RAPT | RAPT有料記事161(2017年4月8日)この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。
43013
post-template-default,single,single-post,postid-43013,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事161(2017年4月8日)この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。

RAPT有料記事161(2017年4月8日)この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。


 
今回の有料記事も、いつものように朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。
 
今回は、神様がこの世に遣わす中心人物について、神様がとても詳しく話をしてくださいました。
 
神様がこの世で御心を成していくとき、必ず自分の代弁者となる人間を立てて使います。
 
神様は霊なので、ご自身の手で直接この地上の歴史を広げることができないからです。
 
各時代ごとに神様の御心を成すにふさわしい人物を選び出し、その人を導き育てて、その人を神様の御心を成す中心人物としてこの世に遣わすのです。
 
そして、各時代の人々はその中心者から神様の御言葉を聞かなければ、決して救いを得ることはできません。
 
しかし、イエスの時代もパウロの時代も、多くの人々は彼らこそが神様から使われた中心人物であることを分からずに迫害してしまいました。
 
いつの時代も、神様から送られた使命者を見分けることがそれだけ難しいということです。
 
では、どのようにして私たちは時代の中心者を見分けていくことができるのか。
 
今回は、神様がこのことについて詳しく教えてくださいました。
 
このことをはっきりと悟らなければ、私たちがいくら神様を信じたとしても、自称メシア、自称使徒、自称牧師たちに騙されて、救いを失い、場合によっては地獄に堕ちてしまう可能性すらなきにしもあらずです。
 
ですから、ある意味、人類が救いを受けられるかどうかは、その時代に遣わされた中心者を見分けられるかどうか、この一点にかかっていると言っても過言ではありません。
 
また今回は、どうして神様が悪人たちの裁きを祈るように厳しく命じられているのか、今までとは違った角度からその理由をはっきりと教えてくださいました。
 
未だに、私の揚げ足を取るために「聖書には敵のために祝福を祈れと書かれてあるのに、なぜお前は麻生太郎の滅びを祈れと言っているのか」と言って、私を誹謗してくる人がいます。
 
今回はこのような彼らの言葉に対して、神様が私に代わってはっきりと反論して下さいました。
 
そして、そこには私たち人類の頭では想像もつかない深い理由が隠されていたのです。
 
神様の御心は、人間の頭であれこれと考えて理解できるようなレベルのものではないということが、今回の御言葉を通してはっきりと理解できることでしょう。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月4月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年4月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

2 Comments
  • 春のきざし2
    Posted at 19:04h, 08 4月

    昨年の9月頃から、有料記事の内容も聖書も、わたしには大変厳しく感じられ、理解も難しく 苦しくなり、10月以降の有料記事も聖書も読めなくなり、中断してしまいました。明け方のお祈りも大変な睡魔に襲われ、知らないうちに眠ってしまい意味もわからなくなりながらも 何とか続けては居るという状態で‥‥、一般記事だけは、拝読していまして、10、11、12月、と読み続けて行くうちに、らぷとさんが、命がけで書かれている記事が、ここにしか真実は無いと、改めて思え、聖書が理解できないのや、祈りの時の睡魔など、「悪魔」のせいか?と思い至り、年明けから再び 有料記事を読ませていただくようになり、遡って、10,11,12月も読ませて頂く中に、私がつまづいていた事や大切なことが、沢山書かれてあり感激し、その時から、以前より熱意が出、聖書通読も、明け方のお祈りも、「悪魔の邪魔が入りませんように、睡魔が襲いませんように」等、も、お祈りすると、眠気もなく、集中出来るようになれ、「聖霊」も、受けられているのではとの、感覚もあり始め、何より、明けのお祈りも,辛くなく、義務感でなく、嬉しさがあり楽しくもあるのです。 聖書を読むことも、有料記事を読むことも同じように、楽しみになってきたのです。(以前は正直しんどい事多かったです。)  今回の「御言葉」で、「9月までは、理解が難しく、10月以降は優しくなっている‥‥。」 を聞き、「うわー!神様は 解って居られたんだー!」 
    本当に感動です。 新年から再読するようになり、私の、別段依然と変化が無い日常が、しかも、艱難苦難が続いてる状況なのですが、ささやかな良い事がすごく嬉しく喜べたりするのです。  しかも、その艱難苦難でさえ、神様の鍛錬なのだと思え、悟りを得られたなら、向上する自分をも得られる‥‥「これって、何か 良い事なのかも‥‥‥」となっています。あんなに嘆き苦しんだ事なのにです。  そして、最近は「天国に持っていく」私なりの才能磨きも、少し始められ こちらも競争でなく、嬉しく楽しくです。 神様 らぷとさん 兄弟姉妹の皆さん 本当にありがとうございます。感謝です。

  • ユンダンテ
    Posted at 01:17h, 09 4月

    最近の御言葉で、御言葉を学び直しなさいと仰っていて、悪いことを書くと、ずっと読んできたし学び直すのは面倒くさいと思っていました。

    今回raptさんが記事に15年11月の有料記事を載せてくれていたので11月の有料記事を復習してみたら本当に力が湧いてきて、本当に学び直したくなりました。1日でこんなに考え方が変わったのは初めてかもしれないくらいです。

    感謝します、ありがとうございます。

Post A Comment