RAPT | RAPT有料記事154(2017年3月13日)ルシファーが第一線を退いた経緯と、カルト宗教の恐怖について。
42697
post-template-default,single,single-post,postid-42697,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事154(2017年3月13日)ルシファーが第一線を退いた経緯と、カルト宗教の恐怖について。

RAPT有料記事154(2017年3月13日)ルシファーが第一線を退いた経緯と、カルト宗教の恐怖について。


 
今回の有料記事も、朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。
 
今回は、ルシファーを始めとしたサタンの奥深い秘密について、神様が様々なことを詳しく教えてくださいました。
 
ここ最近の有料記事で、「ルシファーが第一線から退いた」という話を何度かしてきましたが、ではどうしてルシファーが第一線から退くようになったのか、今回はその経緯について詳しくお話しています。
 
と同時に、ルシファーが第一線から退いたことによって、これからこの世の中がどのように変化していくのかについても詳しくお話しています。
 
また今回はこの話に関連して、カルト宗教に溺れて生きることがどれほど恐ろしいことなのか、神様が霊的な観点から詳しく話をしてくださいました。
 
このブログの中でも度々、「創価学会」「統一教会」「生長の家」「大本教」など、様々なカルト宗教の話題が出てきています。
 
そして、それらの宗教のほとんどがイルミナティの悪事のために利用されていることが分かってきました。
 
もしかしたらこの有料記事を読んでいる人の中にも、過去にそれらのカルト宗教を信じていた人がいるかもしれません。
 
しかし、そのような人たちの大半は、そのカルト宗教にそれほど深くハマっていたわけではなかったと思います。
 
カルト宗教に深く洗脳されて、熱烈にその宗教を信仰していた人は、このように真の神様に出会うことがとても難しいからです。
 
では、なぜカルト宗教を熱烈に信仰していた人たちが、真の神様に出会うのは難しいのか。
 
そこには霊的に見て、とても深い理由がありました。
 
今回の有料記事を通してカルト宗教の真の恐ろしさを理解し、この世から全てのカルト宗教が消えてなくなるように皆で心を一つにして祈らなければなりません。
 
そして、サタンの深い秘密をことごとく知って、彼らとの霊的な最終戦争に最後まで勝利していかなければなりません。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月3月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年3月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

4 Comments
  • ココ
    Posted at 12:41h, 14 3月

    ネットでは自由にものが言えるのかと思っていましたが…。2ちゃんもニコニコも麻生さんの息がかかっているんですね。「ニコニコ動画と2ちゃんねる関係企業に麻生・財務大臣の親族が役員就任中」 http://echo-news.net/japan/pm-abe-aso-and-ldp-dominated-niconico-2ch-smily-controls-under-internet また、諫早湾水門の建設メンバー中に、麻生さんの選挙対策をしていた人物がいたと書かれたものも読みました。(こちらはURLが分からなくなってすみません。) 情報からゼネコンまで、なんとも手広い権力者です。
    話は全然ちがうのですが、自分の知り合いに「生長の家」信者でかつ「男色家」の男性がいましたが、その人の最後は自殺でした。聖書に書いてあることは本当なのだと思います。彼も神様を知る機会があったなら、もう少し幸せになれたのかも知れませんが残念です。 闇は光に勝てない…。ルシファーが第一線を退いたというお話は、国民として心強い限りですね。日本が希望を持てる国になるよう祈っております。

  • Makkotan
    Posted at 19:08h, 14 3月

    こんばんは。
    ラプトブログから悪い波長が出てはいけないと言う神様の御心。
    以前の記事で、電力会社とラプトさんのやりとりの回のものと、音声に工作員の仕業と思わせる妨害音の入った回のものは、実は聴いていて苦痛に感じることがあったので、今回のお話を聞いて腑に落ちました。ラプトさんの声を聴いているだけで聖霊に満たされる感じがあるのがほとんどなのですが、この2回はいつもと違った感じを受けたことが気になっていました。
    ラプトさん始め世界中の兄弟姉妹が聖霊に満たされ、1日も早く悪の滅亡を成せます様にいつもいつも祈ります。

  • ちくに
    Posted at 12:26h, 15 3月

    有料記事の配信ありがとうございます。
    一昨日の記事の配信する数時間前にちょうど身内の者とルシファーが第一線を退いた話をしていたところでした。
    ここ最近、自分の話したことが記事になることが多く、今回も驚いていました。
    私の友人に神道に傾倒している者がいます。天皇の悪口を言えば…という感じです。
    何度か聖書の話をしようかとも思ったのですが、今回の記事を聴いて話をしなくてよかったと思いました。
    あと目が輝いていているから話を聞いて受け容れてくれる、ということも危険だということを知りました。
    本物と偽物との波長を完全に見分けられるようにしなければならないと改めて思いました。
    どうか主と天使天軍の御加護によって守られますように。

  • O2k
    Posted at 17:00h, 16 3月

    最近、LINEやヤフオクでもエロ漫画の宣伝が入ってたりしてゲンナリ!
    コミックシーモア社や有名少女漫画社でも、大学生で処女なら恥ずかしいぞみたいな話が載ってたりしてます。
    これら、出版社も聖絶の祈りをしておきます。
    しかし、マンガやアニメの世界そのものが完全にイルミナティ側に乗っ取られてますね。
    (村上春樹もそうですが近年の出版社は悪書しか出してません。)
    麻生太郎がオタク産業からやたら褒め称えられてる訳です。

    ちなみに、性教育やフリーセックスの文化を世に広めたのは、フランスの思想家ルソーだと分かりました。(後ほどブログを作ったら書きます)
    ルソーは人間も犬猫みたいにセックスするするのが自然だと主張してました。
    ルソーは完全にドルイド教徒ですね。
    ルソー思想は後にフランス革命やフェミニズム、マルクス主義の土台に成りました。

    ネット上でもオタクや腐女子の人々はなんだか異様な性格をしている人間が多いし、天皇教のネトウヨも多いし、悪魔的な物を感じてましたが納得しました。
    私もRAPTブログに出逢うまではまさか性的な情報がそこまで怖いとは知りませんでした。
    中心者様には感謝しております。

    地球上の全ての偶像と姦淫の文化に、聖絶が下るようにお祈りしています。
    天使天軍の剣が、全人類を苦しめる悪を滅ぼすように願っております。

Post A Comment