RAPT | RAPT有料記事193(2017年7月29日)一粒の麦が地に落ちて死んでこそ、豊かに実を結ぶようになる。
44413
post-template-default,single,single-post,postid-44413,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事193(2017年7月29日)一粒の麦が地に落ちて死んでこそ、豊かに実を結ぶようになる。

RAPT有料記事193(2017年7月29日)一粒の麦が地に落ちて死んでこそ、豊かに実を結ぶようになる。


 
私の祈りの期間も今日でようやく40日目を迎え、終了となります。
 
そして、この祈りの期間に、次々とイルミナティの連中が裁かれています。
 
例えば、「戦争は人類の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」であるという思想を持った稲田朋美が、防衛大臣を辞任しました。
 
”ネット右翼のアイドル”稲田朋美防衛大臣辞意~その栄枯盛衰を振り返る~(古谷経衡) – 個人 – Yahoo!ニュース
 
このニュースでは、あれやこれやと辞任に至った経緯を細かく説明していますが、彼女が辞任に至った理由はただ一つ。
 
私たち義人が心を一つにして彼女の裁きを祈り、戦争が起きないように祈ったからです。
 
また、この世の悪の中心である「麻生太郎」と「安倍晋三」も、ついに仲間割れしはじめた模様。
 
安倍首相と麻生財相「24年目の決別」 – ライブドアニュース
 
恐らく「安倍晋三」が私のブログを見て、「自分をハメたのはやはり麻生太郎だ」と確信したのではないでしょうか(笑)。
 
そして、「麻生太郎」と「ロスチャイルド」にとってボロ儲けの種となっていたダイヤモンド産業も、日本ではついに風前の灯となりつつあるようです。
 
「デビアス」が日本における店舗戦略見直しで一時撤退 (WWD JAPAN.com) – Yahoo!ニュース
 
このようなニュースを見る限り、私たちの祈りが神様にきちんと届けられたことは明らかでしょう。
 
恐らくこれからも、イルミナティどもはやることなすこと全てがうまくいかずに不幸のどん底に陥っていくはずです。
 
この終わりの時に、彼らの滅亡は確実に決まっているからです。
 
とはいえ、いくら神様がこのように悪人どもを裁いて下さったところで、この世の中に主の御言葉と聖霊が満ち溢れなければ、この地上に千年王国を実現することはできません。
 
そして、それを実現していくのは、私たち義人の使命です。
 
そこで今回は、私たちがこれからいかにして地上天国を作っていけばいいのか、今までの御言葉を復習するような形で、主がまた別の角度から語ってくださいました。
 
また、これからは少しずつ愛媛に一時滞在を希望する人たちを募集していくことになりますが、今回はこの件に関して、主が思いもよらぬ構想を新たに語ってくださいました。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月7月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年7月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

3 Comments
  • あやこ
    Posted at 21:20h, 29 7月

    今回も素晴らしい御言葉を有難うございました。
    何よりもRAPTさんの祈りの期間が終わることが有り難く、神様に心から感謝致します。RAPTさんの多岐にわたる活動の再始動とご活躍を心からお祈り致します。どうか主からの大きな祝福とお導きがありますように。
    そして私も引き続き心を緩めることなく、義の条件を立てて行きます。
    今回の御言葉の中にあった、罪とは何か、そして罪がある状態とはどういうことかが、とても分かりやすく、視界が晴れるようでした。本当に一人でも多くの方にこの記事が読まれますことを祈ります。
    そして私自身、毎日毎日罪を洗い流し清め、霊肉共に健やかな人間になります。
    時にアップアップしながらも信じて必死に泳げば必ず荒波も乗り越えられるものですね。諦めたら終わりですが、神様を信じてもがけば必ず救われるのだと実感致しました。
    只々ひたすら、命ある限り神様を求め続けていきます。
    啓示者の方の啓示もとても身につまされ、わかりやすかったです。そして何よりとても勇気づけられました。いつも有難うございます。
    私もいつか必ず主の御心を成す者となれるよう日々励みます。
    どうかRAPTさんと啓示者の方、兄弟姉妹の皆さんに神様からの豊かな恵みが注がれますように。

  • LINA
    Posted at 07:47h, 30 7月

    今回も感動の御言葉を宣布していただきありがとうございました!RAPTさんが二度と同じ苦しみにあう事のないよう、義の条件を立て続けてまいります。この40日、本当に申し訳ございませんでした。
    聖書に何度も出てくる40日が、この現代に、今まさに目の前で出てくることにも驚き畏れを禁じえませんでした。
    愛する神様の御言葉、心情、なされた事柄で溢れる聖書が、誰でも入手できることに感謝します。一度目は苦痛で、誰か助けてー(泣)と思ったレビ記でさえ、穢れた人間が神様に近付ける方法をここまで具体的に直接教えてくださってる愛の書だ!と、感激できるようになり、その自分の感じ方の変わり様が笑えるくらいです。とんでもなく素晴らしい書だと分かるようになるから、頑張って読み進めなさい、と何度も読むのを挫折していた昔の自分に教えてあげたいです。
    いつも啓示者の方の啓示には励まされます。年齢も近く、お子様もいる状況も似ているからか、その啓示内容もすごく胸に迫ってきます。そしていつもRAPTさんの受けられる啓示とリンクしていて、まさに奇跡です。感動的な賛美歌と啓示がアップされるたび、神様があちらこちらで働きかけて、このブログ上で私達に奇跡を見せてくれてることが分ります。それを体験できるなんて、まさに祝福です。
    RAPTさん、兄弟姉妹のお祈りのおかげで、日中でもすぐに祈りに深く入れるようになってます。またほぼ四六時中神様の愛を感じられる状態になりました。でも油断しません。自分の浅はかな考えも捨てます。自分の頭で考えた途端、神様が離れ、長時間放置されたあの寂しさ、悲しさ虚しさは二度とごめんです。ほんの数時間でも、見捨てる事が私には裁きです。生きる喜びが失われます。いついかなる時も神様に心を向けて生きます。どうか今日も私と共にいてください。
    夏休みに入り、日中は子供達に邪魔されて祈りの時間が取れない!と初めはイライラしましたが、神様のお蔭で、短いですがちょこちょこ時間が取れております。子供そっちのけで聖書読んだり御言葉聞いたりしてますが、子供達は勝手に遊んでとてもご機嫌に過ごしてくれてます。むしろ長男(小2)は「僕も御言葉聴きたい。RAPTさんの話はパウロみたいにすごく面白いね」(?)と言ってくるときもあります。そういう時は初期のころの創世記についての音声を聴かせると大興奮です(笑)
    「アブラムがアブラハムになったのってそういう理由だったの!?ええええーー!RAPTさんすごい。面白すぎる。もっと教えてもらわなきゃ」と。帰宅した無神論者の夫にも大喜びで説明してました(汗)夫は意味分かってませんでしたが。
    RAPTさん、兄弟姉妹、世界中の人々に今日も聖霊が注がれますように。愛媛の教会に義人が集まり大いに栄えますように!私も頑張ります!

  • LINA
    Posted at 17:39h, 01 8月

    ↑誤「見捨てる事が私には裁きです。」→正「見捨てられる事が私には裁きです。」の間違いでした。すみません。
                                                    

    この有料記事が配信されたのに気付いた時、子供達は外に遊びに行きたいと騒ぎ収まらなかったので「公園行っても私は遊べないからね。御言葉読んでからね」と言い聞かせて、遊びに連れて行きました。最後まで読みたいけど、そこまで目を離したら危ないかな、と思っていたら、ちょうど子供達のお友達とそのお父さんが同じ時間帯に遊びに来て、20分以上一緒に遊んでくれました。たまに顔を上げて、思い切り笑顔で手を振って「ちゃんと見てるよ」アピールをしつつ、感動の御言葉に涙しながら読み終えたのでした。そうすると小雨が降りだして、帰ろうね、という運びになりました。お友達のお父さんにも「うちの子も一緒に遊んでいただいて本当にありがとうございます!!」と、本気で感謝しました。貴方にも神様の祝福がありますように!と心の中で叫びつつ。
                                      

    神様に心を向けられる時間がもっと持てるように、という祈りはすぐに聞いてくださってるような気がします。もう半年近く、子供がいても夫がいても有料記事を聴いてたり(音量は下げますが)、子供が話しかけても「御言葉を聴いてから話を聴いてあげるから後にして」と言うので元々時間は取りやすいとは思いますが。
    子供も、私が神様を優先することについては全く文句を言いません。
    当たり前だよね、神様が人間に遠慮しなきゃならないわけないよね?と思ってしまうので、堂々と神様を愛することを最優先事項にしてます。それが子供にも伝わるし、子供も神様を宇宙一愛してるので自分が神様より後回しになる事は理解できるのかもしれません。神様以外の理由で「後で話して」と言う時は憎たらしいくらい文句を言いますから(笑)
    もっと義の条件をバランス良く立てられるように頑張りたいと思います。すぐに一つの事に夢中になるので、最近は聖書を読むことに偏り過ぎてしまいます。伝道も頑張らないと。。他の宗教でも同じと思われてるようで、自分の力不足に萎えます。が、そんなに簡単にいくわけがないですね。それでも、祈り知恵をいただきつつ頑張ります!

Post A Comment