RAPT | RAPT有料記事120(2016年11月14日)神様を愛する資格があるのは誰か。本当の愛とは何か。なぜ主の前では多くのものを捨てなければならないのか。
40884
post-template-default,single,single-post,postid-40884,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-9.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事120(2016年11月14日)神様を愛する資格があるのは誰か。本当の愛とは何か。なぜ主の前では多くのものを捨てなければならないのか。

14 11月 RAPT有料記事120(2016年11月14日)神様を愛する資格があるのは誰か。本当の愛とは何か。なぜ主の前では多くのものを捨てなければならないのか。

s_jesus-child-1617377-print
 
今回の有料記事は、様々な読者の方たちからいただいた質問に対して、主からいただいた回答を掲載しています。
 
先ず一つ目の質問は、以下のようなものです。
 
このRAPTブログの読者の方の中には、かなり年配の方が大勢いらっしゃいます。
 
そのような方は、これまで長く御言葉と関係なく、神様と関係なく生きてきました。
 
ある意味、神様に反逆するような生き方をしてきたわけです。
 
そのため、こんな自分に神様を愛する資格などあるのだろうか、と心配している方がいらっしゃるようです。
 
今回はこのことについて主がどう思っているのか尋ねてみました。
 
二つ目の質問は、愛に関する質問です。
 
聖書には「敵を愛しなさい」とも書かれてあるし、「悪人を滅ぼしなさい」「悪人を追い出しなさい」とも書かれてあります。
 
そのため、人にどう接していいか分からず、頭が混乱している人がいるようです。
 
また、自分の子供を躾ける際にも、いつどのようなときに叱り、どのようなときに褒めればいいのか、と悩んでいる人がいます。
 
また、恋と愛の違いについて、恋とは何で、愛とは何なのか、と悩んでいる人もいます。
 
今回はこのことについても、主がどう思っているのか尋ねてみました。
 
三つ目は、なぜ主が私たちに対して、様々なものを捨てるよう要求してくるのか、その理由を尋ねてみました。
 
私たち信仰者は主の名のために捨てなければならないものが沢山あります。
 
そして、これを苦痛に思う人は大勢いるに違いありません。
 
なのに、なぜ主はいつもそのような厳しい御言葉を宣布するのか。
 
そんなに厳しい御言葉を宣布しなければ、もっと沢山の人が神様についてくるはずなのに、どうして神様はそのようにしないのか。
 
今回はこのことについても尋ねてみました。
 
これら三つの質問はどれも神様を信じる人にとってはとても重要な問題ですから、今回の有料記事はとても重要なものだと言えるでしょう。
 
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-1
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月11月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年11月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

10 Comments
  • HI
    Posted at 19:54h, 14 11月

    更新感謝致します。
    非常に分かりやすかったので納得の連続です。疑問もスラスラ解決していきました。
    二心を持たず純粋に自然に神様と愛で繋がっていれるようになりたいです。
    いつも有難う御座います。

  • トモ
    Posted at 20:35h, 14 11月

    読みながら文字が霞んでしまいました。
    神様からのラブレターですね!!
    ありがとうございます!!

    私の生活と身体のリズムも合ってき始めたようです。
    もっと深く主を愛しキリストに感謝出来ますようにーーー
    アーメン

  • AI
    Posted at 20:36h, 14 11月

    RAPTさん、いつも素晴らしい更新をありがとうございます。

    私は今まで重罪である異性の罪をたくさん犯してきてしまい、神様の前にでるのが重く心苦しく感じていました。
    こんな罪の重さを持って、神様の愛を感じることができるのか不安でした。

    明け方の祈りもうまくできず、このまま信じていて聖霊を感じることができるのか、
    神様の存在を霊で感じる祝福が訪れる日がくるのか、心から信じられずもがく日々でした。
    それは罪を犯して神様を知らずに生活していた以前より、つらいものでした。

    今日の御言葉をいただけて、今まで神様がどんなに愛をそそいでくださっていたのか、
    その愛を裏切り、罪を犯す人間を途方もない長い時間ご覧になられて
    どれほど悲しまれたのかという思いが沸き上がり涙がこぼれました。
    胸に大きな感動が芽生えました。

    それは頭で神様の愛を理解するのとは別のものに感じられました。
    これが聖霊の恵みなのかもしれないと初めて思えました。

    人間同士のまやかしの恋や愛ですら、思いを裏切られるのがつらいのに
    真の愛をお持ちになる神様が抱かれる悲しみはどれほどのものでしょうか。

    二心なく全てを尽くして神様の愛にむくいる人間になりたいです。
    尊い御言葉をいただけることに心から感謝します。

    RAPTさんと、皆様に神様の祝福がありますように。

  • イケメンマッサン
    Posted at 06:29h, 15 11月

    RAPTさん、有料記事更新ありがとうございます。

    聖別する意味にそういった主からの思いが込められていたのですね!
    今回の記事を読み、ホセアを思い出しました。
    しかし、成約の時代を生きる我々は、旧約の時代よりももっと高い次元でものを考えて生きなければならないと感じました。

    善とは何か?愛とは何か?
    答えは聖書にしかないのですね。

    サタン側も「恋」と「愛」をごちゃ混ぜにしてしまうあたりが上手いなぁと。
    もっと主のお考え、思いが知りたいと日々感じており、ここ最近の有料記事にはその答えがちりばめられています。
    日々、主からの恵みに感謝し、6すら7に変えられる生き方を求めていきたいと日々祈っております。

    皆様に主からの恵みがありますように。

  • サマンサ
    Posted at 21:36h, 15 11月

    RAPTさん
    神様からの真心の御言葉に感謝いたします。
    長い人生を生きて来ました私にとりまして
    とても有難い御言葉ばかりです。
    本当にありがとうございます。
    近況報告ですが
    神様のお計らい、祝福としか思えない程の
    人生の転機に驚いておりす。
    神様の愛にお返しが出来ますよう一心同体となれますよう
    心の帯を締めてサタンに打ち勝つ生き方を
    してまいります。
    RAPTさん
    ありがとうございます

  • an
    Posted at 21:45h, 15 11月

    読んでいて涙が止まりませんでした。
    AIさんがコメントされているように、何千年も人類からの愛を待ち続けた主の悲しみは、どれほどだったのかと思いました。
    RAPTさん、いつもありがとうございます。

  • YUKO
    Posted at 04:25h, 16 11月

    子どもの躾で悩んでいる方がいるということなので、男女 2人の子を育てた経験者として お話ししたいです。
    まず 子どもは神様から養育を託され、預けられたものだと思います。
    また 乳幼児の時から 神様から愛されている人間としての尊厳を尊重したいと思います。
    そして、叱り方です。 例えば 子どもが何か問題を起こした時、 一方的な判断で 叱りつけません。
    親は、その事件の切り取った時間とひとつの方向からしか見えないので 子どもから何があったのか どうしたのか等 状況も聞き出します。その上で それが悪いことだと判断したら どうして悪いのか説明します。そして子どもが それが悪いことだと理解したら 反省して謝っります。何かがあったら それは学習の機会です。
    怒られるだけでは、善悪の判断を自分で出来なくなります。見つからなければ 悪い事では なくなるのです。
    もう一つ 重要なことは、人に見つからなくても 神様は全てご存知だということを知ることです。
    私が これらを完璧にやったのではなく、これを指針としていただけです。
    でも 実際 我が子たちは、善悪の判断も 人とのコミニュケーションも出来るし、親子関係も良いです。大学を卒業し、仕事に就き 才能を伸ばして認められています。自慢の子どもたちです。
    ただ まだ クリスチャンには なっていません。だから善悪の判断も 神様の基準ではないのです。
    子育てが始まる30年前にRAPTブログを知りたかったです。
    今 子育て中 これから子育ての方々のことが とても羨ましいです。

  • YUKO
    Posted at 05:05h, 17 11月

    また一つ言わせて下さい。
    私は神様と出会い 飛び跳ねる程 嬉しくしていて1年ほど経った時に 大きな罪を犯してしまい、もう神様に合わせる顔がないと思ったのですが それでも神様から離れたくなかったので すがりついて、しがみ付いて 悔い改めました。
    次からがRAPTさんと違うところなのです。
    その後 神様を愛し従って行きたいと思っている私に サタンは「これは 罪には 当たらないと思うよ。」と言ったり、
    ある時は 光の天使を装い「これが 主の御心に違いない。」と言うのです。
    それに 後から 惑わされてしまったと気付かされ、 よくよく反省してみると どこか違和感があったのです。それは神様が警告されていたのですが それを無視してしまったのです。
    もう 神様もあきれて赦して下さらないかもしれないと落ち込んでも
    「神様 ごめんなさい。どうか もっと賢くして下さい。サタンと戦う力を下さい」と祈り求めてきました。
    でも なかなか賢くなれなくて、弱っちい私でした。けれど神様は私を見捨てたりはしませんでした。
    そして今 RAPTブログに出会い 悪魔の実態 手口を知り、RAPTさんを通して 明確に御言葉と御心を知ることが出来ます。
    今までとは 全然 違います。
    今も泣きながら祈ることもあり 時には号泣ですが、確実に 神様が引き上げて下さっています。
    すでに世に勝っていらっしゃる主の力でサタンと戦いましょう!

  • YUKO
    Posted at 12:34h, 17 11月

    上記の続き…私が愚かで弱かったのは RAPTさんが おっしゃってる通り 祈ってはいたけど 聖書を読むのが少なかったからです。もちろん今は 読んでいます。
    今回の記事は 全て自分に当てはまるので つい たくさんコメントしてしまいました。
    自分の未婚のクリスチャン時代 そして結婚のこともRAPTさんの言う通りで、 すごく納得しました。これを語ると 長過ぎるので やめます。
    本当に 長々と失礼しました。

  • トモ
    Posted at 17:50h, 17 11月

    YUKOさん
    とても貴重なお話と体験談ありがとうございます!!
    私もーーこれくらいなら許してくださるだろう!!
    すぐに悔い改めれば、悔い改められるだろうーーー
    そんな誘惑に揺れ流された事がありますーーー

    聖書とみ言葉と、このブログを何度も
    毎日毎日、読み返すのは本当に重要ですね

Post A Comment