにどこまでも努力します。

Post A Comment